FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-04 10:20 | カテゴリ:未分類
 国公立大の二次試験が行われる。
 福井インター近く、やや水面がのぞく雪の田に、シギらしいのだが胴体の太り気味の鳥を何羽か見る。雪の田んぼから湯気が上って、高速道の沿道のまわり全体が白くもやっている。
 福井大学附属の国際原子力工学研究所の開所式典に出る。ちょうどテープカットのとき空は明るくなっている。松宮、高木議員、福田学長、戸谷文科省研究開発局長らと。鉄が錆びていてテープよく切れず。その後、施設見学をする。エネ研とのすみ分けを有効にする必要がある。
 帰りの道、孫谷集落の谷間に野鹿が三頭ほど姿を見せ、木の芽を食している。
 今庄宿のまちづくりに関わる諸氏と座ぶとん集会。街道筋の古い民家がこれまで五十軒ほどあったらしいのだが、この何年間で十軒ほどなくなり、しかしまだ四十軒あまり残っているらしい。見せてもらった山本周五郎が写っている背景の民家は、会議をしているこの家の近くにまだ健在のようだ。早く対策がいる。終って会合をした民家(若狭屋という屋号)の前で写真をとる。屋根から雪の雫が落ち、外気は極めて寒い。
スポンサーサイト
2012-03-04 10:29 | カテゴリ:未分類
 小雪が、午前中から午後のはじめまで降る。外出するには帽子がいる。夕方には空が明るくなっている。終日、ほぼ在宅。隣の空地のフヨウの樹は、雪が乗って曲がっていた枝を元に戻そうとしている。
 部屋を暖かくしているからか、ほこりのような小さい虫が鼻先を飛ぶ。そのとき蚊を思い出した。冬の寒い間は雪や寒さに気がとられ、蚊のやっかいなことは思いもよらずすっかり忘れているが、すぐ又その季節がやって来る。
2012-03-04 10:41 | カテゴリ:未分類
 早朝の道や空地はうっすら白くなっている。ゴミを埋めるときは降っていなかったが、しばらくしてからは雪がちらつく。昼からは晴れ気味。
 九頭竜川下流地域の農業農村振興ビジョンについて、山林売買対策について。農林水産部の予算説明書を一通り勉強する。明日の代表質問の打合せをする。
 夜空は晴れて、やや南西の空にオリオン星座が厳粛に輝く。西空の月の刃もすこし幅広くなってくる。
2012-03-04 10:42 | カテゴリ:未分類
 朝からよい天気になる。
 エルピーダ破綻の朝刊、韓国に勝てず。
 代表質問。午前中は前田議員、午後は野田議員。今日の傍聴者数は通常にもどる。
 終ってから教育委員会の予算書の勉強する。
 西宮神社の開門神事で一番「福」をとった「福」男、「福」井出身の「福」田裕矢さん(成美大学3年 「福」知山在住)が来訪。ブランド大使を委嘱する。
2012-03-05 11:43 | カテゴリ:未分類
 一日晴れである。夜、西の空の月がきれいに出ていて、黒い空をバックにした三ケ月の眼がだんだん太くなっている。
 午前中、観光営業部の予算の勉強をする。新たに管理職となる職員の役割をはっきりさせる必要あり。
 一般質問答弁ヒヤリング。九人の議員からの質疑応答を午後から夜まで行う。
 風邪か花粉症か、どちらか分からない季節になりかけた。
2012-03-05 11:44 | カテゴリ:未分類
 晴れ。
 一般質問初日。傍聴席はふつうの人数。午前・午後の前半部それぞれ二議員についてTV中継あり。
 五時前に終ってから、すぐ又あすの一般質問二日目のヒヤリング。今晩が一番つかれる。避難、がれき、エネルギーの将来方向、事故の教訓など、質問は広がる。
