FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-08 08:57 | カテゴリ:未分類
 昨晩、「橘曙覧」(上坂紀夫 平成6年)を読み了る。
 インフルエンザ警戒本部会議(第四回)に出る。本日未明、疑似感染者2名発生。中部管区警察局長着任来庁。
 今日から開催のジャクエツコレクション展を昼休み時に鑑賞する。大観の富士山や近代油絵、茶器など70点余。ちょうど会場で徳本さんとご家族にお会いし寸談。天気もいいので外で昼食(チキン)をする。今日は桜若葉の堀端の方が涼しくて気持よい。堂々と横切る日傘の白さかな。背広も今日から夏地となる。
 全国植樹祭の行幸啓対応(県勢説明)、準備状況の打合せ。
 夕方、横浜の生徒はインフルエンザ陰性と判明との報告あり。
 福井西武百貨店の社員の皆さんと座ぶとん集会を行う。
スポンサーサイト
2009-05-08 08:59 | カテゴリ:未分類
 好天。午前中の前半に畑へ行き畝の二本を灰を入れた肥料を加えてつくる。すでに北側の三本の畝には北からナスビ一列、トマト二列(1地区)が支柱とともに植えられている。ゆるい支柱を深く土に押し込んだ。妻立てし支柱深くす五月の朝。さらに瓜と西瓜のため小穴を九ヶ所、玉ネギ畑の間とジャガイモ畑の間に肥料を入れて作る。毎年のことだが、ツルの広がり具合が想像と異なること多く、配置が後で巧くないことがわかる。
 朝刊に昨夕のインフルエンザの判定について、国と指定市のギクシャクが報じられている。馴れぬことでありがちであるが、直接の連絡を互いに取り合うべし。携帯の胸より落ちる灰の中。
 連休の明日の行事を今日と勘違いする。今年は豚インフルの事件で職員も休みの日程がとれない。
 「明治の文学 国木田独歩」(第22巻 2001年)の冒頭の短編「源おぢ」(明治三十年)を読む。希望学的にみると、家族の続けての死、愛さんとする孤児の無理解、老船頭の絶望の物語といえる。
2009-05-08 09:01 | カテゴリ:未分類
 朝刊には、憲法記念日のため改定関連の記事がわずかに出ている。
朝畑へゆく道すがらコデマリが満開である。朝八時過ぎから十一時頃まで、残っていた二畝(2地区)を耕やす。石にぶつかり労力を要す。暑い最中の仕事となる。昨晩までに瓜やピーマンも植えられ、ほぼ今夏のラインアップが整う。周りの雑草の方も劣らず元気であり、かまわず抜く。忘れな草軍手に付きて離れざる。御免と言いて鋤き込みぬ夏スミレ。
文殊山の新緑も杉の濃緑とほぼ色合いの釣合もとれ、瑞々しい山の姿である。田植するしないもありて五月入り。五月半ばの田植、はて実行がどの程度になるか。
 越前和紙の里「神と紙のまつり」に行く。大瀧の鳥居の近くに大デマリの立派な花をみる。石川宅の前あたりから行列の準備をしている。五平焼餅や鯛焼の店が呉服屋さんのところにオープン。水害に遭った細い道も巾広くなり、水路は地下ボックス化し、きれいな参道となる。ほぼ完成か。
実に三十三年ごとに行われる紙祖神の岡太神社・大瀧神社の第三十九回式年大祭。その珍しい「法華八講」を見学する、二時間余り。神仏混合であり仏僧が祓いを受ける。法華経の問答、天台声明による散華、薪の行道など天台僧侶二十名余による勧行。元県職員の僧が何名かおり。雨天であったら大変であろう。川崎先生が宝物殿を案内。終わって十一面観音像の前でも読経をしている。湯立の準備を山伏姿の人達がしている。新緑の深む八講終るとき。
三時ごろの今立あたりの田園は、田植を小休止する人達が三々五々、道端で腰をおろして雑談の楽景。
