2014-07-24 09:49 | カテゴリ:未分類
 野外恐竜博物館オープニング式(勝山市北谷)。3台のバスで恐竜博物館から現場へ行く。雨は幸い降らず、曇りだが途中さっと陽も射す。現場は今月末から始まる第二次発掘に備えて、重機が動き研究員たちが放水している。
 谷川の水は豊富に流れ、うぐいすの声がする。テープカットは、田村議長、山岸市長、松井議員、藤崎元大使、ダニエル・アギラル氏(スペイン大使館)らと。村岡小の子供たちと発掘体験、岩石は割ってもすぐには出て来ない。
 夕方の畑のスイカが何個も割れている、なにゆえか。真桑瓜もあとわずかで収獲か。メロンはもうすでに。なすびもどんどんなっている。きゅうりは後半期。



 徳川の忠臣で、また明治朝廷の忠臣で、剣客で、また禅居士であった山岡鉄舟、1888(明治21)年のきょう、53歳を以て没した。殊に彼の人物は、海舟の弔文中の「清爽の心臓」、「勇剛の気象」の二語に依って、遺憾なく描き出されているといっていい。
 居士は何事にも徹底せずんば止まない人であった。殊に生涯を通じて最も刻苦されたのは剣道だった。剣についでは禅に非常に骨折られた。自家であるとないとを問わず夜は必ず二時まで坐禅された。
 久坂玄瑞、1864(元治元)年のこの日、蛤御門の変で死去す。
2014-07-24 09:44 | カテゴリ:未分類
 くもりから薄日和、陽が出ると暑い。
 若狭歴史博物館リニューアルオープン記念式典。前の駐車場のテントで行い、その後に玄関でテープカット、遠敷小生たちと一緒に。展示はわかりやすく見ごたえあり。立派な仏像(千手観音、十一面観音など)。中島元館長、瀬尾氏と館長室で意見交換。
 堀坂明弘JR西日本営業本部長着任あいさつ。さまざま要望を強く伝える。
 藤崎前駐米大使と懇談。
 竹田清美「感謝」という本を橋本さんからいただく。二〇〇四年冬の大長山遭難のとき無事息子さんが生還したことが書かれている。
 この十日ほどの間は、ベネッセの子供たちの情報大量流出(7/9)、マレーシア航空機がウクライナでミサイルに撃墜(7/17)、滋賀県知事選(7/13)などあり。
 pre-fix menu menu-less restaurants.いわゆるコース料理が米国でも出てきたこと(実践ビジネス英語)。



 西郷従道じゅうどう侯、1902(明治35)年のきょう薨ず。歳六十。侯はただもう愉快な人だ。人物が茫漠としていて輪郭が大きくって、ちょっと見は馬鹿か利口か解らないようで、不得要領の内にちゃんと要領を握っている。
 閣班に列すること前後二十余年、明治十八年以後どんな内閣が組織されようと、侯はその中に大抵顔を出していた。そして薩長二派の調和機関となり、政権の運転を円滑ならしめた。乃兄だいけい隆盛には、時に烈日の威と秋霜の厳とがあった。勝海舟は嘗て侯を評して、「智恵と度量とだけを較べたら、むしろ阿兄あけい(あにき)の上にあろう」といったそうだ。
2014-07-24 09:34 | カテゴリ:未分類
 くもり。気温高く、むし暑い。
 昨日、原子力規制委員会が審査書案を了承。事実上の審査合格となった鹿児島川内発電所の記事一面。
 中日本高速道路の宮池社長が就任あいさつに来訪。
 「Juratic」PR隊のサウタン、ティッチーを副隊長任命式、園児も出演。
 記者会見について、いじめ委員会について。
 年1回開催する知事と近畿・北陸整備局長会議。森近畿局長は就任1週間目で積極的。
 先週東京でお会いした旭硝子の湊事業統括本部長(化学品カンパニー)とAGC若狭化学の福田社長が来訪。
 県立大学業務実績報告、学長、副学長らと意見交換。生物資源学部が関与しているパン、ワイン、醤油、魚加工など話題。経済学部の改善が十分に進んでいない感あり。
 磯見NTT西日本福井支店長が着任あいさつ。