 夜の西空は、月の形が半月に近くなってきた。周りに雲あり。地上の玄関の庭の雪はもうほとんどなし。
2012-03-05 11:50 | カテゴリ:未分類
 天気は一日くもりと小雨であり、よろしからず。
 一般質問二日目、8議員から。
 四時過ぎに終って、新年度の組織など打合せ。
2012-03-08 11:50 | カテゴリ:未分類
 天気はよい。梅木の芽のあたりに赤味が感じられる。梅枝のところに羽虫がたくさん白くふあふあ飛んでいる。
 朝、県教組の定期大会あり。予算などの考え方をあいさつに入れたので、いつになく長目のあいさつになる。湊小や足羽小の校庭では、今日から少年野球のスプリングキャンプ開始か。グランドの角にはまだ雪が少し残っている。足羽川の水は濁っているが河原は雪が後退し、サイクリングする姿もあり。
 色紙を書く。シーズンになり十枚を超える。午後にかけて女性団体の会あり。日舞、新ふるさと民謡(太鼓、三味線あり)の出し物あり。
 エレベータからは東の山々の早春じみた雪の残る風景が眺められる。しかし白山は雲はかかっていないのにぼんやりとしか見えない。
 アオッサから中央通のバス停まで歩くと陰のところは風が寒い。書店では新学期のための辞典などの販売場所を準備中である。新しいバスのルートはやや廻り道である。
2012-03-08 11:51 | カテゴリ:未分類
 くもり。庭の雪はほとんど消えてしまっている。
 木村病院落成記念式典・祝賀会あり(グランディア芳泉)。横綱の白鵬関や九重親方など参加。小豆が嫌いという関取もいる。鳥獣害対策と狼について(ドイツ)。
 三時から「福井県新高速交通ネットワーク活用・対策活用推進会議」を行う(フジタ)。会議所会頭、市町長、観光連盟代表など。プランができたための説明会。
 ―新幹線で北陸への流れはできたが、直結しない福井をどうするか。さらに名古屋へのダイヤの問題もある。
―福井の魅力をどう見せることができるか(幸福度、食べ物、恐竜・朝倉、歴史・文化)。工程を評価する体制。おめでとう北陸新幹線、その先にある幸せの国へ、あこがれの地等、(遊、食、景、知、癒)・・・様々意見、提案あり。
 昨日、プーチン首相(大統領候補)が北方領土を日露間で「引分け」にもってゆく発言を外国人記者に語った記事あり。
2012-03-12 10:14 | カテゴリ:未分類
 今日は雨がちの水蒸気の多い一日であった。
 「730」、「まちかど県政」の番組収録をする。
 希望指数について(東京での発表方法)。総務部、総合政策部、産業労働部の予算書の勉強をする。
 今日は議会が保安院を呼んで状況を聞く日。
 中国(満州)で軍が自活することにより軍事費を必要とせず持久戦ができると断言したところに石原莞爾の煽動性がある(「シリーズ日本近現代史⑤」加藤陽子著)。
2012-03-12 10:15 | カテゴリ:未分類
 くもり。三時すぎに陽がさしてくる。
 西口再開発都市計画変更について。このところ市議会の合意形成に混乱をきたしている。
 安全環境部、土木部の予算書の勉強をする。確定申告する。
 五回目となるアサヒビールからのカーボンオフセットにかかる寄付金の受贈。福井は人口当り平均より3割方ビール消費量多し。東北の需要がバブル的に伸びている。間もなく黒ドライを出すようだ。
 小学校の英語教育について説明をきく。
 Well, it's already March. But we may still need coats at night.
