FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-07 08:54 | カテゴリ:未分類
 今日は「半夏生」である。地元新聞には大野市の焼サバの様子。昨日の「茅の輪くぐり」行事の写真も出ている。
 代表質問は四会派、冒頭日からハードとなる。地震対策、原油高対策、地域鉄道など。石油高対策のプロジェクトチームをつくる旨答弁。「長くつづく」と言う声あり。今日はガソリンが180円になったという話をエレベーターできく。
 新聞は物価上昇の動きを報道し始める。朝日新聞一面には、7月以降値上げ予定の商品やサービスの一覧表。電気、ガス料金、航空運賃、食用油、マヨネーズ、チーズ、肥料など。また輸入物価の上昇で、昨年1年間23兆円余(諸外国に比し最大)の差引所得が海外流出との記事あり。
 夕方、7時頃日が赤く沈もうとする。七月一日の空は薄青く澄み、刷毛のような雲、そして飛行機雲が上空にばらけはじめ、涼気が心地よくただよう。わが存在と関係なく初夏の空あり。茶赤色のユリは匂わないが、おくれて今日開いた黄色いユリは芳香を庭に放つ。赤色の力強い花ありてグズマニアという名。
 殺到と言わば言うべく我をめがけ殺到し来る雑用の束
 輝ける空より雲をつきぬけて雨の羽田に滑り入りたり
 古武士のごとく花をかかぐる梅の木の根方に雪の消え残りおり
            (永田和宏「華氏」1996年 雁書館)
スポンサーサイト
2008-07-07 08:54 | カテゴリ:未分類
 晴れ。むし暑い。帰ると「今日は暑かったよ。暑かったって」と妻。
 郡上市長ら観光PRに来県。隣接観光の強化が今年の話題の一つ。日刊福井の第31回謝恩会に出席、中日系は6種の新聞を出しているとのこと。
 明日の一般質問の答弁打合せを夕方までする。イタリアでの寺院の落書の処罰を伊各紙は逆に厳しすぎと報道(毎日)。
 夜は家のトマトのシチュー、茄子の一夜漬、インゲン油揚煮。家のインゲンの方も、すでに花が咲き出したらしい。
2008-07-07 08:56 | カテゴリ:未分類
 雨の予測のところ、うす晴れとなる。昨日から風があったせいか、大気が澄んでいて山の線がきれいに見える。
 一般質問の第一日目である。明日に原油高対策会議を開くと答弁する。
 スモモもモモのうちではなくモモの第一のモモ。
 6時ごろ沛然と夕立。その後もう一度。9時ごろ県庁を出るときは、雨もあがっていてお蔭で涼しい。
 むし暑き窓を開ければ音まず来。
2008-07-07 08:56 | カテゴリ:未分類
 今日は暑い。数日前に早や30℃になっているが、温度が上りそうである。
 一般質問の2日目。勝野審議官(地域経済産業)来庁。NEC社長来庁。県議会終了後、「原油・原材料高騰対策会議」をスタートする。松崎県議が辞職され来訪。
 ジャン・ピエール・ギメネズ氏(リヨン・アジア映画祭責任者)が戸田監督、岡山さんと共に来訪。
 暮方にすこし時間あり畑へゆく。しばらく行かぬ間に、野菜たちはどれも伸びゆく盛りで彼らの青春時代である。キュウリやナスが毎日沢山とれ、ミニトマトも色づいて、インゲンも今日が初物となる(ゆでると甘い)。スイカの葉ヅルも広がってきた。
 四国で早い梅雨明けとの話あり(九州はまだ)。夜すこぶるむし暑い。
2008-07-11 11:07 | カテゴリ:未分類
 3年ぶりの日展福井展(開会式)、去年は日展百年展が東京であり。多数の絵画を印象的に展示する方法には理論あり。また書の美のポイントは、「かな」は疎密のバランス、大字は均等性との解説。
 昼食は今夏の冷し中華の初め。東海北陸道が36年を経て完成、185㎞、1兆2000億円を超える事業。
