FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-12 08:48 | カテゴリ:未分類
 くもり。予算査定。
 福井のホッケーを愛する会に出る。お見舞いあり。
 予算査定(経済対策、政策課題)をする。
スポンサーサイト
2009-02-12 08:49 | カテゴリ:未分類
 よい天気の朝である。梅の蕾が、小さいながら廊下からも目につくようになった。新聞は今日からプロ野球のスプリング・キャンプのニュースが出ており、紙面に元気が出てきた。経済面は春まだき。
 第3回の経済対策連絡会議を行う。県庁が直接雇用する方向を決定、福邦銀行の公的資金活用を地場企業のため歓迎するコメントをのべる。
 昼に食べに出る、ラーメンとギョウザを。県庁ホールでは工大附属高のデザイン展をしている。数日前までは学校給食展。
 北陸通信局長がFBC、ftb社長とともに地上デジタルの支援センター開設に当って来訪。無投票四選の池田町長来訪。
 日銀金沢支店長との意見交換、GDPのプラスへの転換は今年末から来年にかけてか。
 予算の査定調整をする。中小企業団体中央会と懇談し、業界の様子もきく。又戻って査定をする。
2009-02-12 08:51 | カテゴリ:未分類
 朝、少し霧がかって小雨。梅の赤味のつぼみが遠くからも目立つ。
 午前中、知事査定(主要事業)を行う。常神半島のトンネルの二本目が3月末に開通する。三菱重工業の佃会長が講演のため来県される。
 バラ、菊、水仙、春ラン、エビネなど昨年中の花卉関係知事賞の受賞者と懇談、病害虫の防除が大変らしく、また北陸の菊は独特の七本立てだそうだ。子供たちの植物教育を希望されている。
 福井駅西の開発方針については、福井市の意向が基本だが、新聞に商工団体が再度意見をまとめようとしている記事あり。県内の進出企業における雇用情勢と方針を大手二社から改めて伺う。
 80%と4/5は、人間にとってどっちが直感的にわかるか。人間は目的を追う生き物だから、手段の方をつい置いてきぼりにしがちである。「経営戦略」、「販売促進」、「営業」の意味のちがいについて。
 今夜は節分、台所に豆の袋が沢山置いてあり。豆撒きの豆かと問へば味噌用と。
2009-02-12 08:51 | カテゴリ:未分類
 天気よし。もうこれ以上は雪も降らず春になったような気分だが。
 色々と打合せあり。アサヒビール社から福井県ふるさとポスターの贈呈を受ける。部局長ミーティングを行う。
 新しいチタン合金とレーザ溶接による製品開発が進められている。
 今秋9月2日、24年振りに巨人戦(対横浜)が開催決定となる。読売新聞社の関係者がキャンペーンに来訪。
 保母さんたちと女性活躍会議を行う。母親の教育、父親の協力など話題、出席の皆さんは保育士であり母である。夕刻、親睦団体の新年の集まりあり。
2009-02-12 08:52 | カテゴリ:未分類
 きのうに続き好天であり3月のような天気。60回の札幌雪まつりが始まったとの昼のラジオニュース。昨晩のニュースでは榛名湖のワカサギ釣が氷がとけてしまい今年は中止と。
 春江のNECセミコンダクターズを訪問し、雇用対策を要請する。レア・アース製造の三徳株式会社の敦賀への進出決定、懇談後いっしょに記者会見、会長、社長、敦賀市長と。厳しい経済事情のなか歓迎。
 新幹線の今後の対応について打合せをする。
 夕方、京都に出張する、宝ヶ池のグランドプリンスホテルに泊る。
2009-02-12 08:52 | カテゴリ:未分類
 好天。関西担当の原全権大使や代表委員と早朝の朝食懇談会、昨日の各分科会の状況と感想などをお聞きする。ますます企業は国外展開か、またブロークン英語の必要性。
 第47回「関西財界セミナー」の第3分科会に出席(国立京都国際会館)。道州制論の問題を中心にのべる。企業関係者は道州制ありきで簡単に考えていたようであり、再考の絶好の機会となった。
 関西広域機構の秋山喜久会長の意見発表もなされる。京阪電鉄の佐藤茂雄CEOによる簡単な分科会のまとめが行われる。
