FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-26 10:07 | カテゴリ:未分類
 二期目の開始は4月23日からであるが、「初登庁」の行事も予定せず。10時から職員への訓示。11時から記者会見。
 皆で福井を良くしてゆこうという考えを持つことが必要である。
スポンサーサイト
2007-04-26 10:08 | カテゴリ:未分類
 快晴。鯖江で平和祈念館・水落児童館の落成式。忠霊場の桜花爛漫。白い鳩が青空に放たれ、幼稚園児が風船を飛ばす。山々は微笑をはじめる。
 小浜の北川の堤防は、一面に黄と白の菜の花が混ざって続くところあり。春の静かな雲ひとつない夕暮れ、夕焼も薄く出ている。
2007-04-26 10:10 | カテゴリ:未分類
 好天。きのうの夜半は一時強い雨音。しかし夕方には大きい夕日を桜並木の向こうに見る。車内は暑い。
 目の前に流れる水は、たとい小川のような流れであっても、すでに相当の時間と場所を経て来た水である。梨は梨、柿は柿の味あり。そして一皿に盛ることができる。人の味わいもかくの如し、二者を足して割るべきものにはあらず。選挙の反省をする意味について。
 2時半から当選証書を受く。
 九頭竜川堤外のネコヤナギの緑であろうか、鮮やかになり始める。芦山の山桜がポツポツと美し。好季なり。
2007-04-26 10:10 | カテゴリ:未分類
 好天。手寄再開発ビル「アオッサ」の竣工式が新しい県民ホールであり。8階からは、桜の足羽川東部、白山など景色が一望。
 天気よく車中が温室化、窓を少し開けておく必要あり。
 勝山から見る大日岳はピークのところがはっきり雪が残って美しい。
 大事な助言ほど、はっきり表現されることが少ないので、注意して聞き留めねばならない。
2007-04-26 10:11 | カテゴリ:未分類
 花ぐもり。ハワイホノルル日本人商工会議所の代表来訪。あすの時代祭にも参加とのこと。
 昼少し前に偶然に県庁の北側の窓を眺めていると、初燕2羽が飛ぶのを見る。桜の上を軽快に行き交う。
 英国湖水地方の南にランカスターという街があるが、バラ戦争の一方の本拠であったところ。ここの域は今は英女王の所有であり、その一部は刑務所にも使われているという話(昼のBS「欧州鉄道の旅」)。
2007-04-26 10:12 | カテゴリ:未分類
 昨夜から今朝にかけて雨音。しかし、桜はまだかなり残っている。
 ふくい春まつり「越前時代行列」の出発式あり。福井高、足羽中、信用金庫の諸君らと写真。湖北町、熊本、ホノルルなどからも来訪。あとでニュースで見ると、行列のときになって雨が少し降ったらしい。
 午後、はじめて春耕す。ジャガイモ用であるが、スコップを持つのも実に久し振りで疲れる。雑草が繁茂している。苺も小花を咲かせ始める。足羽山も雑木が芽吹きの気配。
 夜、高校の同窓と懇談。県民歌と若狭・越前の歌について。
2007-04-26 10:13 | カテゴリ:未分類
 継体大王即位1500周年のオープニング「暁に萌ゆる奉告式」が鯖江の上河内の山頂近くであった。まだ暗い朝4時過ぎに自宅を出発する。途中5時前に夜が明け出す。文殊山がシルエットに浮び出し、新月に近い三日月が東空に出ている。
 雅楽、献茶など、寒い中で行う。幸い天気はよい。会場の岩場から20~30cm下の薄墨桜は今年は花が少ないとか。200年くらい前に植えられたようで、崖にある古木である。古木をまつった祠がある(これは福井豪雨の直前に奇しくも山腹に移したとのことであり、この場所は水害がなかった)。
 自宅に戻って午前中、鶯の鳴くのを身近に見る。庭の常緑樹に来たもの。10mくらいの距離であったが逆光のため色はわからず。せわしく枝々を動きながら鳴くことを初めて知る。声はまだ安全な音になっていない。
