FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-03 14:40 | カテゴリ:未分類
 全国公立学校教頭会研究大会がサンドーム福井であり、挨拶する。
 東京大学法学部「森田ゼミ」学生と懇談(サンピア敦賀)。福井のPRは東京なら鉄道活用との提案などあり。
 敦賀商工会議所の創立百周年記念式典(有馬会頭)に出席。大和田荘七翁を中心とした100年の映像と小南陵の講談調の解説あり。小牧さん、室さんには県感謝状。祝賀会では「刀根(とね)の餅つき」が披露され、きね棒に付いた温かいつきたての餅をいただく。敦賀は名所旧跡、祭事、うまい物に事欠かないのであるから、いかに全体を観光化するかがポイントであると思われる。
スポンサーサイト
2007-08-17 08:25 | カテゴリ:未分類
 生活学習館においてふくい女性活躍センター開所式を行い、直後に同館で第2回の女性活躍会議を開催する。女性が相談できる窓口に加えて、個人的な人間関係(ネットワーク)が広がって行く必要ありとの談あり。
 商工会の合併は、商工業振興の手段の1つであること。越前市からの要望あり。
 9月予算にむけた政策議論を始める。政策を進めるのに用心ぶかすぎることについて。通夜あり。
台風5号(「うさぎ」という日本の星座の名前が付いている。2000年から国際的な台風委員会が命名している)が九州に近づく。空の雲は南から速く動いている。気象予報士の説明では、強い割には雲の大きさが小さく、日本海に抜けるとき離れているので風は強くないようだ。
 サイコロを定義しようとすると難しいが、そのものを見れば何であるか、誰でもすぐ分かる(W・チャーチル)。
 背中の真ん中を自分で洗うのはむずかしい。さすがに夜中にすこし風が吹く。夜暑くて冷房がいる。
2007-08-17 08:26 | カテゴリ:未分類
 台風接近のため、敦賀では雨が降ってくる。昼から敦賀舞鶴間の高速道路整備促進大会を美浜町で行う。会場から出ると急に日がさしている。
 福井市内にもどるとフェニックス祭が始まりだして、もう一度駅の東口に戻って県庁へ帰る。
 7時すぎまで防災訓練などの打合せあり。フェーン現象のためか暑い。
 数日前に亡くなった作詞家の阿久悠さんの特集番組あり。アンテナを沢山張り、メモ魔であったと語られる。あきらめることのない女性、時の流れ、満たされた人々の不機嫌etc。
2007-08-17 08:27 | カテゴリ:未分類
 朝また夕立がある。昨日の畑で妻がかぶれる。
 国会議員(六名)への予算要請活動を国際交流会館でひらく。小さい県であるから全員が一つの方向に力を合わせることが不可欠。
 帰ってから、しばらく頭の整理の時間をもつ。桃梨おのずから道をなす。近所の田の稲穂がまだ緑ではあるが、垂れた形になってもう匂いがしはじめている。
 秋茄子にするため夕方畑で二列のうち一列だけ剪定をする。蚊にさされないよう手袋と篭手をつけ動くと大汗をかく。ナスの枝の切り方が相変わらずよく分からない(秋にならないと秋ナスの結果もでない)。トマトが今年は枯れ始めている。キンカン瓜の初物が1つできているので獲る。よい黄色でありすぎる。
 暮れ方も赤い夕日が出てモヤがかかり、近くの山が見えない暑さである。農家の夕道は蝉の声はするが人も通らず、逢う魔が時である。
 あさひ祭に行く。今夜と明日である。今年からステージではストリート・ダンスのコンクールをしている。観客はカラオケではないので若い人達が多い。幼い児をだっこして写真を2家族と撮ることになる。
 夜十時頃に雷がゴロゴロして、やがて落雷の音。
2007-08-17 08:28 | カテゴリ:未分類
 人家の庭には、白いサルスベリ、ザクロの実、青いイガの栗木が目に入る季節となる。暑気のせいかカラスが水張田に浸って口を開けている。赤トンボが単独で飛んでいる。この夏一番の暑さである。
 午前中キュウリを取りにゆく。数日放ってあったので、大きくなったものもあり十本ばかり。ササゲも沢山伸びて地面に着いているのもあり、一束ほどの量をとり持ち帰る。