 近畿整備局長に対し、中部縦貫道の早期決定、当面の建設業への指導などについて要請。公共投資は欧米で復活している動きとか、日本は米の30年前か。
 昼のお弁当を三百人くらいの大勢で食堂でたべる。日をうけた比叡山の山頂がよく見える。北白川道を通って帰るも四十年前との比較もできず。京の東山は紅梅が咲いている。京都駅に大きなポスターの北陸三県のキャンペーンあり。それぞれテーマは福井(東尋坊)、石川(金沢)、富山(五箇山)。春の湖ひくい山よりなお碧り。
 麻生総理が日曜日に経済対策などの視察で来県される予定となる。民間保育園連盟の懇親会に出席する。
 よい光の星が西方にキラキラ輝いて大きく見える。気づいたらよい月夜でもあり、頭の上に小さく満月にかなり近い形で上っている。
2009-02-12 08:53 | カテゴリ:未分類
 午前中は晴れ。
 朝はイモの粥。永平寺の五色の涅槃だんご一個あり、金太郎飴のような小さいものだが息災用に焼いて食べる(ほどはない)。
 午後から曇ってきて空気が冷たくなる。
 今日は「ふるさとの日」である。明治14年以来128年を経たことになる。第一の行事は「県政功労者表彰」を正庁で行う。第二の行事は生活学習館の「あすの福井県を創る協会」主催による「ふるさとの料理を楽しむ会」。伝承料理や地酒などがテーブルごとに出る。今年からバイキング方式をやめる。卓上に遅咲きの水仙が置かれている。応援の生活学校連絡協議会の奥さん達は朝の五時起き。
 第三の行事は国際交流会館での表彰式とそれに先立つ懇談と写真撮影。第一回「ふるさと貢献賞」の表彰(豊田三郎氏ちょうど百歳)。そして、第四回「科学学術大賞」に杉本英彦氏と今攸氏。そして文化振興事業団による野の花文化賞に、音楽グループの楽衆玄達(がくしげんたつ)、渡邊光一氏、入江克子氏。その後県関係の若手女性小説家の桂美人、雀野日名子、築山桂の各氏のトークがあるため、茶室でごく短時間雑談をする。将来に大いなる期待。
 終ってみどり図書館にゆく。親子が沢山いてにぎわいの声がきこえる。
 室内の観葉のサンスベリアは水なしで元気だが、小さい冬百合の方は遂に枯れてしまった感じ。
 フジテレビ2月3日付「とくダネ!」のビデオで文武両道の福井県をみる。
2009-02-12 08:54 | カテゴリ:未分類
 昨晩は強い雨音がしたが、今朝は天気。高嶺に二月の風車くるくると回りてをりぬ残雪ありて。
 庭の梅に白きものが少し見えはじむ。今年の2月は乾いて天気よく全く福井らしくない。
 味噌作る匂いシルコに似たるかな。味噌作り妻は拳を赤くして。味噌作らむ夫は説を述ぶばかり(以上は昨晩のこと)。
 商工会連合会会長の川上正男氏の叙勲記念パーティに出る。近県の商工団体の代表も出席。後継者のことを話にする人多し。
 白山の雪の西壁が美しく明里橋上から眺められる。
 麻生太郎総裁との面談(あわら市国際交流センター)。参院幹事長同席のもと、新幹線のお礼と年内早期認可の要請、中部縦貫道大野以南の決定、定額給付金と「ふるさと消費フェア」など。福井市長、あわら市長と。
 夕方にはよい満月が、はじめは白くだんだん濃く、白山の左上に昇っている。市内に通夜あり。
2009-02-12 08:55 | カテゴリ:未分類
 庭に早くからカラスの影。ホウレン草のミソ汁。くもりながら、東空はやや明るい。寒く外気は1℃、朝刊は休みの日。
 福井市は坂がないという話が先だってあったが、足羽川の橋の南北は坂あり。
 一日打合せばかりあり、だんだん年度末的になってきている。ふるさと帰住等の名案ありや。昼は外で現代風のオムライスを食べる、好天外食第参回。
 夜は報道関係の責任者と意見交換会を行う。今晩の月は雲が濃くおぼろと云うにはぼんやりしすぎ。
2009-02-19 11:32 | カテゴリ:未分類
 小雨、もとの二月に戻った暗い天気。
 中部縦貫自動車道早期整備の決起大会に上京する。東京は天気快晴である。市長とともに大野の加藤智恵さん(和泉小・中PTA会長)が、いのち、生活、希望と道としめくくって地元意見発表。国交大臣、党幹事長、国交・財務省の幹部等に要請。