 ここ数日、夕刻、蛙の声もわずかに聞こえる。いよいよ行く春である。
 午前の後半と午後の大半を畑仕事(ジャガイモの畝作りと伸びてきたエンドウの支柱作り)。散歩の方や車・自転車の人からお祝いを言われる。
 今日から市議選。候補者が県議選の3倍であり、選挙カーの声が次々と来る。
 夜は肉ジャガと初物の茎立菜(今年の白菜は、暖冬後の遅い春雪のせいか芽出しの調子がよくない)。
 蚊はまだ出ていないが、蚊のことをふと思う季節になった。コタツに入ると暑過ぎるからか。
2007-04-26 10:14 | カテゴリ:未分類
 くもり。先週からであろうか、梅の木に若芽が出始めている。朝、6時ごろ鶯の声をフトンの中で聞く。
 8時ごろから微雨。広報番組を撮る。新マニフェストの打合せをする。
 大南選手、ロッテルダムマラソンに優勝の記事。
2007-04-26 10:14 | カテゴリ:未分類
 朝のにわか雨は8時前には上がる。
 当選後初めての上京。羽田着陸はだいぶ揺れを予想と機長が案内。しかし、揺れではなく着陸便が混んでいて、かなり遅れた。
 「今日は寒いですね」と笑顔で顔をしかめるANAの女性。デザートに品種の異なる複数のイチゴを出す料理店について(機内誌)。昼食の弁当にいつもとは違うものが出ることについて。
 国会の中で見学中の三重県の中学生に会う。積極的で明るい。
 大事な話を二回に分けて話さない弊害について。
 政党、官邸、議員会館、内閣府担当相、法務相、財務相など挨拶や要望に回る。
 昼から雨が本格的に降りだし車の屋根に音をたてる。
2007-04-26 10:15 | カテゴリ:未分類
 朝日のあとくもり、寒い。
 昨晩、立候補の長崎市長が至近の背後から被弾。そして夕刊では死去の報、許すまじ。米国の大学では別の多数射殺の事件。
 各省庁などに行く。国会周辺は新緑、楠、欅、銀杏など。就職活動の学生らしき人達、きのうきょうと多し。自分のことを思うと40年もはるか昔である。
 帰りの便は沖縄から機材届かず変更が起り、福井に戻るのが遅れる。
2007-04-26 10:16 | カテゴリ:未分類
 晴れ。午前中、手寄地区市街地再開発ビル(アオッサ)のオープニングセレモニー。「福井新元気宣言」推進検討会議を始める。
 県民ホール開館記念のコンサートは、五木さんの映像による祝辞そして小生があいさつし、そのまま由紀さん・安田さん姉妹の20周年になる童謡コンサートを聞く。知っている歌ばかり30曲ほど、知っている歌を聞くということは愉快なことである。最後の曲は「帰りゃんせ」。
2007-04-26 10:17 | カテゴリ:未分類
 好天。県庁の窓外をツバメがよく飛び交っている。暖かい日である。
 今日は一日「福井新元気宣言」推進会議の続き。
 昼のBS「欧州鉄道の旅」ロンドンからヨークへ、車内で会議ができるのでファーストクラスを選びましたと言うロンドンのビジネスマン2人。ヨーク市は立派な聖堂とショッピングモールのある都市であり、紀元直前にローマ人が作った。
 浴中、初めて蛙声を聴く。ここ4、5年で周辺の田圃はまた沢山減った。
2007-04-26 10:17 | カテゴリ:未分類
 くもり。県連合婦人会の総会に出席、午後は児童福祉推進大会あり、生活学習館に二度行く。
 2時間ほど畑仕事。畝を耕し、肥料(ケイフン、米ぬか)を入れる。珍しい声の鳥あり。土中にミミズ初見。家の前の田圃も水が張られ今日は人が入っている。セスナ機で明日の市議選挙の広報、願わくば2週間前にも。
 垣根の一部のドウダンツツジが白い花をつけ始める。
 夜に本を読む(阿川弘之全集、河盛好蔵「私の随想集」)。
2007-04-26 10:18 | カテゴリ:未分類