 鯖江の山本さんの叙勲祝賀会あり。戦前、勲章箱というのは越前漆器が使われていたようだ。若い企業家の夫婦二組と言葉を交わす機会あり。とにかく将来があるから、明るい笑顔である。
 夕方、夕食用のコロッケに合うピーマンとシシトウをとりにゆく。稲穂の繁みの中に雀の群が一羽ずつ消えてゆく。フェニックス祭にゆくのか、紺の浴衣の娘さん二人、ワゴンに乗りにくそうに入る。
 バーネット夫人「秘密の花園」を読み終る(新潮文庫、龍口直太郎訳)。昨年の正月に半分ほど進んでそのままにだったのを、二週間余りで残りを読む。善意児童小説である。
 あらゆる著作には、統一性をとるため多少の無理がある。すべてをそのまま受け入れる必要はなく、その中の卓越した考え方や見方を学ぶべき。
2007-08-17 08:29 | カテゴリ:未分類
 人間ドックにゆく。ドックが嫌いなのは健康な証拠であると、昨日どなたかが言っていた。ラウンジで順番を待っているとき、テレビには広島の原爆慰霊祭の様子が映される。
 胃カメラは腹式呼吸に限る。スイ臓のために壁がふくらんでいる等、余りにリアルな解説であるので、自腹の中に親愛を感じる。顔や頭とちがって毎朝撫でる訳にはいかない。
 沢山の驚くほどの数値データにより、正常か異常かの判定が行われるようになってきた。咳、耳鳴り、眼の調子、不眠などといった誰でも表現できる体調は、数値にはならないし治療もおそらくないのであろう。
 夏休み恒例の子供科学電話相談を、NHKラジオでやっている。子供はずいぶんしっかりしていて、回答する先生があいまいな表現をすると、「ええっ」と言って確認したりしている。雄のライオンの鬣(たてがみ)はなぜあるのか、ゴキブリはなぜ生命力が強いか、を丁度その時間に聞く。
 古民家の改修には金がかかるが、年を重ねるごとに価値は高まる。緩急自在のスローライフ、という本があるらしい。
 数日のうちに稲穂がすこし黄味を帯びてきた。日ぐらしが鳴く。ササゲ(豆)がよくとれる。金かん瓜は去年よりすこぶる実の数が少ない。
2007-08-17 08:31 | カテゴリ:未分類
 午前中、新任課長諸君への講話。上京。東京30℃こえる。虎ノ門あたりでウチワであおぎながら信号を待つ役人数人。宮内庁に行啓御礼、署名。樹下に草々がほどよく繁る小路。
 荒川区に西川区長と連携強化について懇談。歓迎を受く。事務関係者で打合せ会も行う。同区の幹部職員に講演。区役所前の公園の緑蔭に五、六組の縁台将棋、また人工の小川に水浴する幼児たち。福井より下町的田舎的。
 夕方から「ふるさと納税」第5回会合、税額控除(100%で)で一致。
 夜ふかしになり、体がほてって寝ぐるしい。
2007-08-17 08:32 | カテゴリ:未分類
 岐阜(各務原市)の「日本まんなか共和国」の会議に行く。新幹線は家族づれでよく混んでいる。子供の声に小犬の鳴き声まで混ざっている。山側の車窓は空気もよく澄み、光線の工合もよく季節も緑旺盛な時期であり、すばらしい田園パノラマ。東京から30分ほどして富士の左半分が、てっぺんからクリアな稜線として雲間にあらわれる。その後はもう隠れて見えず。
 よその地方には珍しい地名があるな、と思うが互いにそう感じるだけであろう。各務原の川崎重工を見学。日本国産初のPX(哨戒機)、CX(輸送機)の製造工場をみる。CXは大きな胴体をもち、すべての国内車両をのみ込む。コックピットは計器とボタンだらけの壁。
 テクノプラザで会議。36眼のトンボのようなロボットが展示。共和国の会議は森林事業、まちづくり、分権について協議。
 暗くなるころ帰福。車中「アンリ・ブリュアールの生涯」をよむ。高野豆腐、インゲンの煮物、五色貝の焼いたもの、瓜、を夕食にくう。
2007-08-17 08:33 | カテゴリ:未分類
 暑い真夏の天気。打合せなどしてから、「子どもと知事のつどい」を鯖江のうるしの里会館で行う。知事はどうして知事になったのですか?
