FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-09-06 15:29 | カテゴリ:未分類
 昨日はよく体を動かしたせいか、逆に朝なぜか起きづらい。
 恒例の「交通安全母の会」による交通安全全国キャラバン隊が表敬。スロー運転を、の色紙を渡す。
 朝日中・糸生中ホッケー全国大会優勝・準優勝の報告にくる。高校でも続けたいという選手ほとんど。記念写真にサインする。
 予算の知事査定を行う(二日目)。
 夕方七時すぎになるともう暗くなることに気づく。
 夜9時半、突然に福田首相が辞任を表明会見(昨年九月に就任)。先週末に決意したとのことであり、十二日から始まる国会直前の発表である。
 ”再び冷戦が起きても我々は何も恐くない”(グルジア問題をめぐる露首相の発言、NHKのBSから)。
スポンサーサイト
2008-09-06 15:30 | カテゴリ:未分類
 好天、街ゆく人はまだ半袖。昼に大きい夕立。夕刻も小雨にしめる。
 昨日の辞任について、午前中テレビなどから立ち取材を求められる。
 全国植樹祭の開会式典などの協議。予算査定・議案の協議を行う。国体の方向性について。
 「2030年の姿」の若手職員の勉強の様子をきく。読売新支局長が着任あいさつに来訪。県政懇談会を記者諸君と行う。
 「ふるさと納税」の特集が月間「税」9月号に出ている。
2008-09-12 09:54 | カテゴリ:未分類
 雨がち、強くも降り夕方やむ。今週から県庁の一階ホールで、平泉寺・白山の展示が行われている。県民にもっと知ってもらいたい。
 テレビ広報番組を収録し、全国植樹祭について美山啓明小の子供たち(小五、小六)と対談。
 いちばん初めは虫刺されも蕁麻疹も区別なし。県・福井市私立幼稚園PTAの連合会大会に出る。
 あわら市長から地元要望を受ける。環境基本計画について協議。
 福井大学の総合研究ビル(東西棟)の完成記念行事に出席。テントに少し雨が落ちる。タワービルからは周りに高い建物がなく見晴しがよい。文科省の施設企画課長、地元国会議員も出席。地方自治における地元大学の大切さなどをふくめ祝辞でのべる。
 最後になっていた交通安全施設対策予算の査定を行う。
 道州制について地元の若手企業者と意見交換する。この議論には地域に何もプラスがないということ、生活に関係するテーマでないなどの意見が出る。
 夜はカエルが家近くでよく鳴いている。今日の夜は昨日に比べて非常に涼しく(昼は24℃)、風呂から上り就寝前の冷房もようやく不要になる。
 墨守ならぬ「墨攻」の代表は楠正成か、と読書に思う(「太平記」平岩弓枝 1994年講談社)。
2008-09-12 09:55 | カテゴリ:未分類
 朝ハレ。玄関に薄紫のきれいな花がたくさん咲いている(咲き出したのかも)。プレクトランサスという最近みかけるシソ科宿根の園芸種だそうだ(南アフリカ産)。
 だんだん曇ってくる。夕方は夕立の気配になるが雨は落ちず。
 「ふくい元気企業フェアー」が本年も産業情報センターであり。福大医学部とは目と鼻の先の場所。時間があまりなく、川波理事長と会場をざっと一巡し、撥水性コート(第一織物)、農商連携のギャバおかき(吉村甘露堂)や米粉パンや椿オイル、地震対策ドアー、光ファイバー組込み和紙、特殊加工和紙ソファー、えちぜん箸など見学。
 ロシアの繊維市場開拓のポイントはウラジオからかモスクワからか。車内FMに琵琶演奏の「井伊直弼」が流れる。
 帰途、福井農林のグラウンドで生徒たちが体育祭をしている風景に出会い、少時間を立ち寄る。ちょうど綱取り合戦の最中。父母50人近くお母さんを中心に見学している。待機中の応援団で派手な姿の赤、黄、黒の衣のグループにエール。
 小浜新市長・地元議員の要望をうける、観光、杉田玄白記念病院の医師確保など。県の立場から気がついたことを申し上げる。
 部局長ミーティング。全国の地価状況、魚テント市の開催、健康フェアー、学力テストの分析・活用など。来県講師の調整について、公園には花木か果樹がよいのかetc。
 9月補正協議を行う(結果まとめ)。食育・地産地消計画の協議、太骨をはっきりすること。
 急逝された繊維協会長のお通夜に出る。参列者多し(西別院)。
 ここ数日ずっと自民党総裁選挙のニュース(告示10日、投開票22日)。麻生氏は表明、他は必要支持者(20人)確保の動きだが。民主党の代表選挙に完全にぶつけたとの虚実的な新聞解説がみられる。
 読売の朝刊「四季」(長谷川櫂)に、「秋に読めばまた格別」と解説して次の一首を掲げている。
 「とくとくと垂りくる酒のなりひさごうれしき音をさする物かな(橘曙覧)」
 シャクリするを妻驚かす秋の宵
2008-09-12 09:58 | カテゴリ:未分類
