FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-09 11:27 | カテゴリ:未分類
 晴天に白雲がぽこぽこと西の空に浮かぶ。今日から九月に入る。
 広報番組の収録(ラジオ)をする。県債格付けのIRインタビューを一時間程行なう。町村議長会(池田町、高浜町議長)から重要要望をうける。
 外で昼食。日は射すが風がよく吹く。昼食からの帰りみちに堀端をまたもどると、亀の浮く姿みえず。帰りには亀うせにけり秋の堀。
 常磐小、朝日中、丹生高が全国ホッケー大会優勝と準優勝の報告に来庁。
 経済対策中の地域医療計画の協議をする。
スポンサーサイト
2009-09-09 11:28 | カテゴリ:未分類
 晴れ。民主党を中心とした連立協議がはじまる記事。
 週刊ダイアモンド「ふるさと」論についてのインタビューを受ける。敦賀市から要望をうける。
 APECエネルギー大臣会合の開催記念フォーラム(於 エネ研)に出席しあいさつ。講師の白石隆氏、田中伸男氏、坂田幹男氏と昼食懇談。意見交換に参加予定の大学生6人とも会う、そのなかに外国人学生もおり。
 帰りの高速道の日野山トンネルでは、内壁をハンマーで打撃をして点検中である。鯖江と福井の境界あたりで田んぼのあちこちから煙が低くのびている。
 眼鏡協会の要望あり、鯖江のメガネ会館について。
 県立大学評価委員の打本社長(福井鋲螺)から、業務実績評価書の提出をうける。
 福井県高等学校長協会の知事と語る会に出席し、「ふるさとの発想」について講話、その後の懇談をする。
2009-09-14 11:43 | カテゴリ:未分類
 かなりの曇り。昨晩はややむし暑かった。新学期が始まるに伴って、新型インフルエンザが拡大している記事が、ここ数日の朝刊に。
 第7回ふくい元気産業フェア2009に出席する。75の企業が参加、フロンティア大賞をエゴマ製造グループが受賞。司会の女性が出席者にインフルエンザの注意をする。
 敦賀1号機の運転延長、3・4号機の建設計画について日本原電社長から方針の説明あり。再度の延長はないこと、計画年次通りの完成をすることの確認を、当方からのべる。
 栄養教諭・栄養職員と座ぶとん集会。東安居小学校の小2の食育の授業を15分ほど見学。よくかむこと、食べると固いものは何?、というような授業。一緒に給食をいただく。まぜ御飯、けんちん汁、小松菜・きのこ・もやしのあえもの、煮干し、牛乳。終って玉村校長、高嶋教頭、栄養教諭の先生と校長室でしばらく懇談。
 守山の陸上自衛隊第10師団長着任あいさつに来庁。国庫補助金の不適正事務の処理問題を記者発表。信頼できる対応を行う。
2009-09-14 11:44 | カテゴリ:未分類
 くもり。午前中やや時間あり。
 あわら市長、議長、県議から重要要望をうける、教育施設、芦原温泉の元気を。
 部局長ミーティング、新しい政権への対応などを改めて指示。
 社会福祉事業功労者の知事表彰式を正庁で行う。山岸議長、清川社協会長が祝辞。記念写真も撮る。
 エネルギー拠点化計画の財源措置、鉄道高架について打合せ。帰宅が8時近くになる。
 今夜は丸い月のようだが、空がほとんど厚い雲におおわれ、すき間がないところに月が一寸だけ顔を出す。
2009-09-14 11:46 | カテゴリ:未分類
 晴れ。今朝採ったとうもろこしの朝食、「とうもろこし食べるう、ちっこいけど」と。
 牛フンが昨日入ったので、畑の境界の外した竹の輪を朝もう一度つけに行く。暑くてそれだけで戻る。