 ふくい活性化座談会が福井新聞社である。高所から同社ビルの周囲をみると、空気が澄んでいて田や山が青々と美しい。
2007-08-17 08:41 | カテゴリ:未分類
 猛暑。今日は空気がよどんでいて、前日までのように澄んでいない。お盆休み前のせいか、仕事の協議を入れ込んでくる。
 北陸高校ハンドボールの高校総体優勝報告あり。結核予防複十字シール運動の来訪あり。「安全安心まちづくり推進会議」を行う。鯖江市要望あり、同市のまちづくり、観光など急務。
 夕方から県サッカー協会(社団法人)の設立記念祝賀会あり。
 昨年とことなり今年は、畑のスイカが不作でとれず。産地は大丈夫だろう。
2007-08-20 11:00 | カテゴリ:未分類
 夕方のニュースで、福井は体温なみの36℃、豊岡では最高の38℃と言っている。
 北陸新幹線建設促進大会が初めて敦賀で開かれる。ようやくこのような開催が可能になったのである。町村信孝会長の講演あり約1,000名の参加。昼の弁当をご一緒にする。
 五分市の真柄町、勾(まがり)の里の治左川に、四弁の白い梅花藻(バイカモ)を見る。水を手に掬うと、熱暑のなか心地よく冷たい。横の神社の蝉しぐれの中に継体大王の第一皇子の月見台の石がある。トミヨ(魚)のための水槽が川辺に設けてあり、2cmほどの細長い茶の小魚を見る。県が認定している「治左川の名水」を飲む。川下の方で衣類をすすぐ年配の女性あり。
 福井市美術館で「いわさきちひろ展」を見る。入場者多し。信州出身の女高師卒のお母さんが女学校の教師として赴任し、武生がちひろの出身地となる(解説)。
 約9,000点の作品があるとのこと(ヒゲタ醤油の宣伝用のサシ絵もあり)。
 公園の細いプラタナスに蝉が多い。ゆったりと田舎の蝉が鳴いている。
 西瓜も2人では半分も食べきれない。町内会の子供夏祭りが広場でありあいさつ。まだ日が高く、雑談しながら汗が流れる。焼鳥などのテント、サックス演奏、カラオケ、ヨサコイなど。手首のぽっちゃりした赤ちゃんと、お父さんが撮影するビデオの中に入る。
2007-08-20 11:01 | カテゴリ:未分類
 熱波の中、稲葉が風にそよぎはじめる。庭石の上に五、六匹のミミズが日干になっている。今日のあまりに熱い地下から脱出し、とうとう地上の方がこの生き物の天国となる。
 ウリが湿り不足のためチリチリの葉になり、少ししか無い実を真昼の畑中に露わにしている。夕方は少し元気がでている。
 もう七時になると暗くなってしまう。新聞をとりに行って、番組欄から明日は新聞の休刊日と知る。冷房のない昔は暑い夜々をどうしのいでいたのか。
 吉川英治の本(全集44)をはじめて読む。「べんがら炬燵」(昭和9年作)は義士の磯貝十郎左衛門の遺品お琴の爪をめぐる逸話。
2007-08-20 11:02 | カテゴリ:未分類
 朝、かつてのジャガイモのところを耕す。7時半には足羽山の蔭から陽がさしてくる。畑の土の上に朝日の移る速さは、毛虫より少し遅い。スコップの土返しは体がすぐに暑くなり、半分して引揚げる。今日はまだ出勤の人達おり。
 今日も暑くニュースで33℃だったと言う。夜の廊下に、長いたくさんの毛をもつ虫あり、烈風に鳴き音(!)を二度ほど立てて死す。
 ここ数日、桑原武夫(1904~1988年)の全集を読む。敦賀の人であり、「私の敦賀」(1977年)に、家の表門は大谷刑部吉継の敦賀城の城門を移築した古いものであったと記す。
2007-08-20 11:03 | カテゴリ:未分類
