FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-10-09 18:26 | カテゴリ:未分類
 好天すずし。今日からとうとう衣更え。バスで駅前へ行き恒例の赤い羽根募金に参加。「いのちのバトン」、「車イス・バスケ」の代表者がスピーチ。社協会長は陽気にガンバロー。福大のボランティアの学生も大声を出して募金活動。
 昨日から河野有料道路が無料開放し、30年の幕を下す。朝刊には、世界経済混迷で解散を遅らせる方針かの記事、さもありぬべき。米下院が75兆円余の公的資金投入を拒否し、NY株777ドル安。方法は日本と違うがやはり議会も意見を示す国なのだ。早朝屋上で県警が訓練を行っている。
 北陸農政局長が状況説明に来訪、今回の米流通事件の対応や地産地消を強化する支援策を要請。4銀行が合併の政策金融公庫の支店長らが来訪。
 天気はよいが風が強く、お堀の桜の木がよくゆれている。お泉水通りを斜めに横切る大胆な車をみる。
 国民健康保険施行70周年記念式典にあいさつ(自治会館)。講師の大森彌教授(東大)と面談し、道州制などについて示唆をうける。繊維のカズマ工場を視察、地元に働く人達を多く雇用してくれる。車中に国会の代表質問(鳩山氏)の一部と総理答弁をきく。
スポンサーサイト
2008-10-09 18:26 | カテゴリ:未分類
 中部縦貫道の大野インター周辺を視察する。これからはトンネル工事や土盛りが始まることになる。小川付近の短いガードレール工事を7、8人がかりで作業している。大野東高、下庄小に立ち寄り校長、先生たちと寸談。ロボコン準備の生徒、明日の小学校体育会にそなえての先生たち。
 境寺付近で越美北線に会う。この時間は満員列車であり通学生が五、六人立っている場面。
 大久保功治氏のフルートリサイタルの前半部を鑑賞(音楽堂小ホール)。フルートとピアノのためのソナタ二曲(C.P.Eバッハとケクランの作品)、エア(武満徹)。音楽教育にさらなる尽力を。
 ヘッドライトに浮かび出るソバの白
 「徂徠学講義(弁名を読む)」(子安宣邦著 2008年7月岩波書店)を読了。政は徳に優先する。吉川幸次郎の「徂徠学案」(1章 学説の要約)を読む(思想大系巻36)。前著は厳密難渋で後者は直截明断。
2008-10-10 10:04 | カテゴリ:未分類
 さわやかな秋晴れの一日。四差路の中途でメールを続ける危険車あり。河原に沢山のテントが出ている、週末の収穫祭のためか。
 バイヤー向け水産物展示商談会を視察(中央卸売市場)。500種あまりの水産商品で賑わう。会場内で市長に会い小休止し座談。法律上の制約もあり一般消費者向けではないB to B分野の取引だが、もう少し市民用に改善できないか社長(魚市株式会社)と語る。
 県内の振込め詐欺5,000万円越えるとの昼のFMニュース。「ここはふるさと旅するラジオ」は今週は福井県、今日は今庄のソバ道場。
 北陸圏の第一回広域地方計画協議会に行く(金沢)。富山県知事は選挙で欠席。国土計画ならずとも国土政策が書かれなくてはならぬ。新幹線も当然入るべし。ソバ畑が秋の陽をうけてあちこち真白な色に広がっている。「ここにしか無いものがあります」という店の看板(金沢市内)。車にバンソウコウをして走る車あり、スケーターに乗って動く男あり(福井市内)。玄関も勝手も開き松手入れ(市内の旧師宅の前を通る)。
 橘曙覧文学館の吉村昭特別展のため津村節子さん来福され、少時間会う。来年5月は三十三年に一回の今立大瀧神社の式年大祭(本開帳)があるようだ。
 スーパーで沢山買ったという早生ミカンの当りよく、小さいが甘い。蜜柑むく遠足の昔ふと匂う。
2008-10-10 10:05 | カテゴリ:未分類
 今日もよい天気。
 ぎょうせいの沢田社長が金沢支店開設のため来訪。
 高田稔浩さんがパラリンピックからの帰国報告に来訪。使われた競技用の車イスも持ってこられる。道具の性能も大事なのだ。やりたい気持をもっている人は行動して欲しい、後悔することなく勇気をもってチャレンジして欲しい、とチャンピオンからのエール。
 座ぶとん集会(旧河野村の民宿などの人達)。越前市の中津原、湯谷町付近は立派な古民家や門塀あり、馬借街道への標識が途中にあり。今日は23℃。海は南西からの波であり、満潮の時刻か。
 足羽川の利活用や屋外広告物の規制見直しなど協議、なかなか微妙な行政技術を要する。
 明日の日赤支部創立120周年式典に先だち、近衛社長を迎えて記念祝賀会を行う。