 3月4日の日経(私の「履歴書」樋口武男(大和ハウス工業会長))に英語の個人レッスンを「70の手習い」で受けていると書いている。社員に事業を世界展開しろ、と発破をかけた以上、自分もやらねばならない、ということである。
2012-03-12 10:18 | カテゴリ:未分類
 うす曇り。庭の雪が突然になくなっている。これは今日のことなのか、あるいは昨日の内にそうであったのか、ものが消えたり無くなったりする瞬間はいつもハッキリわからない。
 アジア原子力協力フォーラム(FNCA)コーディネータ会合(国際交流会館)。近藤委員長、町FNCAコーディネータが来訪。記念撮影を行う。各アジアの専門家参加。
 健康福祉部の予算書の勉強をする。
 連合福井の山岸会長等からの要請をうける。春闘、職業教育、原子力雇用など。
 23年度「政策合意」の成果を聞きはじめる。
 平行在来線について打合せする。
 昼の時間に「音の風景」、バンコク市の昼の市場、夜のボクシング試合の音の風景。タイのしょう油は魚を材料に作るようだ。日本人の口に合うかどうか。
 愛媛県がすぐれた企業のモノづくりを集めて「すご技」の冊子をつくったとか(NHKラジオニュース)、愛知県が「四季の魚」を選んだとか(中日新聞(地域ニュース))、いうのは既視感がある。
2012-03-13 11:48 | カテゴリ:未分類
 うすく晴れる。夜十時すぎのこと、弥生の満月が雲の間に見える。
 各部長との政策合意の結果を一通りきく。
 津波は水の深いところで起るほど波及エネルギーが大きいか。
 日覚昭広社長(東レ)が来庁。グローバル時代には帝人、旭化成など競争企業が日本として必要と。
 パトリック・リネハン在大阪アメリカ総領事が来訪。
 小林会長(ITC)と意見交換する。
2012-03-13 11:49 | カテゴリ:未分類
 くもり。夕方五時すぎに小雨あったらしく、帰途の路上が濡れているところあり。
 昨日できなかった土木部の政策合意の結果をきく。景観などもっと進める。
 九頭竜川下流域振興ビジョンについて、社会科の授業でもわかるような明快さがいる。
 昨秋に就任の古林恒雄薫事長(華鐘コンサルタントグループ)が来訪。講演会、中国の報告会が午後から予定。中国は地方が独立政府化している。統制するために出先機関をおく。インフレが6%程度できつい。
 鳥羽刑務所長があいさつに来庁。原子力防災訓練の打合せ。ブータン関係者来訪について。
 西川君(主将)、監督ら敦賀気比高校が選抜出場報告に来訪。
 年度末の認可手続きのため、並行在来線に関する首長会議。関係7市町長すべて参加、基本方針了承。フリーケージのDVDみる。
 鍛えないとスタッフが育たない。
 「compliment sandwich」(ほめ生かし)、「would've, could've, should've」(ウッダ、クッダ、シュッダ 反省することしきり)
2012-03-13 11:50 | カテゴリ:未分類
 春眠不覺曉 處處聞啼鳥。早朝四時ごろには強い風の音があったような気がする。朝もやや風あり。そして晴れ間と青空。廊下から見ても梅の蕾が小さい小豆ほどになり、かなり紅く形がはっきりしてきた。
 県立高校4,762人の合格発表と写真に記事(朝刊)。
 雪融けてからはじめて畑へゆく。昨秋は大根がさっぱりだった。冬を越した白菜の球を二ケ採る。開いてしまっているものほとんど。玉ネギは先が枯れたりしており、これから巧く伸びるかどうか。苺はやや黒い葉になっているがまあまあか。
 サンシュユが咲き出しそうだ。梅に近づいてみると、白いものがもう見える蕾があり。
 勉強をする、焼いたカキ餅を食う。
 今日の昼は机上に陽が強く射しはじめる。寒さが遠のくと、こうした面倒な別のことが生まれる時節になった。
 「論ずる言葉はすこし乱暴な方がいい。なぜなら言葉は停止している思考への猛攻だから」(ケインズからのquote)