 朝すこし雨が落ちる。その後はくもり。しかし、空気が秋らしく澄んでいて、沿道の田刈する風景や遠山の峯との重なりがよく見える。
 昨晩10時半ごろ「いましがた報道ステーションで、福井の子育てのよい例がくわしく出ていた」と、突然に一県民から電話が入る。
 ママ・ファースト運動の実績をきく。嶺南広域行政組合の各市長から要望を受く。
 ソフトボールの坂井寛子選手が、あすからの一部リーグ福井大会出場のため来福し表敬をうける。小学五年の千馬投手から坂井選手に花束。金メダルは手にすると重いものである。ブランド大使の要請をする。
 本夕も通夜あり、県に多額の寄付をされた家族に会う。
 鯖江の浅水川中洲と岸辺に白鷺の大群が夕暮に白くきわだっている。鯖江商工会議所を中心とした人達と講話、懇談をする。
 本日の「越山若水」(福井新聞)に「ふるさと納税」に関連して、明朝時代の詩人袁凱(えんがい)の「江水三千里/家書十五行/行行別語無く/只道う(ただいう)早く故郷に帰れと」が紹介されている。
 夜TVで、皇帝(ピアノ協奏曲)を聞く。エレーヌ・グリモー(ピアノ)、パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)のフランクフルト放送交響楽団。交響曲第7番(ブルックナー)は前半のみ。
2008-09-12 09:59 | カテゴリ:未分類
 今日は天気がよく、暑さがぶりかえした土曜日である。昼飯時には冷房が必要である。淡白なユカリ飯とトロロコンブ汁。畑の最後の枝豆は、丸々太って実りすぎた味がある。
 一日静かに在宅。書の練習をする(進取/精思/創造)。
 昨日(9/5)の岡井隆の「けさの言葉」(県民福井)に、清水幾太郎の「文章三則」がのっている。第三則「出来るだけ静かに書くこと」(力まない)、なお第一則は「自分の気持に忠実であること」、第二則は「自分の気持を割り切ること」(読者のことを考えすぎず、思い切って考えを割り切ること)だという。
 同じコラムの9/4には「秋晴や手間隙かけず晩年へ」(藤田湘子)そして「暑けれど佳き世ならねど生きようぞ」、また今日(9/6)は「秋風や生き永らへて艪を漕げる(長谷川櫂)」そして「戦争の後の余生を籠枕」がのっている。何となく歌に初秋の風が吹き出した。
 今日の朝刊(読売)にはもう、総裁選直後の10月上旬の臨時議会で解散し、11月上旬の総選挙投票の調整に入ったとの観測記事が出る。
 「ふるさと納税」が、8月現在で全国で3億3,000万になったと共同通信が配信(今日の福井新聞記事)。鹿児島は280件、大阪、徳島は1千万円突破と。
 夜になると虫の声が強く聞こえ、連続して切迫している。
2008-09-12 09:59 | カテゴリ:未分類
 朝方、嶺南に大雨注意報のため、残念ながら南越前町での防災訓練を急止、町長に連絡する。今年は台風が少ない気持がするが実際は九月の中下旬からか。嶺北には雨来らず。もんじゅで誤作動が又あり。
 朝刊に、昨日から始まった北京パラリンピックの写真。
 副大統領候補のペイリン氏の眼鏡は、福井発の眼鏡デザインであるとの報道(USAトゥデー紙)を地元紙が記事。
 ふるさとを支える「人間像」について勉強する。キンカン瓜もいよいよ終りだ。
 交響曲はみななんと終りが似ていることか。夜のNHKFM。「セッション2008」でドラマーの大隈寿男トリオのジャズ(福井出身らしい)。バッハのモテット(合唱曲)「イエスよ来たまえ」「神は我らの弱さを励ましたまう」。ヨブの身に秋風そよと当りける。
 ははの世に肱笠雨といひしもの/きららに虹を立てながら降る(「飛種」396頁)
 入り来たり机上にやすらひをれるもの/思いつめたるごとしばったよ(同)
 一枚の大き田鏡昏れてゆく/ひと日を映しさやかに疲る(同386頁)
2008-09-12 10:00 | カテゴリ:未分類
 朝方は雨降り、のち晴れ。日が強く暑い。11時半頃は26℃。
 「こども歴史文化館」の話を聞いて後、旧図書館の現場を改めて見る。建物は丈夫に出来ている。埋文作業の主婦たちが20人ほどおられ寸談をする。建物には何十年か前にそれを作った人達の気持が現われている。生かすべし。
 原油高対策の省エネ・コストダウン専門家結団式を行う。40人余のエネルギー管理士たちが集合し、決意表明。町村議会議長会から重要要望を受ける。美濃元県議が来庁し懇談、農業や水資源など。
 社会福祉事業功労者の知事表彰式を正庁で行う。
 福井鉄道の村田顧問が来訪。
 夜庭に出るとこれまでにない涼しい風が吹き過ぎている。このところ蟲の声強く、鳴き方にもバリエーションが加わる。
 B of C(FM)、チェ・ヨンスのバリトンでアメリカ民謡、からたちの花、初恋、ラスパニョーラ、セレナード(トスティ)。音楽堂を使っての子供たちの音楽鑑賞とくに弦楽器の普及について。