 サツマイモを又いくらか掘ったらしく、佃煮用の甘薯ジクを妻が切り並べている。むかし砧いま芋のじく切る夜かな。今週から普段用のズボンを厚手にする。
2008-10-10 10:07 | カテゴリ:未分類
 快晴。実践倫理宏正会の60周年大会が上廣会長出席し開かれる。学力と家庭のこと、永平寺の半杓の水、丸岡の井戸のことなど話題に。
 三国高校の100周年記念式典に出る。帰りに謝辞の生徒代表と握手。緑陵会館と教員室、図書室を見学する。
 「この天気ならあした調子いいのかしら」、「いや今日の天気で明日はわからぬ」。「もう少し匂いが長いといいのにね木犀の匂い短すぎる」。
 日本赤十字社の福井県支部創立120周年記念大会に出席(県立音楽堂)。戦時救護看護(元日赤看護婦長)の中国での苦しい体験談、和田小の青少年赤十字の男女児童の発表、彼らは将来は科学者、動物飼育係になりたいと述べる。
 吉村昭「雪の花」展を橘曙覧記念文学館にみる。吉村さんの元原稿は詳細であり、これを大きな原稿用紙に清書された。
 気象予報士(NHK)の講演来県の半井小絵氏と懇談、これからの協力を要請。子供の頃に福井へは海水浴やスキーによく来たとのこと。
 廊下に木犀がよく匂う。モズの声が近くにするが居所はわからず。
 明里橋北の西藤の白山神社は祭礼、境内に露店いっぱい。光成さんの通夜にお参りする。式場を出ると美しい三日月がかかる。
 河合の公民館付近では地区の収穫祭らしく暗い中に人が集まっている。FMにN響の生放送(ヤマダミエコ解説)、序曲レオノーレ(ベートーベン)、ピアノ協奏曲(シューマン)の一部。
 木犀香放つほどには未だあらぬ。土曜日のひる金木犀と干し秋刀魚と甘薯のじくの佃煮の匂い。
2008-10-10 10:08 | カテゴリ:未分類
 くもり、後半は雨の予報。朝刊はアメリカの「金融安定化法」成立が一面。一度否決した下院が上院案の修正法について可決の記事。資金投入に段階を設けている。
 第31回福井マラソン開会式に出る。現場に着くと華やかにエアロビクス体操の最中、気分にさそわれ脚の屈伸にすこしだけ参加。谷口大会長や吉田社長(福井新聞)などと登壇。ゴレンジャーのような五色の服装の五人ランナー、明るい選挙の黄色のキャラクターもPR。
 午前中にサツマ芋を掘って、その跡にすべて肥料をひろげて耕す。午後からはトモ君がよいしょのイモ堀をしたらしく、またイモジクの方も引取手が来たようだ。そのあとちょうど雨が降り出し、すべて順調事もなしとのこと。
 国交省主催、県共催の河川防災フォーラムを済生会病院に近い福井市防災センターでひらかれる。東大の田中淳先生(総合防災情報研究センター長)、福大の福原先生らが講演予定。小生、今回からあいさつ方式をやめ足羽川災害復旧などの特別講演を十五分ほどする。会の前後に出席者と小時間の懇談。外へ出ると小雨でフロント窓が霧状にぬれはじめている。
 帰り路の図書館に寄る。入口のところで鉄道ジオラマの模型を動かしており親子でにぎやか。子供が一人だだをこねて走り出し、追うお母さんが大変。今日は児童室は親子が多いでしょうと館員の弁。
 学力向上のパンフを見直す。今晩、鯖江市長再選される。ここ数日の話からすると総選挙は厳しい各選挙区の予測が出ているようだ。
 カマキリの柔らかなのをつかみ投ぐ。尾をゆらしモズけたたましマラソン日(モズの初見)。
2008-10-10 10:08 | カテゴリ:未分類
 小雨、あとで止む。午前中打合せ。陽子線ガン治療事業を応援する保険会社や旅館ホテルについて。恐竜の学術調査と恐竜足跡などの展示戦略は区別して行うべし。福井食材をビール会社がPR予定。
 午後から時間があく、気分を転換せよ。モズの影飛び去りホッとした気分。夕方、明日の予算委の打合せ、縦わり答弁をさけよ。
2008-10-10 10:09 | カテゴリ:未分類
 朝、初霧である。一日くもり。予算特別委員会(一日目)が終日ある。
 明日の答弁の打合せをしている最中に、南部陽一郎先生が「対称性の自発的破れの発見」でノーベル物理学賞を受けられるとの報が入る。祝電、お祝いのコメント、そして8時半に立ち会見をする。福井の誇りと自信、子供たちへの励み、サイエンス教育の最中、厳しい経済情況中の大きな光。
 世界的な株暴落の今日の暗いニュースを打ち消すばかりに、報道陣や解説者の笑顔。
2008-10-10 10:10 | カテゴリ:未分類
 今日も霧である。橋を渡る時刻には晴れて、天気になる。昨日の夜のTVそして今日の新聞は南部、小林・益川の日本人3人のノーベル物理学賞の受賞記事一色である。
 予算特別委員会(2日目)。
