FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-08 09:28 | カテゴリ:未分類
 インパチェンス(赤)、サクラコマチ(薄紅)を、妻が買ってきて庭に置いている。朝から雨である。夕方あがる。
 各公共事業の状況をきく。本体の事業に対し、工夫をすこしずつ加える必要あり。
 昼の「ちりとてちん」に真白な五木さんがスーツ姿で出演。
 越前町の要望をうける。
 ブータン王国(人口70万人)は、ほとんどの国民が幸せを感じている不思議な王国らしい(この国の指標GNH gross national happiness)。
 来年予算確保について福田福井大学学長来庁。
 マニフェストの「家族時間」を長くする運動の名案は。青少年の愛護活動と風紀対策との関係。市町個別プロジェクトの新たな応援手法。
 畑でとれた大根の初物を里芋・コンニャク・揚物といっしょに煮物にして食す。今日は足元が寒い。
 中日ドラゴンズ、五十三年ぶりに投手の準完全試合で日本シリーズ優勝。子供の頃憶えている杉下のフォークボールと西沢の打棒以来か。
スポンサーサイト
2007-11-08 09:29 | カテゴリ:未分類
 午前中はくもり時々晴。
 坪内、中村両氏に労働委員会委員の感謝状贈呈。嶺南市町議長会の要望をうける。11月1日が各商工会議所の役員再任、敦賀商工会議所の会頭等来庁。
 座ぶとん集会と視察(勝山市北谷町小原)。これより大長山・赤兎山という看板あり。そこから本道を外れて上ってゆくと小原集落あり。現在2人居住、かつては90戸余(明治期)、その後も70戸(昭和30年代)あったそうな。福井で最も高い所の村。
 夏は杉林に小さなヒメボタル(7月上旬)が生息し、拍手に点滅反応するとのこと。この地の茶は、秋の今頃に、枝ごと先から20cmばかりを切り、これを干した後に一寸ほどにきざみ鍋でほうじて飲す。マキストーブで焦がす手伝いをする。あっさりした味。民家の中はまだ4時ごろだが膝が冷えてくる。
 集会には福井工大の先生(吉田純一教授)や学生諸君、森林組合や環境ボランティアの人達が参加。柱がみえない大壁造(県内では白山麓にのみ残る)の廃屋を改修し、環境教育などの拠点をめざす。トイレ・登山道の整備やイベントの助言・連携など継続的な活動の支援が重要か。白山は大長山(応頂山)からの眺めが最良とのこと。
 連立政権の会談と民主党が拒否の突然のニュースあり。
 夜ふけの空は白い雲がよく見え青空である。秋明菊が暗がりに有るかなしかに見え、虫も最後の一匹の声のみ。
 道都で平年より6日遅い初雪。五木さん紫綬褒章。
2007-11-11 11:09 | カテゴリ:未分類
 旗日の「小春日和」である。
 平和と文化と子ども展に祝辞。絵本「タノシイコドモ」(1946年出版)の写本展示、オヒナマツリ、ホタルガリ、ホシマツリ、クリスマス(英文/邦文の)など懐かしい家庭の場面あり。推理式指導算術(100万部のベストセラー、受験参考書)という本もあったようだ。
 県主催の「ふくい子ども文化祭」にあいさつのため、再度アオッサに行く。気楽に楽しんでもらうこと、継続的に習い事を身につけてほしいことを言う。マリンバとハープを聴いたあと、弦も加わった短い記念作曲も演奏。幼児達がさわいだり、フロアーに寝ころがる子がいるのも又よし。
 この建物の周りで高志地区の収穫祭(第一回か)をしていた。ソバやホウレン草鍋などがうまそう。
 モズが鳴く。打つ音の小春の山にはね返る。サルスベリの青葉が、かなり黄色くなって別種のきれいな花が咲いているよう。足羽山にも紅葉近づく。幽樹一庭黄葉秋。山茶花にすでに小指の先ほどの芽が沢山ついている。
 秋昼清話。梅の木に葉が朝は十枚あまり残っていたが、夕方には残り五、六枚になる。