 新田軍が矢作川合戦で足利直義(尊氏の弟)を破ったが、鎌倉まで追撃せず伊豆国府(三島)に停まったのは、大いなる逸機かつ不運であった(太平記から)。
2008-09-12 10:01 | カテゴリ:未分類
 朝23℃。本来の秋のさわやかな空気。新涼や大小の窓開け放つ。新涼や放たれ犬は迷ひ氣味。新涼や街を掃く人こちあちに。九月九日は救急の日か、出勤途上に自車の前を救急車が走っている。
 実に久し振りに書類の整理などを一日して、机上が気持よく一掃。本日で体面回復。
 大相撲は北の湖理事長辞任の朝刊記事。スポーツ大会も直すところがある。
 帰りの西空は山の線が薄紅に浮き出ている。気持のよい夕方なので庭に出ると短ズボンでは肌涼しい。百日草がその名の通り五、六輪咲きつづけている。
 退庁の折に県庁ホールをみると「福井の技」の展示ウインドーに、早速ペイリン副大統領候補のメガネ(増永眼鏡)などを新しく入れ替え中。
 FM(B of C)、パノハ弦楽曲重奏団による皇帝(ハイドン)、10番・15番(シューベルト)、メヌエット(モーツァルト)、糸杉(ドボルザーク)。
 市ヶ尾の谷戸のしら梅咲くといふ見ねど思ひてひと日やさしも(「飛種」384頁)
 眠れざる因さまざまに問ひゆきてつひにおろかなる小心に会ふ(同380頁)
 この夕べ五月の頃と同じやうと言ひながら九月の車中
 左内には新しきもの古きもの破れずに在りと「人物叢書」
2008-09-17 09:24 | カテゴリ:未分類
 早目に起きる。一片の雲なく好天快晴、昨日につづき爽快な秋の朝なり。
 漬ものを取るのが冷たくてと九月十日朝の妻。「涼しいですか」、「うん空気がひんやりしているね」庭の妻に。
 「履歴書」の野依先生ボストンの零下二十度今日付着任(日経今日の「私の履歴書」から)。
 気持よく下車し久し振りに一寸歩く。新涼の御廊下橋を渡りける、新涼のお城の橋を渡るとき小学校から子供の声す。県庁ホールでは、漢詩の発表展が開かれている。
 普及率日本一のAED活用について、福井テレビ(福田さん)の放映インタビューを受ける。環境審議会の新環境基本計画の答申を服部先生(福大)から受ける。結核予防の複十字運動の要請が本年もあり。
 社協会館の座ぶとん集会に出る。11/11が新たに「介護の日」になった、若い人の介護のイメージアップ対策、新卒者の就職少ない、地元食材利用、ナース対策、外国人労働、保育対策etc。
 省資源型の経済成長政策と地球規模での物価安定政策が、新しい価格体系への対応として必要である(「視点・論点」日銀調査統計局長 門間一夫)。
 半月が西空に黄色く落ちかかるのを11時半ごろ見る。虫がよく鳴いている。
2008-09-17 09:25 | カテゴリ:未分類
 快晴。朝一番で新幹線について県議会代表と協議。9時21分ごろ車中に北海道の「緊急地震速報」が流れるも大事なし。
 繊維協会の技あり逸品展示会(第2回)の開会式。田中副会長から案内をうけ、新しい技術が増え説明展示もわかりやすくなった。
 天気がよいので徒歩で会場往復、片陰をむしろ楽しむ九月かな。大手観音(NTT電話局員たちの戦災慰霊像)を拝む老人男性あり。今年からJA会館前に「ハサ場」が出現し面白し、近づくとすっぱい香りハサ場あり。
 「教育文化ふくい創造会議」の二次提言の提出を佐野座長代理、長谷委員から受ける。福井の「食育・地産地消推進計画」の策定委員会に出席(アオッサ)。郷土料理は色彩、食感などもっと工夫が必要。新金沢国税局長が来訪。
 よい夕焼でありうす紅の西空。木立より弾けとび出す群雀。
 「今日は初物だから三年長生き」と温かいイモのかき揚げ。
 共働きの若い「お父さん」達と保育園で「女性」活躍会議をする。だんだん満月に近づいている月影が中天に八時頃あり。
2008-09-23 15:31 | カテゴリ:未分類
 このところ天気がつづき、今日は残暑がぶり返している(昼30℃)。
 漁業者が原油高にめげないよう、10時から県庁広場で漁師の直販テント市を初めて開く。新鮮なイカやフクラギ、アジなどの青魚その他大繁盛の様子なり。農協会館前でも共同開催し、JA幹部諸兄も激励の視察。農林業とのさらなる連携も重要。やればできる。
 9月補正予定の定例記者会見をする。原油高対策費や新環境基本計画に関して環境教育教材など前倒予算の説明。
 第2回「ふくいの農業のあり方」検討会に参加。前回の5月は浙江省滞在のため小生にとって今回が初顔合せ。宮城大の大泉一貫先生がゲスト・スピーチされ、農業の市場志向化、成長複合産業化へという方向づけ。これと対局的な政策理論もあるようだ。