2012-03-18 11:59 | カテゴリ:未分類
 午前中は晴天。しかし午後の途中から、1年前を悲しむか、突然に強い風雨が来る。さらに霙まで一刻混じる。その後はやや天気が良くなる。
 午前中一時間半ほどかけ、畑の一列を初めて春耕する。からし菜(?)の種まき用、これを鴉が電柱から見下してしきりに鳴く。白菜を2株とる。
2012-03-18 11:59 | カテゴリ:未分類
 くもり。小雪が降る、冬将軍の最後の抵抗か。また雪、まだ雪。
 予算特別委員会の勉強のため夜八時すぎになる。
‘That's not all. It can be helped.’‘Nothing is impossible. Workable!’‘Are you serious? You are well organized person’
2012-03-18 12:00 | カテゴリ:未分類
 朝、屋根にうっすら雪が積もっている。午前のうちに何処の雪も消える。なお小雪が急にふったり止んだりする。午後からは陽が照り、空が青くなる。
 予算特別委員会第一日目、7名の委員の質疑。原発再稼働、新幹線、えち鉄など。
 終ってから明日二日目の勉強会。夜空は雲が有るが明るい。
2012-03-20 12:00 | カテゴリ:未分類
 大飯三、四号機の一次評価を原子力安全委員会が昨夕了承したことから、朝刊は「大飯再稼働、政治判断へ」というような記事になっている。
 晴れ。布団はよく干せたが冷えている。
 予算特別委員会の二日目。原子力広報、河川ゴミ漂着、予算不用額について委員会の要請あり。
 大学入試(一次)結果と新学期の早期対応について(「サンデー毎日」に全国の状況、東海地区の英才教育私立高が最初の成果)。
 吉田家通夜。六時過ぎでも、以前のようには暗くはなくなった。
 from Wednesday to Saturday next week
2012-03-20 12:02 | カテゴリ:未分類
 雪の予報が晴れ。
 サッカー男子もオリンピックに(朝刊)。
 ビデオレター収録(ブータン王国の国連ミーティング宛て)を行う。英文は読むと長く感じる。
 「子宝率」が2ポイント以上の企業から「子育てモデル企業」認定証交付式(第一回)を行う。
 鈴木中小企業庁長官が来福し会談。商工3団体との懇談会に小生も参加。そのあと“ちいさな企業”未来会議(第一回)の福井会議が開かれ、あいさつをする。各分野の若手企業家による意見発表の機会になる。
 今年度の「グッドジョブ賞」の表彰をする。コウノトリ、大麦ビール、植物工場誘致、子宝率などの業績。
 鬼頭港湾協会理事長が来年の大会開催のため来訪。
 NHK交響楽団公演を聴く。ウェーバー「魔弾の射手」序曲、ベートーヴェン「ピアノ協奏曲 第3番」、シューマン「交響曲 第4番」。シュテフェンスの指揮、キム・ソヌクのピアノ。アンコールはモーツァルトの「ディヴェルティメント」1曲。
 It's a small world. What a coincidence!
 夜空の星座がかなり移動している、オリオンも。
2012-03-20 12:02 | カテゴリ:未分類
 晴れのち曇り。
 職業能力開発計画、経済新戦略推進本部会議、九頭竜川下流域振興ビジョンについて。
 午前、カルマ・ウラ王立ブータン研究所長と会談を行い、覚書を締結する。日本でいうと夏の季節に松茸がとれるようだ。1時からのウラ所長による講演会に出てあいさつする。しばらく講演をきく。母国語への通訳の方が楽のようだ。
 二月議会が閉会する。三十分おくれる、ガレキ受入れ処理の決議についてか。
 人事案件(教育長、監査委員、収用委員)が承認される。条例の署名あり。
 県政会の新執行部の改組があり来室。議会との県政懇談会(フジタ)。
 No result without any action.
