FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-22 10:40 | カテゴリ:未分類
 桜ほぼ満開。しかし花曇りで風あり寒し。昨日の暖かさとは対照的。
 幹部職員への訓示。
 東日本大震災対策・支援本部会議および原子力災害特別会議。
 記者会見、1時間。
 県民福井インタビュー(県民福井)。
 夕方、FBC当選インタビューの収録。ftb当選インタビューの生出演。
 午後雨ふり。
スポンサーサイト
2011-04-22 10:41 | カテゴリ:未分類
 昨日、震度6弱M7の余震あり。ハレ、美山街道の路傍(前波地区)にツクシ露にぬれて伸びている。
 美山のあったかいおろしソバをいただく。
 勝山あたりの九頭竜川の中洲の柳樹は緑をおびる。
 丸岡城下でパンと牛乳。
 挨拶まわりから帰ってさっそく仕事(組織体制)。
 今日はあったかく良い天気であった。
2011-04-22 10:42 | カテゴリ:未分類
 朝刊に福島第一事故レベル7、つまり最悪レベルと保安院の発表。しかし、いかなる根拠とその程度(チェルノブイリとの比較)。
 快晴、好天。すでに嶺南の山野は芽吹きが始まっている。
 当選証書の付与を2時半から正庁でうける。初めて女性議員が2名となった。
 県庁の桜が満開であり、花見客多し。
 浅水川(鯖江)のあちこちに、鴨らしき水鳥の群が夕陽のかげになって黒く見える。
2011-04-22 10:43 | カテゴリ:未分類
 新採用職員に対する知事訓示を行う。
 昨日は桜満開(気象台)。快晴、春うらら。吉村知事から祝意の電話。南越前の日野川の水も青い。足羽川上流(池田)は、田の雪は消え、家の陰や山陰に一部残雪、里山にも雪がまだ面的に広がっている。
 越前市の日野川中洲(サンドーム近く)に10数羽の川鵜が同じ向きで集合している。
 春耕機カラスの群れに取りまかれ(清水)。越前町でまんじゅうを食う。
 自然薯をミリンと醤油でつけた食品あり(殿下)。
 春の海そこへ流れる春の川(越廼)。
 原子力行政について、夕刻協議。早や8時近くまでかかる。
2011-04-22 10:44 | カテゴリ:未分類
 座・タイムリーふくい収録、橋詰さんと。主に原子力と新幹線がテーマ、そして県都改造。
 農政連改革審議会にあいさつ。県庁のお堀と桜花が見下せる。
 花散らす風に帽子を押さえけり(県庁庭)。
 槍田松瑩会長(三井物産)との面談、先般は地震のために予定がキャンセルとなった。小浜にルーツをもっておられるとのこと。
 リハビリの部屋さわがしき遅日かな。
 地震対策・支援本部会議。災害による取引減などに応じた融資対策をきめる。自粛ムードから観光対策などを再開する。
2011-04-22 10:45 | カテゴリ:未分類
 今日の雨で、梅の枝にとがった若芽が出はじめた。
 県連合婦人会定期総会(越前市文化センター)。
 帰路、高速道からの空模様は暗雲低く、視界不良である。でありながら陽がぼんやりさしている。
 昼、組織や原子力の協議あり、休みがないので頭痛に通ず。痛くない側を揉まれて長閑しや。
 今回の災害で出版量が少なくなり節電もあり、本の売れゆきがきびしいらしい。
 夕方ほぼ満月に近いまだすこし欠けた月が出ている。月は東にというほどの天気ではない。通夜に出る。
2011-04-22 10:46 | カテゴリ:未分類
 しだれ桜が青空を背景に満開である。昨日と同様の風情である。
 統一地方選の後半はじまる。知人宅の庭に紫モクレンが開き、ほぼ終わりかけの様子。おたふく南天が入口に生えている。金津の竹田川畔で初燕を見る。
 ウグイスのはっきりした聲を近くに聞く。妻がうぐいすだとまず言う。
 国際ロータリー第2650地区大会(産業会館)に出る。東北の被災地の医者の話しが冒頭あり、この予定となった理由は不明である。話しがいかにも上手である。昔数ヶ月住んだマンションに十年近いぶりで行く。
 原子力安全の打合せをする。
 おぼろ月である。
2011-04-30 07:55 | カテゴリ:未分類
 福島第一原子力発電所の安定収束に6~9ヶ月かかると、東電会長が工程表を初めて明らかにする。
 久し振りに小松にゆき、飛行機にのる。
 飛び立つとき外気13℃。東京も13℃と機長。晴れが途中から曇りになる。房総半島の里山が緑灰色に柔らかく膨らみはじめた。東京上空も途中と同じく曇り。
 省庁、各党等への挨拶。
 昼ザルソバ。
2011-04-30 07:57 | カテゴリ:未分類
 夜から朝にかけて雨が降ったようだ。
 海江田経産大臣に要請書、定検中のプラントの起動条件等について。細野資源エネルギー庁長官、寺坂保安院長が同席、その前に松下副大臣とも会う。その他。
 昼に知事会長の推薦の〆切り。
 石原地方自治研究機構会長にあいさつ。
 昼カレー。
 外務省、厚労省、財務省に行く。
 くもり、雨ふりそうで降らず。東京では人々は傘に関心がある。
 帰便は大体は雲の中。やや小揺れ。小松はくもりから晴れに向っているような夕方の天気。しかし今日の昼はみぞれが降ったとのことであった。