 今年から始まる「ビーチバレー・ふくいカップ」のレセプションに出席(美浜町ひろせ)。元選手の川合氏や理事長、出場選手など背の高い人達ばかりである。来年以降の企業貢献の継続を期待。今週は天気は清爽なれどもよろずにするすみならずほだし多く公私の心体つかれるなり。今頃の果物はナシ。
 B of C(FM)、クラリネット(カメイヨシノブ)による朝の歌(エルガー)、美しい夕暮(ドビュッシー)、某曲(ブルクミュラー)etc。
2008-09-23 15:33 | カテゴリ:未分類
 朝方は葉を打つ雨の音する。朝食の頃は雨が上りはじめている。農薬汚染米とは知らずに、あちこちでの使用実態が広がってくる(朝刊)。
 「お天気に合わせて生活しているね」と雨音に畑へゆかず。どの瓜も多少のキズを持てるものそを切りすてて美味しと食うよ(徂徠「問答書」の人材登用論に瓜をたとえて)。
 「ふくい健康長寿祭」の開会式に出席(健康の森)。男性の選手宣誓者の方が平成20年を「昭和」20年と言い、会場は笑いにつつまれ大喝采。ハーモニカクラブ(鯖江)への野田内閣府大臣表彰の伝達も行う。
 碁知っているの、シチョウは知っているよ、市長でなくチジではないの、アッハッハ。ハーモニカ同好者は一人がコードのちがう五、六本をセットで持っておられる。マレットゴルフも競技注意の説明中。ちょうど雨が上って日が射しはじめる。
 ラージボール卓球を打合ってみるも、二、三回で打ち損ねてフライを上げる。「ふれあいダンス」もずいぶん会場に愛好者がいる(いずれも近くの清水中体育館で)。
 国土交通省の港湾局が行政的にビーチバレーに関心と関与をしている。敦賀鞠山南地区の多目的国際ターミナルの供用式典あり。赤土色の巨大な5万トンの石炭輸送船ノース・ヘブンⅢ号が今日のため着岸中。船腹に式典のあいさつが木霊するほどの高く広い壁である。
 敦賀湾に魚釣る人多し、今は鯊釣りの季節か。
 ビーチバレーふくいカップの視察をする(水晶浜)。ちょうど西堀・浅尾組と地元の西村・熊野組の対戦中。想像したよりも会場は狭いが、プレイ前後の音楽や実況放送がにぎわしい。
 美浜町の漁協女性部と懇談、実際に漁業をしている女性は少ない。ヘシコの研究がさかんのようだ。
 畑は鶏フン袋が五袋運び込まれる。西側の畑の瓜と胡瓜のツルや造作が撤収される。暮れてからもしばらく畑に残っていると、満月に近い良い月が現われ、両耳には一杯の蟲の響き。月出でて鮮やかなれば雲寄りぬ。
 N響(FM)、ジークフリートの「ラインの旅」、「葬送行進曲」(ワグナー)。39年前のフォルストシュタイン指揮のもの(ヤマダミクコ解説)。
2008-09-23 15:34 | カテゴリ:未分類
 好天。風はあるが残暑。
 畑にはチョウやトンボの多い午前。白・茶・緑黒・青黒と4種ものモンシロやアゲハ蝶が飛び、シオカラ・赤トンボも出入り。シオカラが花蛾を捕えている。午前中は日が強く秋耕作に体がまだ慣れず難儀、休憩が多くなりついに不調となり中断。
 三時すぎから畑へ再挑戦。畝を二つ作ることができ育てた白菜の苗が早速に植えられる。今年から1、2m巾の規格を目ざすも少し細くなる。カマキリがふり返り見る妻の顔。スコップで耕す新しい助っ人がやってきて、瓜畑の跡をあっという間に終り、その後畝2本に手がまわり暗やみに追加完成。
 畑の仕事を終えて帰ろうとすると、黄色い名月が重々しく出ている。今夕は十五夜である。
 今日の朝刊(県民福井)に「虫の音色で風流に」という市川市の渋谷孝さんという「鳴く虫研究家」の話が出ている。市街地でコオロギに20種、キリギリスに10種ほどの鳴き声がきこえるらしい。
 「リィリィリィ」(カンタン<コオロギ系)、「リーッ、リーッ」(アオマツムシ、木の上)、「ジ、ジ、ジ」(ツユムシ<キリギリス系)、「チンチンチン」(カネタタキ、生け垣)、「コロコロコロリー」(エンマコオロギ)。
 本日の毎日新聞「千波万波」の「リー・クアンユーの水」(潮田道夫)によると、シンガポールは水自給率ゼロの解消をめざして5割まで引上げたが、いまマレーシアから水道料金を100倍にするよう求められているようだ。
 米政府は二大銀行を国有化したではないか、本家本元が反市場主義政策ではないかと論説にある(今日の中日新聞、ロナルド・ドーア「ビジョンのない総裁選」から)。
 トンボウは風より戻り生カジル、起したる土塊れにすぐ蜻蛉来る。名月を畑の帰りに見上げたり。
 義貞公ひと良きところありにけり勾当内侍に気をゆるすなど(平岩太平記を読みながら)。
2008-09-23 15:35 | カテゴリ:未分類
 昨晩のおそくに庭にでると中天に望月しずか。名月や千ン歳を経て我のうえ、名月を背にし北天の星も見る、名月や中天の青深くする。
 今日の朝刊に、65才以上で働く人の割合が、福井は男性1位、女性2位の記事。長野、山梨、静岡、石川、東京などが上位。