 APECのエネルギー関係閣僚会議が来年予定、日本がこれからの原子力エネルギーを先導すべしの意見あり。
 福井に戻ると福井も昼から天気がよかったらしい。ふつうの年なら雪や雨で満月どころでないが、今夜はもじ通り、きさらぎの望月の名月。如月の満月森に似合うなり。南の空にたかく三連星など小さいながらよく見える。小星見えて二月の子供ごころなる、多少度の合う眼鏡なれば。
2009-02-19 11:33 | カテゴリ:未分類
 路上の真中に一羽のセキレイが舞い下りる(運動公園近く)。赤チョッキ二人立てるや鴨撃ちか(朝宮橋付近)。清水町の平野からは、雪の筋の残る日野山は、右傾斜がなだらかに遠望できる。
 朝日中と糸生中がスムーズに統合できて、新しい朝日中の校舎竣工式あり。新校舎は県産材の杉の床板、採光や設備は新しい感覚を取り入れている。テープカットと生徒のクス玉割りの玄関前はすこぶる寒し。祝辞文に加えて生徒たちに、失敗を友達の前ではずかしく思わず、我が道を進歩せよと激励する。二年生の両中学代表生徒の感謝の言葉あり、大人のようである。
 今年は蟹よりも赤鰈が豊漁らしい。
 今立町「ロハス越前」の関係者と「座ぶとん集会」、南坂下集落の「いろりの堀田さんち」で行う。夫婦参加の方も多し。大正年間にできた赤味の太い大黒柱のある古民家の囲炉裏端で懇談する。都市の人は地元で何気なしに食しているものを好む、団塊だけでなく若い人が田舎に関心があるとのこと。駅から村までの便の確保、温泉など宿泊施設との連携もカギとの意見。
 いろりの残り火をかき出して網を置き、草モチ、豆モチ、里イモなどを美味しく焼く。会員の奏でるハーモニカ「あこがれの郵便馬車」をさわやかに聴く。
 夕方になって雷鳴と雷光がし荒れる。
2009-02-19 11:34 | カテゴリ:未分類
 朝は霧、明るいからやがて晴れてくるのだろう(朝のこと)。ぼちぼち花粉症の季節か。夕方はかすかな夕焼けの空。
 昼のニュースでは、新幹線の負担金増額について新潟県が説明を求めている。この一週間の記事では内閣の支持率が十%台の中でさらに低下した。前々内閣のメンバー達の動きが出はじめている。昨日の米ニュースによると、景気対策について上下院の協議を要する状況のようだ。
 まもなく確定申告時期であるが、金沢国税局長があいさつに来訪。
 部局長ミーティングをする。米粉に合う乳酸菌が見つかりヨーグルトを試作。葵会の互礼会あり。
 本日書類沢山通覧偏頭痛気味。
 地域での景気拡大のため、消費の必要性のおり生活衛生同業組合連合会の懇談会あり。
 就職は今年の学生は滑り込みセーフだが、来年の就活は会社も役所も極めて困難が考えられる。
2009-02-21 09:28 | カテゴリ:未分類
 うす曇り。庭の白い梅がぽつぽつと咲きはじめる。
 「元気な福井の水田農業推進大会」に出席、米・麦作者の優良者表彰を行う(自治会館)。子育てマイスターとの座ぶとん集会を行う。
 国民保護図上訓練を、シナリオが一部白紙のブラインド方式で実行する。桜井内閣官房審議官、小宮参事官来訪。政府も対策本部を設置するのは、この福井での訓練が初めて。関係者は緊張気味、警察、自衛隊、自治体の関係について。
 屋外広告物の規制の見直し協議。予算の最終的な整理。福井の学力・体力日本一を材料に本づくりをするという話あり。
 県政記者との意見交換会を行う。結婚あるいは予定の記者あり、慶事。
 この一週間はどうやら疲れ気味。夜になって雨が降る。
2009-02-21 09:29 | カテゴリ:未分類
 午前中は何もなく久しぶりで寝坊をする。外はよい天気でフトン干し日である。暖かい日ざしの中に白梅がよい程に咲いている。
 午後から国際交流女性の会に出る。これからの外国交流の方向を模索。生活学習館に人出が多いのは科学講座があるためらしい。
 春江の江留の上村(春江南公民館)で座ぶとん集会を行う。活動分野を分けて町づくりに頑張っている。バレンタインのぜんざいを食いにけり。理髪にゆく。胡徳平(全国政治協商会議常務委員)氏の招宴に出席する。