 早朝ランニングをする人を数人みる。今日も暑い。朝の6時前には、空には三分の二ほど雲があったが、日がさしだしてからは雲がほとんどなくなる。畑の茄子と瓜が枯れかけたため、はじめて水をやる。手おくれか。水をやるべき瓜の根元がなかなか見つからぬ。
 庭のサルスベリの白花が、青空高くそよいで真夏らしい。
 休刊あけの朝刊に、県勢ボートの男子4人スカル・ダブルスカルで佐賀インターハイに優勝の一面記事。甲子園は緒戦で終ったのでさみしく、テレビをみない。中越で仮設入居(4週間後に当たる)、世界最高齢の114歳(明治26年生)の福岡の女性死去についても記事あり。
 最近あぐら坐が許される茶道があるようだが、妻の話によると、椅子のまま高齢者が坐禅を学ぶテレビ番組があるそうだ。福井の高齢者は、なぜ年をとっても働けるのか、働くのか。今や田舎のお墓までが大都市に移動するという話あり。
 夕方トマトを全部抜く。食べられる実が10ケほど、既に腐ったり青いままのものが15ケほど(カラスよけのため埋める)。
 ビクトル・ユゴーの「見聞録」を読みはじめる。この数日は活字を見て、眼のつかいすぎ。
2007-08-20 11:04 | カテゴリ:未分類
 昨日は全国で酷暑記録。福井は四日間35℃超、また2週間連続真夏日との記事。今日は戦争が終った日。
 この暑さの中を、窓外に一匹と一対の赤とんぼ(秋津)がとぶのを初見する。雀も地上には降りず、木から樹と動くのみ。久し振りに午前中から雲が多い空である。
 夕6時半ころから、三十分ほど暮れるまでトマトの植わっていたところを耕す。暑気が強いので昨夕抜いたトマトは、ほとんどカラカラになっている。今年は瓜が不作であり、去年の五分の一以下。コオロギとトノサマバッタが出てくる季節になった。右側の括弧が少し上を向いたような鋭い線の金色の月が西空に低くかかる。夕焼けは小さいが山の稜線がはっきりしている。油蝉が鳴いているが、今年は夕べのヒグラシはあまり聴かない。わが夏休みは今日で終り。子供たちは勤めをそれぞれ。「A・ブリュラールの生涯」読了。
2007-08-20 11:04 | カテゴリ:未分類
 昨日は群馬で40℃となる異常な暑さ。朝から体のまわりが暑くるしい気温になっている。西の窓際に青々とした金木犀が二本あり、その周りを黄茶の夏蝶が二羽ゆっくり飛び交っている。コントラストが日本画のようである。
 事務打合せする。通夜あり少し時間早し。西日強し。
 暗くなる前に、ブロッコリー用の畝を肥料を入れて一列耕す。二つのバケツの溜り水をすべて撒く。だんだん早く暮れて細い月が美しい。小四年の夏休みの観察は「月の満ち欠け」だそうだ。
2007-08-20 11:05 | カテゴリ:未分類
 今日は、すこし曇り気味で、昨朝よりわずかに涼しい、と言うより温度が低い。朝食は焼トウモロコシ。
 午前中は、今後の政策展開の勉強をする。昼から県庁での第一回の教育・文化ふくい創造会議あり。各委員からよい意見をきく。
新聞できのうも全国で40℃を超えた町(中津川、熊谷)ありの記事。馬に馬インフルエンザあり、猛暑で馬力低下か。
 世界はこうでなければならないという固定した秩序を持っておらず、両立性がある。低次元の不両立は、より高次元において両立する。例えば、無限の長さの直線は、三次元になると横切らずして反対側に移動できる(シェルドンの過程哲学、鶴見俊輔書評集成Ⅰ、2007年みすず書房)。実務での有効な応用は如何、例えば仕事と子育ての両立など。
 今夕は畑にゆかない。