 敬老会に出る。豊地区は75才以上1,370人(90才代120人)の3割くらいの方が参加(商工会議所で)。麻生津地区は75才以上830人のうち300人近く参加し(90才超63人、100才超3人)、ここでは不要不急の運転をひかえる等の「交通安全宣言」もする。清水地区は保育園児の太鼓あり。お米のポップコーンをもらう。これは小さい子供の好きなものだ。
 時間がすこしあり途中に県立図書館による。江戸の大名・町人は生活の拠点をもたない「旅宿」の境遇なり(徂徠「政談」から)。
 作業中の関電の高圧鉄塔において30m上空付近で折損事故あり。痛ましいことに四人死傷との報がくる。メンテナンス状況の調査がいる。
 米業界4位のリーマン・ブラザーズが破産手続のニュース(日本の民事再生法に当る)、一方、メリル・リンチの方は500億ドルでバンク・オブ・アメリカにより買収決定。
 午後の後半は低雲の視界不良の空となり、今にも雨が来そう。妻は玉ねぎの小さい床をつくり種播き、また大根の直播きなどもする。ポツポツきたのでいよいよと思い畑から帰るも雨降りとならず不思議な今日の天気。
 頭からハタハタかじる許されよ。
2008-09-23 15:35 | カテゴリ:未分類
 一日好天。朝の庭に淡いハギの花が盛んである。塀近くのハギはとくに紅色が濃く小木ながら美しい。青・紫系のトレニア、アゲアダム(と教えられる)といった草花も軒下にさいている。家前の刈田跡には白い小花があちこちポツポツ見える。
 昨日の落下事故の件について関西電力の説明を副知事から求める。ラジオ広報番組(ガン対策)の収録。提案理由の勉強をする。各種打合せあるも調子にまとまりなし。
 県会自民党の来年度予算要望を受け、懇談中総裁選と衆院選の話になる。近畿経済産業局(平工局長)では関西のビジョンをまとめ、農商工連携、デザインビジネスなどを考えている。
 日本にあるリーマン・ブラザーズ系二社も倒れる。農水省の汚染米のルートが拡大する。
 「今日は暑かったわね何度あったのか知らないけど」と妻、「虫がよく鳴くね」と我。
2008-09-23 15:36 | カテゴリ:未分類
 一面の快晴なり。坂道のコスモスが目につきはじめる。朝日を透かしてあざやかな赤色が気持よし。椅子二つ置かるバス停秋うらら。
 今朝の新聞一面は休刊明けで記事が多い。リーマン破綻、鉄塔事故、パラリンピック(高田選手が800mも銀)、衆院選挙候補の動向(福井)など。リーマンの前身「クーン・ローブ商会」は、日露戦費を高橋是清を介して融通した会社であるそうだ(今日の読売「編集手帳」)。
 テクノポートに立地操業予定の山崎金属産業、神田岩本町に本社のある古い歴史の会社だが、山崎社長が支店長と来訪。
 今日は県議会の初日。四つに分かれていた会派の話し合いが始まり時間通り開会されず。4時すぎに一度開いてそのままなり夜の7:45に再開。山岸議長・一瀬副議長(石川議長・中川副議長が辞任)が多数決の投票で選任される(会派は三会派になる)。その後小生の提案理由の説明が行われ、9時15分頃に散会となる。
 今日で東側のキンカン瓜畑も全部撤去したと妻いう。天気がよくて抜いた株の葉や茎が早く枯れ燃えやすいようだ。今年は瓜がこれまでで一番沢山なったが、小さく早く腐るものも多かった。品種と天気のせいか。
2008-09-26 09:31 | カテゴリ:未分類
 一日くもり。停滞していた台風13号が九州に接近したためか、夕方は灰色の雲が北空近くまで広がりつつある。登高のビルから眺む文殊と日野 重なり合いて青の濃淡
 米国保険第一位のAIG社に対し、連邦準備制度理事会(FRB)は2年間で約9兆円の公的資金のつなぎ融資を決定し、政府管理下におく(79%の株式取得権をもつ)との朝刊記事。米政府は日本のような議会との協議はあまりいらないのか、はじめは遅れても決める段階になると仕事が速く見える。近時のデリバティブ(金融派生商品)など商品の価格差だけでサヤ稼ぎするような英米系ヘッジ金融は、システムが歪んでいるとしか思えない。
 代表質問の答弁打合せをする。会派の合同により4人から3人の質問議員となる。
 豊田三郎氏の100歳記念祝賀会が行われる(風の森ホール)。百歳の祝い、画集発刊、歌集出版、個展の四つの重なる慶事について、よどみなく感謝を述べられ後輩たちは驚きである。知事閣下などと昔の言葉も出て会場は微笑。福井新聞、日本エー・エム・シー山口会長らが後援。
 他用途汚染米の県内調査結果は、有害物がさいわい検出されずと発表。国は単に小売店などの名前を公表するだけで混乱あるのみ何の救いにもならない。ともかく国の権限だけでコントロールしたり解決できるようなものは世の中になく、今回も結局は各県の調査や安全対策に問題が投げこまれることになる。
2008-09-26 09:32 | カテゴリ:未分類