 京儒の伊藤東涯、1736(元文元)年のきょう歿す。享年六十七。東涯は父仁斎に較べると人物が消極的で、微温的で調子が低かったといえるけれど、その博聞宏識は父に倍した。また、静かな謹ましやかな人で、他人の上を決してかれこれいわなかった。嘗て紀州侯から五百石を以て招かれたけれど辞して仕えず、父と同じく終身民間にあってその号とした堀川の東側の家塾に講学して、平淡な他奇のない一生を送った。
2014-07-21 09:20 | カテゴリ:未分類
 舞鶴若狭自動車道の全線開通記念プレイベント(三方五湖PA)。敦賀、小浜市長、若狭、美浜町長、石川議員ほか県議諸氏。
 三十分ほど前から雨が落ちる、若狭町の会場は雨のためか200人ほど。cycling in the rainも想い出なり。子供を後と前に乗せた自転車の親あり、車イス型も1台、マウンテンバイクも。年配者の男性も多し。PAの絵地図の上に糸トンボが一匹雨宿りで止っている。帰路、雨の砂浜でキス釣をしているらしき男一人あり。
 小河フレンドくらぶと「座ぶとん集会」(小河公会堂)。高速道を高く見上げる高架橋をくぐり、しばらくすると左手にタモの名木あり、ここが小河出口のバス停、それから1kmほど奥に村落あり。ともかく活動を皆んなで楽しんでいる。現26世帯78人、以前は31世帯ありといい、空屋8戸あり。神奈川(伊勢原)から移住した男性あり。いま園児1人、小学2人、中学2人、高校生4人。鳥獣害、河川修理、魚道の必要、杉の伐採期なり。里海湖研究所の職員も来ており、活動の相談を進めるようにした。
 白藤氏の叙勲受章祝賀会(武生パレスホテル)。長い時間となる。安野君と会う。今日は越前市議の投票日でもあるが、出席議員は自信。



 画人であった椿椿山つばきちんざん、1854(安政元)年のきょう、54歳を以て没す。崋山門下の第一人者といわれた。軍学を平山行蔵に学び、砲術、剣術、居合までその奥儀を究め、鍛工に甲冑を製らせて、冬日降雪を待って、その甲冑に身を固め、上を蓑笠で覆って愛宕山に登り、屈伸の自在なりや否やを試みた。
 椿山、至って名利に淡く、常に綿服を着け草履を履いて歩いた。武道の外に椿山笙を嗜んだ。毎日厳課を立てて、昧爽起きるとまず居合抜を試み、昼間は画筆を執り、夜間は笙を吹奏して、時に三更に及んだという。
2014-07-17 10:49 | カテゴリ:未分類
 真夏のような天気がやってきた。台風は列島の南岸に偏って、一過のすがすがしさはなし。
 昼すぎ畑に行って汗をかいてしまう。きゅうりやピーマンは大きくなり、トマトも赤くなっている。
 昼から勉強をする。色紙もかく、紙質が今日の途中から変っている。
 図書館では、紙芝居を児に見せる父親の姿あり。孫と卓に向い話している祖母あり。
 6時から全国地域婦人団体連絡協議会中部ブロック会議交流会に、田村議長、福井市長らと出席する。三国の三姉妹の洋風和楽演奏と三国節・踊あり。全国会長の柿沼さんが来福、県職、町長を経験し現埼玉県議。埼玉では医療、介護が追いつかないとのこと。婦人会が進めているおいしいふくい食べきり運動のコースターあり。ともかく学芸会のようになって出し物がつづき三時間近くになる。



