FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-04 08:51 | カテゴリ:未分類
 今日はまた素晴らしい天気。この季節にしては空の青さも濃い。西の山の紅葉とよく対比した美しさである。小春日や発電風車ひと休み。鳥たちの素早く飛べる小春かな。紅葉の山ぬくぬくと横たはる。くさめして手の茶碗の湯こぼしけり。
 代表質問あり。新政権が本格化して初めての議会であり、仕分け、新幹線、戦略局など双方が応酬的、すべてを当方に質問されても困るのであるが。新幹線の意見書が出る。原子力貢献のことが書かれている。
 大阪の産経新聞が、希望学とふるさとの発想に関してインタビューに来庁。
 早や年頭番組の打合せである。
 夜6時すぎの足羽山に、白い小さい冬の名月が昇っている。
 「マッカーシズム」(岩波文庫)を読みはじめる。
スポンサーサイト
2009-12-07 08:40 | カテゴリ:未分類
 快晴、外気7℃。
 冬飛行富士山らしき小突起。ANA機内音楽に英民謡、春の日の花と輝く、フォスターの草競馬、なつかしきケンタッキーのわが家。
 「ふるさと納税制度」の改善要請を、小川総務省政務官、瀧野副長官等にする。
 中部縦貫道について次官、技監、局長に要請する。今日の朝日朝刊に道路の見直しのリストのようなものが出ている。正規の資料ではないようだ。まっ黄のイチョウ陳情終えし眼に。
 空港の雑誌BOSS(1月号)に安岡正篤特集、「長期、多面、根本の視点」。
 夕方戻ってあすの一般質問の打合せ。ゾンタクラブに出られなくなる。
 玄関の屋根の影が足元の地上に明瞭に落ちる、なぜなら夜9時過ぎ頭上に冬の明月。
2009-12-07 08:41 | カテゴリ:未分類
 一日、雨がち。県内のインフルエンザがピーク。まわりでも風邪がはやっている。どの種のインフルエンザか。肩や節々がいたくなるようだ。
 一般質問(第一日)。明日の二日目の打合せは早目にすます。
 一ト月前の読売歌壇(平成21年11月2日)に俵万智「作歌のポイント-読者に手渡そう」に、こんな添削歌あり。「県庁の灯はまだ残り職のなきわれを照らせる(われにわびしき)高き満月」。
2009-12-10 13:13 | カテゴリ:未分類
 朝虹が立つ。西の空は暗い。一面の落葉なりけり裏の道。
 一般質問(2日目)が、午後の前半まで五議員からなされる。
 献穀米、粟の御供進証の伝達。感謝状もお渡しする(河村夫妻、米澤夫妻)、粟というのは実に小粒である。
 夕方は青灰色の雲が多く、うす水色の空のすき間もあるが全体に曇っている。
 地方政治における牽制と協動のバランスの必要について。
2009-12-15 11:50 | カテゴリ:未分類
 くもり、9時に嶺南に向けて出発。二七号線は時々しぐれる。
 車中、カルチャーラジオ「俳句をよむ-女の五七五」をきく。カイミチコさんが解説、飯島晴子、桂信子、宇多喜代子、池田澄子、片山由美子さん達を解説。
 れいなん森林組合が一つになった合併記念式典あり(小浜せくみ屋)。観光客が沢山入っている。
 国道8号(赤萩局部改良)事業開通式を旧河野村役場、そして桜トンネル前でテープカット、通り初めをする。ホノケ山トンネルの進み具合はまだ半分。昼からは晴れてきて、これら行事があまり寒くなくてよかった。ストーブに来賓寄りて雑談す。
 座ぶとん集会を行う(上文殊公民館)。東大寺への「お米送りの里」、「越前荘園米」をつくっている。活動は11年になる。東大寺は明智光秀ゆかりの地であり、中部、近畿の11の関係自治体が協議会を設けている。文殊山へは6つの主な登山口がある(福井県文殊会の資料)。公民館の前庭にペットボトルを巧く用いて幻想的なイルミネーションができている。