 高校の同窓会あり。始まる前に陽子線ガン治療についての経験談があったようだ。
2009-02-21 09:30 | カテゴリ:未分類
 朝からよい天気である。気の休む一日となる。白梅が三分咲きほどになる。午後の後半から曇天になる。夕方にはもう梅が四分咲きになる印象。梅一日一分ずつの暖かさ。天気よく昼に庭で写真を撮る。子のことの気が緩みけり花粉症。
 「東京の文人たち」(大村彦次郎著、ちくま文庫2009年1月)を一週間ぐらいかけて読み終る。江戸の残影、関東大震災、終戦を背景に幸田露伴から色川武大まで作家を中心に東京生まれの百人のエピソード集成。親兄弟に今でいう若死というもの多し。
 紅葉の小枝の先が紅紫色を全体に帯びはじめている。
2009-02-23 09:53 | カテゴリ:未分類
 今朝は一転して荒天。北の空を雲が迅く東へ移る。梅は五分咲き。一昨日の土曜日は小浜市で20℃の高温(新記録)であったのだが。
 本日発表のGDPが年率マイナス12.7%となり、オイルショック以来の急減。
 何日か前から県庁ホールに大野の冬ざくらの鉢が展示。
 天気が変りやすく、昼食の時間に外をみると、日がすこし照りながら雪が落ちている。
 希望学の東大の玄田先生、宇野先生ら来訪。期待されていた「希望学講座」全4巻が出版される予定である。
 経済団体、金融機関、各省出先機関の代表と「金融経済雇用会議」を初めて行い、意見交換を行う。相談や政策メニューの結果がどうなったか実績を早く出す必要あり。
 東京に出張する。金津あたりで車窓に雪がふりかかるが、県境からは晴れてくる。前車がどれもしぶきを上げて疾走し、小さな短い命の虹をつくる。
 降下をはじめる機窓からは、風が強く青い海は白氷が浮いているように波立っている。伊豆半島の周りも、いつもより太い白の帯(これは岸辺の波)が縁取っている。富士山には右側に雲がかかる。
 中部縦貫道の早期着工を、隣県の郡上市長そして大野市長とともに、岐阜選出の金子国交大臣に要請。観光庁長官等に観光圏整備計画の認定を要望。新しい観光計画で助言ねがったJTB田川社長を訪問、天王洲の高層ビルは、飛行機、新幹線、船舶、自動車がすべて一望にみえる場所である。日本旅行業協会も訪問。小松空港は着陸時には雪。
 「ジェイン・エア(下)」を読み終る。ストーリー性は強いが描写力にすぐれている。
2009-02-23 09:53 | カテゴリ:未分類
 朝日がさしているが屋根にうすく雪。白梅にも雪。
 午前中いろいろと打合せ協議あり。毎日現代書北陸代表作家展の祝賀会あり。
 「環境ふくい県民会議」の設立総会(アオッサ)。その後の「環境ふくい県民運動推進大会」に炭谷顧問の祝辞、田畑上野動物園副園長の講演あり。会場がオーバーフローし、追加の椅子を入れるように言う。活動団体との協動開始を早く。
 第4回の庁内の経済対策連絡会議、今回は入札制度の改善など。
 県農林漁業賞表彰式、県農林漁業士認定証交付式を行う。
 クリントン国務長官来日。露大統領が5人の州知事を経済不振を理由に解任したニュース。夕方、中川財務相が最終的に辞任。
 午後おそくも、晴れながら雪がちらちら風に吹かれて落ちる。夜も雪が降り、寒い日になってしまった。
2009-02-26 08:35 | カテゴリ:未分類
 朝、雪が積っている。6時47分頃に嶺北に震度3の地震がありとラジオ、しかし車中では感じず。高速道では金津から県境にかけて積雪が多い、途中で雪も降り出す。雪かぶる翼下の街は空(そら)の底。
 第60回全国植樹祭特別委員会に出席説明し、実施計画が決定される(衆議院議長公邸)。河野議長と懇談する。ホールに宮本三郎の花の油絵あり。
 全国植樹祭にかかるお執り成し書を、佐々木理事長(国土緑化推進機構)とともに宮内庁長官に提出。北側にある乾門(いぬいもん)を通る。