 五時半ごろ、どこからか街に1日の仕事の終りの音楽が流れる。うすく澄んだ夕焼であり、澄んだ空に風車の影がよく見え、鳥が点々と山に帰る。
 今晩は下村脩先生(ボストン大名誉教授)のノーベル化学賞の報がつづく。クラゲからとった発光タンパク質を研究されたらしい。
 金木犀が夜の庭に満開であり、今年は天気もつづき、樹木の姿なりによく花がついている。強烈な香りがして、刺激が強すぎるのかあとは匂いを感じない。西空に半月が落ちかけている。
2008-10-17 14:03 | カテゴリ:未分類
 好い天気。金木犀が朝日に当って黄色に映え、木陰を塀にうつしている。サルスベリは梢のうちの一枝だけが白をまだ残している。茶色の蝶が二羽とぶ。チキチキチュチュとモズの声が突然起こる。いつもの木立の先端に姿はみえない。あっいたいた、松の枝のてっぺんの思わぬ所だ。つぎの場所捜しあぐねてモズ梢。モズ睥睨こずゑとともに揺れつつも。モズのやつ威ばった声をしてみせて。
 年一回の人間ドックをうける。首から上の血の巡りまだ順調のよう。県立病院は予約制のためか曜日のためか人が少ない様子に感じる。受診者のほとんどが働きざかりの男性であり、皆が待合室のテレビでアナゴの料理番組を見ている。人間ドックの類語は真妙。
 行く末思うところあるも静かな午後である。夜はつまみ菜用の大根の摘み菜をゆでて食す。摘み菜は味なきゆえに味がありビタミンCを食べてる感じ。
 もう虫の季節も終りと思っていたが、きのう今日と又よく鳴いている。一時の勢いはないものの、気温が高く月も出ているせいか。蛙もよく鳴いているがこの理由は不明。
 さまざまな数値の羅列わが体これが医師との共通言語。
2008-10-17 14:04 | カテゴリ:未分類
 晴れ。南部陽一郎先生に電話で祝意をお伝えする。日本の朝10時はシカゴの夜8時にあたる。福井の教育環境がよかったとのお答え。ご夫妻の里帰りいまは困難とのご返事。お話し振りから福井の身近な方と話している感じの親しみ。
 人事委員会の給与勧告を受ける、医師以外の給料動かず。ぼちぼち公共事業の評価の季節。松本公安委員長、県農業会議新会長の就任あいさつ。秋麗や拳骨をもて割る煎餅(のゑじょせんべいのをわり)。
 最終日の本会議は2時のところ3時に開会する。経済対策決議を行うため遅れたらしい。世界的な株価急落(日経平均株価8,000円台)により、今日は大和生命が破綻。「緊急経済対策を求める決議」が行われる。夕刻、正副議長の就任をお祝いする会あり。
 議会終了後、庁内の「株価急落に伴う緊急部局長会議」をひらき指示す。企業に対する円滑融資を地元銀行に要請、日銀(金沢)からの本日現在の景況見通し、金融庁と協力して中小企業対策を実施されるよう二階経産大臣に電話で要請を行う。
 夜ごと窓に動きし守宮見えぬなり名前つけねば行方知れずか、と居間にいて思いながら廊下に出ると、小窓に心しぶとく一匹現れている。これもあと数日のことか。
 夜8時頃は空がおぼろになっており、雨がすこし落ちたが雨が降らなかった感じ。しかし夜の十二時ごろ雨が音をたてて降る。
 何もなき空間に水が落ちることは摩訶不思議(「正法眼蔵」の解説書をすこし読みて)。
2008-10-17 14:05 | カテゴリ:未分類
 朝も雨降り。しかし九時ごろ東の空が明るくなり雨が止む。そしてまた日が射しはじめたので、後の仕事に差しさわりがないよう、汗をかかぬ程度に30分ほど畑仕事をする。すなわち一畝に貝殻石灰を撒きイモヅルを畑の際に移動、同じく畑中のじゃまなニラ株を犬除け用に移植。
 それでもやっぱり汗をかいてしまう。鎌切は花びらのごと押され死す。秋の汗拭き侍の気分して。帰り道百舌の声聞くわが庭の木立見上ぐるさは高からず。カリンの実なりたる家が今日二軒。
 大野ライオンズクラブの結成50周年記念大会に出席。奥越高原青少年自然の家にAEDを贈られる。
 中野なす(大野)は120年の歴史、この所の粘土質の土は、しっくい用に貴重で「米一升、土一升」とかつて呼ばれた(日経、本日の北陸版)。里芋はこれからが収穫か、荒島岳も上が曇っている。篠座神社近くのイトヨ会館の泉は満ちている。
 下り鮎のサギリ漁をする男2人が朝谷の上流に綱を渡している。美山の薬師神社のところで何人かが幟を上げて秋祭の準備をしている。
2008-10-19 14:38 | カテゴリ:未分類