2009-12-15 11:51 | カテゴリ:未分類
 くもり、ときどき雨が来る。朝、雨が休んでいる間に畑へ白菜を採りにゆく。ゴミを埋める。
 ついでに、庭のさんしゅゆの赤い実がまだ枝についているので、二十個ほど取る。あとは取りにくい。さんしゅゆの実を採り残す三四十。
 2本の小ペットボトルにつけたさんしゅゆ酒を、1本のガラス瓶(もとは粉ワカメ用)に移す。酒に赤い色がすこしついてきた。今日採った実を加えると焼酎の液体はビンの首まで一杯になる。
 女性セブン(12月17日号)に「福井県式子育てマニュアル」が2頁にわたって掲載。
 昼に民謡のCDをきく、江差追分、さんさ時雨、最上川舟唄、磯節など。
 楽天が政治資金の募集サイトを作っているらしい。
 今年の大根は追肥のせいか直径十センチ余りにもなり、今晩は、からし菜の塩もみと、この大根に里イモ、半片、ゴボ天(?)、袋とが、うまい「おでん」に仕上がる。
 クラリネット曲、ドンビ・ザット・ウェイ(その手はないぜ)(夜のFMセッション2009)
2009-12-15 11:53 | カテゴリ:未分類
 くもり、ひる前から空に青味がでてくる。そしてまた曇ってくる。
 濠の鴨柳の下にうずくまる。柳もようやく黄葉していた。
 クリスマスツリー発表会(つぼみ幼稚園)、音叉の楽器(名前を忘れた)をいっしょに打つ。キラキラ星、あわてんぼうのS.C。保護者のお母さんたちも来訪し短談。
 公共事業関係の一件審査をする。
 今日から小児の新型インフルエンザのワクチン接種、県立病院の様子を視察する。ごく小さい児は泣く。報道が多い。
 その後、インフルエンザ対策会議、ワクチンの現場の需給のミスマッチを防ぐ工夫。キャンセル対策も必要と指示。やや発生はピークを過ぎていることがわかる。
2009-12-18 08:56 | カテゴリ:未分類
 快晴、数日曇天だったので今日の天気は爽快。庭の芝生に降霜を初めてみる(妻がいう)。駅前のあたりは、白い霧が上ったところに朝日がさしているような風景。人の動きも軽やか。
 北陸農政局長からの直轄事業説明あり。奥平ANA金沢支店長来庁。丸岡町の日赤奉仕団の女性たちが大勢来庁。
 町村会から町づくりなど具体的な要望をうける。
 国民体育大会の予算も仕分けにあっている。
 介護福祉の個室の比率について、在宅介護の報酬について。
 残る蚊やエレベーターに住まいけり。年末年始は休日がさっぱりつながっていない。
 芦原の十七の温泉旅館による年末恒例のえびす講あり。粟餅をつく姿を振付けた舞踊あり。
2009-12-18 08:57 | カテゴリ:未分類
 朝はうすぐもり。
 新幹線について打合せをする。政策合意の進捗状況を午前と午後に行う。
 新任の大阪・神戸ドイツ総領事が小野光太郎名誉領事とともに来訪。この秋のドイツS・アンハルト州首相との協議の支援を願う。オルブリッヒ総領事はミュンヘンの出身であり、身丈2mをこえる。
 福井大学長が産学官拠点整備事業の採択決定があり来庁。
 教職員組合と「語る会」を行う。
 夜は雨が降ってのち上っているような路上。
2009-12-18 08:58 | カテゴリ:未分類
 朝はくもり。腰は軽い。
 飯田哲也所長(環境エネルギー政策研究所)が来庁。
 京大公共政策大学院の評価委員会に出席するため京都へゆく。師走となり湖西線も景色が沈んできた。