 ローマ時代の記憶係ノーメン・クラトール(名前世話係)(編集手帳7/5読売)
 夕方、城の橋の柴田神社の周辺は七夕飾がされて、若い人達が太鼓のパフォーマンスをしている。勝見交差点の手前の沿道では、花の植栽を年配の人達が一斉にしている。
 宵方の西空に切られた爪のような細い月がかかる。今日も30℃を超えており暮れてから空がモヤッてくる。
 ことし最初の夏の強い暑さになり、夜初めて冷房をする。ラッキョウの漬物づくりを妻が遅くまでしている。部屋をしめ切っているので酸っぱい匂い。
2008-07-11 11:08 | カテゴリ:未分類
 昼は野菜沢山の冷し中華。能楽堂で若干の時間鑑賞する。武田両師の「二人静」の最後のところ、同じ衣裳姿にて二人が相舞い(連れ舞い)する珍しい芸に接す。短い狂言「盆山」(盗人を犬、猿、鯛に見立てて困らす話、あれは「茂山あきら」だなという現代風アドリブも入る)、その後の仕舞(班女)だけ見て失礼する。
 だんだん雲が出てきてむし暑し。書をかく。
 学校給食の校長「検食」を30分前までにすべしという文科省通知が出るようだ(今日の新聞記事)。
 南瓜が中小三個ほどの実をつけ勢いよく伸びている。鼻先にこそばゆきものクモの糸。夜は焼ナス、ゆでインゲン。
2008-07-11 11:08 | カテゴリ:未分類
 晴れ、暑い。環境サミットの開かれる日である。
 七夕の短冊飾りつけと歌の発表会(県庁ホール)。花園幼稚園の子供たちが参加。
 荻野・清水選手(バレーボール北京オリンピック代表)が工大監督と来訪。両選手はともに190㎝を超える長身。
 県立大学のあり方について協議。自動車部品も組立度にさまざまレベルがあり、地元企業として技術の高度化が必要。台湾の民視テレビと台北ウォークの取材隊が来る。
2008-07-14 10:27 | カテゴリ:未分類
 明け方から強い雨音、そのうち警報の連絡がくる。朝8時すぎまで強い雨。昼前に九頭竜川の中洲に要救助4人ありとの情報。
 県漁連から燃油高対策の緊急要望を受ける。嶺南における食産業、スポーツ健康産業の可能性について(経済産業局)。地方のメディアの存立根拠について。今日はお堀の水が満々としている。
 夕方も昨日ほどはむし暑くない。
2008-07-14 10:28 | カテゴリ:未分類
 くもり、昼前から上京する。高速沿道はネムの花が満開。
 経産省へ要請。政策会議を資源・食糧問題について商社の研究者と。国際的に新しい価格構造に移っているという新パラダイム認識。大豆で売るともうかるがミソで売ると損をする珍現象。
 NHK「おはよう日本」から、「ふるさと納税」についてのインタビューをうける(21日放送予定)。毎日小学生新聞(08.7.10号)の「図解なるほど」に「ふるさと納税制度って何?」、わかりやすく解説し、福井県が提唱とある。
2008-07-24 11:31 | カテゴリ:未分類
 くもり、梅雨空の雰囲気が要請にも影響する。北陸新幹線要請、財務省(次官、局長、局次長)、国交省(次官、新鉄道局長)、昼から森会長、長勢会長代理、井上座長代理に。平成21年度重点提案・要望について厚労省次官。二階総務会長に全体的な要請。帰りに石川県知事と一緒になる。
 福井の方がしっとりと過しやすい天気でほっとする。
2008-07-24 11:32 | カテゴリ:未分類
 くもり。今日は夏の高校野球開会式。東海・北陸保育研究大会が行われる、1,000人近くの関係者が参加。フェニックス会館の奥にある市物産館が、売店をロビーに出している。
 北陸三県の企業誘致の状況と対策を打合せ。