 越前市の坂口小学校に赴き、進士先生(東京農大)と面談。先生は「里地里山保全再生全国フォーラム」に来県された。農業、環境、教育(給食など)を横につないで一本化(予算)すると政策になる、都市化と限界集落を車社会の範囲でまとめる、素人農業と玄人農業(大工さん級)、フィジカルからスピリチュアルの時代。環境省局長、主催者の「水辺と生き物を守る市民の会」の代表とも会う。参加していた二人の女子中学生(武生五中の三年)を帰りに激励、コウノトリをなんとかして飛ばしたいとの念願をもつ。黒白の倉もつ村や金木犀。広瀬町のところで立派な祭禮の準備風景、去年も見たような気がする。
 夕方、日本産婦人科医会学術集会の懇親会に出る(フェニックス・プラザ)。出産医療事故の保険制度ができたのを歓迎している。福井での人間らしい生活や田圃風景に印象を深くする医師あり。
 今回破綻した大和生命は、徴兵保険の会社として1911年につくられた(その20年前にドイツで生まれた制度)、今日の毎日新聞「余録」から。
 庭石に軍手干されて秋の雨。モズの影飛べばやさしき姿かな。雨ふりの電信線上モズ苦情。
2008-10-19 14:44 | カテゴリ:未分類
 今週をふり返ると株価が連続低下の一週間。国会審議についての与野党の促進姿勢に逆転現象。
 地下鉄の落書旅行中の常習ハンガリー人などが大阪で逮捕、弁護士と話したいとフサワシカラザル弁(本日の毎日新聞〈24〉)。新聞に杉原千畝氏夫人死去の記事あり。
 朝から曇時々晴れ。芋干しに弱く体育祭によき日和。昼食時に社南地区体育祭に行く。運動公園のフィールド中央では太鼓をたたいている最中。あいさつ、ちょうど出席の県議、市議、国会議員にも会う。
 戻ってから畑のウネを三本作る。ナスビとピーマンの二列だけまだなっていて夏畑として残っている。スズメが50羽近く田圃の横の屋根や小木に群がる。みどり図書館の改修が終ったことに今ごろ気づく。緑道が早目に紅葉してきた。秋の水まっ先に靴つける兄(帰り道の緑道で)。
 三時ごろの空をみると、丹生の山の方から美しい羊雲が青い天いっぱいに広がり、その中に太陽が混じっている。
 シンビジュームが陽を浴びてもよい季節となり、10鉢ほど日向に並ぶ。金モクセイ地上一面に散る。隣地にシュウメイギクが咲いたようだ。夕方まで書(結婚式の)をしているうちに暗くなる。よき伴侶を早くみつける努力。
 宮尾登美子全集(第十五巻)、これは例のように最終巻からの読書であり、日記と年譜からなる。自分が東京で勤め始めた昭和40年代前半、私より20歳ほど年上の彼女は、高知から上京して金欠病、家さがし、職さがしの人生の悪戦苦闘中。しかし日記は率直かつ度胸よし。
2008-10-19 14:45 | カテゴリ:未分類
 昨晩は数日振りで少し食べすぎ。寝る前に雨戸をしめるとき空が明るく月が出ていたのだろう。
 今日も晴れ。そして、鵙が朝早くから電線にとまって左右を見渡している。隣部屋の片づけをしていて時間を忘れ、行事に遅刻しそうになる。
 栄冠幼稚園の百周年記念式典に出席する(アオッサ)。県内で一番歴史のある幼稚園である。ハンドベルの演奏あり。
 午後から農業、観光、環境の全体的な勉強をする。観念的な項目でなく具体的なプロジェクトがいる。
 昨日ナツメを親類からもらったので今日みなと食す。
 新刷の岩波文庫のD・ヒューム著「市民の国について」の中から取っかかり易そうな「原始契約について」、「勢力均衡について」を読む。他の「古代人口論」などのエッセーはわかりにくい。明解なF・ベーコンとの違い。
2008-10-22 18:36 | カテゴリ:未分類
 くもり、雨が降りそう。豊島の野球場が壊されている最中、あとは何になるのか。
 ボンジュール・カフェ収録(エフエム福井)。本年第一回目の今日は学力、教育について飴田さんと対談。恒例のロックフェスティバルのメッセージも送る。スタジオや事務室に新しく仕切壁が置かれている。
 新旧公安委員、監査委員の辞令交付式、感謝状贈呈式(松浦、三浦、朝山の諸氏)。議決条例の署名をする。部局長ミーティングを行う、ふるさと納税の集まり状況など。
 県下の商工会議所女性会連合会の集いあり、市長、会頭と出席(福井商工会議所)。出し物中に卓上の話を切れず。
 ジェロントロジーの武川正吾(東大教授)、宮内康二(同)、加藤まどか(県大准教授)の三氏が来訪。今日の杖立、明日の土合皿尾、赤坂の各集落の交通問題など現地ヒアリングを行う予定。
 県庁を出るとき、芋明月がおぼろ雲にすこしかくれて昇っている。
 もう夜になると机の足元がさむい。しかし今夜も蚊がまだ寄ってくる。昨夜などは睡眠中わが身だけ刺さる。