 くもり。代表質問あり(田中・玉村・西本議員)。原油・米金融など経済景気対策、土木事業、福鉄、関西広域連合、学校再編、犯罪の増加傾向など。
 昼すぎに農水省の太田大臣・次官の辞任の報をきく。夕刻かなり久し振りに散髪をする。
 7年間県内学校で「スクールコンサート」を続けていただいている小松長生氏らと懇談。共演の奥村さゆり(ソプラノ)、竹内真紀(ピアノ)、永江真由子(フルート)さん達も。今年は9/16~9/26の間に16校の小中高校で。子供たちの驚きの声、感想文などが励みとのこと。
 折りよく今晩のNHKテレビ「芸術劇場」をみる。すこし難しい名前だがパリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団(フランソア・ブーランジェ指揮)による公演である。ローマの謝肉祭(ベルリオーズ)、ダフニスとクロエ(ラヴェル)、カルメン組曲(ビゼー)を聴く。風呂の時間となり後半のラヴェルは聞きもらす。弦楽器はハープとベースのみであとは多数のオール管楽器だが、オーケストラのような響きであり、ブラスバンドの参考になる。指揮者もすべて音楽隊の黒い制服である。ときどきソロになる女性フルート奏者はジャンヌ・ダルク的風貌。
2008-09-26 09:33 | カテゴリ:未分類
 朝から曇り、微雨もあり。高速道の沿線からは早や白くなった田圃、つまりソバの花畑が数ヶ所見える。戸締りもせず犬いたり彼岸花。嶺南にはまだ刈田にならぬ稲田残る。三方町の鰻屋をすぎたあたり古いワラ家あり、また小花が彩々の花壇あり。
 歌舞伎では、きまった動作に対しきまった囃子音楽「あいかた」が当てられる(NHK第二「邦楽のたのしみ」タケウチミチタカ氏の解説)。江戸後期は庶民の間に琴がさかんになる(琴による「千鳥」のあいかた)。
 昼前から天気になったが、午後半ばからまたモヤがかかる(嶺南)。
 ラジオに「短歌をよむ」(オランダの「旅の歌」の話。佐々木幸綱早大教授)が流れる。旅によって人はこれまで経験のない初めての気持をもつ。オランダの運河は冬は何時間も走りつづけられるスケート路になる。
 ヨーロッパ大陸は互いに1、2時間で国境に至るので、EUに違和感がないのだろう。またイギリスや日本のような島国との違いなど、ラジオを聞きながら思う。
 トンネルに入りてラジオのまた途切れ大事なところ聞きのがす気分。若狭富士モヤにぼやける今日の湾カモメは橋のたもと上下す。若狭富士に似たる小島の富士を背に白波をもちて三つ四つ連なる。岸壁に寄れば海の香なつかしき此の秋なれど夏のこと想ふ。
2008-09-26 09:34 | カテゴリ:未分類
 お米カマボコ(川西の米をつかう)/高浜は関西のTVチャンネルが多い/神野のサルがこの5年来十倍に増えている/土地の人がサザエを捕っても保安庁からとがめられる/医者が少ないetc(高浜の人たち)。
 手を結び沖へと二人して向かうサーファーに早や波裏の迫る。夏休み終えたる「こども家族館」こどもの声と若き親たち。
 おおい町の商工青年たちとも懇談をする。高浜、おおい町とも西若狭であり飲食など舞鶴に行ってしまい遠近感が福井とは違うことを実感。
 帰路の27号線での大型輸送トラックは、ほとんどが県外ナンバーである。九州(北九州、佐賀、長崎、福岡、久留米)、岡山、福山、高知、島根、山口、姫路、神戸、京都など。青森もあり。この種の県外トラック以前より多し(ガソリン高のためか)。不思議なことに大阪系のトラックは皆無。
 薩摩イモを四ン株ばかり試しに掘る。まあまあの出来だが少しまだ早いか(正確にはわからない)。イモのジクを近所の方が所望。来週あたりに近所の子供たちにイモ堀をしてもらわなくては。蚊に刺される。畑に犬の進入跡あり。
 今晩はキンカン瓜の最終食。楽しませてもらったが今年は瓜にキズが多くゴミの方も多かった。
2008-09-26 09:35 | カテゴリ:未分類
 朝小雨あり、後はどんよりとした曇りになる。畑に行くにはよい天気なのだが。朝食にきのう取ったサツマイモを「おかゆ」にして今年はじめて食す。まだ取りたて直後のためか若干甘味が出ていない。
 今年も池坊のいけ花展をみる(あじさいホール)。和洋さまざまな花木を花器や造作に調和させ、多彩かつ華麗を求める流派とみる。おみなえしに対する「おとこえし」の花(白)を実物で知る。
 第一回「ふくい女性落語大会」に出席(国際交流会館)。
 審査員の林家鉄平、露の都、古今亭駿菊、昔々亭健太郎氏らと地場産の昼食弁当でしばらく懇談。客席で時間待ちしていると静岡から参加(予選に出た)の夫妻とその友人、つまり高座名が鹿鳴屋ほう美、駒家瓢箪という人達と前後の席のまま雑談。落語がともかく好きなのだ。
