FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-01 08:55 | カテゴリ:未分類
 晴れ、早朝シャワーのような雨が一時的に降る。朝、枝豆を数株とる。
 9月補正予算査定。
 若狭町および嶺南広域組合から舞若道開通の対応、原子力長期停止の経済対策の要望。
 昼から上京する。東京は28℃。
 野田党税制調査会長に吉村山形県知事とともに、「ふるさと納税」の改善、地方重視の法人投資減税の要望をする。山形は晩桃の季節になったとのこと。
 東京の夕暮れがとくに早く感じる、時差もあるのだろうけれども。
 六時半から「総合資源エネルギー調査会」の基本政策分科会に出る。選挙が終って関係資料がより具体的で明瞭になってきた。初めてサンドが出る。国家意思の明示と国民の受容可能案をめざす(新エネ庁長官)。
スポンサーサイト
2013-09-01 08:56 | カテゴリ:未分類
 きょうは秋晴れ、まだやや暑い。しかし、昨夜は空調が要らなかった。
 菅官房長官に6月につづき再度、原子力政策について政府の責任ある対応を要請。
 ふるさと知事ネットワークとしての要望活動(二日目)。平井知事、鈴木知事と提言。新藤総務大臣、菅原経済産業副大臣に要望。総務相室で18Kのテレビを視る機会。山崎議長を訪問。
 1時すぎの便で帰福。そのまま勝山スキージャムへ(ホテルハーヴェスト)。有料道路のところに松くい虫拡大のおそれ、以前注意した。連絡する。
 サマーセミナーに途中から出る。丁度、山本社長(大丸)の講演中。そののち、山本社長、安達前次官(経産省)、井田由美氏の三者対談。その後、中村尚文教授(東大)、小林近畿経産局長と小生の三人での「福井から考える~地域と企業の成長戦略」を行う。やや疲れていていまいち。泊まる。
2013-09-01 16:08 | カテゴリ:未分類
 高原の好天の朝である。
 早朝8時30分から経済界サマースクール参加者(一部)の恐竜博物館見学。開設者としての案内説明をし、そのまま大野街道経由で福井に出て敦賀にゆく。
 戦没者追悼式(敦賀市民文化センター)。年々人がへる、前列は礼服だからうしろは夏シャツの人たちが多く気がなごむ。
 敦賀商工会議所の常議員との懇談を行う。この数年が大事と激励。懐かしの氷ったミカン(東浦蜜柑か)とつるし柿がでる。氷蜜柑ひたいに当てて食ひにけり。台風が近づいており、九月一日は荒れるかもしれないと心配。敦賀の祭がはじまる日であり、ディズニーも彼らの記念の年だから来るようだ。
 環境基本計画について、里山に思考がかたよらないように。
 朝日中(三年男子)、朝日スポーツ少年団(六年女子)が監督さんや校長とホッケー全国大会優勝の報告に来訪。最優秀選手(前田君)も生まれた。合計で五、六戦を勝ち抜いた。みんな真黒で目だけ光っている。先日は丹生高も優勝したので、今年は嬉しいことに小・中・高の母校グランドスラムである。
 市議会議長会からの要望懇談。議長諸氏から観光などを県と何回か協議する場を希望の声。
 大野・勝山広域組合からの要望。道路等が順調に推移しているので発言が明るい。
 夕方、7時ごろの退庁時には一時的な雨が降っている。

 生き物を屠るとき、心の中でいいなさい。「お前を倒す、その同じ方がわたしを倒す。わたしも食われて消えうせる」(ジブラーン「ザ・プロフェット」から)。
2013-09-01 16:11 | カテゴリ:未分類
 9月補正予算査定(調整)。
 高浜町長からの要望、田中議員同席。道路整備、海岸歩道、青葉山の薬草など。
 もんじゅ概算要求予算の説明に田中審議官が来庁(副知事)。組織の総合化がいる。
 栄養教諭の増員について。
 今日はむし暑かったらしい。台風はまだ九州の南西沖にあり、雨はまだ降らず。
 このところ、シリア・アサド政権による生物化学兵器(サリンなどか)の使用と米国を中心とする軍事制裁の国際ニュース。