 「元気な子ども子育て応援シンポジウム」にあいさつ(アオッサ)。子育て応援にがんばっている企業の表彰をする。以前取材に来福された講師の榊原智子さん(読売新聞)としばらく懇談。新政権の子ども手当などと福祉のきめ細かさのバランス問題について。
 水上幸衛さんの総理大臣表彰(男女共同参画)の祝賀会に出席する。漁村の子供の作文をみて、漁民の生活を女性の立場から守ろうと活動をはじめたとの体験談。水上節、ただ者にあらず、といった表現の司会者のダイナミックな紹介。政野さんが乾杯をされる。四年生のお孫さんのピアノ演奏は立派である。時間がすこしあり図書館に寄る、催物はなし。
 今日は稲刈りの集中日、稲津橋近くのカントリー・エレベーターの周りは、三、四十台の小型トラックが囲んで、大きな稲モミの袋を積んで時間待をしている。5時ごろだが、近くの田ではおじいさんが機械の稲刈り、おばあさんが道端にすわって眺めていたり。また別の田ではおばあさんは竹の熊手のようなもので倒れた稲を起し、主人の方が刈入れ作業をしている。細い農道では、赤ん坊をつれたお母さんが子供をだっこしながら、畑のおじさんと立ち話している。今年は稲の倒伏が雨のためか多い。
 5時すぎでも天気がいいので日が長く感じる。高速道脇に薄の新しい白い穂が出はじめて初々しい(金津あたり)。
 あわら北潟湖畔観月の夕べに三年ぶりかで見学。今年は天気がよく、ちょうど式典が始まると、低い山からまさに月が出てくる。当選の両国会議員も早速出席。かぐや姫のしつらえの茶席で抹茶をいただく。うなぎ、焼イモなどの露店の皆さんを市長、県議とともに激励する。
 地のものを皆な平らにし月照りぬ。名月やけわしき峰も平らけく。
2009-09-14 11:47 | カテゴリ:未分類
 午前中、畑にゆく。風に揺るアジサイの葉と蝉の殻(緑道階段)。ちょうど日が強く照り出して、仕事をすると息が切れる。熱くて三度ほど日陰に入る。まんべんなく耕し肥料を入れて済んだところに、はじめて広巾の120㎝の畝に挑戦し2本つくる。ゴマの高く伸びた列がもうカプセルのような青い実を茎の両側につけているのに気づく。割ってみると中の種はまだ白い。誰かさんが独りで休むゴマ畑。
 午後に提案理由説明の整理をする。新政権においてもインフラ、原子力など続行が必要。
 四時半すぎにやや曇ってきて、畑へもう一度行く。午前の仕事に連続させて横にあと二畝を作る(4号地)。再分してある牛フンの山をあちこちにばらまく。最初の二畝に育てた白菜の苗を妻が一列9株にして4列植え終る。暗くなったが水をたっぷり25数えてやる。日暮ても紋白蝶のわれ近くとびくることのあわれなるかな。八月の終りごろからか、日没後に南東の空低くよく光る大きい星が出ていることにきづく。
 夜の窓にはりつく守宮二匹ながら優劣かわらず一夏を過ぐ。手を鞠にしてこそばゆくガガンボを包みて放つ闇の庭へと(ここ三夜同じことをする)。
2009-09-15 10:05 | カテゴリ:未分類
 朝はなぜか曇っていたが予報どおり9時すぎからは青空。出勤中の道にぬれたところもあり、微量の小雨があったらしい。
 9月補正予算記者会見を行う。政権が変ったことによる影響について、まだよく分らないのだが質問が集まる。副知事の案件についても。
 関経連の森下副会長、奥田専務らと福井商工会議所とともに意見交換会、同時不況の出口戦略。しっくりした議論に至らず。
 県庁ホールで漢詩の趣味展、出品者としばらく談。詩文を声に出すと爽快な作品多し。
 丹南の山並みの線がくっきり浮きでている。くもっているが夕焼けがしている。刈られたる田に火をつけてすたすたと。
 鯖江市の産業関係者の皆さんに講演と懇談。
 屋根の上に、出たばかりのすこし欠けた黄色い月。まあそんなものであろうよ十七夜。
2009-09-15 10:06 | カテゴリ:未分類