 くもり。田圃の耕運機のうなりが、朝早くから午前中一杯続く。山も里も緑色の最も多彩な時期である。
 県武術太極拳の連盟結成20周年の式典あり。
 買ってきた貝殻石灰を畝にまく。種ジャガイモを妻が買ってくる(少し干すため今日は植えず)。スナックエンドウが、伸びているものは膝ぐらいの高さに、小さい芽は小指くらいの大きさ。いずれにも早く大きくなれと土を寄せる。畑仕事をしていると昼のラーメンだけでは空腹になる。
 今年から初めてショウガを植えるため、端の小さいスペースを耕す。ショウガは立てて植えるのか横にするのか、どちらだろうと妻が妙な疑問を出す。そんなことは考えてもみなかったことである。
 6時頃まだ明るいのにコウモリが飛ぶ(昨夕が初見)。投票に行く。暮方に雨がポツポツ来たが、雨降りの夜にはならず。
2007-04-26 10:19 | カテゴリ:未分類
 晴れ。昼、コイノボリを子供たちが県庁前庭に掲げる。足羽山の近くのみどり幼稚園の子供たちが来たのだ。いくつかの国の旗を作って来て、世界の子供たちの歌をうたう。ホールに五月人形の飾りも作られて、紫のショウブも植えてある。
 一日庁内、マニフェストの協議。完璧な体系図と具体論とは又違う也。
 統一選が昨夜で終り、三ヵ月後は参院選ということになる。
 阿川弘之全集(第19巻、平成19年2月)「誕生日プレゼント」に、満79歳の誕生日に自分への贈物として、白川静先生著「字統」を買う話あり。この作家は著者と一緒になって戦後の国語改革、漢字制限に慷慨する。燐寸喞筒について。
2007-04-30 20:17 | カテゴリ:未分類
 天気。マニフェストの協議(教育、福祉)。外に出ず。
 畑にギュウフンが来たようだ。四葉キュウリを妻が花壇に植える。大きいシイタケをレンジしてみりん醤油で夕食。ブロッコリーは少しの水で蓋をして茹でると柔らかくなるようだ。
 夜、風呂の窓から雨音がする、蛙の声もする。
 新聞に前露大統領エリツィン氏の死去の記事。来年のサミットは洞爺湖に決定の報もあり。多勢に無勢。
 車は助手席の方が後部席よりも揺れない。
 西遊記(新聞小説)の面白い場面は、高貴な人間の姿をした変化の者を、孫悟空が見破って退治する瞬間である。すべて妖怪は、光に対して陰をもたず、また人にはわからぬ生ぐさき妖気を漂わす。
2007-04-30 20:19 | カテゴリ:未分類
 朝は夜来の雨の上りはじめた天気。公園の梅林は赤味がかった緑から新緑となる。
 高校野球の特待生問題の記事がここ数日。小中全国学力テストが昨日実施の記事、試験問題も掲載。記者の送別が昼あり(高知と県内)。
 新学長(福井工大)、新市長(あわら市)来訪。マニフェスト協議は本日まで。「ちりとてちん」の出演者決まる。
 風のない静かな夕暮、なかなか日没せず。
2007-04-30 20:20 | カテゴリ:未分類
 晴れ、空気が霞んでいる。
 二期目の初めての記者会見。「治安向上プログラム」について協力する警察本部長と同時会見、回復から向上へ。車内の暴力など女性に対する犯罪対策について、強化すべきことを答う。恐竜の皮膚痕が、日本で初めて発見の発表も行う。おおい町長当選されて来訪。
 今日もオペラの舞台になるような静かな夕暮れであり、金星らしき明星が高く光る。今日は星耕夜読。
 インドでは都市中間層を中心に大きな社会変化の中にある、ヨガや喫茶の流行など(視点論点TV)。
2007-04-30 20:21 | カテゴリ:未分類
 穏やかな天気の一日。山々の緑は、それぞれ尾根筋に沿っていよいよ盛り上っている。
 午前中は事務協議。昼は久し振りにカレーライスとサラダ。
 今春退職の教職員表彰式に出席。