 吉田神社の向こうの丘陵が紅葉している。その昔は気づきもしなかったことなのだが。キャンパスは自転車だらけ。女子留学生が背中をあけて自転車に乗っている。昔の自分たちがいるのを見る。
 大石眞研究部長室でしばらく懇談、本部にレストランあり昼食。施設見学、ゼミ参観などをして外部評価委員会を行う。大学は建物がふえすぎ。耐震工事もやっている。
 夕方になり、時計台が点灯している。中島さんと帰路同乗する。下京あたりで時雨する。
2009-12-18 08:59 | カテゴリ:未分類
 くもり、朝から霧雨が落ちる。
 上京、飛行中はずっと雲中。少しと言うにいっぱいの熱コーヒ。
 東京は小雨が降りて寒い。小学生の国会見学バス(東京付近のナンバー)が三、四十台も国会前で混雑している。アスファルト漆黒に濡れ黄の落葉。銀杏がしきりに散るやちるちる。
 亀井国民新党代表、三日月国土交通政務官、鉄道局長に要請。
 渡辺周総務副大臣、局長などに地方財政対策(子ども手当などの地方負担あるべからず、交付税法定税率引上げなど)と「ふるさと納税」の改善。観光庁にもゆく。
 帰りも揺れるが、機長は「すこしゴトゴト揺れますが安全性には心配いりません…」とアナウンス。帰便の着陸時は雨あがり。夕暮れの海岸上空からは杉や松の緑が枯野によく引き立って、洗われたような風景が出現する。歴代のJC理事長と懇談する。
2009-12-18 09:01 | カテゴリ:未分類
 早暁、雨が何度か強く来る音がする。暖ったかくて汗ばみ、また事もあろうに朝方は蚊が出る。朝は東の山峯に白い雲(低気圧通過前の上昇型の層雲か)が巻き上って離れてゆく美しい風景をみる。
嶺南は高速道路の工事がいよいよ進み、橋脚などが連続して見え出す。
 谷田部は辻さんの村、またネブカの産地。公民館では隣村の和尚さんが説教している。この集落の雲外寺川、またその先の沿道の和多田、小屋集落の道路や携帯アンテナ、工事予定地などを視る。和多田の谷には古い地蔵堂があって、銀杏ともう一本の大木あり。地上に丸い実が落ちているので何の木かと問えば、知る人が無患子(むくろじ)という。中味の実を珠玉に用いるらしく真っ黒の核あり、まわりの果肉はネバリあり。途中の道に坂上田村麻呂を祀った尼寺あり。見学参拝し、立ちて茶を喫すことになる。雨が強くなる。ふるさと林道を通って高浜に下りてゆく。
 高浜の海岸ではサーファーが二十人ほどいる。鳥のごと冬のサーファー黒々と。
 竹林の手入れと竹細工の研究をしている高浜内浦の「竹々くらぶ」の人達と座ぶとん集会。若狭鰈の竹篭もつくる。ここも鳥獣害になやむ。シシ汁を作ってくれ、町長らと一緒に食す。
 嶺北の人々にとってはなおさらだが、小浜に来るには遠いという。梅田雲浜没百五十年。先生作「君が代を思う心のひとすじに我が身ありとは思はざりけり」。また舞いにも用いられる「梅の薫」という題の「妻は病の床に臥し、わが児は飢えに泣きさけぶ…」という長い詞あり。
2009-12-21 09:12 | カテゴリ:未分類
 くもり。さんしゅゆの実をもう一度とる。昼ごろも寒い。外気は10℃を切っている。
 久し振りで理髪にゆく。民放TVで外交防衛論議をやっている。司会解説者がたえずコマーシャルをはさんで、とつなぐ。
 九頭竜川の薄の穂がまだ白く残っている。
坂井福祉会の地域密着型介護施設の落成記念式あり。横笛の祝奏あり。