 暗くなるのはもう五時半前であり、それより早目に畑をのぞきにゆく。灰色雲の動きも北から南方向である。ナスビが終ったので抜こうということになり、最後まで「お世話」になった四本をすべて始末する。以前に耕した端一列の畝をもう一度柔らかくし、春先用の豆(スナックエンドウ)を播き、乾いた芋の茎をかぶせる。
 今夜も月はないが星と白雲で明るい。夜は皆で茸入りのスキ焼を食べる。このメニューはいつ以来だろう。初めてストーブをつけると眠たくなる。

〈異国異聞〉(1)ニューヨーク市長(米有数の富豪)が貧困地区の学校の成績アップに応じて教員にボーナスを支給と発表。教員一人当り3千ドル(34万円)、低学力の学校に優秀な教員を集めるのが狙い(朝日6面11/3)
(2)パキスタン(アハル村)に日本のNPOの防災授業。「地震は神の天罰」と思っていた子供たちは地震の仕組みをきいて驚く(同「特派員メモ」)
2007-11-11 11:11 | カテゴリ:未分類
 午前中に富山で道州制のシンポジウムがあるので、早目に起きる。けさは寒く、初めて朝の石油ストーブをつける。炎が上ったまま火を弱くしていないので妻に言うと、「1年ぶりなので忘れていた」。私の方も火を小さくするレバーの操作に一瞬とまどう。
 街路樹のハナミズキがまっかに紅葉している。西空に雲は多いが、南は開け朝日が低く光を投げている。散歩する夫婦の息が白くなった。外気11℃。
 白山も立山も光のかげんで薄いシルエット。砺波平野の上を派手な色彩の熱気球が西へと移動してゆく。日本自治学会「道州制シンポジウム」に参加し、鎌田さんの司会により杉浦自民党道州制調査会長、犬島北陸経済連合会副会長と意見を交わす。自民党の中間報告案はデッサンということらしく、これからヴィジョンにするようだ。知事会の状況と道州制に慎重な意見だけは述べる。会場も同じような雰囲気。
 帰路は倶利伽羅峠を下った不動寺パーキングエリアで瞬休。秋日の北陸三県の沿道風景は落ち着いた美しさを示す。
 「みやまより落ちくる水の色みてぞ 秋はかぎりと思ひ知りぬる」(藤原興風)晩秋の夕べにおもふ。
 竹取物語(卓人スグレビトの異事アヤシゴトを描く)、源氏物語前半(卓人の常事)、源氏物語後半(常人ツネビトの常事ツネゴト)の物語。源氏物語の第一部(33帖まで)は中国「史記」のヤマト版という性質を含む文学という考え方があるようだ(小西甚一「日本文藝史Ⅱ」1985年講談社362頁)。
 電子から光子がでてくるのは、光子がその中にあらかじめ有ったのではない。しゃべっている声があらかじめ自分の中にあったわけじゃないのと同じだ(「ファインマンさんのベストエッセイ」1章、岩波書店2001年)。
2007-11-11 11:12 | カテゴリ:未分類
 くもり。朝刊一面は昨日辞意表明した小沢代表の記事(連立拒否を不信任とうけとめる)。道守高校の朝のスクールバスに遇う、席がつまっている。
 近畿ブロック知事会議、知事五名出席。「広域観光」について溝尾良隆氏(城西国際大)の基調講演あり。資料に越前町の冬のカニ民宿と陶芸村が掲載。遠い客、近い客のどっちを。一口で呼称できる観光クラスター(圏、ルート)をつくる、観光客を増やすよりも宿泊や時間を増やす計画を。
 知事会議では、税収格差について主に論議。法人二税の「再配分」は分権に反する、分割基準の見直しは必要であり、税目の差し替えは次善である。本県からは新幹線の必要性、日本海側の地震調査について緊急提案。
 橋の照明がある大津の夜景は、ホテルの上階から見下ろすと白基調。大津は菊の産地とはじめて聞く。
 帰途は雨が降ってくる。
 一生のうち学ぶべき青年のときに眠く、ゆっくりできる定年になると早起きになる。この人間の矛盾は、生物学的な適者(時)生存からみてどう理解できるのか。
 甲子園大会(高校)と都市対抗野球(社会人)の国民的関心の差は、県と都市の違いが一因かどうか。