 夕方から再び畑にゆきキュウリの柵を作る。今年は二本の組立式をやめ、短い丸木を五本掛矢で打ち込んで支柱にして棒を立てネットを拡げる。しかし結局、横木を乗せるためには斜の支柱が必要なことを覚り、やや二重労働になる。暗やみの中でネットを張り終える。妻がキュウリの苗を六本ほど植えて到々終る。天上にはおぼろの半月がかかり、蛙の声が大きい。左右より蛙の声の違い来る。
2009-05-09 11:15 | カテゴリ:未分類
 くもり。朝、キュウリのネットの重なりを、一枚のようにして張り直す。まだ少しあいていた一畝に足らぬ所に、残っていた種ジャガイモを植えて終了。すべて畑は埋まる。
 シティホテルと国際会議の開催について。
 午後、新型インフルエンザの対策本部のための打合せあり(県庁)。
 都市と地方の関係の勉強をする。
2009-05-09 11:16 | カテゴリ:未分類
 若干雨の予報と妻はきのう話していたが、今日の子供の日も洗濯日和になる。今年の連休はずっと天気。
 朝早く六時すぎに畑へ向かうと、快晴にして空気はひんやりと澄む。最後に残ったカボチャの四株を穴を掘って植える(南の5区画)、夏野菜の苗植えは、全面積が今朝で完結する。
 物干のところへ行くと、クラリとするほど濃く匂う。すぐ横の高く伸びた青い矢車草かと思いきや、その向こうのネットにはっている紫のスイトピーである。そんなに香る花とは知らず。
「枯葉」「雪の降る町を」のシャンソン歌手高英男さん死去の記事。四月二十九日の紅白再現放送に出演していた。
 津村節子さんと懇談する。今立の大祭を見学に行かれる。各地の文学館の話題。「歴女」というものあり「イケ面」を好むという。
 昼から曇ってくる、雨は落ちず。
2009-05-09 11:18 | カテゴリ:未分類
 夜中に恵みの小雨があったらしく、軒下のコンクリートの色が変わっている。一日ほとんど曇り、何回か短く日がさしたが、小雨もまた降る。干物は夕方になっても十分には乾かず。
 夕方、畑に行くも、苗の根元はほとんど濡れておらず、如雨露で水をやる。株数が多いので三回に分ける量。緑道はツツジが満開。足羽山は完全に夏山となり、背景にして白い鳥が一羽とぶ。さみしき春惜しむの気持あり。
 連休中、結局インフルエンザは大事に至らず、畑仕事は捗ったが黄金週間なきがごとし。今日は、千円の高速道が渋滞とのテレビ画面めだつ。
 暗闇に顔こそばゆいガガンボか。夜十一時すぎに玄関のところへ出ると小雨がしっとり降り出している。妻と同じことをしてしまったと気づく。
 今夜からは「生麦事件」(吉村昭)を読み始む。大名行列が人々に及ぼす緊張感が伝わってくる筆力。
2009-05-14 13:45 | カテゴリ:未分類
 今朝は雨がほぼ上がったような曇り方である。周りの田んぼはもう苗田となっている。農家の連休の過ごし方は変えにくいものがある。
 朝の車中、R.シュトラウス「変容」(1945年)という曲の出だし、大戦の深い悲しみの気分がテーマと解説。政治における「気分」たとえば文化的な気分を造り出す方法について(九十九橋の四ツ角の古いビルの改修を見て。)この数日、大名町付近で線路を直しており朝は混む。
 人間の気分にバイオリズムあり、世の中の五月病は、すなわち下降の季節に入ったことをいう。仕事の計画のメモ量が減る五月か。
 九時半からの新型インフルエンザ警戒本部会議に出る。県の衛生研究センターに届いた診断試薬の説明を聞く。
 春の藍綬褒章と叙勲の伝達式を行う。
 昼から更にどんよりした空になってくる。パンの昼を外で食べ従って夕方に腹がすく。
 毎年この時期に永年勤続(20年、30年)の教職員(500名余)表彰式あり、祝辞を述べる。日本には債券の格付会社が5社あるらしい。
 予報とちがって夕方から本降りとなる。
