FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-11 09:53 | カテゴリ:未分類
 青空は見えるが曇り。
 新採用職員と管理職の辞令交付式を行う。年度初めの知事あいさつ(正庁)。県観光連盟のJR東日本からの派遣職員あいさつ。
 年度初の部局長ミーティング。ふるさと納税に関する部局長協議。
 新しい県警本部長着任。
スポンサーサイト
2008-04-11 09:54 | カテゴリ:未分類
 くもり、夕方は晴れ。桜にはまだすこし寒い。
 福井NECが関西セミコンダクターズと統合。警察学校の初任科入校式に出席、男女とも元気な返事。
 通夜あり、田園の春水流れ強し。部室の送別会あり、今年は転出者が少ない。子育て真最中の頃を思い返す。
2008-04-11 09:54 | カテゴリ:未分類
 昨夜半は雷が弱く鳴る。予報に反して朝から雨が降り始める。やがて晴れてくる。朝うぐいすが鳴いて目ざめたと妻がいう。
 高齢者叙勲、叙位叙勲の伝達式。新社会人式(福井市文化会館)。昨年新就職者だった五十嵐さんから、「大きな希望とすこしの不安」、つながり、初心、失敗をはじずと歓迎の言葉。
 工専新校長の着任あいさつ。夕方の畑に人の姿あり。
2008-04-11 09:56 | カテゴリ:未分類
 晴れ。きょうは二十四節気の晴明(せいめい)、すがすがしく明るい空気が天地に満ちて、桜は咲き初め緑が萌え出す日と新聞解説。庭の梅は散り、赤いガクだけが残る。
 自動車警ら隊・機動捜査隊の発隊式が旧丹生署で行われる。出発式のとき天空にヒバリの強い声する。清水町の山際は小川の水迅し。
 運動公園周辺に子供と親や祖父母との人出あり。平日でも春休みのためか子供達の姿多し。
 明倫中ハンドボール全国大会(富山)で優勝の報告をうける。監督もコーチもハンドボールは専門ではないが、指導よろしきをえる。
 赤い羽根募金や小中学校への寄付を自治会費に上乗せして徴収すると、強制にあたり憲法に反するとの判決(新聞)。
 足羽川の河川整備も姿が見えてきた。高い建物もでき、市内の花見のベストポジションはどこか。花より団子いま頃の季節は菓子も売れるか。
2008-04-15 09:43 | カテゴリ:未分類
 好天。きょうと明日の週末は、さいわい桜日和のようだ。
 北側の宇坂隧道から永平寺に入る。この峠道は早春の美しさ。民家近くの小さい畑に農作業する人多し。梅咲きて山畑さらに斜めにす。
 午前中、宮崎前貫首の本葬式礼があり。奠湯(てんどう)、奠茶(てんちゃ)、秉炬(ひんこ)の佛事、そして焼香。堂の庭に八重桜が咲き、季節はずれのカゲロウが沢山ふあふあと発生している。
 小稲津の足羽川右岸に白モクレンの名木に気づく。
 午後一時から福山諦法禅師の晋山開堂式礼あり。晋山(しんざん)とは住職が山に進む、つまりお寺に入る儀式。天気が好く花に飾られた参道に行列を見る人達多し。そして紅い錦幡を先頭に唐門より山門へ。各堂で新住職の法語お拝。承陽殿での法語は、七百幾十、法燈連綿タリ、古佛心眼、照ス第一天。光明蔵では拠室(こしつ)、視篆(じてん)つまり居室で印鑑、書類の引き継ぎ、「この印を相続して云々」。二時から法堂での晋山開堂。慶賀の意をあらわす諸疏(しょう)の宣読を三人の老師(山門、門葉、道旧の疏)が行う。
 禅師は上堂、焚香などを行い、説法(大問答)を十人余りの僧とする。(問)雲水の一人ひとりの声をよく聞いてほしい、(答)その忠告をよく承っておきます。など列僧たちの微笑を誘う問答もあり、ひらけている。終えた修行僧は「キチジョー、キチジョー、大キチジョー」ととなえて退出。春の堂しずかに垂るるクモの糸、肖像に似る面構え花の寺、春光の段に息切れ山の寺。