 昨年末から始めて四分の一ほど進み、あとは4月、7月、9月、そしてこの10月と読みつないで来た「ガリバー旅行記」を本日読了する。退屈になると休むに限る。最後の馬人の国(フウイヌム)の話が一番手きびしい人間批判。
2008-10-22 18:41 | カテゴリ:未分類
 一日晴れ、ほとんど雲なし。庭の松の根元に茶褐色のきのこ出現。上庄の里イモが今日は初出荷になるらしく、選別場の写真記事が出ている。
 朝刊一面では、この週明けの日経平均1,171円高の反発の記事(14%の過去最大の上昇率)。
 ノーベル経済学賞にクルーグマン教授(米)との記事もあり。貿易を「比較優位説」でなく規模の経済で説明、また都市は「集積」によって付加価値を生むという説を主張と解説あり。また日本経済に関心をもっていて、その理由として「異常な例がすきだから」と答えているそうだ(日経10/15の「経済教室」)。
 ラジオ広報番組の収録(環境計画について)。
 高齢者叙勲、褒章、死亡叙位叙勲等の伝達式。
 美浜町から重要要望あり。新任の陸上自衛隊第10師団長(守山市)が来訪、最初動の迅速要請が大事なり。
 国高小(越前市)の子ども見守り隊活動の激励。警察本部長、教育長と行う。同校は今年が創立百周年、歴代校長の写真を拝見、明治から昭和40年までの校長はなつかしいヒゲをたくわえている。下校する1年から3年生までの子供たちと帰りの集合場所まで行く。きょうは日射しがまぶしい位に強く日野山、村国山美し。
 車中に参院予算委の実況をきく、今日も100円ほど株価反発との首相答弁。
 地元銀行と取引のある若手企業家に対し講演(金融危機対策、学力教育、公共事業、道州制)をし、懇談。
 満月をすぎた今夜だが、昨晩よりは清い名月である。
2008-10-26 11:59 | カテゴリ:未分類
 今日はまれにみる好天、暖かい。
 全国自治体病院学会に出席し、福井の医療状況や自慢できる良いところをあいさつ。来福の自病協の会長は赤穂市民病院の院長である。第47回の今回は、数字が忠臣蔵の義士と符合するということや、吉良屋敷の隣は福井藩の家老屋敷があった等の寸談になった。県立病院と丹南病院などが準備して開く。
 栄冠幼稚園の子供たちからお礼の絵ことば来る。県庁前の道路を白い自転車がパトロールするのを久し振りに見る。
 第4回の父親子育て応援企業(4社)の表彰式。真弓副学長(福井大学)が就任あいさつに来訪。公共事業評価の協議。
 先週は織田劔神社において殿舎修復記念、おわたり等があり、この越前二の宮鎮座1780年目という奉祝の報告に来訪。
 サブプライムローンを「市場の失敗」というのはいかがか。更に「市場の失敗」を起した経済理論の方が、政府は後始末をすべきであり「政治の失敗」こそは許されない、などと教説する理由はどこにあるのだろう。
 昨日発見の茸は「チチアワタケ」という「二針葉あるいは五針葉のマツ林下に群生する菌根菌」であり、汁物やイタメ物として食えぬわけではないが、食用に格別適すほどのキノコではないとのこと。大丈夫かなんて言葉はやめてくれ/物忘ることのよはりもぞする。
2008-10-26 12:00 | カテゴリ:未分類
 天気よし。川霧はあさむつ川を離れゆき山際の村にこもりて残る。なんとなく夕方にはくもり気味となるも、しかし夕焼けは濃黄のよい夕焼け。今晩も夜八時頃にはよい月が出る。右側は欠けながら梅の木の向こうの東空に昇る。
 高浜町で老人クラブ大会に出席する。若狭富士はよい姿の目立つ山である。
 鷲田総長と面談する(大阪大学吹田キャンパス)。エネルギー拠点化計画と広域連携大学の協力要請のため。なお福大側からの連絡を密にする必要あり。学長は本県に縁のある方とわかり心強く感じる。
 早朝から暗くなるまで、車に一日中乗っていた感じである(五時に帰福)。舞若道の丹後、丹波あたりには「動物注意」の看板多し(タヌキ〈二種あり〉、イノシシ、シカの絵)。西紀SAの観光案内ビデオでは出石の五皿ソバは名代のもの。北陸道の菩提寺SA(珍種の松の名木あり)で帰りは休憩。
 城橋通りの白髭神社では秋祭の様子であり、赤い布かけした屋台が境内にひしめき楽しそう。
 夏からながく日除となった軒棚のフウセンカズラと朝顔は、気づくと完全に除去されている。南の軒に妻の捌いた大小のカレイが沢山干してある。同じように干イモも天地を逆にした洗濯籠の上に干してあり、全部は黒く変色せずこんどは一応成功か。夜ゴキブリの居ると騒ぐだけの人すぐやっつける行動の人。ヤモリは窓にもう現われていない。