 ポプラ社グループの奥村社長(食のアンバサダー)、また坂井CEOと愉快懇談。JR東日本の大塚会長に観光誘客、ジャパン・トラストによる地区指定など要請。瀧野総務事務次官に会う。経済産業省の二階大臣、望月次官等を訪問。文部科学省の銭谷次官、坂田審議官等に会い、福井の学力・体力の好成績や原子力問題などについて話す。厚生労働省の江利川次官に雇用対策の要請。
 北岡伸一教授の講演をきく、国家に三種のカテゴリー(プレモダン国家、近代国家、ポストモダン国家)ありの考え。
2009-02-26 08:36 | カテゴリ:未分類
 朝は綿ぼうしが庭木にのっている。昼からは天気、夕方くもり。
 予算発表や議会をひかえて協議多し。部局長ミーティングあり。めずらしく時間通りの退庁となる。帰宅して予算などの頭の整理をする。
 丹南の古い大手建設事業者が民事再生法申請(夕刻)。
2009-02-26 08:36 | カテゴリ:未分類
 朝は天気がよかったが、昼には外に出ると雨降りとなっている。
 朝一番で建設会社の民事再生法申請の対応のための庁内会議。長谷川中小企業庁長官にセーフティネット保証(連鎖倒産防止)の要請の電話をする。
 10時30分から21年度予算発表の記者会見を行う。
 美山の防災演説会に来られた藤吉教授らと懇談。海外事務所長から中国の現状をきく。貿易輸出額は上海、香港とも2割~3割減少とのこと。在中邦人向けの日本食料品輸出の動きあり。西村郵便局㈱監査役が来訪。
 一月から三月にかけては物事が終ってしまったような、それでいて何か始まるような不安定な気分の季節である。
 夜も帰宅する時は雨が降っている。
2009-02-28 17:40 | カテゴリ:未分類
 朝雪がごく薄く屋根に積っている。昨夜降ったのか。
 昼からキャリア・アカデミーの公開講座の開会に出て挨拶(生活学習館)。講師として来訪の勝間和代氏と短い懇談、福井の女性の共働き率、子供の学力・体力の状況をかいつまんで説明する。人気の経済評論家でありホールは満席を超えている。会議室で提案理由の打合せをした後、講演のうちフレームワーク論のところの様子をしばらく拝聴。
 武生の中心にある東地区の人達と座ぶとん集会をする。今日開設した丹南土木事務所の下請企業のための相談窓口に寄る。相談企業の後姿あり。
 朝宮橋を渡るとき白山の姿がよく見える。庭の梅が七分咲き位である。世の中は都合、不都合あわせてやってくる。不興なる親子何ゆゑ春隣り。「現代帝国論―人類史の中のグローバリゼーション」(山下範久著、NHKブックス2008年11月)をこの二週間ほどで読む。
2009-02-28 17:40 | カテゴリ:未分類
 午前中は晴れ、午後から雲が出て曇ってくる。
 敦賀市のエネ研において、経済同友会主催による大阪府知事との対談を1時間15分行う。経済問題、教育、交通網など地域連携をテーマに。教育力向上について応援を約束する。道州制をという主張も急に出たが、都市圏の投票、納税などの住民自治、府県と市の団体関係の抜本的立て直しこそ、先であり後でもある趣旨を述べる。
 毎日書道展を鑑賞する、伝統・前衛の書法さまざま。
 全国植樹祭100日前イベントにあいさつ、NHKの趣味の園芸に出ておられた講師の柳生さんと会う。
 地域福祉を考える女性の会に出席し講話を二十分ほど行う。二十五卓もテーブルがありにぎやかな集まり。大正琴なども披露される。
 庭のさんしゅゆの木が、小さい緑黄色の蕾を沢山つけていることに気づき、春の気配を感じる。図書館にゆく、小雨が降ってくる。
 宝永五年(1708年)のきょう、京都儒者、伊藤担庵が八十六の高齢を以て歿す(森銑三の「偉人暦」から①)。儒を以て越前侯に仕えたが、あらぬ讒言にあい福井城の一室に監禁される。しかし、三年間を世事と没交渉に読書に親しむことの出来たのを喜び、「これまた君恩の厚きのみ」と述懐したと伝えられている。
 土・日の休みなく、また車中に書類を見たりし、再三的眼精過労、よって早く就寝。
2009-02-28 17:41 | カテゴリ:未分類
 くもり。
 2月定例議会が開かれる。教育委員二名の就任挨拶あり。今回は補正と当初予算が一緒になり、当然のことながら提案理由の説明に要する時間が長くなる。今日の議事日程は予定通り始まり且つ終る。昼食に外に出ると新教育委員と会う。ビルの間は風が冷たい。