 「生麦事件」をさらに少し読む。すぐに刀を抜いて事を起こしたがる人たち。
2009-05-14 13:46 | カテゴリ:未分類
 曇りなり。
 観光営業の心構えについて。JTB中部支社長が来庁、福井で元支店長をされる。
昼は食堂でデラトンを食う。経済産業省のエネルギー交渉官来庁。
 民間保育園連盟の総会に出席、今年は子育て計画を策定すること、保育研修を二年間で重点実施することなどを述べる。
 高浜町の婦人部来訪、美浜バイパス完成で10分早くなったとの談。
 福井県中学校長会の研究大会に出て講話などをする。
2009-05-15 13:11 | カテゴリ:未分類
 早朝通報あり、米国から帰国の教師一人と高校生二人が成田空港で感染の確認との報告。8時30分から厚相会見が予定。国・県としては国内での確認とは考えないレベルなので、警戒本部の形で私も出席し、県立病院、福井市保健センター長、衛生研究センター長に同席を求め協議。
 天気は快晴、温度が高くなる、一日二回洗濯ができる。夕方、畑へゆくと朝の湿りはもうなくなり水をやる。ジャガイモを一本の株に仕立てる。イチゴが赤くなってきたので、四、五粒食べるとかなりの味。袖をもて苺の土を払い食う。一畝だけの苺畑だが、鴉よけのミシン糸がもう要りそう。スナックエンドは小莢ができてきたが、初物になるまでに数日かかるか。鯖捌き惨状となるサスペンス。人の目に止まり夏虫危めらる。
 山本周五郎の時代物を数篇読む(全集18巻、23巻から)。気になる現代性。
 夜八ころ、東の空に低く赤い丸い月がややぼんやりと上がっている。寝る頃にはよく澄んで小さく中天にあり。
2009-05-15 13:11 | カテゴリ:未分類
 昨晩から窓に小恐竜ヤモリが出現、早きか遅きか。
 好天。新型インフルエンザの感染者が今朝1名増え4名となる。
 梅の実が葉よりも少し白味の色で目立つようになる。
 実践者の集いあり。「2009看護の日」記念大会に出席。旭区民の体育大会を激励する。藩政時代に桜の馬場のあった所だ。
 一時過ぎから一乗谷朝倉氏遺跡で、全国植樹祭の総合リハーサルを通しで行う。いろいろと沢山の挙動があることがわかる。お野立の木造屋根に何羽もの燕が素早く出入りしている。周囲の山は目を見はる新緑、天気は良すぎてむし暑い。
 帰ってから勉強をする。夕方、畑へ行き水をやりイチゴを採る。キュウリ苗が元気なく一本は駄目になりそうである。
2009-05-15 13:12 | カテゴリ:未分類
 天気なり。昨夜も雨戸を閉めるとき名月が中天にありき。
 宝くじのメッセージ収録。江蘇省の江陰市(こういんし)徐霞客鎮(しゃかちん)の経済投資懇談会一行の来訪。若狭路おかみの会が来訪。部局長ミーティングをする。駐日ドイツ大使デア氏が小野会長と来訪。
 県政会の経済補正対策の申し入れあり。人事院は六月のボーナス削減の勧告を数日前に出している。
ドイツは日本に比べて「ふるさと」意識は強くはないようだ。国家の統一性が弱く、それぞれの地域が独立性が高く、いま住んでいる所に帰属意識あり。
2009-05-19 14:14 | カテゴリ:未分類
 昨夜、夜更けに風呂の中からアオバズクの遠く暗い声を初聴。二十声前後をつづけて鳴き、三十秒ほどの間隔をおいてこれを何度となく繰り返す。同時に近くからは蛙の声も間断をおいて聞こえる。これも昨日のことだが、民主党代表が辞任。
 早朝、畑へゆくとキュウリは元の元気にもどっている。葉の色とそっくりな珍しい緑色の亀虫を発見して駆除。亀虫のその葉に似たる色かたち。
 上京のため小松に向かう。インターのあたりユラユラ小判草。