 せっかくだから大会の「あいさつ」の代りに、「知事口演」と「めくり」に書いて数分話をする。貫地谷しほりさんのメッセージビデオも上映。6人の決勝出場者のうち前半3人をきく。列車が遅れた日向ひまわりさん(講談)と出口で会い挨拶。
2008-09-26 09:37 | カテゴリ:未分類
 午後すぎからは雨になり夕方あがる。畑に出て最後に除いた瓜畑の跡を耕す。暗やみの中で二人して、昨日イモを掘ったスポットに残りの肥料を移動させる。そのうち雨が落ちはじめる。
 中国産牛乳使用の食品にメラミン混入という今日の新聞報道。文科省が全国の小中校に携帯の持込原則禁止を通知との報道。しかし今こうしたことを国が指示する意味について。
 夜のテレビ「芸術花舞台」で清元のお染久松の一部を見る。男女二人の踊りの中にもう一人入る舞踊の意味はよくわからず。この心中物の解説をする小林恭二さんの話によると、江戸奉公の町人は三十代後半にならないと所帯がもてず、若者が心中する社会的背景となる。彼らが出てきた田舎の方は逆に早婚で大らかであったこととも矛盾していたと(現代の出生率に似る)。
2008-09-26 09:38 | カテゴリ:未分類
 一日よい天気の青空である。先週で寝る前の冷房も不要となり秋の布団は昨晩から。しかし蚊は生存活動中。
 丹南広域組合の要望。広域観光などで話が広がり時間が延びる。坂井市の要望。道路、ビーチ整備、松に代る虫に強い植物など。全国植樹祭の記念品はどんなものが実質的でよいのか。昨日付の北國新聞に新幹線小松大会の発言で金沢以西を来年着工かとの記事あり。
 「スクールコンサート」を聞きにゆく(足羽小学校)。「熊ん蜂の飛行」がフルートで演奏された直後に、本当のハチが体育館に飛び込んできて児童の髪にとまったりして大騒ぎする。小松さんがユーモアで子供たちを落ち着かせる。シチリアーノ(フォーレ)、管弦楽組曲二番(バッハ)、トルコ行進曲、私のお父さん、ドレミの歌、行進曲(指揮のアンコール)。児童のほか父兄、祖父母方もたくさん後席に。
 麻生総裁が選出。知事談話として、今の経済の立直しを、総裁選の結果は疲弊した地方の支持と期待のあらわれ、新幹線については前向きの発言をいただいておりプロジェクトに弾みをつけて欲しい旨を言う。
 オバマ氏の応援団とペイリン氏のメガネについて、福井にニューヨーカー誌の取材が来るようだ。
 赤ガレイ妻の捌きて干す軒に 朝顔の花白く揺れをり
2008-09-26 09:39 | カテゴリ:未分類
 ハレ、朝すずしい。物を干しに外へ出ると、空にはウロコ雲が広がっている。完全なる秋の空であり、地上では何本かの百日草が鮮やかな一輪をあいかわらず咲かせている。
 子供がリコーダーの練習をしているらしく、音が窓から入ってくる。曲はよく知っているも名を思い出せない。高校野球の応援も聞こえてくる。
 昼の二時過ぎになると空模様がおかしくなり、急いで畑へゆく。肥料の移動跡を耕す。そして仕残してあった更地の部分をすべて畝にして、都合6本のウネを作る。白菜や大根が今年はたくさん虫に食われているが、よく見ると害虫はバッタにはあらずゴマ大の暗緑色の丸い甲虫である。多すぎて駆除に限りあり。もうすこし遅く移植すべきであったか。帰ると6時ごろになっており、小雨が降り出し干物を入れる。玉ネギの苗床に水やりしたのは無駄になる。
 これからのことや明日の一般質問などの自習を夕刻にする。これまでの講演、掲載、対談、インタビュー、発言、挨拶などにここ数日目を通しはじめる。
 ほとんどの風船かずら 茶になりてしなびてゆくもどこ吹く風よ
 人のいぬ居間に昼餉をひとり食ふ 人のいぬとは静かなること
 九月なる梅の木の葉は 下向きて黄も帯びはじめ動かざるあり
2008-09-26 09:40 | カテゴリ:未分類
 一日天気よく、秋のうすい雲がかかる。へしこ雲天に広がり衣干す。
 一般質問(第一日目)、傍聴の人多し。
 麻生内閣誕生。総裁選の四氏入閣、留任閣僚もあり。
 王監督五十年のプロ野球引退の記事。
 フィンランドで校内銃乱射の外信、昨年十一月にも類似事件が起きているとのこと。教育先進国といわれるがまるで米国のようである。
 終ってからしばらくの時間明日(第二日目)の打合せをする。
 夜道を半袖シャツで歩くと肌寒い。暗やみになすびや豆をとる夜かな。今日も大きな犬の足跡のある玉ネギ畑に水をやる。
2008-09-30 10:05 | カテゴリ:未分類
 くもり、夜九時すぎから雨。新内閣について朝刊は、選対内閣あるいは暫定色濃くなどと見出し。短いシャツがすずしくなってきた。
 一般質問二日目。昨日とあわせ十六名の質疑。
 一世帯当りのテレビの保有台数は福井県が3.0台で一位、二位2.8台で富山、三位2.7台で徳島・島根・新潟・鳥取、47位は1.4台の沖縄(H16全国消費実態調査)。