2012-03-21 14:15 | カテゴリ:未分類
 雨で寒い。
 福井市南部農協の総代会。
 児童科学館入館の五百万人達成を記念し、毛利名誉館長が「100億人が地球に暮らすために」の講演に来県。毛利館長と懇談。宇宙旅行と原子力安全の関係について伺う。
 講演は県内の各高校生が参加。高校生と対話されながら、宇宙映像もまじえての講演。時間がなくなり講演途中で退席。小雨のエンゼルランドの屋内は親子で満員の盛況。
 「第15回ふくい風花随筆文学賞」に出席(福井新聞社)。津村節子さんや吉田社長、実行委員長等と会食する。
 表彰式に出る。先生のていねいな講評が20分以上、3200点の応募。津村さんの講演がその後に予定。
 加藤陽子著「満州事変から日中戦争へ」(岩波新書、2007年)を読了。日中双方の戦争の論理を精緻にたどるのだが、全体的にまとめにくい記述展開になっている。
2012-03-21 14:16 | カテゴリ:未分類
 天気は小雨、しかも濃霧気味で視界不良。雨天のケースとなりヘリが飛ばず。そのため県庁の本部会議は出席せず朝八時に車で敦賀へ直行。
 原子力防災訓練(敦賀防災センター)は午前中いっぱいかかる。経産政務官と当方の現地本部が交信。ヘリによる避難はできないため自衛隊と保安庁の船舶による避難及び車両による避難を行う。5km圏(従来は3km)のすべての住民を対象とする。
 講評後の会見で、30km圏の扱い、県外との連携関係、スピーディ使用方法、圏外者・一時滞在者の安全など質疑が十五分ほど行われる。
 その後、実働部隊の代表者等とさらに意見交換をする。接岸訓練、大型ヘリ着陸訓練などが必要との談。終ってから、オフサイトセンターの窓外をみると空がすこし明るくなる。
 昼からは関西電力が別途に訓練を行う予定とのこと。
 帰路、車中のラジオCDで、火野葦平(1907-1960年)作「筑後川」の朗読を聴く。戦闘体験のある鯉の生捕り名人の語り話。やや能弁にかたむいているか。
 帰宅して庭をみると梅が二分咲き位になる。梅の木の雨滴と蕾が一緒になって光っている。訓練が終って気持ちがやや楽になる。
2012-03-23 15:14 | カテゴリ:未分類
 うす曇り。
 県土地改良事業団連合会の総会に出席する。
 叙勲伝達式、また紺綬褒章の伝達式(ジャクエツ社)。山岸、鈴木両議員に監査委員の辞令交付を行う。
 TPP交渉を考える福井県民集会に出る。意見を表明する。千二百人ほどが参加と司会者(JA福井市)。
 英語自主研修グループと意見交換。年度末にTOEICにトライするようだ。
2012-03-24 14:05 | カテゴリ:未分類
 彼岸、好天、風は冷たい。10℃くらいか。しかし太陽が高くなり、道や車が光を強く反射する。
 JA敦賀美方通常総代会に出る。この1月に三JAが合併したので最後の敦賀JAの決算総会である。組合長からは原子力に関したあいさつ。終ったあと一度戻って、午後に再びJA丹南の総代会。
 県民社会貢献活動の表彰式を行う。全国のNPO組織を技術的にバックアップする活動をしている講師の新田さんという女性に会う。
 県立図書館へ行き館長と談、休日で司書は少ない。時節柄、受験生が減っており、図書館もいつもよりすいている。
 昼からは空がだんだん曇ってきていたので外のものがぬれてはと早目に帰る。畑は一年で一番フラットな状態、苺株をすこし横に移し、伸びはじめた雑草を土の下に返しながら一畝を耕す。
 庭のさんしゅゆが一斉にほのぼのと咲き出した。梅も全開の花が二、三十個となり三分咲きか。ともかく良い季節になってきた。体調もこれに応ずるとよろしいが。
2012-03-25 14:22 | カテゴリ:未分類
 天気は良いのに寒い。夕方は快晴のまま暮れゆき、うすく夕焼け。このごろは六時半ごろまでは暗くならず。
 工業技術センター所長の退職者表彰を一人おこなう。
 英語教育については、地道な授業の改革をおろそかにしてはならない。
 知事会の地域主権改革へのアンケート等。当方の基本的な調査研究が足りない。
 県政記者の送別昼食会(森支局長・日経、安藤記者・毎日、笹川記者・朝日)
 地域の新聞ニュースをみると、新年度の各県の組織改正に、営業という名を付した課や職が出はじめた。福井のfollowerか。
 国体準備委員会の常任委員会を行う。第三次種目の会場決定。決めるべきを飛込み・水球と馬術の二種が県外検討として未定。馬術について意見が出る。
 中国語の研修職員、マンキュー経済学の勉強会職員との意見交換。
 夕方も寒い、外気は10℃である。まだ明るさが残っているのにもう干物が冷えきっている。
 Look at the universe. The fight between you guys is such a small thing.