2008-04-15 09:44 | カテゴリ:未分類
 晴れ。足羽山のふもとや運動公園のあちこちに、花見の行楽に動く人の姿。耕運機が仕事を始めた。気の早い農家の鯉幟を初見する。
 えんどうの竹支柱をするも、竹の小枝部分すくなく不調。土中の大根の残り10本ほどを掘り返す。花菜がどんどん出る。玉葱もようやくニラぐらいの葉になってきた。サンシュユの花がおとろえ、コブシが花を開き出した。
 足羽山の山桜は、枯枝の中に数本がさっと刷いたように色をつける。今日も山端が薄く細く夕焼ける。暖かい日和だったが、夕方一時風が冷たくなる。
 今年の山菜はまだすこし時期が早い。
 特集「それぞれのちりとてちん」をみる。落語への関心が一過性でなく浸透して欲しいと、加藤虎ノ助さんが吉弥さんに述べる。七月には又、「ちりとてちん」のスピンオフ・ドラマ(番外編)を放映予定とのこと。
 内閣の支持率が2割台になった記事が朝刊に。
2008-04-15 09:45 | カテゴリ:未分類
 くもりの曇天。午前中、県立大学入学式。サークル活動の勧誘が弓道、サッカー、アメフトなど若々しくにぎやか。研修所で新規採用職員への講話を行う。反応微順。
 午後から上京する。昨日の東京版(朝日)の文化欄に、コラムとして「ちりとて熱中後遺症」が出ている。
 県選出国会議員、国交・総務の次官等に対し、道路特定財源の暫定税率回復の要請。
 東京宝塚で白洲次郎のミュージカルが公演されているらしい。
 チャールトン・ヘストン(82歳)死亡の記事。「大いなる西部」「ベンハー」など一つのスタイルをつくる。
2008-04-17 11:41 | カテゴリ:未分類
 昨夜半から窓うつ雨。きょうは午前中も風雨。
 西ゆうじさんに会う。小学館ビッグコミック・オリジナル「あんどーなつ」などを話題に意見交換。
 沿線は桜と菜の花の花ざかり。目がさめると天気が上っている(豊橋付近)。NHK大阪の放送局長、プロデューサー等に「ちりとてちん」のお礼。大阪のタクシーは日よけに新聞紙を窓にかざしている。
 帰りの列車は強風でダイヤがおくれ、前の列車に丁度乗ることになり、早く福井に着く。琵琶湖は水の青に桜が映える好景。
 何年ぶりかで夜空の北斗七星に気づく。BS洋画劇場「ワーロック」(1959年)の後半をみる。H・フォンダの保安官、ドロシー・マローンなど俳優の所作がクラシックである。
2008-04-17 11:42 | カテゴリ:未分類
 高ぐもりと晴れ。朝、足羽川右岸の桜並木の下を歩く。河原には週末の春祭のため、テントや装置がすでに準備中。桜木に鳥の声する。鴉も多い。吉村会長死去。
 年度初めの定例記者会見をする。前回と期間あまりなし。四月初めの赴任あいさつ多し(北陸農政局長、全日空支店長、海上保安部長)。小浜水産高校と敦賀工業高校のボート優勝報告あり。
 帰りに県庁を出ると暗くなっている。お堀の石垣の上に、大勢が花見をたのしんでいる。ライトアップの色と桜がよく合う。今春から御廊下橋の周りも明るくなり、人出あり。
 数日前、田んぼで小さい声が二、三度したが、今夜は蛙の大きな声が家の近くでする。
 BS「墓石と決闘」の後半をみる。ジェームズ・ガーナ(ワイアット)、ジェイソン・ロバーズ(ドッグ)、ロバート・ライアン(クライトン)。監督ジョン・スタージェス。典型的西部活劇。
2008-04-17 11:43 | カテゴリ:未分類
 花の雨。梅の枝から若葉が小さく出はじめている。
 祖田学長から「ふくいの農業を考える会」の意見書を受く。農業に基本的変化が。良質な米づくりの農作業のタイミング。