 Ro‐Ro船の近海郵船の尾崎社長来訪。
 光陽中女子ハンドボール部が校長、監督とともに優勝報告に来る。三年生から一年生まで、体格もさまざまな選手。激戦を勝ち抜く。写真をとる。萩原新理事長(啓新高)が来訪。北潟湖周辺のこれからの整備について。新政権の政策について協議。
 マスクして眼だけが見える眼の形(県庁も防禦)。暦どおりことしは秋の早く来ぬきのうの「白露」きょうの夕風。
2009-09-15 10:10 | カテゴリ:未分類
 くもり。「民、社、国安保巡り不調」連立協議持ち越しとの朝刊。自民党の首相指名は両院議員総会長という記事も。提案理由の調整。
 9月議会が開会となる。新しい議長・副議長が選出。昨日は最大会派の新役員決定。
 新政権の政策について勉強。夕方近くからは青い快晴になり、窓からみても気持のよい秋の空模様。夕空晴れて秋風ふき。足羽川の水がきれいだが、逆流的な漣が立っている。
 帰宅して、天気がよいので暮れるまでに一時間は大丈夫かと思い、畑へゆく。イチゴ畑の北側(1号地)を一列耕して、肥料を入れ畝をつくるも、暗くなって平らかどうかよく見えず。三本の畝の白菜は、数日のうちに大きくなった感がある。早や青虫が付いており十匹以上を退治、蚊もいる。顎の辺刺してくれたなとんでも蚊。暗くなると畑の周りは虫の合唱の最盛期である。駒場駅の大合唱をおもい出す。
 夜に廊下を歩くと足の裏が冷たく感じるようになった。
2009-09-15 10:11 | カテゴリ:未分類
 晴れ。朝の部屋に入ってくる風がいかにも秋の風となり、ひやひやしておりつめたくて戸をしめる。マンデビラのたくさんの大花が1ヶ月近く、玄関をピンクと白で楽しませてくれる。連立政権合意が成立と朝刊。
 「ふくいの食アンバサダー」の奥村傳さん(ポプラ社取締役)が出版会見のため来訪。「ふくいごはん」と題する77品、美しい写真の郷土料理本を全国で初めて出版していただく。
 代表質問の答弁打合せをする。今日は早目に終え帰宅する。
2009-09-18 11:25 | カテゴリ:未分類
 晴れ。軒下の朝顔やゴーヤなどの葉がよく繁って、9月のいまごろではあるが涼しさを与えてくれている。
 代表質問あり、谷口、糀谷、四谷議員が質問。
 石川県知事が五選出馬を代表質問で答弁。総選挙の同日に茨城県知事は五選。
 古代百済の旧都である韓国の扶余郡守と議長が、越前市の三田村会長(こしの都・百済文化交流協会)とともに来訪す。白村江は町から見えるくらいの近距離だそうだ。郡守と議員(10人)はそれぞれ公選であることを教わる。
 どうなっているんだ、しっかりやってくれよ、とある地方。
 五時すぎはもう暗くなっている。
2009-09-18 11:26 | カテゴリ:未分類
 秋の雨のはじめ、雨は久し振り。朝の早くは降っていたが九時前には外を見ると止んでいる。その後、やはり雨が降ったり止んだり。妻が例のごとく昨夕は白菜の苗に特にていねいに水やり。秋雨や朝餉のころは止んでおり。
 十時ごろから雨がまた降りだす。高速道からは、ソバ畑が緑に白を混じえ美しい色となり、ソバ畑の存在を知る。鉄塔を故意にとり巻くそばの花。
 27号線の若狭町能登野あたりに雨の中、秋の祭礼の幟が出ている。
 村上利夫氏の叙勲と出版のお祝い会に出席する(JA若狭)。野沢太三氏、国立民族学博物館の石毛直道先生も出席。稲刈りも今日一休み秋の雨(新米きたる)。
 今晩はどの窓にも守宮みえず。本格的に涼しくなったせいか、しかし又あらわれるだろう。今宵から窓を汚せし守宮失せ。
2009-09-18 11:27 | カテゴリ:未分類