2012-03-25 14:23 | カテゴリ:未分類
 朝、天気。夜は小雨。
 県JA五連臨時総会。
 若狭エネ研に講演来県の高須元国連大使らと懇談する。英語の上達はリスニング100%の理解から。一日少なくとも三十分必要。原子力安全について国と事業者の責任範囲、企業と社員も同様。
 新聞記者が国から担当大臣が来るのではないかと尋く。
 鳥山新樹君(勝山)と弥生さん(尼崎出身)の「県UIターン促進事業」による初めての成婚カップルが来訪。みずから光を放てということを願い「光」の色紙額を贈る。幸せそうである。
 茨城県から一年派遣された二名の教員の離任あいさつ。逆に新年度から本県教師が一名茨城にゆく。
 富山県から新幹線を国交大臣に要請に関し連絡あり。
 福井市副市長の議会承認なされる。あるべきことを市長に申しあげる。一日さまざま打合せ、例の年度末の仕事もまじる。
2012-03-26 14:52 | カテゴリ:未分類
 春雨の季節か、しめった一日。五分咲きの梅枝から雫がたれている。
 県庁を出ようとすると堀の柳が緑を帯びてきた。県立大学の卒業式に祝辞。398名が学位をうける。九頭竜川の水が雪解けで緑がかっている。釣人の黒い影あり、寒くはないのか。
 学長や沢田先生らと昼食。沢田さんは京大を卒業しすぐ一週間後に軍役についたそうだ。比島の飛行場整備などに従事。3.11は自然災害、戦争は人災。しかし復興の点においては共通。科学技術の追求にひるんではならない等と。
 県有機農業推進ネットワーク結成総会(田中議長が会長)に出席しあいさつ(県立図書館ホール)。家庭菜園のこと、ナメクジと糞の話しなど。館長に会うと副町長の承認をえたとのこと。
2012-03-31 16:28 | カテゴリ:未分類
 梅がようやく七、八分咲きになった。小雨である。十一時ごろには止んでくる。
 大正十三年にできた北府(きたご)駅福井鉄道福武線の竣工式。古いプレートや切符、パンチ、車両部品など展示あり面白し。
 「にしたなか」という青いホロー製(?)の駅名プレートを見て懐かしむ。雨の日だがテントの中に武高のブラスバンド55名が協力。指導教員やベース、オーボエの奏者たちと立話す。
 川端総務大臣、辻厚労省副大臣、椎川局長、原田参事官、本県勤務経験の杉本、大沢両課長らが来県す。大臣と昼食意見交換会をする。「明日の安心」対話集会in福井が政府主導で開かれる。発言者に消費税の賛成者があったのは、これまでで本県だけだそうである。
 組織再編について打合せする。
 How does something work?/ make a difference,/ move at a snail (slow) pace./ be in a spot light (a limelight),/ keep a low profile,
 not too distance future,/ life changing experience/ on the horizon, It's all for good.
 夜、床に入ってから雨の降る音がする。
2012-03-31 16:29 | カテゴリ:未分類
 まだ早朝、明けない暗いうちに強い物が落ちてくるような雷鳴が二度ほどひびく。
 津波流出とみられる流船がカナダ西部のクイーンシャーロット諸島沖、220kmで発見(毎日一面に写真)
 十一時半ごろ福井インター手前で突然に雨まじりの霰が落ちてくる。さみどり保育園園舎竣工式祝賀会(ニューサンピア敦賀)。帰り道でも峠のところで霰や雪が降ってくる。
 午後もずっと雨や霰が降ったり、ちょっと陽がさしたりする。満開に近い梅には迷惑な一日である。
 映画「スミス都へゆく」(1939年)をみる。
 Don't be afraid of the consequences. We are in a homestretch now. What you have to do now is practice.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。