 福邦銀行頭取からAEDの寄贈。北陸高校ハンドボール部の優勝報告。個々の打合せいろいろ来る。
 夕方も雨が降っている。君この盃を受けてくれ、花に嵐のたとえもあるが、人生サヨナラだけじゃない。相当に花が散っている。
2008-04-20 09:57 | カテゴリ:未分類
 晴れ。上京。桂春菜の「七段目」(JAL機内の名人会)は、演目そのものがよくできている。季節の変り目、体調をくずさぬよう、仕事の疲れがでぬよう、と機内放送で言われる。
 新幹線鉄道調査会会長代理と与党PT座長から、年度末の経緯と昨日の自民党会議の様子をきく。政府・与党が道路財源の「一般財源化」を確認したとのニュース。
 岩波書店の山口社長、福井県関係の部長、編集課長の諸氏と会う。NHK会長に「ちりとてちん」のお礼。
 アルプスは雲中、福井はくもり。通夜(鯖江)あり。
 順番は大事である、例えば食事のメニュー、全体は同じでも。
2008-04-20 09:58 | カテゴリ:未分類
 くもり。県連合婦人会総会(生活学習館)。
 北陸新幹線の整備実現に関する連絡会議を行う。国会議員からは申し訳ない気持だとの話あり。八月の概算要求までに最低限何とか結論をとの決意あり。県議会、各市長、経済界からこれまでになく強い口調の要請。
 ふくい春まつり「越前時代行列」のオープニング、花吹雪が舞っている。勝家役があいさつするとき、剣尻が目の前にあちこち。雨が二日ほどつづいたが、今年は不思議なことに桜がまだもっている。昨年は坂川市長があいさつした。30組の県外応募者が衣裳姿で初参加。ハナカイドウなど花の苗木を無料配布しているらしい。
 庭のピンクの八重桜が満開である。
2008-04-20 09:59 | カテゴリ:未分類
 くもり。東の窓側に買ってきた新しいスダレを掛ける。公舎前に田を耕す音する。花鉢の赤紫のアネモネが三輪咲く。吉村豊子さんの葬儀・告別式、惜別の情篤く、次第簡素なり。
 ふくほうオーケストラコンサートに行く。主にモーツァルトのもの。ドン・ジョバンニ序曲、ピアノ協奏曲21番、チェロ協奏曲1番(ハイドン)、交響曲35番、アンコールはディヴェルティメント二長調。天沼裕子(指揮)、菊池洋子(ピアノ)、ユン・ソン(チェロ)。
 夕方近くに一時雨が降る。夜、蛙の声が本格的にする。「ふるさと納税」議論の道筋を整理する(昨日と今日)。
2008-04-20 10:00 | カテゴリ:未分類
 明里から下流、菜の花の堤となり、咲き始めで雨後に緑を帯ぶ。桜堤の方もまだ美しい。朝刊は休み。
 全国中学校のゴルフ選手権大会に優勝した森さん(福井中学)が、理事長と報告に来訪。3歳からゴルフをしている、次の目標は日本女子アマ選との決意。
 道路財源の対応、政策合意全体打合せなど。
 足羽川の右岸、夕方はほぼ葉桜である、春宵千金。夜空を玄関前で見上げると、三日月のおぼろ月夜。
2008-04-20 10:01 | カテゴリ:未分類
 はれ。JA福井県女性協の総会、田中会長勇退。2時頃政策合意の協議を始める。足羽川災害復旧報告会にあいさつ、中川委員長、進士委員長出席。若干の時間面談をする。
 夜空に春の半月が高くかかる。今夜は暖かく心地よい。
2008-04-26 10:13 | カテゴリ:未分類
 くもり。北潟沖のコウナゴ(小女子、イカナゴ)漁がはじまり、釜ゆでして天日干しをする写真が新聞にでている。
 政策合意の協議(2日目)。部局長ミーティング。
 NHK遠藤プロデューサー来訪。「ちりとてちん」のメッセージは「人はひとりではない」。
 幼稚な哲学ほど深くとどく。ドラマにおける合わせと離れ(!)。伝説は過去から我々に向い、また我々は伝説をつくり未来に伝える(伝説の真ん中)、土地は子孫からの贈り物。