 「もんじゅ」について塩谷文科大臣と会談。かつての両大臣との協議会当時の原点に立って、原子力機構の体制の抜本的な強化、再開見通しの明確化を責任をもって行うよう強く要請をする。ふるさと納税の実績と制度改正について総務省や関係者に説明し要望。NHKを訪問する。
 戻ると小松は四時ごろから雨になりだしたとのこと。県境のあたりの高速道を走るにつれ、アカシア、桐、紅空木の白、紫、薄紅のそれぞれの色が雨の中に過ぎ去る。そして藤の花も金津付近に見える。
 夜半の湯殿からは季節の音が聞こえる。田蛙の響きを雨が打ちにけり。雨音は斜め蛙の声もまた。フトンは全部よく干せている。
2009-05-19 14:20 | カテゴリ:未分類
 くもり、朝には雨雲が山を離れだす。昼前には晴れる。6月補正の経済対策の全体打合せをする。岩田さん宅に弔問、大でまり散るや地上の白広く。
 午後の後半に小学校長研究大会あり小浜に行く。高速の強きカーブの紅空木。敦賀からは照葉樹の若い黄葉が目立つ、嶺北にはほとんどみられず。
校長会の会場から外をみると、日がなかなか暮れぬ季節。
 これに先立ち座ぶとん集会を行い、女性の食育サポーターの人達と意見交換、キッズ・キッチンを日常の家庭に普及する課題など。県外での在住経験のある方多く、彼女たちの子供の数も多い。
 帰途、美浜・敦賀湾沖に明るい光の群をみる、漁火か。丁度そのとき高速道を漁船がトラックに乗って運ばれゆく偶然。
 インフルエンザによる停留期間を、政府は10日から7日に短縮する決定とのニュース。このところ感染拡大の動きはあまりなく、毒性は強くないということか。
2009-05-19 14:21 | カテゴリ:未分類
 昨日の営業戦略会議で、APECエネルギー関係会議の開催地誘致実現へ全力との朝刊記事あり。岩田、斉藤家の葬儀のお参りをする。
 神明あたりにアカシアあり。ラジオFMから、君待てども、蘇州夜曲、スコットランドの釣鐘草、懐かしのヴァージニア、おおスザンナが流れる。
 行幸啓にそなえた現地調査をする。こども療育センター、市内のホテル、中日本高速福井インター事務所など。県立病院長と昼談。NICU、GCU(母子医療センター)を見学する。
 県立病院近くの幼稚園の前の公園に、栃の木らしき白い円錐の花序をみる。
 ランドセルの二倍ほどなる背丈の子まじりて列に五月の歩道。
 また戻って多く打合せすることになり、帰宅が遅れる。八時頃は風がやや強く気温が低い。星がよく光る。高野豆腐とタケノコの煮たものの夕食。
2009-05-19 14:22 | カテゴリ:未分類
 午前十一時頃に官邸からAPEC国際会議の開催地が発表される。地方二紙の朝刊には、福井での開催見通しが記事になっている、前夜半に公になったものか。報道からいわゆるぶら下り取材あり。関係方面に略礼する。
来週の知事会議などの打合せをする。県民連合、一志会他から経済対策の提案あり。人事委員会勧告あり、一般職の0.2ヶ月分のボーナス引下げ。
第三次「教育文化創造会議」に挨拶、後半の議論に参加する。文化活動を活性化する事務集団がいる。
杉山さんの通夜。この五月は亡くなる方が多く気が沈む。日は永く夕日が眩しい。梅の実にもいつの間にか紅がさし来ている頃。今年の畑のイチゴも、収穫が四日目になると不思議に甘くなっている(夕食)。卓上に鯖と苺の出会いかな。
2009-05-21 11:24 | カテゴリ:未分類
 くもり、午後からは雨が降ってくる。
 朝、ジャガイモの四列の脇に牛フンを置いて周りから土寄せをする。ポツリと数滴来るが曇りのまま。瓜の株が例年になく虫にやられて危うし。