2007-08-26 17:32 | カテゴリ:未分類
 昨日も岐阜で40℃を超えるところあり。今日で18人が熱中症で死亡、県内は10人が搬送の記事。
 招待した世界陸上のギリシャチームが初練習の記事。新聞の時事外信の記事によると、ギリシャ国会は一院制(300人)であり、この9月に解散することを、中道右派(3年前、左派から11年ぶりに政権奪還)のカラマンリス首相がパプリアス大統領に要請したとある。
 昼はピザを食べる(パン屋さんの強力粉は1kgが220円也)。頼んで作ってもらったシソのユカリが、もう一度天日干されている。
 夕方になるとほとんど雲がなく、三日月が三十度くらいの高さの上空にある。カラスが帰る。
 桜島まで4km余りの湾を遠泳するため、トレーニングをして成功する小学五年生たちのドキュメンタリーみる。目の前数10㎝を先導して長続きさせる。浮輪のヒモだけ腰に残して安心させる(教育にコツあり)。
 夜おそくフランスで製作されたドキュメンタリー「ニュルンベルグ裁判」の後半の一部をみる。死刑判決12人(極東国際軍事裁判は死刑7名)。
2007-08-26 17:32 | カテゴリ:未分類
 今日は旧暦で七月七日、たなばたの日である。昼は大きい雲が出て日がかげっている。
 生活環境の中に看板、自然環境の中に山腹の切削の問題が含まれるか。
 日はさすがきょうは高曇りであり、加越県境の山ちかくに入道雲(実際は白山の手前にあるものである)。今日までは雷雲めいた雲は見当たらなかったが、天気が変わってきたか。田野は緑から黄緑になり、田毎に微妙な差あり。女形谷あたりにとりどりの槿。
 金津の狭い谷津の農道をバスが走るが、あれはルートなのだろうか。黒豚らしき動物を沢山運ぶ上りのトラックあり。
 座席の左右によって外の景色が変る。左右の違いのほか、行き帰りの方向ベクトルが半直角ほどちがってくるからだろう。
 傾斜に白ユリが咲いている。高砂ユリか。ブドウのハウスあり。
 東京の夜は虫の声がする。福井ではきかず。東京も土地が細分化され、家が建ってゆく。福井県は裁判員になる割合が低い地域との新聞記事が14日に出ていたが、弁護士の方はこれからも足りないのだろうか。
2007-08-26 17:33 | カテゴリ:未分類
 晴れ。東京はお盆の頃よりは暑くないらしい。
 走行する通勤バイクが、ここ数年ふえている。男女の二人乗もいる。
 ふるさと納税、兼居などについて専門家の意見をきく。与党幹部に新幹線の要請をする。組閣(27日)前のため時間的余裕あり。
 国立新美術館をみる。日展100年に県美術館から鈴木千久馬の絵が1品出展。
 中華航空機が炎上するも全員narrow escape。
2007-08-26 17:34 | カテゴリ:未分類
 今井日本原子力産業協会会長との会談。大野市要望あり。環境ふくい創造会議の第一回会議(自然環境)。最初から有益で熱心な意見をいただく。
 世界陸上ギリシャ代表チームとの会談と歓迎会(国際交流会館)。アフロディーテという名の選手あり。言葉がなかなか通じない。
 天気予報では明日は慈雨が降るとのことである。気象台は悲観の側に立った雨ふりの予測をして降らぬことがあるが、今回ばかりは「楽観的」予測であっても、その通りに雨が降るように。
2007-08-31 13:21 | カテゴリ:未分類
 朝、雨音が五分ほどしてすぐ止む。三週間近く雨が降っていないので慈雨であるが少なすぎる。しかし、夕方に雨がもう一度きて、夜になると本降りとなり警報まで出る。