 「女性活躍会議」を企業の技術職(繊維、薬剤、食品、機械、化学)の女性と行う。互いに女性の職場の様子を知らなかったと語る。育休について職場への遠慮がある。
 フレンドリーバスで往復。新しいバスルートに変っていて、定期試験明けなのか車内が混み立つ女生徒もいる。豊田三郎氏が長寿元気に来庁。油絵の展示が早春景(2003年製作)に改められる。
 風力発電と野鳥の飛行路との関係。NHKのサイエンス番組でDNAのメチル化現象について放映。
 軒下に落ちたらしいスイカの種から芽が出て、今や茎葉が50㎝程に伸びている。桜んぼ食ゐて別るる種と柄。蚊を払うしっぽあらばや畑仕事。
2008-07-24 11:33 | カテゴリ:未分類
 庭に白い百合が匂うことを妻いう。小さいネジのような形のゴーヤーの実ができている。モッコクに白い小花が沢山つき音を立てて蜂が集まっている。
 むし暑く、午後はさらに暑くなる。県立体育館で第4回県民スポーツ祭。幼稚園・小学生による空手道のスピード感あるきびきびした演技を見る。
 稲の苗先が道路面の高さにまで成長してきた。
 音楽堂で県吹奏楽連盟50周年記念の「東京佼成ウィンドオーケストラ」の公演があり前半部をきく。県下のブラスバンド部の中・高校生を中心に会場が満席である。今年行われる全国コンクールの課題曲やパリのアメリカ人(ガーシュウィン)などの曲目をきく。女性演奏家による解説があり各曲の意味がよくわかった。渡邊一正氏の指揮。
 県立図書館に立寄り館長らと話す。「婚活時代」という本を知る。きょう桑原武夫氏のお子さんたちが来館したとのこと。
 夕刻から県体育協会の表彰式と役員懇談会に出る。北京五輪の観戦と宿泊には数十万円を要すらしく、これではなかなか行けない。
 本日(7/12)の毎日新聞社説には「特産品よりも使い道で工夫」と題して、「ふるさと納税」を「国民の税と地方自活への意識を高めるうえで魅力的な制度である」と評価している。
 8時頃美しい半月が南空にかかる夜。
2008-07-24 11:34 | カテゴリ:未分類
 晴れときどき曇り。昼からは猛暑である。
 午前中、スイカ畑に鴉除けのミシン糸を張る。もう小玉スイカが直径10㎝以上に育っている。キンカンウリの方も、葉やツルの広がりが直径1.5mほどになっている。4時過ぎからジャガイモの最後の三列を掘る。葉株を埋めもどすのに暑くて疲れ、仕事が暗くなるまでかかる。しかし、これでようやくキンカンウリが伸びるスペースができる。もうやめて帰ったらと、暗やみを自転車で通る人から声をかけられる。
 朝の「趣味の園芸」によると、胡蝶蘭は6、7月が生育期であり、半日陰で水を欠かさないこと(下の皿に受けないこと)がポイントと解説している。
 洞爺湖サミット後も内閣支持率上らずの新聞報道。
 冷房の温度は室内や車内など1℃ないし0.5℃の単位で調整をしている。人間の感覚はそれ以上の精妙さには確率的に反応しない。
 夜、戸をあけて妻ひとり言「ああいいわ百合の匂い、幸せを感じるわ」。
2008-07-24 11:35 | カテゴリ:未分類
 くもり。昼は日がさす。まだセミは鳴かぬから梅雨は明けていないのだろう。きのうの仕事の筋肉痛がする。
 神奈川で開かれる全国知事会議の打合せをする。
 風鈴が今日から登場し、県庁玄関に焼物の響きを聞かせている。昼休みに新聞のカメラマンが脚立にのって至近撮影をしている。
 農業関係者と座ぶとん集会(大野市阪谷)、地産地消に期待。ソバあり。帰路、森の中にかくれた阪谷小に寄る。大きなグラウンドで10人位が女先生2人とボール野球をしている。尚徳中に寄ると、放課後の時間となり女生徒は管楽器の練習。迎えに来る車あり。両校とも自校給食、中学校の方は耐震工事も終っている。校長と玄関に出ると弱い夕立の最中。