 昨晩は、床に入ってから眠る前に、雨が五、六度強く来る音がする。今朝は青空。百足をば物のすき間に逸しける。
 畑に行き、サツマイモとイチゴの間のウリの残ったところ(2号地)を耕して畝を作りはじめると、黒雲がやってきて雨となり一度家に帰る。雨はすぐに上って又もどり午前中に一畝つくり、キャベツのスプラウト10株を妻がうえる。ついでに世話になったトマト二列(1号地)をたたんで耕しの準備をし、午前を終る。ためしに初めてサツマイモを一株掘出す。紅のイモが三つほどついている、まあまあ。最近いっせいに咲きはじめたニラの白い花に白と茶の蝶々が十匹ほど群れる。
 今回当選の衆議員と県政課題の説明と意見交換会を約一時間行う。重要プロジェクトの停滞なきこと、又地元とひんぱんな会合の必要をのべる。選挙で状況が様変る。
 夕方、トマトのところを二畝つくり、白菜のポット苗(初回に比べ極めて小さい)が20本ほど植えられる。ブロッコリも6株。水をたっぷりやりワラを敷くも、さて青虫との競争である。暗くなると秋の蟲の声はいよいよ強し。夕食は軒からゴーヤを落してチャンプルーを作るもいただけず。
 イチロー九年連続200本にあと2本。
 動くこと見られ毛虫の戮せらる。採り残るトマトほおばり株を抜く。片糸を切られ野蜘蛛の宙づりに。
 今晩は一匹だけヤモリを見る。
2009-09-18 11:28 | カテゴリ:未分類
 昨日の読売新聞(早大と共同で)の調査では、民主に「期待」72%、と同時に「不安」も77%、政治は良い方向に進むは66%、さて。
 朝のキリが晴れてやがて好天。ものの陰伸びたるあたり落葉して。
 インタビュー『アサヒビールとの対談』に椿栄一福井支社長、上河内の文化を考える会代表の土田厚さんと三者で対談。今夏のビールは苦戦。河和田川の上流にバッタリという名の鹿威型の水車を復元するらしい。
 昼食に出るとこの秋一番の好天である。日ざしが強く女性は日焼しそう。
 午後は一般質問の準備をする。暗くならないうちに退庁。夜はかぼちゃを煮る。
 昨日(9月13日)の毎日新聞の「視角」欄で黒田東彦アジア開銀総裁は、金融危機の一因となったのは、過度のリスク追及の根源にある「異常な高額ボーナスなどの報酬制度」であり、これを規制し暴走を防げと述べる。
 イチローが108年ぶりに新記録達成。今日から秋のかけ布団になる。
2009-09-18 11:29 | カテゴリ:未分類
 朝は意外に暗い雨降りの天気である。
 昨夜はNHK10:45から11:30までイチロー選手の大記録の特集あり。スウィング技術はいつも動いている。気持が弱く、心が体に影響する、血がひく、脈が早くなる、おう吐。チーム員の眼との競争がある。すべての時間が野球のためであり、サラリーマンとの違い。
 七議員から一般質問が行われる(第1日)。新政権の経済対策、補正予算の見直しの質問多し。
 明日の質問答弁打合せをする。ちょうど暗くなった六時頃に終える。
 夜のニュースで、明日の特別国会を前に4人の閣僚の名前が上る。リーマンショックから1年。日経新聞の一面に、またしてもウォール街に金融証券界の高報酬をとろうとする動きが再現していることを特集。
2009-09-23 13:23 | カテゴリ:未分類
 秋に入って二度目の霧の朝。霧が八時ごろにもまだ上らず、肌寒い。しかし九時頃には秋日晴天になる。西の方の山並に多少白い積雲あり。
 一般質問は午前中で終る。長谷氏来訪、不登校問題の打合があったようだ。
 新政権が発足したので、夕刻に記者会見を求められる。やるべきことは実行、とくに景気対策。政権に地方から注文をする旨を述べる。高速交通体系は約束どおり行うべし。瀧野副長官の就任についても感想を求められ、力強く期待すると述べる。新政権の脱官僚依存、政治主導の意味、内閣の適材適所と勢力均衡の姿。