 大人の健康でも子供の学力でも、いま何故良いのか当り前でわかりにくいが、これが不健康や学力不振になると理由はわりあいはっきりしてくる。

〈此国彼聞〉市町村の企業誘致の優良成功事例を集めて、都道府県と市町村に紹介し、優良市町村を表彰する事業を国が始める(11/15読売2面「求む!ユニークな企業誘致活動」から)
2007-11-11 11:12 | カテゴリ:未分類
 昨夕からの雨はほぼ上っている。
 秋の叙勲・褒章伝達式を行う。地方自治法施行60周年記念式典を行い(アオッサ)、功労者の表彰も。工藤裕子中大教授が記念講演。地方自治体の合併や道州論議は日本では歴史的視点(地政学的、伝統文化的)が欠けており、線引きや数合せになっている。三層制下のイタリアの県(州の下位)は、政党、農業団体、商工団体の地域単位と合致していて、廃止するより強化の方向。
 商工会議所の女性会員と懇談(敦賀)。
2007-11-15 09:45 | カテゴリ:未分類
 一日晴れ。好日。観光について協議。県遺族連合会の創立60周年記念式典(フェニックス・プラザ)に出席。昼「ちりとてちん」を見る、終りの画面に師弟関係もいろいろ出て、今日は少年野球。
 「女性活躍会議」を生活学習館で行う。共働きといっても今の父の世代は男性の協力度が少なく、企業における就職窓口においても男性中心。一方女性みずからの努力も必要。労働関係事業団体との定例の意見交換会。
 円は空なり。虚ならず真なりとか(良寛)。軍隊の本質―徴兵は平等だが配属は不平等、人間は信用されず(田淵節也「私の履歴書」11/7)。
 今晩は天井に亀虫、廊下に油虫。まだ蚊が昨夜だったかいる。
2007-11-15 09:49 | カテゴリ:未分類
 今日も天気。朝日が正面からさして、玄関で写真をとるとまぶしく暖かい。
 FM福井の収録。空気が澄んで白山がみえるが、雪があるのかはわからない。各部局からの何度目かの打合せ(エネルギー拠点化、税収偏在、パーソントリップ、健康長寿など)。勝山市区長会の要望あり。
 第18回の男女共同参画全国都市会議の開会式(アオッサ)に出席。帰りに一階下のボランティアカフェを激励、女性達が語らって文字どおりカフェである。
 中学校長の研修会あり。学力テストの結果がよく校長は笑顔である。教育用語「一喜一憂することなく」。
 例えば本を読んでいる時に10分後に何かをして、という家事のリクエストはつい忘れてしまう。
 朝顔はまだ軒下に花をつけている。夜の庭は虫の一声が途切れて聞える。
2007-11-16 09:17 | カテゴリ:未分類
 ねんりんピック茨城大会の壮行式(正庁)。JA女性部の大会に出席。
 北陸3県が加わっている中部圏知事会議が金沢であり(ホテル日航)、自殺対策が議論に。件数は昭和30年代に低下し、平成10年代から急増、交通事故死の3倍。子育て政策はどの県も似てきて飽和状態。
 金沢城の長屋・城門の整備状況を見学、夕暮となりカラスがよく飛んでいる。知事はみな忙しく少数になる。石川料理は固有名が多く蟹も調理がちがう。道路用地は広いと平時には批判、非常時には理解。中部縦貫道路は過去の時代にすこし時間がかかりすぎた。
 企ての性質は外からはわかりにくいが、それに従事する人をみればわかる。
2007-11-16 09:18 | カテゴリ:未分類
 くもりと晴れ。近くの空地の泡立草を刈ったところに鶺鴒(せきれい)が降りている。松の木の高さに赤蜻蛉が数匹とび、小さい黄蝶が植え込みを急いで過ぎる。
 朝の実践者の集いあり。科学技術高校の創立100周年記念式典に出席。高校生は時間の関係あり「ちりとてちん」は見れない。八名さんが講演、夕方には祝賀会あり。戸田智江さんは卒業生である。
 山中教授(関西学院大)と防災について意見交換。防災疎開という考え。