 昨日の午前中のFMラジオ「邦楽のたのしみ」で、三十年間の元禄時代と忠臣蔵の話題を放送(江戸歴史博物館竹内誠館長)。この時代になると、麻から綿へ、また菜種油が普及し、衣料と燃料の革命がおこり、その結果上方が台所として発展する。武家の法度も弓馬の道から忠孝の道へ、番方から役方へ重点が移行。元禄末期はインフレとなり、とくに元禄十五年は大不作の年、浪士討入が成功したのは、町人たちの不満を討入の放任で幕府が劇場的に解消させようとしたという見解を語る。討入二日後の16日には、江戸の番頭がすでに京の本店に向けて全容を正確に手紙で報告しており、「江戸のほまれ」と書いているほど(瓦版の発達)。
2009-12-21 09:13 | カテゴリ:未分類
 朝日がさしているが、西空から雲が出はじめている。外気は4℃で寒い。五度以下を自転車こいで高校生。朝のFMキアーロで、ハープの楽器演奏法を現場で解説している。アラベスク第一番(ドビュッシー)を演奏。
 10時ごろの部屋の窓には時雨が来ている、空はすこし明るいが。
 政策合意進捗状況(福祉、環境分野)。新しい福井JC役員来訪。教育功労者表彰式。
 FM福井のライフ・スケッチの収録あり。
 全国植樹祭の終了による実行委員会あり、6月7日当日のビデオ放映。ゴールデンエイジ合唱団の「この街で」と「県民歌」の元気な演奏あり。
 県PTA連合会と語る会をする。インフルエンザ、学校耐震、学力向上、学校再編など。
2009-12-21 09:14 | カテゴリ:未分類
 くもり。雨もあり。
 後期高齢者制度の勉強をする。
 福井県文化賞・功労賞・奨励賞の授賞式(国際交流会館)。窪田さん・水海の田楽、山下・森下さん・熊川宿まちづくり、築山・前田・松田・山本さん。
 第二回目の全国体力テスト結果がオープンになり、引きつづき全国第一位となり、立ち会見をする。
 明日の予算特別委員会の打合せを短時間におこなう。
 サミュエルソン氏死去(94歳)、400万部のベストセラー「経済学」。
2009-12-21 09:15 | カテゴリ:未分類
 予算特別委員会。一時中断(敦賀半島先端の道路)。質疑応答だけで道路や施設は進めにくい。後期高齢者医療の勉強をする。
 寒い。8時ごろ退庁するとき、積雪が奥越で十cm以上になったと、帰りがけに担当課長談。
2009-12-21 09:23 | カテゴリ:未分類
 初雪つまり霰。霰たばしり車横転。
 小松空港から、濃尾平野に近づくと雲が切れて明るくなる。
 今日の与党政策会議の見通しについて、民主党県選出議員と意見交換。
 先月から実行されている月に一回の全国知事会議の日であり、「後期高齢者医療制度改革PT」と「地方の社会資本整備PT」に出る。
 直嶋経済産業大臣に原子力政策、APEC会議、拠点化計画について要請。観光庁長官と武藤次長に会う。
 出発する前に、小松空港が雪のため引き返すことありと言う。
 機中の「雪と氷の音楽」、すなわち氷柱が壁にかかるとき(ハイドン)、雪の上の足跡(ドビュッシー)、雪娘(R.コルサコフ)が流れ、揺れと共鳴して絶妙になる。
 着陸直前は馬に乗っているように揺れる。雪のつぶコックピットの窓を打つ。雪のふりて着地ガタリン滑走路。
 小松は1℃、金津あたりでチェーン装着のため四、五台が路側に停車。
2009-12-23 13:01 | カテゴリ:未分類
 朝は雪がつもっており、霰が降る。近所で追突事故の処理現場あり。
 時おり明るくなるがまた吹雪いたりする。九時頃の北窓には雪雲が一度去っていく空の景色。遠くには積雲、午前は積雲が発達して雲低の黒く垂れ下った積乱雲らしき雲である(気象台の話)。
 政策合意進捗状況の打合せ最終日(総務、総合政策部)。
 総合長寿学の研究のため、辻哲夫東京大学教授が来庁。民間企業保険と国保のバランスについて。高度医療と県の役割。