 地元新聞記事に「高校再編 奥越から」の高問協答申。東証は三日目になって1,089円安(▲11.4%)と急落し、二日間の反転分の9割を帳消しにしてしまう。地元紙(日刊)に、マツタケが名田庄の納田終に出ているうれしい写真あり、1g換算=100円の値也。
 伊・南シチリアの人口1万人余のサレミ市で‘68年の地震で壊れたままの石造家を1戸=1ユーロ(140円)で売出し中という記事(毎日〈6〉)。なお2年以内に買手が復元する条件があり、これには逆に一千万円以上かかる計算。
2008-10-26 12:01 | カテゴリ:未分類
 好天、あたたかくて車中で上衣をぬぐ。夜は星がよく見える季節となり、地上は限られた虫の声しか聞かれなくなった。今日は暖かいので蚊もよく動き、魚の始末した残りの臭いをかぎつけて蠅まで跳梁する。
 朝刊(NIKKEI PLUS1)に「福井のサトイモ」特集。栽培農家は1,300戸余り、稲作との兼業、寒暖の差、良い水はけ、軽い土質、7~8年の土地回転、素揚げに黒コショウがおすすめとか。
 同紙面「裏読みWAVE」によれば、仲人ありの結婚式は94年が64%だったが、2000年17%、そして04年以降1%前後まで落込む。バブル崩壊後の会社と個人の関係希薄化が背景のよう(リクルート「ゼクシィ」から)。
 この8月に創業した無農薬野菜工場であるフェアリーエンジェルを視察する(美浜町大薮)。レタスなど菜類を年間300万株の生産(日本最大級)。他県ではみられない福井の勤勉な社員態度(午後のチャイムが鳴ったときはすでに現場にいる)。無菌施設なので花粉症が治るそうだ。アメリカ産の大豆は天候などで年々品質悪化の一途らしい。京福consultant50周年記念式典が小浜であり。
 国際交流協会設立20周年記念式典に出席。講演の松本アナウンサー(かつてNHK福井に在勤)と出演のパックン・マックンとしばらく懇談。「ふるさと納税」のPRなどを依頼。
 明日の「全国溶接技術大会」をひかえての開会式典にあいさつする(アオッサ)。全国から110名余の選手が出席する。造船、原子力、重工業、機械工業などに勤務の若者が一人ひとり映像で選手紹介されるのはよいことだ。そのなかで日立勤務の茨城代表が紅一点。アーク技術と点検はプラントの安全対策のキーとなるはず。
 墓石の四基くくられハイウェーを運ばれて行く生けるごとくに(北陸道上り)
 牧場の急なる斜面緑ながら秋の色帯び厩舎も見えて(奥越牧場)
2008-10-26 12:01 | カテゴリ:未分類
 好天、暖かし。秋なすを抜くや有明月青し。古くなったナスビの株を半分間引きする。
 県民間保育園大会(越前町生涯学習センター)あり、鯖丹の消防大会と重なっているようだ。ステージ上で30分間ほど内藤園長とトーク、子供の頃の想い出や生活の変化などについてインタビューをうける。先生の両手を持ってその膝をけり宙返る園児の毎朝。
 身体障害者福祉大会(越前市文化センター)に出る。小山会長から機関誌の点字化、ハートフル駐車場について謝意あり、国の制度について改善の要ありとの弁も。
 帰り路に式部公園に立ち寄ると、市制三周年の祭りなどの終りかけ。実行委員やテント店の人達、ミュージカルを演じた若者たちと寸談、写真など。味真野の万葉集との連携が面白いかも。公園の西側に見事な伝統民家あり。源氏物語の屏風絵などを市公会堂にみる。帰ってから環境計画の勉強をする。
 本日の中日新聞の社説「変革期のジャーナリズム」は、「拝金主義は終りに」と述べ、R・ブラザーズCOEの2000年以降の報酬が五百億円にのぼることに驚くと解説。同じく日経新聞には、英女王の資産560億円の65億円が相場変動で損失を被ったと大衆紙D・エクスプレスの報道を伝える(10/19時事配信)。
 動物園近づくにつれ幼な児の静かに泣くはキリン見えしゆゑ(日経10/19「うたの動物記」みてわが児の旧想)。いつもとは早目に風呂の声がかかる晩秋。
2008-10-26 12:02 | カテゴリ:未分類
 くもり時々晴れ。県庁の窓に四時ころ笛の音が流れてくる。佐佳枝神社か他のどこか。
 社会貢献活動功労者の表彰式。県農業委員大会あり出席する(アオッサ)。信用保証協会の代弁率は改善されつつあるようだ。
 中部教育旅行の誘致ミッションとして午後から中国に向かう。小松から上海までほぼ夜間飛行となり、2時間15分ほどかかる。途中すこし揺れるも時間通り現地に8時10分着。機中ウドンのようなソバが出る。上海の市街地の道路も混まず。空気はかすんでおり早くも目がいたい。案内者によると上海国際空港は3本の滑走路を5本にし、現在のリニア30kmを50kmにする予定とか。