2011-04-30 07:57 | カテゴリ:未分類
 朝、雨ふり。物を干してよい日かどうか。週末の敦賀市長選の動向報道。
 番組収録(730、元気通信)。農林水産支援センターのあり方。
 県政記者の送別昼食会。
 河原本部長(八管海上保安庁)就任あいさつに来庁。
 マニフェスト「福井新々元気宣言」の政策内容をつめる推進会議をスタート。
 安全安心実感プラン、ふくい百景についての協議など。
2011-04-30 07:58 | カテゴリ:未分類
 晴れ。昨夜はやや寒かった。
 「福井新々元気宣言」推進会議第2回目。農林、教育分野。
 玉城支局長(時事通信)着任あいさつ来庁。波照間島の方である。
 味岡日銀金沢支店長が退職あいさつ。
 NHK大河ドラマ「江」特別展開会式(県立美術館)。重文の「青井戸茶碗 銘 柴田」や江(1573年~1626年)の「崇源院宮殿(くうでん)」など150点を展示。なかなかの見ものである。
2011-04-30 07:59 | カテゴリ:未分類
 JA女性組織協議会の通常総会にあいさつ。
 茨城県からの受入教員2人と懇談をする。いずれも茨城県北の出身である。
 組織などの協議。
 「福井新々元気宣言」推進会議三日目、産労部、安全環境部。
 昼の後半から雨がふる。
2011-04-30 08:03 | カテゴリ:未分類
 知らぬ間に、もみじや夏椿の若芽が出て小雨にぬれている。しだれ桜は、
落花と樹に咲いている割合が半々。市議選の選挙カーの声がきこえる。
 第30回地域活動連絡協議会(母親クラブ)総会に出る。あいさつの中で、春休みの子供の溌剌していること、鳥たちの子育て苦労のこと、若い母親の団体は前の世代から自由に活動すること、原発の安全対策のことをのべる。
 昼、洋食となる。
 県児童福祉推進大会に出る(ユーアイ)。今日から始まった新しい任期の最初の主催行事である。数ヶ月ぶりで本をかりる。
 夕方、畑へゆく。雪の季節あり選挙ありで何ヶ月振りとなった。雨がやんだと思っていたが降り出す。ごみを埋め、菜花と三つ葉を摘み、芽の出た二本のアスパラを折る。今年一枚だけ残った田んぼにカエルが鳴く。昨夜の蛙声がカワズの初鳴。埋め残る一枚の田に蛙鳴く。
2011-04-30 08:04 | カテゴリ:未分類
 はれと曇り。
 煎抹各流大茶会(足羽山公園)。葉桜の落花が揃茶の中に。時間の関係で裏千家、小笠原流(掬泉会)。安眠高臥(裏千家)の短冊。茶花は、たいつり草、バイモとか。茶杓はエガオという名前らしい。
 市議選の投票に昼ごろゆく。図書館にゆく。半七、宮部みゆき、ゴンクールの日記。
 サンシュユの樹が葉芽を出して、落花の跡と一緒になって風情あり。葉さんしゅゆと言うこともありぬべし。
 夕方、畑へゆき初めて二列をたがやす。幸い腰にはこたえず。足羽山がいよいよ煙るように芽吹き出しはじめている。
 敦賀市長選は五選。
2011-04-30 08:05 | カテゴリ:未分類
 今日は雨である。昨晩は統一地方選の後半結果。
 記者会見、治安実感プランを本部長と。福井百景の発表を進士先生と。原子力事故対策について、防災計画、エネルギー拠点化計画、道路計画のそれぞれ見直しについて発表。
 電気新聞と建設工業新聞の当選インタビューを行う。
 県歯科医師会会長ら来訪。
 「福井新々元気宣言」推進会議第4回、観光。
2011-04-30 10:58 | カテゴリ:未分類
 朝くもり(雨の予報)。午前中の用務を終える。体制をどうするか。そして、そのまま上京することになる。
 小松からの飛行は、雲の上にもまた薄い雲があり、絶えず揺れる。
 内閣府の地域主権戦略室に寄る。
 全国知事会議に出席。初当選の新知事の紹介など。会長選、新会長25票を得て当選。その後、各県知事から防災、政策協議体制など意見あり。
 大畠国交大臣に面談。港湾、河川局長に要請。
 よく似たささいなハプニングは重なることがある。
2011-04-30 17:55 | カテゴリ:未分類
 朝くもり。
 マニフェスト協議。村田製作所から生物多様性保全支援事業の寄付をうける。
 子どもの日行事(ふじしま保育園児と鯉のぼり掲揚など)。風強し、鯉のぼり揚ぐる園児に尾の触れる。
 地震対策・支援会議を何日振りかで開く。大阪府が原子力問題について発表との話。
 夜、小雨。
2011-04-30 17:56 | カテゴリ:未分類
 くもり。災害から49日目である。
 被災地の福島・岩手県に30日と1日に行く予定が新聞に出る。
 「福井新々元気宣言」推進会議。
 福井商工会議所の常議員会、議員懇談会に報告。
 田川自衛隊地方協力本部長が転任あいさつ。高規格道路推進課長の辞令交付。田中理事長(県予防医学協会)就任あいさつ。
 タマゴを沢山買う。山菜の季節である。
 足羽川は濁っていて水量がやや多い。
2011-04-30 17:57 | カテゴリ:未分類
 はれ。
 福井県中央メーデー(フェニックスプラザ)。
 きょうは、常高寺への遊歩道「お初しあわせの道」開通式。しかし残念ながら行事が重なって行けず。子役の俳優も出席してくれたようだ。
 午後から組織の打合せあり。
 畑へゆく?