 午前中、杉山さんの葬儀に参列する(浄土宗法興寺)。神戸の高校生が陽性と判明し打合せをして、国内発生レベルの対策会議(第1回)を1時から開く。政府の会見内容は一般的。県栄養士会総会に遅れて出席することとなり挨拶のみ。県PTA連合会年次総会にも、後半部に出席し表彰を行う。
 民主党代表選が両院議員総会として行われる。鳩山氏(124票対95票)が新代表となる。
 近所にアンパンを買いに出ようとすると、雨が降っていて傘をさす。通り道の水路を何気なく見下すと、カルガモ親子が浅い水面を警戒しながら移動している。軽鴨の見えず帰りの水路には。夕方までふるさ問題の勉強をする。
 夜、大阪の高校生1人も新型インフルエンザとの報告がくる。快方に向っているとのことだが百人余りが同様の症状とも。10時のTVニュースは強く反応はしてはいない。風邪は万病の元という昔の諺は、この現代的現象と何か類似があるような気もする。
2009-05-21 11:25 | カテゴリ:未分類
 朝も雨であり、近隣(清明、社西、社北)の小学校区の体育大会いずれも中止。
 朝の庭に花水木の白い花びらが遠くまで飛び散っている。風が強かったのか。
 高校生の感染、神戸で人数が増し大阪でも。ということから事務的な打合せをする。
北陸新幹線建設促進同盟会を開く。年内での早期の認可実現を目ざす。自民党、民主党ともに議員出席あり。今回から商工会議所は新会長が出席。県議3名から意見あり。そのあと新幹線の今後につき沿線首長と意見交換をする。
 夕方も雨が降っており雨の一日になる。雨の今日、妻が採った苺は甘味がよわい。
2009-05-22 11:00 | カテゴリ:未分類
 今日は好天、早朝上京す。眼下の越美山地は緑一色の麗山。富士山などの山々も遠くによくみえる。朝のニュースで阪神のインフルエンザ感染者90人台。
APECエネルギー大臣会合決定について関係者にお礼。昼の時間に、10県4市による第1回全国粒子線治療促進協議会の設立総会、福井県が会長となる。佐賀県知事も出席。そして夕刻に保険適用について保険局長に要望活動をする。
 「ふるさと納税」1年目の成果についてインタビューを受ける(読売新聞)。
 2時からの全国知事会議に出席する。山形、秋田、千葉県知事、初出席の大阪府知事が新任として紹介。直轄負担金、分権アピール文、衆院選向けの対応など議論となる、知事会の運営論も。ある程度メンバーが変るといつも起ることだが、全体に議論が過激、抜本調になる。
 高齢者にやさしい自動車開発推進の知事連合(第1回会議)に出席する。福井県のジェロントロジーとの連携プロジェクトを簡単に説明。知事会からのスケジュールが押して時間がなくなり、中途で帰福する。多事疲労。
 空港で石川、島根知事と一緒になる。夕刊に感染者130人と出ている。まだ2府県以外には広がっていない。
 着陸時に飛行機は一度海の方へ出て旋回して戻るのだが、丁度そのあたりの海域に、明るく光ったイカ釣船らしいのが大小20隻ほど見える。間隔をおいて、また固まって操業している。機内で「フランス革命史」のバスティーユ攻防のところを読む。夕方の高速道の外気温は14度ほど。
 寝る前に「炎の如く 由利公正」を半ばまで読み進む。
2009-05-22 11:03 | カテゴリ:未分類
 天気。第二回対策会議を実務的に行う。学校、企業などの健康管理の徹底、新聞の自主広報、鉄道・バスなどにおける県民周知、市町の広報車によるPRなど。
 DIME(小学館)の8号~11号に、連して福井の恐竜、白川文字教育が特集。山根一眞さんによる文と撮影。
 北陸三県の繊維産業クラスター協議会の初会合にあいさつ。安全安心まちづくり推進会議を行う。女性・子ども犯罪対策が主なテーマ。サイバー振込めサギの事例報告もあり。