 長年あたりまえにしてきたことが、不可能となることについて。
2008-04-26 10:14 | カテゴリ:未分類
 朝小雨がふっている。朝上京する。
 平地にひと固まりのこんもりした杉林あり、その真ん中を一本の細道がゆるやかに彎曲して通る。加越県境近くに車中から眺める景色。
 朝刊に「若狭には佛多くて蒸し鰈」(森澄雄)の句が「季節のたより」(毎日新聞 坪内稔典)に出ている。歌川広重(二代)作「諸国名所百景」の魚を干す絵もあわせて。
 政策会議(法政大学教授の岡崎昌之氏)を行う。観光計画、「住みよい所」と「住みたい所」の違い、住民も参加した観光計画、観光地に外部依存症あり。
 すべて仕事は(公務も)、付加価値をつけること、その逆にならぬよう。
 暫定税率等の継続を求める大会に出席(日比谷公会堂で、知事は島根、佐賀)、民主の同調議員あり。その後、出席した県六団体代表とともに県国会議員へ緊急提言(自民本部)。
 上川内閣府特命大臣と面談。子育て対策など、年末にできなかったもの。
 造園学の進士先生の紫綬褒章祝賀会に参加。出席者1,000人の大勢。足羽川の環境対策、県土の景観対策などに有益な助言をえている。
2008-04-26 10:14 | カテゴリ:未分類
 昨日からずっと雨、朝の国会前は何十台ものバスが一杯。
 政策会議(東京大学の宇野重規准教授)、希望学やトクヴィルの研究者である。フランスはずっと中央集権の国であることを知る。
 道路暫定税率の回復と住民生活の安定を求める緊急大会に、県の代表者と出席(憲政記念館)。地方からの意見発表あり(大分湯布院、熊本、岐阜)。
 久間自民党鉄道調査会長に議長と新幹線要請。今日は議事堂、裁判所、皇居のあたり一帯は若葉の雨である。裁判所けやき若葉に角張りて。
2008-04-26 10:15 | カテゴリ:未分類
 薄い緑、黄、灰色など様々なトーンの若葉が、こんもりと山腹に萌え出す。これに朝日があたると青い杉の穂の列が浮き出でて、すばらしいコントラストを見せる。敦賀半島のてっぺんは白雲がかかる。
 BCリーグのミラクル・エレファンツ開幕戦(敦賀市総合運動公園)。敦高のマーチングバンド、ナナイロの歌、選手紹介、チーム命名の表彰、子供たちから激励の写真や花束の贈呈も。始球式は投手江夏、捕手河瀬、一塁高木、打者西川。福井・新潟戦の1回表裏をみる。実力はともかく試合運びが重要か。球場での天気はくもりがち、風が冷たく強い。ファンの持続的熱意を。
 球場前にラーメン屋が出ている。敦賀はコンブ加工の産地。野原には山蕗が伸び始めている、鶏鳴あり。
 前を走る車は、後に続く車に対しなにがしかの先行車責任がある。歴史や伝統における人間も同様。少しずつ限りなく虫が葉っぱを食べてゆくように、緑の山肌が削られている。木を植えることに人も組織も本能的な選好がある。
 午後の後半は雲がなくなり日が強くさす。
2008-04-26 10:16 | カテゴリ:未分類
 天気よし。芽を出した庭の小木に珍しい鳥がくる。頭と羽根の先にかなり大きい白斑、体色は明るい茶がかかり体長は雀より大きくスマート、尾を微細に動かす。献穀の書をかく。
 足羽山の高い木は白っぽい緑。今日みると、低い木々も芽吹き出し、これら同じような黄緑色。
 県立美術館に五島さんの刺子と水墨画展をみる、力作多し。家庭の日で無料になっている。来館者も多い。
 夕方にも畑へ行くと、一日のうちに変化あり。スナックエンドウが夕方にはいかにもこの季節らしい花をつけている。イチゴも白い花を咲かせている。春耕をさまたげむとて潜む石、菜の花の風に蝶々のあおらるる。