 江端川総合治水対策協議会からの提言。河川改修と水田貯留を総合した、全国に珍しい「流域分権」的な治水対策との説明あり。能登半島地震に派遣の土木職員3名への訓示。
 衛星GPSによるツキノワグマの活動状況について、研究結果を報道に発表。人里から500m程度の距離があることが、人間と熊との安全上重要ということが判明。
 首相一泊二日の訪米についてのニュース。アジアのパートナーが日本ではなく中国であるとする米国民の割合が増えている報道。戦争被害についての外国人個人の賠償(いわゆる強制労働、慰安婦など)は、日中共同声明により裁判上の権利はなしとの最高裁判決。
2007-04-30 20:22 | カテゴリ:未分類
 フェニックスプラザで中央メーデーあり、小児の声もする。朝10時ごろにわか雨があり、行進は少し濡れたようだが、あとは天気。午後は仕事の協議が入る。
 紅色の花水木(はなみずき)が畑の横に満開である。スズメが2羽で何度も畑の土塊の列にやってくる。
 茄子とピーマンを3列、妻が植える。関東ではヒョウが降って突風ありのニュース。午前中、小さい地震。しばらく以前にもあり、活動期か。
 太白星よく光る。月もだんだん満ちてきて、暮方には上天高くにかかっている。
2007-04-30 20:23 | カテゴリ:未分類
 早起きする。5時前にはすっかり朝になっており、東の空の峰近くに、ホメロスの描くような乳白色のシルエットが浮かぶ。自然の夜明けは単純に美しく、人の世の中の方はわからぬこと多く、また身の上には予想しないようなことも起る。
 犬も歩けば棒に当たると言うが、運動や散歩が必要なのは犬なのか人なのか、犬だと思っていない犬もいるような、犬声が人語ならドリトル先生には万犬の声は何と聞えるだろうか。
 家の前の3枚の田があるが、今日1枚が田植え終る。わが畑仕事の方は一人でやったためか、肥料の移動や植え方のデザインにあれこれ迷って余りはかどらず。しかし、トマト(15本)、ミニトマト(5本)、ウリ(5本)を植え終る。
 明日はインゲン、ササゲ、枝豆の番である。あしたの天気は夕焼だからよさそう。暗くなる直前、足羽山の方に良い聲の鳥あり。少なくなった狭い田圃に蛙の声、この蛙のあと何世代までがこの水田で鳴けることか。
2007-04-30 20:24 | カテゴリ:未分類
 雲がほとんどなく、午前中も10時ごろには暑くなる。そのためか畑の作業ははかどらず、中断して夕方に回す。昼は少し横になる。つまり晴読夕耕。しかしカラスの活動はさかんである。
 昼になって雲が薄く広がるものの依然として暑そう。3時頃から、4本の畝に3種類の豆類を捲く。インゲン(紫茶色)、ササゲ(アズキ色)、枝豆(緑黄)と、同じ豆でも色も形も違う。
 昨日使った種ジャガイモ(3kg)が半分余ってしまった。だいぶ伸びて白花を咲かせているスナックエンドウの傍に、もう1列、イモを切らずに1個のまま植える。スイカ(2本)、プリンスメロン(2本)も花壇に植える。
 これで連休の夏野菜の仕事は、例年にない早い打上げとなり清々する。とはいえ畑はすればするほど、次の仕事や忘れている作業が出てきて困りものである。植える本数と畑の大きさ、肥料の準備など、うまくいかないことが多い。あらゆる仕事につきものの段取りと思い切りに頭を悩ます。あとは夏への成長を待つ。
 垣根に近づくとウバメガシに小さい糸状の小花あるを発見。夕方7時ごろには、濃青の夕空に丸に近いおぼろ月が出てくる。コウモリが数多く飛ぶ。干したフトンがホカホカである。洗濯物もよく乾いた。
 勝山の「ドキドキ発掘ランド」で小6の女子が、恐竜の骨化石と思われるものを発見したと夕方連絡あり。先日の皮膚痕発見と同じ場所らしい。たしか昔の最初の発見者も少女である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。