 珠算教育連盟福井県支部の創立50周年式典あり。珠算学習はヨミ・カキ・ソロバンとして有用だろう。小学生の頃は米びつに算盤を入れて滑りをよくした。姉に教わって165という数字を次々に珠に入れて指ならしをした記憶あり。暗算のレベルになって手に負えなくなる。それゆえ仕事では桁まちがいだけはしないように。
 スーパーレディス駅伝の開会式あり。福井で合宿をと話題に出す。
 菜ッ葉(ミズナ、ノザワナ)の種マキは、2尺巾の畝に1尺間隔で横まきにするのがよいと習う。
 一日あたたかく夜もあまり冷えない。今日は国歌を三たび歌う。
「変はらじと契りしことを頼みにて 松の響きに音(ね)を添へしかな」(松風)
2007-11-23 08:56 | カテゴリ:未分類
 今日はレディス駅伝の日、冷たい雨だがあまり降らぬことを。高速道に鳥取ナンバーの小型乗用車が南す。里山がこんもりと紅葉してモヤが立っている。
 民間保育園大会が敦賀短期大学を会場に開催。福井へしこフェアを美浜町に見学。40店ほどあり星印の数で甘辛を区分している。別のテントでは地元の人達が、あまご炭火焼(渓流の里)、ソバボーロ、カボチャスープ、フグ唐揚、海藻コンニャク(名を失念)など出店。久々子のシジミは黒い(1袋大1,000円、小500円)、定置網のサバは30cmくらい。1mあまりのサワラあり。
 座ぶとん集会(若狭町縄文博物館)をハス(鰣)プロジェクトの人達と。湖畔に榛の木を植えるのも一案。水鳥のためには五湖と周辺田(餌場)を一体に考える。鰣(はす)はなお幻だが、鰻、手長エビ、モクズ蟹は生息。海浜センターとの協力。縄文博物館出口から地上に出ると雨が上っており、湖水と刈田が美しい。
 エネルギー研究開発拠点化推進会議(若狭湾エネルギー研究センター)に出席。研修施設、次世代エネルギー研究施設など提案があり。石の上にも三年、十年一日にならずに。環境・安全のモデルタウン構想(社会インフラと科学技術の統合)などの提唱もあり。
 県立音楽堂に地元企業の後援による五木さんのコンサート。アンコールが終ったところで間に合い、紫綬褒章の祝意を伝える。
 今日は旧殿下村の収穫祭もあり行った人から様子をきく。晩御飯は久しぶりに、コロッケ、イカ天、キュウリ・モヤシのサラダ。夕方も時々雷がなる。

〈異国異聞〉 ドイツの二党は大連立で10月にVAT引上げ(16→19%)、アフガン派兵を承認。小選挙区比例併用、政党色強、後援会・世襲議員少なし、政党の思想性強。(読売3面11/11)different customs.
〈此国彼聞〉 地域経済の立直し策を競い合う地方調査研究機関についてコンペを実施すると経済担当相。(読売7面11/11)for what.
2007-11-23 08:58 | カテゴリ:未分類
 今朝で梅の葉は一枚もなくなる。昨晩から今朝まで、雷が時おり強く響き、夏のような雨音。朝は北西の空に灰色の入道雲がみえる。午前中も時に強い雨がふる。
 県経営者協会の60周年記念祝賀会あり。「教育・文化ふくい創造会議」の第一次レポートを受く。大野市から要望あり。
 座ぶとん集会、東安居地区は里山(下市山)あり、三川あり、菜の花あり、ハウスあり。町づくりは熱心なリーダー。
 The industrious Japanese will conquer in the long run. の主語部はどのように訳すべきか(「文法の原理」上289頁、イェスペルセン)
 ビデオは逆戻しすると完全に動きが逆回りになるが、記憶はそのような連続性をもたずに逆戻りができる。要するに人間の頭脳は、考えや動きを完全に連続して指示するのではなく、一定の節目をつけて心身に命令をする。
2007-11-23 08:59 | カテゴリ:未分類
 天気は回復し今朝は明るい。波が荒くて海沿いの高速道は、しぶきによる霧のようなモヤ。
 機窓からみる高い山は、富士山の他もみな冠雪。イヤホンから落語「寿限たら」(三笑亭夢之助)、「四枚目」(三遊亭遊雀)。空気がすみ、房総半島上空から東京湾方面は、浮世絵のような大パノラマであり、富士山や関東平野の山裾まではっきり見渡せる。