 あわら市長来訪、狂喜「金津の地蔵」を普及したいとの談。
 明るいうちに帰宅。夕日が足羽川面にだいだい色の光を投げている。大通りを帰ると細道から橋のたもとがわずかに見える好景。
畑にゆくと、青虫の次に黒い小さい虫に白菜がやられている。つまんで駆除しようとするとぽろぽろと葉から落下し、逃亡してしまう困った奴だ。
 夜雨戸をしめるとき目立つ星が中天にある。暗くなってからすぐは東天に上るのだが、一昨日教委の先生と雑談をしていたとき、その星は金星でなく木星だということだ。
2009-09-23 13:24 | カテゴリ:未分類
 好天、昨晩は新閣僚の記者会見が零時をすぎても行なわれる。フリーの発言なので気持は出ているが内容は抽象的にならざるをえない。党派の系統が実にさまざま。
 午前中、日本政策金融公庫の安居総裁来訪、信用保証の再保険。また、かつて勝山リゾートの担当をされた東急不動産の金指社長があいさつに来訪。
 大谷記者のクラブでの送別昼食会。結核予防会の松田先生、宇野会長(県健康を守る女性の会)が恒例の来訪。
 イギリスの地方制度はどう勉強してもわかりにくい。
 ワインは小さいグラスで飲むと苦味を強く感じるそうだ。害虫よけの特効トウガラシを発見する、実効やいかに。
 何についても、いつ頃現れたのかははっきりしているが、消えるのは徐々であるため、いつ頃からなのかはっきりしなくなる。(守宮もしかり)
2009-09-23 13:25 | カテゴリ:未分類
 鳩山新内閣の支持率が各紙とも70%台。01年の小泉内閣に大体つぐ。朝刊に各大臣の各省での就任会見が一斉に出る。ダム140余の予算の見直し、国の出先機関の原則廃止などラジカル多数。
 工藤裕子教授(中央大学)から、イタリアをはじめヨーロッパEU諸国の地方自治の現状をきく。
 経済対策の基金予算などは、自治体向けは凍結しない旨の決定が早や行われる。
 セーレン野球部が第64回全日本軟式野球大会に初優勝し、体協の美濃会長、理事長と、キャプテン、投手、監督など報告に来訪。
 26日からの新潟国体に出場する選手団壮行式をフェニックスプラザで開く。電気自動車に実乗する。
 下校生が片手でピッコロを吹きながら市役所前を帰る。
 「夢は書物にあり」出久根達郎(平凡社 2009年6月)をざっと読む。
2009-09-25 10:00 | カテゴリ:未分類
 連休にふさわしい秋麗のはじまりである、風がさわやか。秋うらら故に衣を干さんかな。昼からは晴天のまま、風がすこし強くなってくる。
 「健康長寿祭2009」の総合開会式に出席する(福井健康の森)。途中の農道では走行する自転車選手に何人か会う。田はすべて刈田。長寿祭の式典は屋内であり、ソフトバレー春山の西村夫妻が選手宣誓。婦人バレーの女性団を綱引きチームかと思い、話しが通じずに笑い。ラジオ体操をして血のめぐりのわるいことを知る。碁や将棋の会場にもゆく。
 健康の森温泉の開湯10周年、150万人の達成記念式典に前川老人クラブ会長らとクス玉開放。入場者に記念品(こしひかり等)。
 そのあとペタンク会場へ、山本、福田、西川チームと高島、横田、山田チームが対戦し引分け。そのあとマレットゴルフ始球式、パー3のNo1ホールをプレー。会長さんたちは上手である、小生いったりきたりトリプル。
 昼に時間が空き、畑の白菜をみにゆくと、強トウガラシの効により心なしか黒い小虫が少なくなっている。秋風に畠の自転車たふれけり。
 今日の天気は金モクセイにふさわしいと感じて、玄関の一木に近づいて見る。はたして小花をつけはじめ、かすかな匂いがする。これで頭痛がなおる。木犀香して偏頭痛わすれけり。