 部局長ミーティング。女性活躍会議を警察・消防の女性職員と行う。警察は3日に1回、消防は2日に1回夜勤がある。三世代でないと子育ては大変、女性ならではの分野と女性としての壁など。
 全国植樹祭のホテルにおけるリハーサルを行う。本年の新潟国体に向けて入賞対策会議の意見交換会に出席する。
2009-05-24 09:31 | カテゴリ:未分類
 快晴、嶺南の若狭町へゆく。高速の両側はずっとベニウツギの花盛りが続く。今庄トンネルの入口にアカシアが咲く。葉原トンネルを出たところにホウノキの大花が高く開いている。
 荒城の月、美しき天然、青葉茂れる桜井の、出船、柴の折戸、恋はやさし野辺の花よ(山本健二唄)がFMに流れる。金山近くにレンゲ畑あり。
 献穀田の田植式(若狭町相田の河村石松氏)に出席する。お宅でご家族と早乙女といっしょに写真を撮ったり。隣の藤井の集落との境に串小川(くしこがわ)という名の川が流れている(これはあとで調べると鰣川の上流にあたる)。このあたりは倉の腰壁が黒の斜格子のシックイ(?)で造られている。家紋(例えば丸に九曜)が切妻のところに描かれたものあり。
 天気が素晴しく良く、テントに入る強い日射しが礼服の膝に当って熱い。乾杯の神水はどうやら水の如き味、スルメとコンブは実物。ここの西南の名山は三十三間山。神官は闇見神社から。記念撮影の折にトンボが一匹飛んできて、シャッターを押すのを一寸と待つ。高知と大阪からの農業見習生が、手伝いに頑張っている。坂道の夏野に遠く郵便車。すこし先の集落の梨園では、奥さんたちが出て摘果の真最中の様子。
 座ぶとん集会を海山・鳥浜漁協の有志と行う。水月湖、菅湖の船上は覆いがあってもむし暑く、ゆらゆらしながら意見交換。魚の住める湖岸づくり、ブラックバス対策、湖底の硫化水素の削減、海との連絡水路等。天然エビは婦人部が加工。カゴ漁の天然ウナギは、採れるときは一回に20匹ほど採れて値段もよいらしい。魚釣の人の姿少なからずあり(鯉釣りか)。
 ラジオニュースで滋賀(大津)で新たにインフルエンザ発生。合計236人となり、10代多し。GDPが1-3月△4%となり、年率△15%台とも放送。
 高速道での景色に・上り・下りの差あり、表と裏の差と言ってもよく、人を例にすると頭と背中の違いでもある。下校児の帽の色なる麦の秋。
 夕刻、ホテルフジタ福井のグランドオープン披露式に出席する。末澤社長の意気込みの挨拶。植樹祭の準備をかねた食メニューのようだ。
2009-05-24 09:33 | カテゴリ:未分類
 くもり。
 朝刊には兵庫、大阪、東京(八王子)、神奈川(川崎)にインフルエンザ広がり260余人と。昨夕に指示して北陸三県共同で、厚労省副大臣等へ応急対策の基準変更について午前中副知事が要請を行う。
 行幸啓の現地下見の後半を行う。音楽堂、プラントピア植物園、越前町、セーレン。植物園は白いハンカチの木がほぼ終り。いまはエゴの木の白花が、野生のものも沢山あって、あちこちに満開。わが庭と同じ。途中の道路は舗装中のところあり。NHK・FMに中学校の合唱が流れる。ハモる部分のホモホニック、ポリフォニックという用語あり。
 七市商工会議所会頭会議に出席する。新幹線の年末までの見通し、観光と営業の名刺の使い方など。
 打合せ色々とあり。これから新型インフルエンザも微妙な事例がありうるか。福井経済クラブ総会に夕刻出席する。
 「炎の如く」(大島昌宏著 1996年11月 福井新聞社)を読み了る。うまく痛快に書けている。
2009-05-31 10:00 | カテゴリ:未分類
 昨日から未明にかけて、風が音を立てて強く吹き、雨も少々降る音がした。今朝はくもり、昼過ぎから雨、夜にはあがる。このところ夜蛙の声がとくに盛ん。