 英語のセンテンスでは、go to school yesterday のように場所・時の順に構成するから場所が重要ということだ。しかし、日本語ではふつう「きのう福井へ行った」また「いつどこで」という慣用句があるように、両方をいうときは、時間を先に言うことが多い。場所と時の言葉の長さにも関係するかもしれない。
 親睦団体の役員会あり小時間の講演をする。
 進路の選択と自由の問題(ベルグソン)。きょうはunhappy day。
2008-07-24 11:36 | カテゴリ:未分類
 ずっと雨のない毎日がつづく。昨日は大野には夕立あり。今日もむし暑い。
 朝、妻に言われて庭に百日草が咲くのを見る。自然にしか出せない種類のアカイ花の色である。
 広報番組収録(ラジオ)を行う。アナウンサーの谷戸さんは全国コンクールの優秀賞をうけた。午後はあすの予算特別委員会の打合せ。
 八時前には満月に近づいたきれいな夏の月がかかっている。今日の夜はすこし涼しい。親類のスモモをもらう、漢詩風のよい香りである。
 燃油高騰の夏期となった。イカの刺身とサザエの壷焼は経済学にいう代替商品か。
2008-07-24 11:37 | カテゴリ:未分類
 晴れ、10時から5時頃まで一日予算特別委員会あり。原油・原材料高対策、福鉄問題、環境対策など。終ってすぐ上京し、知事会出席のため横浜へ、夜おそく着く。
2008-07-24 11:37 | カテゴリ:未分類
 知事会議あり(横浜ロイヤルパークホテル)。報告や協議事項多し。朝は総務大臣、夕方は丹羽分権委員長出席。国出先機関の統合や消費税について議論。増税論に各知事元気なし。
 昼の弁当のテーブルで埼玉、千葉、熊本、群馬の知事と同席となり意見交換。
 明日は県議会(最終日)のため夕方帰福。福井の夜も猛暑である。夏の満月がすずしくかかっている。雲抜けて雲の入江を夏の月。
2008-07-24 11:38 | カテゴリ:未分類
 朝方、強い雨音がしたが七時頃には止んでいる。低い雲。
 本会議(閉会)あり。ブラジル女子ジュニアソフトボールチームが来訪。食べ物では、オニギリ、お好み焼、タコ焼、ラーメンがすばらしいとの答え。
 県税理士協同組合(税理士会とはちがう)の三十周年祝賀会あり。車中で食中毒多発注意報がでたと放送。
 夕方には天気がよくなる。やや暑さが少ない。夕刻セミの声がはじめてきこえたような気がする。暮れてから東の空に赤味のあるよい月がかかっている。
2008-07-29 09:37 | カテゴリ:未分類
 暑い。昼から蝉が鳴き出す、よって梅雨あけか。近くの田圃の稲に花が付き出した。一、二日前に田んぼの乾いた匂いが玄関にしたのはこのためのようだ。
 県児童科学館の開館10周年記念式典を行う。来賓として講演の毛利衛名誉館長夫妻と懇談。館長はあいさつの中で、福井県は日本や世界の最先端生活のモデルとなりうる、長寿は究極的な豊かさの世界統一指標である、との趣旨を述べられる。
 工業技術センター主催の親子による科学技術体験教室に出席。子供(おもに小学校上級生)たちが教室ごとに分れて、望遠鏡、電池、プラネタリウム(光ファイバーを用いる)、万華鏡、コンピューターによる手形作成を手づくりする様子をみる。最後に記念撮影と終了証を渡す。まずは宿題その一の終了かと思う。賞状に書かる名どれも奇抜なり前に立つ子ら顔の純朴。センターの庭に尾の長い大きな鳥が動いており、珍しい渡り鳥のようだ。昼食は冷し中華。
 今後の仕事のことを午後の時間に勉強する。
 5時ごろ畑にゆく。数日行かぬうちに瓜のツルが勢い良くのび、ほとんど地面が見えなくなってしまった。キュウリやナスビが何個も育ちすぎになる。近くの事務所で社員バーベキュー大会をしていて声をかけられる。夕方、すこし涼しくなる。