 母子とも無事退院になるという車内談をしていたら、赤ちゃんを抱いた坊さんと奥さんが寺の門に入るを見る。稲干して後ろの墓は隠れけり。飼主のよく太りたる秋の道。
 橋の上から西空をみると、西山上空にうすい灰色の八雲が二層になって立ち並び、秋の季節感がでている。吉岡家の通夜にお参りする。
 ちりとてちん杯ふくい大会の交流会に出る。
2009-09-25 15:46 | カテゴリ:未分類
 晴れ。朝、早目になったが葬儀に出る。和田校区と社南地区の敬老会に出席する。20年前に比べて会員が3倍になっているとのこと。敬老会校歌見上ぐる体育館。敬老会一人一つの袋かな。まんじゅしゃげ校舎耐震工事中。
 池坊いけ花をみる(ベル)。秋草の名をきくばかり立華展。コーヒーにケーキは食はず秋麗ら。
 この「シルバーウィーク」は秋の例祭日に当るのか、木田の羽入観世音とか日の出の何んとか観音という、あまり名の知らぬ旗のぼりが市中に出ている。
 第2回ちりとてちん杯ふくい女性落語大会に、あいさつ用の口演をし、落語の女性を歴女にちなみ落女とする。六人の決勝戦をきく。みんな個性的でうまい。日向ひまわりさん講談、中山安兵衛「道場破り」、審査員の露の都さんの「子はかすがい」もきく。プロはまたプロである。
 橋千鶴子展をみる(県立美術館)。寺尾壽造展もみる。
 帰宅してテニスの試合の話をきく、秋晴や二つを勝ちて一つ負け。今日は好天でフトンが2枚よく干せた。
 「ゴシップ的日本語」(丸谷才一 2004 文藝春秋社)の中の「思想書を読もう」を読む。数日前に同じく「どこ吹く風」(丸谷才一 1997年 講談社)を読了。
2009-09-28 09:02 | カテゴリ:未分類
 晴れ、朝顔のかげ朝食の卓上まで。秋茄子を味噌汁にまた入れらるる。あら牛乳残っていると妻のいふまだ飲んでいないと飲みにける(朝食)。
朝のうちに瓜畑のツルを巻き、畝を細く二本つくる(1号地)。両側の白菜と摘み菜の畝巾を少し継ぎ足したため二本分が細くなる。秋耕に露わの虫の濡れ光る。芋虫や軍手にころと重みかな。芋虫や何になるらむならぬらん。
日射しに二時間あまり当っていると日疲れする。ピーマンを十個ほど持ち帰り昼のオムライスとなる。家前の一枚の刈田も耕耘機で耕している。畑から帰るとき、機械が仕事を終えて田の坂を上って出ようとしている。
 高速道の上りは平常の三倍ほど車が多く、マイカーは阪神や中京方面の車が多いうえに、秋田、山口、鳥取、岡山、愛媛のナンバーまであり。
 ざぶとん集会(ほっと今庄)。鳥獣害深刻、つるし柿振興の工夫、ソバの反収増、国鉄跡の隧道の保存など。
 高速道が敦賀・木の本の間で事故と表示され、365号線経由で嶺南へ。天狗党落ちゆきし道手稲刈り。
 梅街道の敦賀方面の対向車も、五、六台に一台は県外車。秋田、千葉、土浦、宇都宮、湘南、長野、岡山、佐賀のマイカーあり。
2009-09-28 09:03 | カテゴリ:未分類
 「ふくい若狭薪能」に初めて出席する(縄文ロマンパーク)。梅原先生、塩川先生、林理事長(地域創造)、高槻市長らとしばらく懇談。舞台裏で待つ間、献穀田のときの神主さん、三方・上中中学の四人の巫女役と寸談。始まるころはまだ明るく、湖水の方に白い鳥の群がいくつも空を横切る。暗くなってから小浜線が何回か遠い音をたてて過ぎる。
 狂言は小浜の「昆布売」、オバマと言うたびに笑い。そして梅原さんの創作能。聖徳太子の大臣であった秦河勝(はたのかわかつ)を扱った「河勝」。悪への怒りはもっともなるも最後は和たるべしがテーマ。薪能よろと立つぞよアイの役。