 毎日テレビの取材あり、越のルビー、羽二重など紹介。「ベンチャー・リンク」地域経済対談を三田村頭取と行う(女性活躍社会、産業政策)。部局長ミーティングあり。課題解決PTの協議などする。北経連会長から広域計画について助言を受ける。あわら市から要望あり。
 仕事で少し遅くなり、外は雨。原子力の耐震調査などの新聞解説記事に、わかりにくいものあり十分な説明がいる。
 自分でナスビを焼いて大エラー。ナベのすき間から湯気を浴びて手に火傷。冷やすために遅くまでねむらずに、眼を開けている必要あり。東京裁判の平和主義者であるパール判事(印度)、この人を中心としたNHKスペシャルを見て時間をすごす。ニュルンベルグ判決の正当化に東京裁判を使おうとするイギリスを中心にした勢力。
 夜中に虫の声をはじめてきく。
2007-08-31 13:22 | カテゴリ:未分類
 戦没者追悼式(鯖江嶺北忠霊場)あり。朝にはさいわい雨が上がっていて明るい。新しい平和祈念館もでき、今年から遺族が見学できる。
 駐日中国大使の王毅夫妻が来福。
 午後、東海北陸ブロックの公民館大会あり。笑顔で開放的な運営、定まった役割にこだわらず、何んでも行うべしとあいさつ。嶺南各市町の要望あり。
 冷却中の左手の使い勝手わるし。市内の交通管制もあり。
 午後から、比較的すずしい風のある夏の終りの青空。
 中国は50歳代は時代についてゆけず、30代、40代が経営者の中心となっているが、経営哲学などの蓄積がなく、日本の経営者から学ばなければならないとの話。中国はまだ分権ではなくて集権が必要な時代らしい。
 ルール、条件、期間だけ決めて、あとは国、地方、民間など誰でも道路整備ができる国。
 美しい赤松林の山腹を見て、久し振りに軽快な気分になる。
 今夜から夜中じゅう弱冷房をする必要がなくなった。
2007-08-31 13:23 | カテゴリ:未分類
 しのぎやすい好天。定例記者会見。話題のおもなものは新幹線の推進本部、ガン対策委員会、ちりとてちんのエンディング(「師匠と弟子」を紹介)など。
 小浜市の要望あり、世界遺産の神仏習合の意味を懇談。
 北信越国民体育大会の開会式が県営体育館であり、バスケットの選手が先頭でジャイアンツの集まり。本県女子選手のしっかりした宣誓。県民歌を福大学生が朗々と。
 県民アンケート調査の協議。
 今日は近所の田圃が早や稲刈を済ます。夏の終り、夏休みの終り。小玉ジャガと枝豆の豆だけの煮物を食べる。味がすこしきつい。
2007-08-31 13:25 | カテゴリ:未分類
 朝は比較的すずしかったが、昼から残暑となる。朝食は丸パン。
 午前中、県北陸新幹線建設促進同盟会の理事会・総会を開く(国際交流会館)。予算が前年同額についての質問あり。
 理髪にゆく。昼前のTVは、ここ数日の人命をないがしろにした事件の報道やワイド番組。道ゆく人に見とれて青信号を発進しないタクシーあり。昼食はシソをかけたチラシ寿司とトロロコンブ汁。
 高校の同志会に出る。20分ほど県政報告(全国に誇れるデータ、ふるさと納税、道州制論議)、写真をうつす。今夕から家族へる。
 今年の稲田は倒伏が多い。これをかまわず刈入れしている。今日、明日で稲刈りをするよう指導があって、同窓会に出席できぬ人ありとの話もあり。町の道路にホッケー準優勝の横断幕が二本。町長とも雑談。
 半月を過ぎたきれいな月が、夜更けに南に低くかかっている。
2007-08-31 13:26 | カテゴリ:未分類