 「丁丑ていちゅう公論」(1877年執筆 福沢諭吉)西郷の擁護、「ひとりごと」(1905年 二葉亭四迷)桂太郎への権力風刺、「二重政府より二重日本へ」(1921年 吉野作造)政務と防務の新語、軍事統帥権批判、「東条元首相の写真」(1946年 渡辺一夫)ただ慚愧にたえないの念、「吉田が死んで戦後は終った」(1967年 大宅壮一)横浜の貿易商の養子となり・・・。(「日本のデモクラシー論集」2013年 岩波現代全書から抜き読む。創業百年記念)span>
2013-09-01 16:12 | カテゴリ:未分類
 福井県立図書館の入館者(人口比)が十年連続日本一、貸出冊数も一位(朝刊)。シリア攻撃に英議会が否決(同)。
 マヤ遺跡の発掘と年縞に関する講演に来県した青山和夫教授(茨城大学)と懇談(国際交流会館)。グァテマラから戻られたばかりだそうでパワフルである。去年、ラジオ講演のシリーズを聞いた。五年間5億円余の科研費が再度とれる見込とのこと。年縞ケーキをご一緒に食す。
 だんだん雲が黒くなり、五時前に急に激しい雨が予想外に早く来る。そして雷鳴があって小雨がつづく。雨の気配がしたので、畑から急いで戻るも玄関先で追いぬかれて大濡れ。以前に畝としたところに急ぎ鍬を入れたので、しかし慈雨ともなったか。
 「新編百花譜百選」木下杢太郎画/前川誠郎編(2007年岩波文庫)を眺む。
 Not to try to make a right decision. Make a decision right.(入門ビジ英語)
2013-09-03 09:06 | カテゴリ:未分類
 小雨、曇天。しかし、すぐに雨が降りだし、二時ごろまでつづく。それからは日がちょっと出て曇りで雨が降らず一日が終る。
 三時過ぎから畑へゆき、虫のついたオクラの葉を落してオクラを採り、広く占拠している二株のズッキーニを抜き、ニラの白い花の頭を切る。ザクザクと韮の花をば切り捨てる。1号地に溝掘施肥を二列する。暗くなると、今夕からは台風一過で涼しいので、本格的な足羽山の虫の合唱である。虫の声つよく山ごと鳴きにけり。
 夜十時半ごろ又雷がごろごろとする。そして雨も降る。
2013-09-08 08:51 | カテゴリ:未分類
 くもり、時々雨である。食中毒しやすい頃である。きのう韮を切った匂いがまだする。
 部長会議。9月補正予算査定。蓮井中小企業庁企画課長が来訪。
 新幹線事業の前倒し促進策のいくつかについて。24年度決算について。
 齊藤法務省保護局長が来訪。春江町(中筋)出身。野村県警本部長が着任あいさつ。
2013-09-08 08:51 | カテゴリ:未分類
 台風一過のような美しい澄んだ青空が空の一角に出る。大飯発電所の直下の地層は活断層でないという結果が、朝刊の一面トップに(朝日、読売はトップは埼玉、千葉の竜巻被害)。
 朝出勤の玄関ホールで創作漢詩展の人達に会う。県庁OBの川口氏、笠松県議、坪川さん、小寺さん、青柳さんなど(すべての人の名を忘れる)。
 9月補正予算の姿について。
 昼の「音の風景」に若狭「瓜割りの名水」の水音と蝉時雨が流れる。
 畑議員来訪。レスキュー隊、IAEA協定などについて。明日の第3回エネ分科会について。環境基本計画の内容について再度。
 2時ごろ強い雨が降る。警報も出て荒川などが増水するが5時ごろ止む。また9時ごろ気がつくと雨音する。
2013-09-08 09:08 | カテゴリ:未分類
 政府原子力災害対策本部が汚染水対策に国費470億円の投入方針決定(朝刊)。現実が何の物質がどの程度どうなのかの判断、五輪との関係など。
 朝は雨上り。午後になって強い雨がある。次の台風が温帯低気圧になって雨。強雨ゾーンは紀伊半島あたりからそのまま東へ平行移動か。
 「高校生授業分かる度調査」について。浙江省交流20年について。
 坂井丘陵地への食品企業進出について。県内で十種ほどの様々なブドウが作られ始めている。昨日は品評会あり。それぞれ大小、甘味、色合い、歯応えなどちがい好みもあり、組合せで販促するのがよいか。
 吉田琴一福井市議長が就任あいさつに来訪。駅西開発や九頭竜川架橋の話しがでる。