 青少年育成福井県民会議の総会に出席、講演をする。「ふくいいろはかるた」を使って、助言社会、「ちりとてちん」のテーマ、子供時代の映画や蓄音機のこと、サイエンス教育と道徳など。参加者にきくと、戦国より幕末の福井の方を好むようだ。
 筍をゆで過ぎる。夜蛙の声ききながら髪あらう。
2008-04-26 10:17 | カテゴリ:未分類
 好天。昨晩は夜半によい満月がかかっていた。
 池端氏葬儀。県庁広場で梅圃幼稚園の園児が歌いながらこいのぼり掲揚、幟がはじめポールに巻きついて泳がず。ホールに入って合唱。
 坂井の畜産農家と座ぶとん集会。養鶏(卵)、養豚、乳牛(牛乳)など経営条件さまざま。飼料高騰に苦慮、たい肥はよく売れるらしい。
 地上の憂事、天上の摂理。今夜もよい月が東の空に上っている。
2008-04-30 09:13 | カテゴリ:未分類
 晴れ。一日中打合せばかり。
 昼に県政記者の田井さん(共同)の送別写真など。元共同通信社のジャーナリスト、福井出身の松尾文夫さんと面談。著書「銃を持つ民主主義」、マケイン氏の勝機。
 打合せ多し(植樹祭、医療、ダム等)。高浜町長選が無投票。
 今夜も蛙の声がよくする。夜蛙や田圃にゆるが如くなり。
2008-04-30 09:14 | カテゴリ:未分類
 街路の花水木が咲く。堤防は葉桜である。
 テレビ、ラジオの広報番組収録(公共交通)。退職教職員の表彰式(アオッサ)、終了後1Fで茶話。
 なまぬるい風が吹いてだんだん曇りとなり、夜は雨になる。蓮如上人の御影が吉崎に着く、240㎞の道程を一週間。
2008-04-30 09:15 | カテゴリ:未分類
 午前中は打合せ。昼すこし前に京都に出かける。敦賀駅で快速を待つ母子あり、母のバッグから紙の鯉幟が見える。安曇川あたりで強風緩行になる。段々田に水はりをする季節となり、各小田の水口に白い空の肥料袋を敷き水を導いている。
 「くず物などございましたら・・・はいありがとうございます」と、先輩車掌がビニールの大袋にごみ集め、後ろを新人が歩く。
 立命館大学リレー講座、小生としては4回目。今回は「ふるさと納税」がおもなテーマ、650人の学生出席、熱心な質疑あり。キャンパス内は学生で渋谷の街のよう。京都の私立小学校では学校給食をホテルが提供する。グラウンドは人工芝。
 財産や美術品を寄贈した人の税金が安くなる方法について。京都は料理人、庭師などが安く修業にくる街である。
 比叡山が新緑、学生の頃はついぞ気づかなかった景色。京の街は花見と五月連休の間の閑散期。
 帰りのサンダーバードも、近江舞子と北小松間が強風のため米原経由の迂回ルートになる。40分余り福井着おくれるも、久方ぶりに昔の北陸線の夜汽車を経験。
2008-04-30 09:16 | カテゴリ:未分類
 定例記者会見をする。新年度の政策合意など。もんじゅの質問多し。名木・名花のハンドブックできる。
 越前市から源氏物語千年紀PR宣伝隊来る。市長、鎌谷委員長ほか衣裳姿の紫式部と光源氏。着付指導者も。内部協議いろいろ。福井市内にも名木として樹齢800年のケヤキあり。
2008-04-30 16:49 | カテゴリ:未分類
 好天、しかし朝の空気はつめたい。一週間のうちに畑が背の高い菜の花畑になってしまった。
 福井県中央メーデーあり、祝辞いずれも短く。
 もんじゅの初装架燃料の変更計画について、原子力機構理事長に事前了解の回答を行う。入念なる対策を重ねて要請する。燃料体の検査を追加すると答える。
 県児童福祉推進大会(生活学習館)に出席。植樹祭PRのビデオが流れていたが、司会の効果的な解説がいる。
 原子力安全専門委員会に特に出席しあいさつする。新基準での地震対策を総合的に検討する必要あり。