 日本のベイブリッジをまねたという15年前にできた南浦大橋の上から、浦東地区の高いビルは低い雲の中にかくれるほどに見える。
 着いた時は23℃でむし暑かったが、夜も遅くなると涼しい。この一週間は例年にない猛暑の27℃の異常気象らしい。途中に時間外の夕食をして遅くなり、宿の仕格維麗致(SKYWAY 39F)ホテルに着く。中部関係の運輸局や各自治体、航空・旅行会社、中部広域観光推進協議会の代表団と合流して、今日の様子と明日の打合せ懇談そのあと又おそくなる。
2008-10-26 12:04 | カテゴリ:未分類
 上海領事館に横井総領事と大森領事を表敬訪問、入館厳重、中に入るとなごやか。
 修学旅行ができる時代になった。最初に行く国は子供にとって大事、行く動機づけがいる。中国の学校は7月1週~2週が休暇をとりやすい。セーレン見学した(蘇州)、旅行情報はコンピューターで入手するので中国語で具体に値段などをはっきり。関係する浙江省との相互リターンも必要(以上総領事の熱心なご説明の私的理解)。内玄関前の芝生斜面で写真。
 前上海副市長で科学技術大学長でもあった周慕尭氏(現上海市人民対外友好協会長)及び張社長(上海国際交流サービス会社)と貴都ホテル(静安寺)で会談。日本のことよく存知され友人やホテル業界、観光、蟹の話題なども。
 虹橋空港近くの中国東方航空の李社長を訪問。担当部長から空港規制緩和の逆要請。ハイウェーから古い昔の市場や中学校のせまい校庭が見える。子供たちはウス青の工場作業着のような制服でバスケットボールをしている。4時過ぎになると中学生らしき子供たちの数人ずつの下校風景、濃青ジャージのズボンにリュックを背負っている。富裕層のギリシャ風の囲い込みをしたマンション群や一貫校のある地区あり。
 古羊路のSKYWAY LANDIS HOTELに一度戻る。いわし雲なんと上海の空の上。
 上海市内の先生に教育旅行説明会。中部の自然、伝統、ハイテク産業、学力、藤野先生などをあいさつに入れる。「正中的」、「四季不同的」、「実力強大的」、「日本首位」の中部地区とPR。
 説明会のあと懇談交流会。校長、教師のほか旅遊事業管理委員会の朱副主任、上海大森領事が来賓出席、長時間になる。最西の貴州出身の邦国人に似た若い通訳おり。
2008-10-26 12:05 | カテゴリ:未分類
 蘇州に行く代表団と別れて早朝七時にホテルを発つ。橋の両側に万博の建築工事の遠景。浦東空港から中部国際空港へ。近畿日本ツーリストの加藤氏と一緒、明日からベトナムに営業で又行かれるらしい。
 乗ったとたんに昼食が出てしまう、行きも帰りもほとんど同じもの。二時間で着く。空中で10回ほど揺れ、注意放送が出るが放送が終ると機の動きが静かになる。
 もろこしの秋蠅も同時着陸す。名古屋24℃。1つ早目に乗れたが北陸線で疲れる。福井へ戻ると空気がしっとりしている。秋田県知事が来訪され懇談。
 本日の日経「経済教室」に堀田健介氏(グリーンヒル・ジャパン会長)は、「アングロサクソン型の市場主義」に日本的規律を植え込んでゆくよう声を大きくして訴える努力が必要と述べる。
2008-10-26 12:06 | カテゴリ:未分類
 雨上りの朝、落葉の季節である。風なし。濃い紫の朝顔の株を往路で目にするが外国のものか。
 第19回北陸技術交流テクノフェアの開会式に祝辞。技術と環境、農業、原子力、教育水準についてのべる。会場を出ると風が出ておりプラタナスの葉が巻き上っている。原電創立五十周年(副知事出席)。
 「ねんりんピック」のかごしま大会代表選手団が来訪、県旗を渡す。部局長ミーティング。「座ぶとん集会」を全国転勤の夫人達と行う。交通の不便、医療など福井市と他の町との差、交通の表示とルールマナー、駅前と郊外SCetc。松山ではなく宇和島の支店に転勤した経験の奥さんもあり。福井は人が温かくて住みやすく、できればずっと住みたい位との弁。
 夜帰宅する頃雨が降ってくる。小さい守宮また現る。
2008-10-26 12:07 | カテゴリ:未分類
 一日降ったり止んだり時雨気味の天気。
 三年振りの「院展福井展」の開会式に出る。あいさつで下田画伯が岡倉天心の茶の本、東洋の覚醒の書物の話を熱心にされる。県立美術館の大ホールは意外なことに日本一広く展示できる部屋と聞く。
 テクノフェアに講演来県の野間口会長(三菱電機)らとおろし蕎麦をご一緒する。
 昼のニュースに日経平均が8千円を割り五年余前の最低値に近づき、一方1ドルが百円を切り急激な90円台と円高になる。
 直近の経済情況について日銀金沢支店長と急遽の意見交換会を行う。銀行の株安による資産の目減り、貸付先回収の問題など。日銀の役目とは何か。