 東大の安藤先生から木材活用の政策をきく。ウッドからティンバーへの転換。
 全国知事会議(知事会主催)が午後の後半からあり、税収の地方格差の是正が主なテーマ。
 夜は焼鳥などをみなと食う。暗夜行路を読む若い女性あり。
 「問の悪しき者には告ぐる勿れ」荀子(けさのことば11/13)。
 稲尾投手死去(70歳)。

〈異国異聞〉 サブプライムのCEO2人が2億ドルの退職金(フジサンケイビジネスアイ3面11/13)
2007-11-23 18:36 | カテゴリ:未分類
 晴れ。午前中から政府主催の全国知事会議。内閣総理大臣との懇談(金がないのでやりくりの算段。各地域が自立や人材確保をetc. 果して)。新幹線と「ふるさと納税」について要請。
 河川局の研究会に出席。夕刻各国大使との交流会が飯倉であり、フィンランド、オーストラリア大使と寸談。
 東京福井県人会の会合にあいさつし最終便で帰る。夜小雨あり。
2007-11-23 18:36 | カテゴリ:未分類
 県庁ホールに農業高校、水産高校生の諸君が生産した白菜などの野菜、シクラメン、葉ボタンなどの花卉、エクラチャンなどの加工品の即売会あり。県の土木事業やイベントへの供給が有効かとも思う。
 学力調査と全国のいじめ調査、後者についてバラツキあり。扱いに国は責任をもつ必要。
 全国新聞社広告責任者会議に祝辞。地元朝刊に広告がない頁は2頁だけであり、改めて大きな意味を占めていることに気づく。新聞社の広告収入は平均約4割、外国に比べて半分程度らしい。
 政策議論をはじめる。農政問題は解決すべき課題ははっきりしているが、処方箋にきめ手を見つけなければならない。
 風呂からあがると今はもう躰がすぐに寒くなる。
2007-11-23 18:37 | カテゴリ:未分類
 玄関の鉢に、嵯峨菊が白と赤が細い糸状にふくらんで咲いている。
 雲浜小学校の六年生と一緒になって、郷土の偉人について広報番組収録。二葉より芳し。
 父親子育て応援企業の知事表彰式を行う。
 打合せ甚だ多し(補正予算、青少年愛護、動物愛護、健康長寿力、スポーツ、名水保全など)。
 夕方の外気は10度である。大きな三日月が出ている。揚げ豆腐とローストチキン(ほめすぎか)の夕食。Birds of a feather flock together.(イェスペルセンから)
2007-11-23 18:38 | カテゴリ:未分類
 雲がちであるが、冬の日がよく射していて、シクラメンがよろこんでいる。
 図書館の垣根のドウダンが真紅に染まり、掃除の婦人がベンチの下をのぞいて枯葉を掃き出している。
 ドイツの市街鉄道の運転をボランティアがしているテレビリポートをかつてみたことがあるが、事故対策などどういう制度保障の下に彼の国では可能なのだろうか。
 政治行動のタイミングのとり方について。
 居間の鴨居のところに、細長いヒゲのようなものが見えるので、椅子に乗ってたしかめる。するとキリギリスに類した虫が胸の前で脚を折り曲げて、天を向いて干からびている姿であった。
 中部医師会の総会に祝辞。医師会が参院の議席を失った話が出る。
 丹生の盆地の沿道は、低い夕日をうけて白い薄の原が美しく浮び上っている。高校同窓会が織田であり、朝日中のブラバンの生徒がバスで帰るところに会う。明神太鼓を小さい子供たちが巧妙に打つ。幼い子供達に何を教えるかについて。沢山の円卓あり、町長、議長、県議、同級生の男女達も。写真など撮り快談。漁村は7~9月が閑期で大変らしい。ブルーベリーは産地化なるか。
 「わたしは比較的に好運の人間で、これまであまりひどい目に遭ったこともなかったが、震災のために多年の日記、雑記帳、原稿のたぐいから蔵書一切を焼き失ったのは、一生一度の償い難き災禍であった。この恨は綿々として尽きない。」(岡本綺堂随筆集「読書雑記」、岩波文庫2007年10月)