 今日の産経新聞の朝刊(5面政治)には、「道州制前提か権限委譲が先か」と題して、政府の二つの会議と自民党が主導権争いをして「地方分権論議混乱」と報じている。道州論の方は無原則的な進め方をしている。
2008-07-29 09:43 | カテゴリ:未分類
 昨日、福井の梅雨が明けたと朝刊で報じる。夏休みの開始日と一致しており、子供のときの未来的な気分をかすかに想い出す。
 北陸新幹線にかかる県選出国会議員との協議、その後概算要求に向けての意見交換会。
 同じ国際交流会館の建物の中で、表千家(同門会)の指導者による、福井農林、大野東、足羽、啓新の各高校生の茶会あり。立礼式による新スタイルも取り入れている。生徒たちの夏の和衣あり制服あり。枝豆に擬した菓子が出る。茶花はムクゲ、ミズヒキソウなどと高校生がメモを読みながら解説。
 港の問題について勉強をする。
 日本臨床整形外科学会が福井で開かれ、夕刻の懇親会に出る。夫人同伴が多い。ハープ演奏やお面を付けた三人による太鼓の芸あり。三国節を恩地さんが唄う。地域の文化や芸能には一つ二つ決定版というものがいる。
 朝刊(中日新聞)の文化面(人生のページ)に、「敵、味方感覚が日常にも」、「二分法で無意識に戦う人々へ」、「脳内汚染」等の見出しで、玄侑宗久住職による「両忘」という禅語を引いての説話が出ている。また「今週のことば」(中村薫編)には「信不信、ともに、ただ、物をいえ」という蓮如上人の言葉がとりあげられ、黙するのではなく互いに語ることの大切さが述べてある。
2008-07-29 09:44 | カテゴリ:未分類
 朝早く畑へ向うと、まだ時刻が早いせいか休耕田の水たまりに鴨が五、六羽餌をあさっている。通り過ぎるとき、道傍から田圃の奥へ人の気配をさけて少し水上移動する。野菜(ナスビ、キュウリ、ピーマンとトマト)が沢山とれすぎる。
 福井港開港30周年の記念式典を、みくに文化未来館で行う。鬼頭前技術総括審議官が講演される。港湾施設はまだ十分に利用されていない、県内企業は敦賀港を20%弱しかコンテナで使っていない、メインチャイナが対日貿易でここ数年で米国を抜いた、誘致企業の1/4が港湾地域へシフトしてきたetc、と説明しながら激励的な講演。
 三国の海水浴場は良天気で大勢の人出がしている。遠くからの眺めは、色とりどりの中に白い波だけが動いているように見える。海の色は天気がつづいているので真っ青である。新保のところに大きな日の丸を出している家があり、色あざやかな海の日である。
 テクノポートの北側空地部分の現況を視察する。黄色をした背の高いヒルガオのような植物の群生地あり。港湾の殺風景な空地は炎昼の熱気によく似合う。
 うすく夕焼がしているのを眺めていると、カラスが二羽ヒラヒラと八幡山の方へようやくに帰ってゆく。スズメも何羽か急いで飛んでいる。この窓に白いサルスベリが間もなく咲き出すはず。
 キュウリの酢の物をつくる。数日前にカナカナを初聴したが、その後は普通の蝉声ばかり。
2008-07-29 09:44 | カテゴリ:未分類
 朝、ゴーヤの実が握りこぶし程の大きさに下っているのに気づく。
 原油対策の打合せをする。
 ホラー作家として地元で活躍の雀野日名子さん来訪。書きたい人物として忠直卿に関心ありと話す。
 ジェロントロジー鎌田教授らが来県。高齢者と自動車免許の問題や公共交通手段についての研究のため。
 夕方7時になると以前よりすこし明るさがなくなっている。はや昼が短くなり始めている。
2008-07-31 09:48 | カテゴリ:未分類