2011-04-30 23:14 | カテゴリ:未分類
(岩手まで)
朝はやく福井をでる。昨日から新青森まで全通できた東北新幹線にのる。うす晴れ。東京駅はお盆並みの混雑、幼児多し。指定席は売り切れとの放送。
 テロップに、英ウィリアム王子とキャサリン妃の昨日結婚の報、宮城県沖の200kmのところで、海底が50m移動し、7mの隆起とのニュースも。
 東京から宇都宮まで約50分かかる。このあたりの平野の大農家は寺の庫裏のような長平い屋根型、土蔵は乳白色の石倉で、母屋とかなり離れた角に建つ風景。
 那須高原は、まだ桜やコブシの季節、このあたりはコイノボリは一本ではなく二本の綱にそれぞれ泳がせるスタイル。
(白河以北)
 新白河を過ぎ郡山をすぎると、農家はスレートぶきの屋根でおおわれたものが多い。家の形はより農家風である。倉はしっくい白壁となる。
 福島まで1時間50分。西方の山脈にうるわしい雪山が二峯離れてあり。
 新緑の街路樹ゆれる怒りかな。桃畑なのかピンクの花がさいている。地震のためか福島市の北郊ではいまだ赤瓦に青いシートをかぶせたところあり。
 白石駅のところで、また西に雪山あり。ますます早春賦の風景である。基本的には河岸段丘の地形である。
 広場にガレキを一面に積むところあり。そしてすぐに名取川を渡り仙台駅となる。市内の民家はスレート多い。瓦屋根の家もすこしあり、大方は頂上のところにシート等がかぶせたままである。しかしお寺の屋根はこわれておらず、墓石も大丈夫(数基はシート)。
 仙台で大体2時間半、つまり北陸新幹線ができると東京―福井間の感覚となる(近い感じがする)。
 古川駅近くにもガレキの広場あり。しかし、屋根のこわれたところはほとんど見えず。
もう少し北上するとまた、桜があちこち咲いている。モクレン、レンギョウ、菜の花(堤防)。車内放送で間もなく栗駒高原その次は一ノ関と言う放送。
(陸前高田の港へ)
 一関まで約3時間を要す。このあたりは又、周囲のあちこちに林をもつ大きな農家二、三あり。西方に雪山がくもってよく見えないが姿あり。
 一関から車で陸前高田へゆく。小雨の15℃。峠から市内に向って下って三又路へ入る所から混みはじめ、ガレキ(木材、電柱、船舶、ブイ、機械部品など雑多)の滞積を目にする。道の左側では大きな家のガランとした屋内を奥さんが掃除している。ここが津波の最終到達点と見られる。
 すこし市街へ入って左から又山側へ行って、給食センターへ。市長と20分ほど意見交換。市長はアゴヒゲを伸ばしたまま。すぐ近くにプレハブで7、8棟の市の事務所があることを知る。
(ボランティアの現場)
 半島の方の広田地区のボランティア会場にゆく。小学校の体育館の一角が福井県のボランティアの連絡場所、その他の部分は避難家族に対する物資集配場。隣の校舎の一階の各教室が避難所である。校門内にテント3張で地元の人達。さらに隣のグランドに仮設住宅を建設中。
 普門寺(曹洞宗)にゆく。大きな山寺である。ボランティアがこれからバスで福井に帰るところ。永平寺で修業された住職の夫妻にあう。福井からの後藤氏と会う。寺にさるすべりの名木あり、17世紀に天童寺から持ち帰ったという。帰路市内の道路の空いたところをまわり、山側に向け気仙川をさかのぼり、津波の届いた場所を確認する。桜咲く津波の泥の川辺にも。橋を渡る廻り角で声を立てる車あり。間道を経由して気仙沼市内へ。流れ着いた巨大な赤い腹の漁船か貨物船か陸上にあり。市役所は高台にあり商店街も残り、そこは電気がきている。阪神大震災のときも同様だったが、被災地の中にも境界があって人々の生活の差劃然としているのはいかんともしがたい。関の一というところで晩めし。災害でメニューが限定している。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。