 議会閉会が一時間おくれる。地方の声をきく陳情窓口についての意見書出る。各種プロジェクト促進議連について、会派の意見が分かれる。
 連合福井からの要請あり。議会会派の年末の懇談会あり。払いのけても降りかかる、つまりは雪の渡り鳥。
競輪場前の雪道で交通安全取締をしている。街灯の光は雪を降らせをり。一日雪が降ったり止んだりの雪の日。
2009-12-23 13:01 | カテゴリ:未分類
 一日雪ふり、冬雷もよく光ってよく鳴る。とき折青い空のすき間。雪雲のさわぐすき間に空の青。
 アラレが梅の枯枝にぶつかって四方の方向に跳ねている。
 色紙を書く。
 図書館の道は車のわだちが二本だけ黒く出来ている。歩くとき車がこないか気にしてしまう。
 暗くなってから、ライトアップ・ウォーク(JR福井駅周辺)、新幹線高架下で内原智史氏のJCとの映像アート、ローソクを好みのところに置く。お堀の石垣を新たにライトアップした県庁前では、福井工大の吉野研究室の木工照明、豚汁や餅屋さんが出店。折からの荒天で残念だが人少なし。
 県栄養士会の年末の立食懇談会(フジタ)に出席する。学校、病院、福祉行政などの栄養士諸君(県内に千名をこえる)が活躍している。忘年会じゃんけんならばチョキを出せ。
2009-12-23 13:03 | カテゴリ:未分類
 引き続き小雪で寒い日曜日。お正月のTV放映の録画、録音などをとる。太田さん(作家)、猪飼さん(歴史学者)との対談など。猪飼先生から「南洲翁遺訓」(角川ソフィア文庫)をもらう。
 各家や会社の前は、周囲の除雪をはじめている。市内手寄の銭湯の入口には、数日後の冬至ゆず湯ありのハリ紙がしてある。
 大学連携リーグの文科系のクラブ、ダンス、和太鼓、合唱、茶・華道、漫画、折紙、手芸などの若者が集う(アオッサ)。サンドウィッチとコーヒーで意見交換、妖怪を研究しているハンブルクからの女子学生も一人参加。折紙の学生が今日のイベントのチラシで、耳の長い隣りのトトロをうまく造ってくれる。
 映画「ヘソモリ」の撮影現場、左内公園があいにく雪景色になってしまったが、藤原プロデューサーをはじめ、入谷監督、スタッフなど何十人もの人達が寒い中をプロ的に準備している。伊藤電機の社長が支援している。谷村美月(ヒロイン)、タイムスリップの藩士右近役の谷田歩が出演者。
 夜9時ごろ瞬間的に停電あり。
 家じゅうのストーブ出してもてなしぬ。ぬるくなり胸のポッケへホッカイロ。
 冬の雷やや場違いに騒ぎをり。塩ジャケや頭は違う味がする。おでん美味し果して化学調味料。聖歌だんだん近づくエスカレーター(アオッサ)。脳味噌をよくは知らねどクルミ割る。きざみネギあらばよけれどじゃまくさし。クリスマスばかりの話題基礎英語。
2009-12-27 14:42 | カテゴリ:未分類
 昨晩も雪が降ったらしい。除雪とは移すことなり雪の壁。出勤途中のFMクリスマス曲ハリー・シメオン作「リトル・ドラマ・ボーイ」。
 今日はだいぶ晴れ間がでてきたが、雪もまた降る。寒い天気で頭痛がする。
 広報ラジオの年末番組の収録。「まっぷる」という雑誌の北陸、岐阜4県の知事共通の写真撮影。
 マニフェスト中間評価の報告の協議。行幸啓の写真集がほぼできる。年末年始の日程打合せ。
2009-12-27 14:43 | カテゴリ:未分類
 雪の積っているくもりの寒い日。
 TV局の収録、環境と自転車などのテーマで対談。大掃除あわてふためく熱帯魚(福井テレビ)。
 体温のコインのおつり冬至かな。あったかき百円玉や地下食堂。雪の積む城壁眺めB定食。
 本年最後の叙位・叙勲の伝達式を行う。