 三時ごろ雨が来て、又晴れる。
 「パラダイス鎖国」という新書(アスキー)を速読、はてさて。「参勤交代」(丸山雍成著、2007年 吉川弘文館)を読む。幕末、春嶽公が大名として初めてこの制度の改革を献言したが、幕藩体制の基本にかかわる故に、倒幕によってしか「実現」しなかった。
2008-04-30 16:50 | カテゴリ:未分類
 晴れ。梅が新緑になったな、と思ってよく眺めると、驚いたことにもうナツメほどの大きさの青梅がついている。
 足羽山頂で煎抹各流の大茶会が合同でひらかれる。今年は丁度60回記念にあたり式典にあいさつ。「和敬」碑への献茶あり。終って隣りの茶席で一服となったが、テントを解体する際、溜った雨水がわが頭上にかぶる。煎・抹・煎と三度野点席でいただく。茶花として、二輪草(黄)、うらしま草(茶黒)、白山吹、ツボサンゴ(赤の小花)、あけび(実から想像できぬ垂下する可憐な花)、黒ロウバイ(紫)、山シャクヤク(白)など。
 市博物館の館長(吉沢さん)と入口のところで会い、そのまま見学となり説明を受ける。副館長(中川さん)、学芸員の人達とも。標本(押花でない)、岩石、腐食映像など工夫あり。サイエンス教育に有用。
 畑で菜の花をすこし抜く。牛フンを置く場所を整地する。妻も1週間ぶりで草むしり。
2008-04-30 16:51 | カテゴリ:未分類
 晴れ。昨日の衆院補選(山口県)に与党議席とれず。税制関連法案の再可決にそなえての打合せなど。電信柱らしきものに鯉幟を泳がす家あり。
 昼から上京、明日は荒川区との交流事業。紅い大きな夕陽がビルの角にかかる。
 昔読んだ「冬の鷹」(吉村昭)の腑観のところを読む。「竜馬がゆく」の文庫本も目にとまり最終巻(8巻)をながめる。春嶽公、三岡、雪江など。
2008-04-30 23:24 | カテゴリ:未分類
 天気。荒川区の「川の手荒川まつり」(第22回)の開会式に初めて出席。隅田河畔が会場になっていて、日が照って焼けるくらいである。荒川区の素盞雄(すさのお)神社、小塚原回向院、円通寺、荒川ふるさと文化館を見学。橋本左内墓のサヤ堂は区が再建中。昼、参加した18都市の交流パーティー。名物の羽二重団子も出ている。鯖ズシ好評。
 今度日本フライ級チャンピオンになった福井出身の清水智信さんと対談。金子ジム(会長)や県人会の理事長、副理事長も出席。ブランド大使になってもらう。
 新しい経営体制になった「ふくい南青山291」を視察。入口の左側の店は日本初上陸のフィリップ・リムのブランド店、右側はカフェに変って店先にまで外国人がデーブルを囲んでいる。ありそ亭は休み。新館長(井上さん)らと面談。まずともかく人が入らなくては。
 帰りの機内寄席で、町内の若い衆(古今亭菊之承)の後半、松山鏡(三遊亭歌る多)、時そば(柳家さん喬)をきく。於上野鈴本の録音。
 高速道から目に入る今頃の山野は、水彩画のように色彩や凸凹が美しい。田にも水が張られ耕耘機が動いている。レンゲ畑も数枚あり。
 東京も小松も22℃と夏のようだ。日程強行でおつかれさん。
2008-04-30 23:25 | カテゴリ:未分類
 快晴、温度高い(富山で26℃、10時前に)、北陸新幹線は年度末に方針が不調だったため、再結集をすべく富山・石川県知事、北経連会長への協力要請に出向く。新木会長には取締役会の時間となる。新幹線の環境への寄与、北陸の資源力など談。石川県庁の食堂はよく混んでいる。砺波平野に比べ福井平野の民家は鯉幟が多い。
 5時ごろに、暫定税率やふるさと納税など関係税法が衆院で再議決され、連絡会議をひらく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。