 伊藤忠商事の小林社長との面談、相互提携の見直し。企業誘致よりも産業振興(ヘルスケア産業、太陽光発電、道の駅利用、大学などの外国人材etc)。多少成果までに時間がかかっても、次の段階のシナジー連携をいろいろやりましょうよ。従業員500人以上の企業は給料がアップ、中小企業はダウン、一方で物価は上りつつある。おのずと格差が地方に出ることになると。
 小泉元首相の引退のニュースが晩に入る、後継も決める。麻生首相は国連へ立つ。
2008-09-30 22:17 | カテゴリ:未分類
 小雨。新内閣の支持率は各紙とも40%台である(以前の新内閣よりも少し低い)。ポーランドが性犯罪者について刑法改正の方針(今日の読売新聞7面)。少し量が大きすぎるもの、ペットボトルにソフトクリーム。
 大分国体に参加のため小松から福岡へ飛ぶ。アナウンスでは西高東低の気流らしい。機材遅れをとりもどすべくまっすぐ福岡向け飛行中、どんなにゆれてもまったく飛行の安全には影響ありません(キャプテン談ハテ)。宮崎の三大グルメと称する牛肉、地鶏、カツオのよく似た様々の料理メニューが紹介されて(ANAビデオプロモーション)、この順に重量当りの価格差がある。
 機中のイアホンにバッハ特集が流れ、ゴールドベルク変奏曲、トッカータ・フーガ、シャコンヌ、ブランデンブルク協奏曲、マタイ受難曲をきく。没百年後に至ってこの音楽の父を、メンデルスゾーンが見出したとの解説。福岡へ近づくと雲が切れはじめ機は湾に突入する。
 乗客の頭脳の中が携帯の操作に出てる地下鉄の席。博多駅の地下店はアジア的である。博多駅からは日豊線にのる。
 田はまだ半分以上が稲田。堤に丁度マンジュシャゲの花、総じて北部九州にこの花を多く見る。刈田には低い一列の形のハサ場があり、北陸には見慣れぬ風物である。田の区画は小さく形もパズルのごとくすこぶる不整なり(福岡東郊あたり)。
 遠賀川、折尾、黒崎などの駅名あり。ガラガラの列車が次の小倉駅で国体参加の人達で満員になる(長身集団ゆえバスケチームか)。汽車に乗り込み落ち着くまでに要る時間だいたい人間十五分なり、人生においてをも。北九州市沿線の車窓の大雑把な印象は、工場、マンション、ショッピングセンター、落ち着いた風景にはあらず。
2008-09-30 22:18 | カテゴリ:未分類
 川をはさんで福岡県に接する県北の中津駅で下車。福沢諭吉の旧居・記念館に寄る。福沢が勉強した小さい土蔵もあり。本宅にはネズミよけの天井からの釣り置台あり。
 数年前に中津港の河口に立地し、よく紹介されるダイハツ九州工場を見学する。生産30万台/年、従業員3,000人弱、売上約3,000億円。用地160ha。町の人の言では立地により潤っているらしい。3億円で売りに出ている昔の小城あり。
 よく知られた豊後高田市の「昭和の町」には、古い形に保存・改修している商店街と昭和ロマン蔵という記念館あり(古いおもちゃ・絵本・菓子類など限りなく展示)。福井県立歴史博物館に勉強に行き、参考にして作ったという部屋がある。二期目の永松市長・町づくりの責任者から案内をうけ、コレクション収集や商店街の意見調整の苦労をきく。
 山辺に近い静かな宇佐駅で臨時列車を待ち、大分に向かう。七両のこの列車は次の立石駅から単線(電車ではある)になり、そのあと信号停車を数ヶ所でする。このあたりの民家は沢山に、集居せず屋根は入母屋で複雑な形、そして屋根瓦は少し白味がかり、白壁である。どこでもある新建築の住家が多いのは福井に同じ。周囲の山の形状は、ことに讃岐の屋島や飯野山に似ており、一種独特な火山性の侵食地形かと思われる。
 別府は丘陵の市街が鉄道にせまり実際より大きい温泉街にみえる。大分の駅広はバス停が離れていて、タクシーと自家用が半々に占めている。熊本ほど大きくはない街である。ワシントンホテルプラザ泊。国体の関係者多し、千葉の人などに会う。
2008-09-30 22:19 | カテゴリ:未分類
 ハレ。かつて大友宗麟の手になる城跡公園あり。この城壁と近くの県庁のたたずまいだけは三十年前の記憶あり。北西角に福井城址より少し長目の古い御廊下橋かかる。公園の中には丈夫そうな建築の市文化会館が残っている。
 マラソンで知られた別府へ向う国道からは、鶴見岳その奥の由布岳が海に迫って高く見える。別府市内の国体用に改修した水泳場や10m高の飛び込みプールを視察、サッカーや水泳の中学生は礼儀正しい。新体操会場の県営B-conプラザと併設の国際会議場、音楽ホールの説明をきく。指定管理者が経営し、東京中心に営業努力をしている。別府の北はずれに湯煙上る温泉群、岬の先の立命館アジア太平洋校を見る。しかし冬は意外なことに、このあたり雪が降り氷るようだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。