 晴れ。昨夜は猛暑(大暑にあたる日であった)、東京はあまり暑くはなかったと聞く。
 丸岡町の高速道から、馬に乗る人と何人かの人影を野道に見る。この珍しい風景は白昼の嫁入りにはあらず。
 航路中の天気は安定、富士山がみえると案内、東京は31℃と放送。
 議長、代表議員とともに、大野・勝山・永平寺の市町長らと中部縦貫自動車道の要請活動。古賀選対委員長、二階総務会長、また国土交通省の事務次官、技監、道路局長、財務省に要請。
 帰りの飛行機は、山脈に高く沸き上った入道雲をうまくかわして着陸する。飛行機の窓に見下ろす山かいの細き緑は活断層の谷。キャプテンの英語放送歯切れよく地上気温は三十一度と。
2008-07-31 09:49 | カテゴリ:未分類
 今日も暑い、夕方くもる。
 7月の定例記者会見。原油高対策の中間現況、今朝開かれた新幹線PT会議の速報、教員採用等のシステムの見直し、などについて話す。不信をまねくような仕事は直さなくてはならない。午前中の東京での新幹線のプロジェクト・チーム協議は又しても財源が示されず遺憾であり。
 部局長ミーティングを行う、互いに語れ。勝山市の課題について市長と地元県議から要望あり。
 第三回全国植樹祭の実行委員会を行い、今回の秋田大会の報告や来年の60回大会の計画と予算の決定をする。
 県庁の管理職退職者の総会あり。「若越に想う」という寄稿集(中島辰男著)を最近いただく。毎日フォーラム(7月号)に「ふるさと納税獲得合戦」、週刊ダイヤモンド(7月26日号)の「News & Analysis」にも、ふるさと納税の記事。
2008-07-31 09:49 | カテゴリ:未分類
 くもり。
 高齢者叙勲、死亡叙位叙勲等の伝達式。小学校五年時の担任の先生に会う。福井市長の要望あり。
 北京パラリンピック日本代表の高田稔浩氏が来訪。県立図書館前の道路での日々のトレーニングを何度も見かける。アテネ金メダリストの北京でのベストプレーを祈る。
 雑誌「ゲーテ」(幻冬舎)の対談を鯖江出身の高島さん(バルス社長)と浴衣姿で行う。養浩館の池の鯉が、暑いせいかびっくりするような音をたててよく跳ねる。体験談の著書をもらい今夜のうちに一読する。焼鳥屋が混んでいそうな夜の暑さだ。
2008-07-31 15:12 | カテゴリ:未分類
 旧和泉村の九頭竜川岸の国民休養地で、「森と湖に親しむつどい」が行われる。平野部よりは、1、2度気温は低いようだが水っ気がなくむし暑い。湖のカーブ急なり鬼ヤンマ。主催者の首をすくめるスズメ蜂。汗だくとなり皆さんの挨拶は短か目、記念ポスターなどの表彰式もあり、入賞者と記念写真などをとる。ぶなの木の植樹を和泉中学生と一緒にする。穴馬トウモロコシの美味そうなのを買う(200円×5本)。舞茸の天プラソバを注文する。
 帰りみち平泉寺の発掘場所を見る。勝高の体育館では先生も汗だくになりながら福井高と女子バレー部の合同トレーニング中。勝山南と勝山高はほとんど隣接している。
 全国から社会福祉士などが集まり、ミュージック・ケア第12回全国セミナーがフェニックスホールで開かれる。指導に来県の宮本さんたちと、様々な簡単な楽器に合わせ一緒に太鼓をたたく。
 地元の社北サマーフェスタ(社北小グラウンド)の開会式に出る。祝辞の後、各町内会の踊りの出し物がすぐに始まる。野球部の子供たちや父兄が焼鳥をやく風景は祭らしく熱い。ヨーヨー、枝豆、ソーセージ、オニギリなどの出店もあり。カキ氷舌の回らぬ立ち話。ユカタ姿の女子中学生(テニス部)たちとしばらく立談。始まったばかりの6時頃はまだ西日がギラギラしていたが、すぐ日が陰ってきて急にすずしくなる。