 総合防災訓練が福井市森田の九頭竜河川敷であり。今回は、福祉施設への搬送訓練、町内会のグランドでの給水・消火訓練あり。また仮設のビルを設けて救助訓練もあり、自衛隊の渡河作業、中洲からの警察・消防による救出作戦が加わる。
 中の島からセミの声。初めはそんなでもなかったが、だんだん日が照ってきて、ともかくテントの中も陽が入り暑い。トリアージのボランティアの方もみんな暑いなか頑張って訓練。実況報告にいま一つの工夫いる。
 訓練場の川下に釣人一人あり、人さまざま。帰路、右岸の中藤島あたりにピンクの芙蓉が咲くのを見る。
 夕方、ゴミを埋めに畑にゆくとき、乾いた刈田の上を兄弟妹三人が、竹馬とバットとドッヂボールをもって歩いてゆく。
 暑い夕暮なので廊下の窓を開けておくと、稲ワラのよい匂いが流れてくる。夜は東上空に、ボンヤリかすんだ丸に近い月あり。
2007-08-31 22:06 | カテゴリ:未分類
 天気。朝はいささか涼しく、部屋間の温度の差がなくなっている。
 経済界の第1回のサマースクールに出席(勝山ハーベストホテル)。杉山、手嶋、藤田三氏が講師。
 これからは、民、官をコーディネートする経済学。インテリジェンス・オフィサーと政策決定責任者の落差。女性には内在する根拠あり。etc.etc.
 ハイポリテックスとローポリテックス(沖縄返還と繊維交渉)。システムズのシステム(システムデザイン)、突出したシステムが部分的に入ると他のシステムが崩壊する。イギリス人の国際ルールづくりの才能と執念。
 この日内閣改造あり。
 スキージャムにパットゴルフ場などあり、草原にわずかの人影が見える秋めいた景色。山頂から7時すこし前に、突然月が顔を出す幽景にあう。全体が峯を離れるまでの時間は約5分。寝る前に外に出ると、雲間に一瞬雲をつけながら月がみえる。
 「W・マイスターの修業時代(上)」終り。大作家が経験したにちがいないものが、悠々と叙述されている。
2007-08-31 22:08 | カテゴリ:未分類
 朝から雨。屋根から小川のように水が落ちる。山道も前がみえぬくらい。
 日本看護学会(成人看護)がフェニックスホールであり。この頃に強く雨がまた降り、人が少しずつ来て席につく。
 東京で全国港湾知事協議会の総会、第6回「ふるさと納税研究会」があり。
 世界陸上。400mハードルなど福井でキャンプしたギリシャ選手の入賞とどかず。
 東京は日中暑かったが、夜に入って強い雷光と雷雨。これが過ぎると秋の涼風が部屋に入ってくる。
 ユネスコの世界遺産(白山)、世界無形遺産、ジオパークなどについて意見交換。
2007-08-31 22:10 | カテゴリ:未分類
 くもり。福井に午前中戻って、9月補正予算の査定作業をはじめる。第二回目の環境ふくい創造会議(生活環境の分野)あり。道具、衣類、書籍などのリサイクル文化をつくることについて。
 夜は予算で帰りが遅くなる。
2007-08-31 22:27 | カテゴリ:未分類
 朝より強い雨。降ったりやんだりして夕方あがる。
 早朝、意見交換会、新幹線など。県・福井市の私立幼稚園PTA連合会大会(アオッサ)に出席。お母さんたちによるオリジナル曲の元気な合唱2曲。いっしょに連れてくる幼児の声毎年ふえ歓迎。
 雨上りの笏谷石の石畳。植物は土の中の汚れた雨水を吸いあげて浄化し、花や実にし、葉はエネルギーを地中に戻す。組織における情報や熱意は、どうやら茎間を通った結果、変形・消滅をしたりする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。