 素朴な地元の多由比神社の王の舞(鉾で天をつく所作)、獅子舞(お獅子は舞わず歯を鳴らすのみ)、田楽(太鼓とベンザサラを静かに鳴らす)、エッサカエット(奇妙な短い無言的劇)。どれも数分のものである。全体が行列で出てきて行列で去ってゆく(県無形民俗文化財)。次は打ってかわって賑やかに勝山左義長ばやし。そして青のビーム光線つき音響つきのダイナミックな花火大会に歓声。
 帰りの高速道では夜の十時近くなのに、上りの南条SAへの進入路が詰っていて、下り側の駐車場も一杯。
 三日間は行事多しと思いながらようやく帰宅。花めずる姫額をば虫さされ。
2009-09-28 09:04 | カテゴリ:未分類
 天気予報では雨であったが、降るようでいて夕方になっても降らず。
 午前中、茄子の枯れている二株を抜いて、そこを玉葱の種蒔き床にする。玉ネギの蒔くタネ足りて余りけり。畑の隅のトウガラシが赤くなっている。おほえやまいくののみちの唐辛子。
 モズの初声。窓すこし開けて呼びこむ木犀香。午後、政府要請の勉強をする。
2009-09-28 09:05 | カテゴリ:未分類
 夕方になっても雨が落ちないので、もう一度畑にゆく。3号地の瓜畑のツルの広がりをすこし北側に動かして、新しく一列の苗床を完成。昨日、妻が種を蒔いたらしい覆いをした二畝(1号地)に水をやる。小生がやると雨は降らないだろうと出がけに妻の言。土が乾いているのをさいわいにサツマイモの二回目の一株を掘る、4ヶ。ツルを煮物用にとったがやや固そうだ。忘れ物せぬよう帰る秋の畠。勝手口のところに、サツマイモとジク、掘り忘れのジャガイモ数個、採りのこりのミニトマト七、八個、そして虫食われの哀れな瓜を置く。そこにずっと置かれているもの、南瓜とカボチャ久しく床にあり。南瓜は五角形なり丸ならず(これは灰色でうまくない種類)。
 今日の日刊福井紙の生活面(生花)に、9月は色取月(いろどりづき)の異称ありと伊藤憲次(小原流)という人の解説。一茶の句も出ており、吾木香(われもこう)さし出て花のつもりかな。
 九月のなかば以降、寝ている間に蚊にさされることなし。こほろぎを外に出すのに一苦労(or部屋から出すに、家から追うに)(9月上旬のもの)。
2009-09-28 09:06 | カテゴリ:未分類
 昨晩はむし暑さが復活し、当方だけが一晩じゅう蚊の襲撃をうけ、朝寝坊をしてしまう。朝、部屋を閉め切って強力な青の線香を半輪ほど焚く、果して退治できるや。金モクセイこの身うごくと香るかな。
2009-09-28 09:08 | カテゴリ:未分類
 午前中は雨が申しわけ程度にポツポツしたが、昼からは空が晴れてくる。したがって雨読の予定のところを、二時ころに畑に行きシシトウとピーマンをほとんど全部採り、シシトウ小袋一杯、ピーマン二袋となる。ニラを直径5センチほどの束に集めて晩の春巻用とする。最後の瓜も鴉のこともありやや早目だが三個とる。自転車の前後の篭に青ピーマン。秋耕の畠の仕事きりもなや。暗くなってから玉ネギの種床などに水をやる。
 国連気候変動サミットに新首相が演説と夕方7時のニュースであり。今日は、地元住民と大臣との八ッ場ダムの意見交換会に住民側不参加で行われる。
 五日間という初めての「シルバーウィーク」も終了。毎日雨がなく観光には最高の連休であったことになる。職員の話しによると、市内のホテルも一杯だったらしい。
2009-09-28 09:09 | カテゴリ:未分類
 はれ。常任委員会の日程日、原子力など。この時期は打合せがへる。午前中、新政権への要請の協議。昼は瓜付きつねうどん。
 上京、車内連休中のスクラップを見る。上空は雲が多い。青山の眼鏡店オリバー・ピープルギャラリーへ寄る。