 ラジオ広報の収録(植樹祭について)をする。花粉症気味で調子よからず。病院運営の新病院長との打合せ。全国植樹祭の事前準備の打合せ。
 新幹線の要望について、認可直前なるも貸付金の扱いにつき個別主張をし始め、県間の調整なかなかつかず。議会とも協議する。大所高所ぞ。
 西ロータリークラブ三十周年記念に出席する(バードグリーン)、坂井市の春江町の人達もメンバー。
 夜のTV映画で「ミス・ポター」を終りまで観る。P.ラビットの作家ビアトリクス・ポター(1866-1943年)の前半生を描いたもの。ビクトリア朝後期の商人主義と貴族趣味の対立がみられる。この頃すでに湖水地方でも農村開発による荒廃が生じ始めている場面、農地のオークションの場面などあり。彼女は実際、4,000エーカー(一里四方)の土地を国に寄付している。レニー・ゼルウィガーが好演。
 イチゴのとれ具合がよくないと思っていたが、毎日沢山採れ出している。
2009-05-31 10:05 | カテゴリ:未分類
 問い「今日は天気」、答え「ばっちりよ」。朝畑へゆき、一番南にサツマイモの苗床を一列作り、20本近くを植え了る。イチゴと瓜の間の枝豆用の一列を、肥料を入れて荒耕しをする。
 十時頃だったろうか、足羽山の方からホトトギスの初音をきく。小さい数声を一度、そして近くに四、五声をもう一度きく。
 ホトトギス足羽の山に来て鳴くを鍬の手やすめその辺り見ゆ。嬉しくもかの啼く声は不如帰もらさじと聴く耕しのひま。早起きは三文の得と夫のいふ不如帰のこゑ聞きしと言へば。子規浮世の音にまぎれ鳴く。
 花の鉢上ぐれば跡にゲジゲジよ。シマッタといふ顔してる夏すみれ(スミレの花弁にビックリ顔のような線あり)。瓜ハエや風来坊のように逃ぐ(瓜の葉が虫にやられ散々である)。
 畑仕事が終って戻ると十一時半ごろになる。今日から普段のズボンは夏用の薄物になる。
 兵庫、大阪の学校閉鎖を今日で解くとのニュース。昨日の厚労相の基準変更によるものだろう。
 生ワカメが水洗いされて干され、潮の香りがする。一日じゅう晴れときどき曇り。夕方の西空は雲が多くなり、夕焼らしくはならず。
2009-05-31 10:10 | カテゴリ:未分類
 今日も小雨であり、延期された地元地区の体育会は再度中止。
鉢のカンキツの葉が少なくなっているので調べると、蝶の幼虫とみられるものを発見し、退治する。
 昼から時おり日もさすが総じて雲多く、夕方に畑へゆく道の風は冷えて来て、シャツだけでは不都合を感じる。
 鴉がゴミを掘り返している。瓜は葉を食われながらも、ようやく真中から若い葉を出し始めており、これで大丈夫か。ケイフン袋が3つ空になっているので、これで瓜の囲いをする。イチゴとスナックエンドウを摘む。雨のような雲が近づいたので急いで帰る。洗濯物があまりカラッと仕上らず。
 ずっと夜の気温も夏のようであったのに、今日は急に足元がすこし寒い。
2009-05-31 10:15 | カテゴリ:未分類
 くもり、午前はすこし雲も少なくなり薄日。北朝鮮が核実験したとの情報、午後ミサイル(100km)発射との情報も。一昨日は韓国前大統領の自殺の報があり、朝鮮半島の情勢は不穏である。
 新緑の季節も完全に過ぎ、街も山も色彩の動きが止まり面白味がなくなった。
 記者会見をする。南部先生からの色紙披露、植樹祭直前の状況、APECの体制について。
 県農政連総会、宅地建物取引業協会の総会に出る。
 臨時議会の議案や国への提案要望の協議。
 新幹線の決議文、富山県から修文の提案あり。関係者は今回はこれで収めると言う。夕方、再度ミサイル二回発射との報告あり。福井放送が明日から新体制となる。
2009-05-31 10:20 | カテゴリ:未分類