 若州小浜の城主、酒井讃岐守忠勝が1662(寛文2)年のきょう76歳を以て卒した。家光、家綱二代の将軍に仕え、枢機を典ること三十年余、家光常に「右の手は讃岐守、左の手は伊豆守」といっていた。
 伊豆守の信綱が、早熟の麒麟児だったのに引きかえて、こちらは晩成の大器であったのだ。長じて大智あり、その深さ宕さ、測り知るべからずとされた。
2014-07-17 10:45 | カテゴリ:未分類
 空は晴れて夏空、ともかく暑気。
 第2回の原子力小委員会に出席する。元米国エネルギー省副長官ウィリアム・マーチン氏と黒川元委員長(国会事故調)からの報告ヒアリング、および当小委の今後のテーマ設定について。通訳来らず職員が臨時に代行してやや不調。意見交換の時間配分もあまりよくない。M氏は中東の米軍犠牲のこと、K氏は透明性のことなど述べる。テーマ設定は腰がひけた感あり安全に影響があっては困る。
 3時前に県庁帰着。大阪・神戸オランダ総領事のローデリック・ウォルス氏が去年に次いで再度の来訪、午前のオランダ風景画展の開会式に出席されたため。玄関ホールに展示中のレンブラントの和紙版画を案内する。
 舞鶴若狭道開通式について。全国知事会議、ふるさと知事ネットワークの会合について。
 決裁など残っていて、帰りが9時すぎになってしまう。



 近世の歌人である小沢蘆庵ろあん、1801(享和元)年のきょう、79歳を以て歿した。はじめ堂上の歌人冷泉為村に学んだが、やがて自ら「ただごと歌」を主張し、平明な歌風を以て世に鳴った。
 蘆庵はただのその詠歌のみではない、人格の清高の点においても当時の歌壇中稀に見るところの人だった。情誼に厚く、勤王の志が深かった。
 この日、佐久間象山が京に斃れる、1864(元治元)年。
2014-07-17 10:30 | カテゴリ:未分類
 くもり。台風が南の方にそれる。テレビの画面は不思議としばらく潮岬付近に停止している。
 予算要請活動を沼田林野庁長官に、旧分収林事業の支援、林業振興基金の継続について。防衛省の中島運用企画局長、眞部防衛政策局次長、西事務次官に防災救援基地の要望。菅内閣官房長官にふるさと税制(ふるさと納税、ふるさとの日、法人税の地方軽減)について。岡崎事務次官にふるさと納税の拡大、給与水準の確保。
 昼ソバ、やや外れのメニュー。
 青柳文化庁長官への要請、越前和紙の世界遺産、現在のコンセプトはやや奇妙。工芸サミット開催について。
 毛利さんに児童科学館名誉館長の継続就任の依頼。展示物ではアンドロイド、特別展はウンチ展!
 旭硝子(株)を訪問し、福井出身の平井常務らへ進出要請。
 今日の与党PTレベルで、三年短縮案きまる。お礼にも回る(夕方ではあったが、町村会長をはじめ多くの議員存室)。
 帰路、一時的に強雨あり、あとは風がややあったのみ。明日、引越の人あり。アルゼンチンPKでオランダに勝つ。ブラジルは昨日ドイツに大敗。



 徳川初期の名相であった土井大炊頭おおいのかみ利勝が、1644(正保元)年のきょう、72歳を以て逝いた。幼にして家康に近侍し、ついで秀忠、家光と三代に歴任し、幕府最初の大老となって、献替最も功が多かった。その政を輔くるに、つとめて大体を存し、苛察に流れず、まことに得がたき宰相の器であった。口上を忘れた使者への態度、城内の禁煙のこと、居間に落ちていた唐糸のエピソードなどあり。
2014-07-17 10:13 | カテゴリ:未分類
 早朝から快晴、嵐の前のふしぎな好天気なり。
 7時50分ANA一番機で羽田へ。福井平野の東山麓は、山や特に田は、青緑したたる美しさ。白山はやや雪の線条が残る。スキージャムの緑のゲレンデと恐竜館のシルバーの輝きが一つにつながった景色が一望。
 県境の山を越えると雲が急に多くなり、富士山は灰色の笠雲、南方は暗雲。東京、くもり、24℃と放送。
 整備五線の合同中央要請を、北海道知事とともに三県の議長、副知事と行う。細田自民党幹事長代行。余談として電力会社が第二の国鉄化にならぬよう再稼働と言われる。公明党の伊藤国交部会長、新幹線の運転免許をもっている、JR勤務のときスト権ストに備えたとのこと。佐藤衆議院議員同席。与党PTの町村座長の前向きな発言を一同感じる。関口総務副大臣。
太田国交大臣は、北海道・北陸・長崎に対し、新幹線が有益であることのPRに力を入れて欲しいと述べる。麻生財務大臣、列島が新幹線でつながることが必要、早期完成は重要であり主計局に指示したと言われる。地域エゴ的な主張の形でなく、災害などの国家的重要性を強調すべきと。
 第4回のLNGインフラ整備研究会(都市センター)。浮体式のリガス船(国交省から)の提案も新たに出てくる。
 長野、南木曽町で大雨による土砂流起る。
 早朝、ミサイルまた発射、拉致協議開始に影響なしと官房長。前回の発射が6月29日にすでにあり。