 夜は小雨が降る。寝るころには時々強く雨がふる。
2007-11-23 18:41 | カテゴリ:未分類
 風雨強し、とくに嶺南は。敦賀と旧河野村を中心に原子力防災総合訓練を行う(敦賀原子力防災センターを拠点)。荒天の為、船舶の接岸など一部中止。新潟地震の経験をもとに、新たに原子力サイト内の火災制圧、湾岸の避難誘導のための船舶総量の確保、ケア施設への移送など。
 防災においては、決定や変更の周知のメリハリが特に重要。
 午後には、県保育士会50周年記念大会あり(フェニックス・プラザ)。五十年間の写真やビデオ放映あり。白いエプロン姿の園児の姿に明るい笑い会場におこる。さてこれから五十年後の人々は、今をどう朗らかに笑ってくれるだろうか。帰ってからも少し仕事あり。
2007-11-23 18:42 | カテゴリ:未分類
 朝は雨が上っている。11月の定例記者会見。新幹線、高速道路のこれからの運動など。
 会見の日取りについて、月曜日は出来事が多いのだ。今日は白山は真白となり、その次の手前の山々も白粉を浴びてきた。庭に初霜あり、と妻が数日前に言ったことを思い出す。
 農政連・農業者連盟幹部研修会にあいさつ(芦原)。三国の龍翔館に刺子展を短時間だが観る。事務室明るい。館蔵展示品としても戦前の漁民の使った「サックリ」なるものあり。県内の博物館の連携活発化がいる。
 横からの冬日をうけ、坂井丘陵は起伏にとみ空が広く感じられ、白雲は英国の風景画的である。昨日の保育士大会の歌に地平線という言葉があった。
 白山はおおいかぶさるように近く、荒島岳は薄雪をかぶり尾根の重なりが浮き出る。七市の商工会議所の正副会頭会議あり(勝山ニューホテル)。勝山大仏殿が薄くライトアップ。平泉寺の発掘の進捗について。
 「東京も冷え込む頃となりました」と機内放送。
 馴染みのうすい似た方向にある二つの場所は、近接していると通常感じる。
2007-11-23 18:42 | カテゴリ:未分類
 うすぐもり。朝は大根のしじみ汁。地方自治法施行60周年の記念式典あり出席。「御言葉」あり。東京消防音楽隊が「人の望みの喜びよ」と「朝のあいさつ」を最後に演奏。
 議長らと地元国会議員に対し、県の地方六団体の皆さんと税収格差是正を強く求める(地方法人税の偏在是正、「ふるさと納税」の導入、交付税確保、新幹線、道路財源)。増田総務大臣等にも要請。夕方、第9回の子どもと家族応援基本戦略分科会に出席。厚労省は総合力を発揮して課題に取り組んでほしい。
 雷は一位の木には落ちないらしい。
2007-11-23 18:43 | カテゴリ:未分類
 東京は朝から快晴である。政府税調の答申(消費税引上の将来方向など)が朝刊に。
 『「実は福井」の技 in TOKYO』を伊藤忠商事の本社(青山)で開く。小林社長と懇談、いつも積極的なお話し。近くは外苑、遠くは筑波山がビルからみえる。
 新幹線18都道府県の要望活動。財務省、官房長官、参院幹事長、政調会長、公明党、PT座長等。昨日PT自民の年内方針決定の動きがあり、総じて空気はよい。国会の見学者多し。街路樹の中で、かたまった数本だけが黄葉している。
 NHK会長に朝の連続ドラマの地元状況など話す。これからのフォローは落語、師弟、地元記念などが方向か。
 東京も早く日が暮れる。JALとANAの機内誌11月号が、奇しくも同時に朝倉遺跡の戦国庭園を特集。すこし出発が遅れて、機窓から丸くない月がみえる。小松に下りるとき雲行きがわるく、街の灯りが下になかなか現われず着陸にやや時間がかかる。
2007-11-23 18:44 | カテゴリ:未分類
 くもり。昨晩は福田総理のシンガポール記者会見の後、10時20分から「その時歴史は動いた」で継体天皇が登場、最後に足羽山頂の石像の大眼を大映し。