 朝早くは曇っているように感じたが、好天の日である。
 上京する。植樹祭用の車両に乗る。北陸新幹線の北信越による建設促進大会を、前年につづき憲政記念館で行う。要請文の内容が、県議会の意にかなり沿う形となり、ひとまず了承して議会は予定どおり出席。大会では県の立場として、貸付金は新規認可のために最優先に用うべきとして、各県との条件と境遇を同じにした上で、可能であれば地元負担の軽減などを考えるべしと発言する。実行には地元の国会の政治力にかかることである。
 国土交通大臣、党三役、官房長官、PT・WGメンバー、各省にも共同もしくは班別の要望活動をする。要請の中に北経連の代表と道州制について談論する。
 天気よく、体を動かすので蒸し暑しく疲労催眠、腰不調。
 今日また北朝鮮がミサイルを2回発射との情報。
2009-05-31 10:25 | カテゴリ:未分類
 好天。車中のFM「にっぽんのうた、世界の歌」に、城ケ島の雨、花はどこへいった、レッドリバーの谷、深き川、アルプス一万尺、思い出のグリーングラスなど。「邦楽のひととき」は、新内の「夜桜」、廓の心中物のようだ。
 献穀粟の播種式に出席する(敦賀市御名の米澤賢二氏)。すぐ横を小浜線が走っている。
 県庁前の広場で、嶺南の魚商の人達が今年第一回の魚市を開く。千人ほどの来客か。
 内閣府「ゼロから考える少子化対策PT」メンバーとの政策会議を行う。結婚支援、子育ての男性の役割、効果的なPR方法など三名の委員、審議官などと懇談。
 6月補正の知事査定を始める。国のソフト事業に内容の固まらぬもの多い。
 今年中にまとめる県の子育て応援計画の第一回策定委員会(PTメンバーの佐藤博樹先生も委員)に出席して、策定依頼を述べる。
 夕方、空は暗くないのに雷が鳴り出し夕立が一、二度くる。せっかくの洗濯物が濡れてしまうタイプの雨である。
2009-05-31 10:30 | カテゴリ:未分類
 くもり。
 6月補正査定、骨がいる。商工会連合会に川上会長就任。社会保険労務士会の懇親会に出る。
 エドワーズ カナダ領事が来訪。恐竜博物館の交流について言及あり。
 図書館前の夏椿に小さい白い蕾が目につく。間もなく衣更えだ。原稿の初校を見終る。
2009-05-31 10:35 | カテゴリ:未分類
 朝晴れ。くもって、夕方は小雨。そして止む。
 今朝はJA会館前に、今年初めての農産物市を開いている。すでに青梅が販売、またメロンは大玉250円、中玉200円。見学しているとJA会長らと会う。
 全国植樹祭を直前にひかえ、行事遂行のための新型インフルエンザ対策会議をする。
 九時過ぎから雇用・経済対策会議を行う。昨日の国の発表では北陸、四国は地域的に低迷、本日有効求人倍率も発表され、福井も0.5台とさらに低下。
 臨時県議会が開かれ、六月分のボーナスの引下げ条例。北朝鮮の核実験とミサイル発射の非難決議あり。
 議会と新幹線の打合せ。午後から6月補正知事査定と続ける。
 幸橋から桜橋にかけて右岸の堤防と道がきれいになっている。金沢に転勤在住している人の談。自然に誰でも集まってくる街とそうでない所との生きる道の違いについて。
 首ひどく朝にさあ九度ひびく(回文)。
2009-05-31 10:40 | カテゴリ:未分類
 くもり。
 午前中、県庁で知事査定を行う。アパレルのワールドの社長等と会う。昼は女性代表との懇談会あり。理髪に行く。一週間後はいよいよ植樹祭だ。
 夕方、行政書士会の総会・懇親会に出席する。行政書士には女性、公務員のOBの方多い。近く全国の会長選挙があるようだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。