 「東南アジア青年の船」のベトナム女性を代表とする20名余の各国青年が民族衣装で来訪。
 午前・午後と政策合意の中間状況報告をきき夜になる。
 グローバルとは大航海時代に戻ることソマリア沖に海賊跋扈。
 二戦して二勝一敗クライマックス・シリーズてふ不思議な仕組み。
2008-10-31 09:17 | カテゴリ:未分類
 くもり、防災ヘリで県立病院屋上から高浜までゆく。高度1,000m、速度200km/時、三十分で着く。敦賀半島あたりで雲が低く、ヘリのほぼ頭上に近づく。
 原子力防災訓練を行う。高浜の内浦小学校へゆき、避難訓練参加の地域の人達(山中、神野地区など)と車座ですこし話し込む。一同に猿の被害をなんとか頼むの声。一瀬副議長や小泉委員長など議員諸氏も視察。そのあと中央公民館に行き同様あいさつ。副議長、町長、保安院の加藤審議官、原子力安全委員会の飯田調査委員もご挨拶を願う。
 今回の訓練は、海自と海保の2隻の大型艦船の協力をえて、音海集落の全住民が収容可能な船舶で着岸する。昨年の敦賀は積載量と荒天時の制約があった。また事故情報センターに職員を派遣し、情報に齟齬を来たさないよう改善した。記者会見で一時滞在者の参加拡大など質問あり(今回は負傷輸送の想定を加える)。
 帰路のヘリの窓から地上の地形は見なれぬため、山間の集落はどこなのか特徴がつかみにくかったが、あざやかな緑の二つの四角が眼に入り旧朝日町のホッケー場と認知。生まれ育った町並みの上空をちょうど通っていることもわかった。もし子供の頃に見ていたなら、井の中のわれと分かって人生変ったかも。
 坂井市春江町の産廃置場の火事の報あり。着陸時に白い煙の上っているのがみえる。
 日の出地区の桜通りの交叉点で、プレート前面に扇が付いた車に会う。何かと思ったところ、中に白い被りの花嫁が乗車しなつかしい風景。
 畑へ生ゴミを埋めに行くと、近所の駐車場で兄・妹の二人の幼児がかくれんぼ。一から十まで数えて、もういいかいまあだだよとやっている。これ又珍しい風景。
 夜、松平春嶽公生誕180周年記念の龍馬会に出席、松平さん、高知市長、龍馬の子孫の方、京都県人会の越後会長などに会う。
2008-10-31 09:18 | カテゴリ:未分類
 ともかく今日は寒い、夜は雨も降る。十時過ぎに雷が低い音で空をわたる。「冬季雷」の初めか。
 この日曜日は久方ぶりに時間があきさまざま勉強。営業と販促の違い、ブランドの質の維持、観光のマスからパーソナル化、インバウンドと円高、広告料のネット・携電への移動、医療への安心感、不況時の雇用斡旋と新卒内定、県民安心指標、景気減速と環境CO2etc。
 中断していた太平記(少年少女古典文学館、平岩弓枝著、1994年講談社)の後半を読み終る。
 浅はかや戦さわからぬ清忠のいさめがゆゑに正成死する。義貞の知らぬはくやし顕家の不破の関まで尊氏攻める。勾当の内侍追い来て浅津の橋にてなげく義貞の死。渡部の橋の恩義を正行に報う敵兵四条畷に。
2008-10-31 09:19 | カテゴリ:未分類
 くもり、九時頃にすこし日が照り出す。夜は雨、一時強く降る。
 政策合意の協議(二回目)。勝野専務(政策金融公庫)来訪。政策金融公庫の創立セレモニーが福井商工会議所であり。
 近畿ブロック土木部会議の前に技術審議官、近畿整備局長・部長と、道路問題などについて市町代表とともに意見交換。
 講演に来県の北畑経産省前次官が来訪。経済危機脱出は三年以内より早いか。
 夜は足元が寒くてだめである。
2008-10-31 22:50 | カテゴリ:未分類
 昨晩は到々毛布をとり出し、フトンの上にかけて寝ることになった。今日はくもり、小雨もあり。ここ数日青空が見えなかったが一時青空も出る。
 昨日7,162円とバブル後最安値(それ以前は昭和57年〈1982年〉10月に7,114円)。茶色のおいしそうな江川の水ようかん初製造の写真新聞にあり。
 定例記者会見で鯖の開発レシピ出される。新旧教育委員長(稲山、禿氏)来訪。内閣府と共催の交通安全大会の表彰式・シンポジウムに出席する(ハーモニー小ホール)。講演の清水国明さんに会う。そば畑の実りが囲む音楽堂。
 北経連と三県知事の懇談会を福井で行う。この夏に予定だったが金沢の水害で延期されたもの。富山知事はまだ旧任期中。人流・物流問題、産業・環境・分権などがテーマ。改めて新幹線の協力を要請。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。