 第三回の経済戦略政策会議に参加。大都市も地方も問わずゲストスピーカー(藻谷氏)は斬新な産業分析や提言をされる。消費量が全国的に減る時代なりと。
 中国名古屋総領事の表敬あり。打合せ多し(植樹祭、環境計画、耐震など)。
 背高泡立草は羊や牛が食わない訳ではないようだ。帰るとき時雨が上っていて、月が上空にでている。
2007-11-30 11:36 | カテゴリ:未分類
 うす日のさす晴れ。鳥たちは活動期に入ったのか、やや重そうな大きい冬の鳥が二羽飛んでゆく。あるいは別の小さい形の鳥が、沢山に群をなし息をつぐように上下して、移動してゆく姿がひんぱんである。
 一週間ほどまえ、松の葉が黄変しているので調べてもらった。赤斑葉枯病という名前であり、松クイ虫ではないようだが要防除。その隣のサルスベリは花が終ると冬にそなえ早々と葉を落してしまった。
 庭にはモミジが四本ばかり植わっている。二本は赤の満開だが、残りはこれからのようだ。蕪村流の遅速がある。
 Live and let live.己も生き他も生かす。 I have heard say.私はうわさを聞いた。(Otto Jespersen ch.10)
 昼の教育テレビ 「たべもの一直線」で福井(坂井)の早刈りソバをとりあげている。水分16%にするには機械プラス勘。作り手〈兼〉売り手〈兼〉打ち手。別のチャンネルBS1でスペインの逆ローン(高齢者の住宅をリースして年金にする制度らしい)の話題。
2007-11-30 11:38 | カテゴリ:未分類
 昨夜の8時頃は満月が、頭の真上近くに上っている。冬になったためか。今朝は霜が降りており、庭のシソの葉をチラシズシ用に集める。そして畑のピーマンは取るとまだ一袋になる。白菜の何株か抜かれた地肌のところだけは、霜で白く見える。
 農業共済事業の60周年記念大会に祝辞(サンドーム福井)。今朝の家庭菜園のことをまくらに、新しい福井らしい農業振興について述べる。
 大野街道を盆地に入ると白い山々が秀麗。スキージャムの南端は大野側からもルートがよく見えるが、白山は山陰になるようだ。雪囲い美事をきそふ気風あり(乾側)。黒原会頭の叙勲祝賀会に出席(テラル越前)。
 その日のうちに上京する。イヤホンで滝川鯉昇(りしょう)の「ちりとてちん」(2007年8月「にぎわい座」)の後半と前半をきせる型で聴く。話し方がうまい。酢豆腐を食べるときの様子は面白いのだろうがラジオで見えず。二代目桂春蝶(しゅんちょう)の「持参金」は、金は天下の廻りものという話(1982年「全日空寄席」)、この上方の師匠は10年ほど前に若くして死亡。
 4時半ごろに赤い夕日が丹沢の山に没し、反対の千葉側の東空にぼやけた配色の満月が掛かる。
2007-11-30 11:42 | カテゴリ:未分類
 比較的暖かい日。皇居前には天気よく、銀杏の黄葉狩りや濠の水鳥(都鳥か)を眺めている行楽客多し。
 明治大学アカデミーホールにおいて、継体天皇即位1500年記念古代史フォーラムの主催のあいさつ。滋賀県高島市長、大阪府枚方市長、江守実行委員長等と参加。納谷学長に会う。明大は鯖江出身の矢代操が創始者の一人。同大学はまた考古学、古代史の先進的な研究の実績があるとのこと。建物は立派で壁面がガラス張、エスカレーター付である。1,000人あまりの聴衆あり、熱心さがうかがえる。これからは、古代研究の進み工合の統合的な検証と地元ブランドとしての生かし方が課題。
 帰りにフェルメール「牛乳を注ぐ女」などオランダ風俗画展をみる。暗くなった時刻なので観客は減ったのだろうが、それでも東京は人が多く、歩きながらの行列鑑賞となる。今晩は比較的暖かい。
2007-11-30 11:44 | カテゴリ:未分類
 うす曇りの晴れ。朝から晩まで一日中、北陸新幹線の要望に動く。昼食の時間も十分とれず。総務大臣、財務省幹部、公明党、PT議員、谷垣政調会長、伊吹幹事長、そして森会長。参院選の民意について理解が行き渡っている。