新型インフルエンザのワクチン接種が高校受験生に早目にできそうな見通し。水産、林業プランの協議、農林水産部だけでは十分な政策は完成しない。
 税政大綱が出されたが、地方への負担増や子ども手当も実質的な増税があり公約が変わっている。
2009-12-31 09:11 | カテゴリ:未分類
 くもり、寒い。干し魚の眼にサザンカは映らずや。ハタハタはハンガーをもて干されける。11時ごろには見えないほどの小雨が落ちてくる。そして一瞬陽も射したりする。鳥が庭をよく動く。
 10時の「お話しの時間」に、プーシキン作「金のさかな」という、願い事を欲張る婆さんの寓話が放送。その中の「一週間がすぎて、ほら別の一週間がすぎてゆきました…」という魅力的な繋ぎ言葉。
 新幹線の新規着工分に充てる新年度予算が、2600億円の中に含まれることになるという連絡が、東京から入る。敦賀に向って新幹線、高速道、航路が整備されるのもあと一息か。そして街づくり、人づくりが急務。
 今日の休みも相談ごとなどで、結局あまりゆっくりできず。
2009-12-31 09:13 | カテゴリ:未分類
 くもり、寒い感じの日。空は明るい。
 今年は新年度予算の個々のものが、さみだれ的に出てくる。内容について各部局と打合せをする。
 今年最後になる新型インフルエンザ対策本部会議をひらく。ピークは11月下旬であったが、以降減少ですぎている。中高生の接種スケジュールを一月上旬ときめる(1回でよい)。
 トヨタ自動車からプラグインハイブリッド車を、全国自治体で最初に導入したことを受け、ホールで引渡し式。外の広場で常務、支店長と試乗。
 ここ数日の各紙で内閣支持率が三ヶ月のうちに急落し、朝日では40%台後半となる。
 与党政策会議で新幹線の方針決定。
 久し振りに五時半すぎに帰宅する。クリスマスイヴ父たることのありしかな。
2009-12-31 09:14 | カテゴリ:未分類
 久し振りに快晴。朝刊に秘書起訴の首相のおわび会見の記事。雪晴れや広がる雪の原青し。
 白髪、杖もつ老婆が体をかしげて歩みながら、子供を胸に抱いて通る若い母親に道をききうなずく。
 だらだらと雪を除けてる茶髪かな。晴れの日や頭もたげる雪の峯。
 昼まえに急きょ上京する状況になる。新幹線として留保財源が90億円計上されることが判明する。女形谷から金津そして石川県側は雪が積もっていないのは不思議である。上空にいくと白山、北・中央・南アルプスの雪山の稜線が三重にのび、その右奥に富士山。ぼんやりと機について来る冬の月。
 国民新党亀井代表らに会う。報道記者多し。羽田議員の会代表に会う。一川副幹事長に松宮議員と一緒に会う。阿部社民党政審会長に会う。国交省内を大臣以下まわる、三日月政務官、馬淵副大臣に会う、鉄道局長にも。議員会館にも行く。
 会館も官庁も静かである。東京事務所もやや同様。
 総理の淡々とした予算会見の画面が夕方TVで出ている。夕方、今年は一回できまった予算の結果の概要をきく。夜9時前に事務所を退出する。せめて焼鳥食ふもよし世は不明。
2009-12-31 09:20 | カテゴリ:未分類
 昨日とうってかわって東京も北陸もどんよりくもり、小雨がすこし。朝一番で帰福する。昨夕に引き続き空港で下地さんに遭う。
 正月用の本をそろえる、しかしまだ変わるかも。冬ごもり「さんさ時雨」をおぼえける。芥川の書簡(十二巻中第十巻)をかりる。
 夕刻、万福寺に友人の通夜に行く。お経をあげる声の多くは村の人らしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。