 七時ごろの窓は静かな夏の夕焼けがして、遠目ながらどうやら峯の風車もじっと止まっている。夕焼け雲が山からだんだん離れて、夕暮には赤と灰色のあざやかな凸凹雲になる。
2008-07-31 15:13 | カテゴリ:未分類
 昼ごはんすぎに、急に暗くなって風が出て30分ほどの夕立をみる。ようやく何度目かの正直で雨の天気予報が的中する。畑の野菜には実に久し振りの恵みの雨となった。しかし、すぐに大雨警報の連絡が入る。それから次に、突風によるテントの死傷事故の残念な報告がくる。
 三時ごろ親戚の見舞いから戻るころには太陽がさしはじめる。急にすずしくなり、そのため夕方畑に行くことにする。植えたばかりの豆の列を整地したり、精米から出た米ヌカをまいたり、好調なスイカ畑の糸張りの追加をしたりする。胡瓜も頃合いの長さに四、五個下っており、まとめてトマトと一緒に取って帰る。
2008-07-31 22:52 | カテゴリ:未分類
 朝に強い雷あり、落雷らしき激しい音もして、大気がすこぶる不安定という言葉が通用する。一時間余りでおさまる。
 「日本まんなか共和国」の会議のため四日市(三重県)に向う。車中でも雨が降り、ラジオで金沢の大雨(浅野川)のことをきく。
 今日も「夏休みこども科学電話相談」を車中できく。先生の答えによると、土星のみならず木星などにも薄い輪が存在する。「惑星」という名前がついたのは、見かけのうえで星座を背景に季節的にあちこち動くから。今年はカブト虫のふ化が遅いそうだ。
 福井の子供からの質問がないので気になっていた。しかし今日はようやく、マツノ・シオリさんという女の子が「北極熊や白熊は冬眠するのですか、するとしたらどのように冬眠するのですか」というのがあって、嬉しくなった。サイエンス教育は高邁なことだけを考えるべきではない。
 日本まんなか共和国の会議は、滋賀をのぞき知事出席。立命大の村上弘先生による道州制に批判的な講演をきき、その後に意見交換会を行う。先生の中規模州の考えは、大規模州のように勇ましくないのでウケがよくないらしい。国の出先を統合化する集権的な道州論もあるようだ。県や都市の適正規模の数量的研究は、元データの意味をわきまえて分析する必要がある。
 今年は突風の事故が多い。帰りの車中で、積乱雲によるダウンバースト・ガストフロント・竜巻などについてのニュース解説を聞く。温暖化は百年単位のものであり、最近の気候異変との関係は、記録が不足して因果不明としている。
 雨が降ったせいか、夜の家の中もいつもより涼しい。キュウリのつけ物はヌカが新しくなって甘い。
2008-07-31 22:54 | カテゴリ:未分類
 部局長ミーティング。マダガスカルで農業指導をした職員の報告、島の中央高地は気候にめぐまれているようだ。若狭町長から重要要望をきく。医師の不足、高速道の土量確保、三方五湖のオニビシ対策など。
 原油価格高騰対策関係の予算の協議をする。
 豊作の胡瓜漬物にも味噌汁にも。
2008-07-31 22:55 | カテゴリ:未分類
 晴れ。奥越などの山地には、百合の仲間のオオウバユリという高さ2mくらいになる独特の野花あり。
 子どもと知事のつどいに参加(越前市和紙の里)。和紙、硬器、繊維など本県の優れた技を子供たちに紹介。
 水野俊一郎君(国際生物学五輪銅メダリスト)が赤澤校長、指導の牧田先生と来訪。ダンゴムシは七回脱皮するらしい。
 内外情勢調査会の講演をする。
 清水選手(WBCフライ級)は惜しくも世界タイトルを逃す、チャレンジ・マッチを。
 見られる景色(景観)と見る場所や人(視点場)の双方を描くのが浮世絵の構図らしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。