 一日天気よし。柿おちば駅には近き坂の道。
2007-11-30 22:44 | カテゴリ:未分類
 くもり、新幹線に乗る。久方ぶりである。紅葉の沿線である。富士山は雲はないが、もやにかすんで白雪の筋が流れる頂上の姿。沿線での泡立草の広がり工合を車窓からみるも、目に入る黄色いものは街中のイチョウやミカン畑である。この草はもう枯れ始めたのかよく見分けられない。しかしススキは白く残っている。
 京都は紅葉シーズンの終り頃らしく道路が混んでいる。川端通りの三条あたりには、川沿いの歩道に顔見世の赤いボンボリが立っている。
 京都大の政策大学院評価委員会に出席。研究費の繰越ができるようになったらしい。枠の中ならば条件を国がこまかくチェックしないことだ。
 駅の京菓子コーナーはごったがえしている。列車に乗り違えた客が、車内のSOSを押したらしく、サンダーバードは数分の到着遅れ。文殊殿に通夜あり。明日から議会あり打合せもあり。
2007-11-30 22:46 | カテゴリ:未分類
 なにか得をしたような初冬の好天。朝の足羽堤は白薄と桜紅葉で見事。近くの山襞も紅葉の盛りとなり、杉林との対照が明瞭にして華麗。
 午前中、東京での新幹線与党プロジェクトチームが開かれた。「金沢・敦賀間」が新規着工の目標区間に明示、年度内(来年三月まで)の結論を目ざす決定をしたとの報告あり。このことで昼の時間に記者インタビューを受く。できるだけ年内に話が具体化することを期待していると答える。
 12月議会の開会日。関議員が20年勤続され議会決議の表彰、県からは感謝状。その後に提案理由をのべる。新幹線の方針(今朝)、原子力プラントの耐震、福鉄、ガン治療施設のスケジュール、国体など、議場静。
 午後の後半は庁内の政策議論をする。ブランド対策と観光との関係。永平寺・平泉寺、三国・敦賀などは、少なくとも料理と菓子などの定番品をつくることがまずポイント。例えば鱒寿司(富山)には定番性あり。
 夜も比較的あたたかい。明日の県内日程を、議会の理解もえて急遽変更し、一緒の上京となる。great cry and little wool.(15C後期)
2007-11-30 22:46 | カテゴリ:未分類
 暗いくもり。朝七時すぎ玄関前の電線にムク鳥(?)の黒い群あり。気温は高速道で8℃と表示。空港ビルでの風が冷たい。朝のテレビ「ちりとてちん」が丁度出発前の時間にあり、師匠の口から初めて「ちりとてちん」という言葉がでて、口演を教える場面を見る。普通のドラマとちがって落語のセリフが沢山あり、俳優は大変だろう。
 「降下にあたり通常より強めの揺れを予想」と。東京は10℃とか。膝毛布ご入用ですかと乗務員。車輪だすガツンと冬の湾に向け。
 北陸新幹線整備実現福井県推進本部の中央要請。議長、県議会代表、市長、会頭らと県選出国会議員とともに、議員連盟会長、PT座長、鉄道調査会の議員に。昨日のPT決定のお礼と今後の方向づけの要請。
 五湖の鰻の蒲焼あり、金沢の泥鰌の蒲焼あり。議員会館が工事中であり土を掘り起こしている。新鮮な茶色の土の穴が現われ、裸になった地面は都も地方も変らぬ色である。会館から議事堂にゆく歩道も頭に冷たい風。待時間があり参院の待合室で貴族院の頃の映像や「国会速記教本」を眺め、そのあらましを初めて知る。
 上京中又帰ってからも、あすの代表質問をみる。
2007-11-30 22:47 | カテゴリ:未分類
 朝快晴。本会議は三会派から代表質問、女性の傍聴者多し。いずれも再質問の一言あり。プルサーマルなど。環境問題には、どこで論じるかの政策レベルの階層があることに留意すべし。
 夜は雨(夕方から)。今週は福井と県外との移動が多く、床に入る頃ようやく週末一息という心境。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。