 徳川中期に於ける三弦の名手であった江戸の与力、原武太夫ぶだゆう、1776(安永5)年のきょう80歳を以て歿した。武太夫は十八大通より一時早く知られた放蕩者だった。吉原と堺町を自分の家のようにして遊び暮らした。
 あるとき武太夫、品川のお茶屋で三味線を弾いたところ、その音色が常と違っている。武太夫、津浪が来るとて人々を誘って早々にそこを引き上げた。案に違わず間もなく大きな海嘯つなみが来て、家や人の多くを流失した。人々武太夫の技芸の妙を感じ合った。
2014-07-12 08:58 | カテゴリ:未分類
 晴れ。超大型の台風(8号 風速75米超)が沖縄に近づく。
 若狭さとうみハイウェイの開通について番組収録(元気通信、おはようセブン)。
 一票の格差の勉強。
 福井特別支援学校高等部(16名)との記念撮影。ほっぺたに夏の元気を感じけり。
 堀口陸上自衛隊中部方面(伊丹)総監が来訪。福島震災のとき群馬で旅団長。
 直近の企業誘致の現状について。
 6月議会が閉会する。集団的自衛権の行使容認に関する意見書否決。
 京都大との初めての高大連携。FUKUI英語ランドはよしとしても、授業改善を。
 田村・松田正副議長の就任をお祝いする会(Yホテル)。



 詩人として聞えた柏如亭かしわじょてい、1819(文政2)年のきょう、57歳を以て窮死した。生粋の江戸っ子。いわゆる宵越しの金は使わない部類の人間で、生産を事としない。髪を下して如亭山人と号し、四方に客遊して雲水僧のような一生を送った。
 如亭は必ずしも不幸な人ではなかった。生前には天真爛漫な性格を以て諸人に愛された。「詩本草」1巻は食味を説いた随筆。
 市川鶴鳴、1795(寛政7)年のこの日、五十六歳を以て歿。宣長の漢学攻撃を反駁。
2014-07-12 08:46 | カテゴリ:未分類
 くもりと小雨。
 部長会議。
 幅口・村上両選手のビーチバレーボールアジア大会出場報告。福井の砂浜は選手に人気とのこと。若狭路女将の会(わかさ会)が来訪。恐竜に関心をもっている。まず地元の資源活用が重要。
 「Nile's NILE」インタビュー。福の井・御廊下橋の写真のとき、傘がいるようないらないような天気。日本経済新聞インタビュー「原子力発電の今後」。
 蓑輪会長(福井信用金庫)があいさつ来訪。信用金庫制度は尊徳翁に由来し、静岡の掛川が初め。全国の会員同志の旅行をあっせん、よい事である。
 若手経済界の人達と意見交換会に出席する。人口減少問題を論じ合う。会社の女性の採用・登用は現実に問題点あり。女性職員の1割以上がいつも休暇状態。35才以上の出産は厳しいことを知るべしの声。50才以上の女性の職場環境などについて。



 比類の稀な女方であった沢村田之助、1878(明治11)年のきょう、まだ34歳にして逝いた。すいぶん早熟の児であったのだ。そして十六歳にして立女方に進んだ。その芸術的気稟と容姿と、二つながら恵まれていた田之助も、天の寵幸をいつまでも持続するわけに行かなかった。舞台裏で物につまづき脱疸に罹り、彼は手足のない不自由な体になってしまったのだ。そして彼はなお屈しなかった。時に人に扶けられて場に上り、狂言ごとに人気は湧くが如くであった。