 「2030年の姿」について状況をきく、希望と行動のサイクル関係。
 これからの経済見通しについて大学の研究が必要。日銀も景況判断を頻繁化できないか。福井市からの駅西開発の要請が副知事へ。
 夜のニュースに、アカデミー賞に日本の映画が、外国語映画賞と短編アニメーション賞に初めて選ばれたことを報じる。
2009-02-28 17:42 | カテゴリ:未分類
 くもり。朝刊は、アカデミー賞を日本の映画がダブル受賞の記事。
 朝、ラジオ広報番組の収録をする、新しい観光計画がテーマ。
 恒例になった雛人形の展示と発表会(県庁ホール)、暁幼稚園児が、幼児にはむずかしそうな楽器をうまく演奏。先生が必死に袖の目だたぬところで指揮されている。
 代表質問の答弁打合せに、一日ほとんど時間をついやす。帰りが9時過ぎになってしまう。
2009-02-28 17:43 | カテゴリ:未分類
 朝に新聞などを取りに出るとかなり雨降りである。
 三会派による代表質問あり三時すぎまで。
 恐竜は本当はどんな色でどんな歩き方をしていたのだろうか(恐竜モニュメントに関して)。
 医師会の代表の人達と小児医療体制、人工透析、看護師養成などについて意見交換。なかなか腑に落ちない分野である。
 福井の梅は、伝統的に「紅映」があるのだが、新平太夫という系統も広げたいという動きあり。
 夜もしめった雨気味。
2009-02-28 20:33 | カテゴリ:未分類
 久し振りで朝日が射し、八時過ぎには快晴の春である。絵本のグリとグラのような細い小犬が女主人と朝の散歩をしている。
 職業能力開発関係および伝統的工芸の男女の優秀継承者の表彰式を行う。桐タンス、打刃物、和紙、メノウ細工など会場に展示。タンスは閉まりが快適、ナガタンも程よい厚身だ。和紙、メノウは何十年も修業の様子。
 中部地方更生保護委員会の女性の委員長の来訪。昼は県政記者との送別記念の撮影と懇談。
 福井県立大学の経済学部の先生と、景況判断の方法について意見交換。明日の一般質問の打合せで遅くなる。今議会の答弁内容については若い職員とやりとりする。
 原子力の耐震問題について、原子力機構副理事長また保安院と文科省の審議官から副知事に説明があった。再生法申請の建設会社の債権者説明会あり。
2009-02-28 20:33 | カテゴリ:未分類
 くもり、梅が満開である。
 一般質問(第一日目)が4時過ぎまで。終ったあと第5回の経済対策連絡会議を内部で行う、いささか今日はハード。会議では今日国のセーフティネット保証の決定があり、また建設会社の工事が再開できることとなり報告。そして1月の有効求人倍率が0.81、一ヵ月で更に0.1ポイント余下がる。08年第4四半期の失業率は2.3%、しかし幸い各県の中では最低位ではあるが予断許さず。月曜日の一般質問の概略協議。
2009-02-28 21:49 | カテゴリ:未分類
 朝から快晴、洗濯日和である。午前中の西庭には雀のほか、最近見分けがつくヒタキ、そしてもう一種(カワラヒワか)の小鳥が枝や芝生の上に動いている。雪吊の縄は雪が少なかったので緩んでおらず、張ったばかりのようにピンとしている。向き合えば腹まるまると春の鳥。
 江守幹男氏(福井商工会議所会頭)の叙勲受賞記念祝賀会に出席する。祝辞では、空港で息を切らせて先に走られたエピソード等を話す。謝辞で変化(へんげ)の人のことを述べられしばし絶句。森元総理がビデオによる祝意。
 昼すぎ久し振りに畑へ行き、生ゴミのリサイクルの穴掘り。天気なれど北風が実に冷たく春は名のみ。
 庭の白梅が満開の極みにあり。一樹の下に立つと小蜂がうなりを立てて花から花へ飛び回っている。十匹をこえるか。梅静か寄りくる虫をうならせて。花弁に寄るとえもいえぬ上品な香りである。今年は好天気のためであろう、梅も心なしか大花で長持ちしている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。