 夜のニュースで、都下M市では街灯が少ないところがありヒッタクリ犯罪が多いとのルポあり。市の道路管理部門は、警視庁の判断をうけて整備したいと言っている。そして明度の調査をしているが。
2009-09-28 09:10 | カテゴリ:未分類
 快晴。新聞は国連の核軍縮の首相出席の写真。外交の日程だけははっきりしている。JALの再建の国交相協議の記事も。
 都立高の校舎に、進学校特別推進校、ハイレベルといったスローガンの懸垂幕が掲示。町内のテントが出ていて老人たちが朝の交通安全の監視。赤いランニング一枚で青山通りをハイスピードで疾走する女あり。
 希望学のインタビューを受ける(1回目)。子供の頃の境遇と希望との関係は。
 新政権の大臣に初めて要請をする(エネルギー、原子力関係)。原子力政策の経緯の理解変わらず。川端文部科学大臣、坂田次官に要請。直嶋経済産業大臣、望月次官に要請。瀧野新内閣官房副長官にあう。県選出衆議院議員を訪問する。各省の大臣、政務官が政策を主導するらしい。
 天野IAEA時期事務局長に会う、APECの支援について。谷内外務省前事務次官、北畑経済産業省元事務次官に会う。APECの協力を求める。
 空港でロンドン事務所を開設された北銀の高木頭取と会う。ビジネスと朗らかとの関係。
2009-09-28 09:12 | カテゴリ:未分類
 朝はしばらく曇っていたが、だんだん青空がでてくる。群雀の朝の季節である。百枚の甍百羽の群れ雀。瓜畑がもう実も黄色くならず、そのままになっているところに(3号地)、畝を広く二本つくる。日が照って暑くなり、久し振りに持っていったお茶も熱くて二杯ほど飲むのみ。野に茶のむ水筒おもふ遠足も。石段に落つドングリや踏むほどに(緑道に小さい黒い種類)。
 玄関の黄色の花が何かを妻にきくと、「コエビソウ」というのではと答える。
 気候のせいか剪定のせいか、今年のキンモクセイはあっという間に終った。
 妻が改植の手入れをしているシクラメンの球根をみると、まるでエチゼンクラゲの子供のような不思議な形をしている。
 今日はむし暑い一日だったがよい夕焼けであり、中天には白い半月がかかっている。夜具干して落葉一枚乗っており。
 図書館で、梅原猛著作集から「人間の発見」(小学館 2003年)、兼常清佐「音楽と生活」(岩波文庫 1999年)、安岡章太郎「風のすがた」(世界文化社 2000年)を借りる。
2009-09-30 08:18 | カテゴリ:未分類
 晴れ。鉢で一度はだめになりかけた山野草「イワサジン」が、紫色のツリガネ状の小花を咲かせ始めた(と妻のいう)。
 残る蚊は家の水べにをりにけり。黙っては飛べぬ蚊である苦しさよ。モズのやつ騒ぐだけしてどこにゐる。
 県防犯隊連合会の幹部研修会に祝辞。蕎麦の花警察学校囲みけり。大豆畑帽子の頭だけみえる。戸ノ口トンネル近くの日用品店に早や年賀はがきの赤い幟旗がひらひら。
 県婦人体育祭が室内の鯖江市体育館で開かれる。子供をつれた会員は4人あまり、子供にお菓子を渡すゲーム、ゴールでいっしょに写真をとる。会長の大野には「鉄管水」という名水あり。
 県立図書館に寄る、コーヒーで談。レストランは高校生たちが仲間と昼食をしている。窓の空模様ややあやしくなる。
 サツマイモ掘らねば雨の落ちるまえ。三時前から畑仕事をする。サツマイモは葉の繁りに比べて不作なり。二人でイモのジクを棒状に切る始末をしているうちに暗くなる。イモの葉にも何匹かの毒虫生息(去年はなし)、幼熟緑褐のさまざまな二寸あまりの毛虫である。
 アゲラタムという名の薄紫の花が、勝手口の路地に最近ずっと咲いている(油揚で記憶すべし)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。