 加賀ICの手前の高速道路上に風のせいか、杉の葉が散らかっている。杉の葉が地上に風で落ちているのは、ずっと見ない風景である。
 上京への便は小松あたりに雲があって二機がひき返したらしい。三時過ぎの便が欠航、次の五時前の出発便になる。前半はすこぶる揺れ、東京に近づき急に静かになり青い空の色がみえ出す。六時半の会議に三十分ほど遅れ、エレベーター前で増田委員と一緒になる。北海道便も遅れたとのこと。ようやく二人で定足数に達したと三村会長。
 総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会(第3回)。基幹エネルギーが何かの議論をすべき、再生エネルギーはコストと将来を見通すべき、規制委の改善など発言。会議が終った頃は雨はなかったが、夜おそく雨音する。福井よりもむし暑い。
2013-09-11 10:07 | カテゴリ:未分類
 東京も朝に強い雨、雷鳴もあり。池尻あたりで通園の親子が自転車に同乗する合羽姿を見る。自動車社会の福井では絶対見られない風景、どちらが都会か。
 濱田純一総長(東京大学)と連携事業の今後について面談をする。昔とちがい大学は九月いっぱいが夏休みだそうだ。キャンパスには濡れた銀杏落葉もみられる。総長のグローバルとタフ。前者は世界での体験を日本の現場で生かす意味、後者は挑戦して他人とのつながりの中でねばり強く結果を出す意味。宇野先生の研究室に向うと、建物の階段のところに黒シャツで待っておられる、政治思想史など二冊を出版予定とのこと。玄田先生は不在、女性スタッフに会う。「孤立無業」という新刊書を出版。
 坂を上野の方に下って不忍池の前を通る。横山大観が晩年住んだという重文の旧宅あり、東天紅の本店あり。
 一時過ぎの便で戻る。また雲が多く下界がほとんど見えない空模様。
 福井ボウが設立60周年になる。越前町からの要望をきく。越前蟹の漁場の耕うん事業。海岸部の段丘道路、峠道の融雪対策。
 鯖江の経済界と懇談。新幹線にもいろいろ意見があるようだ、杉本氏のはなしでは。
 終って出ると虫の声がよくする。
 最上徳内、1836(天保7)年のきょう没。蝦夷地に渡り、ロシア人の侵略の危険を感じ辺防の急を説く。周時代からの度量衡を調べた「度量衡説統」を著す。学問の実用を重んずる理学者の一面も有す。シーボルトは自身の日記の中で「数学及びこれに近関係ある学問につき、知識深き人」と記す。(以上「偉人暦」から)
2013-09-11 10:09 | カテゴリ:未分類
 うす曇り、いつ稲刈りをしたらよいか、皆で心配している。
 社会教育の計画について。戦後できた社会教育論を現在に合わせるには、公民館や婦人会、青年団のことなどの改善がいる。
 里山国際会議の一週間の対応について。
 町村議長代表のお二人(永平寺、若狭町)からの要望をうける。
 杉浦信平局長(厚生労働省職業能力開発局)がポリテクセンター移管について来訪。国と県の事業を新しい時代に変えてゆくためどうするか。
 伝統工芸産地組合の各理事長が、クラフト振興、全国大会支援の要請などに来訪。
 夕刻から県政記者との意見交換会、今回は洋風立食。だんだん記者の在任年数が短くなり、また若くなった気がする。こちらの見方のせいであろう。
 夜、NHKTV「にっぽんの芸能」の歌舞伎番組に「関取千両幟」という演目あり。浄瑠璃の三味線の人が寄太鼓の音を奏でたり、撥を用いて曲芸のようなことをする珍しい演出あり。
 歌川広重、1858(安政5)年のきょう没。江戸の定火消の同心の家に生まれ、生前は極めて貧しい生活。妻が着物などを売って調達した金で諸国を旅し写生。江戸っ子に似合わず内気で引っ込み思案、隠栖を愛するような人。
2013-09-11 10:11 | カテゴリ:未分類
 朝、小雨ちょっとあり。一日おおむね曇り。
 宮崎駿監督の引退作「風立ちぬ」の主人公の眼鏡デザインは鯖江のものという記事(県民福井朝刊)。
 昼すぎの足羽山からミンミン蝉の長い声がきこえる。この蝉の声を聴くのはこの夏はじめて、いま頃どうしたのであろうか。
 午後の畑に赤トンボが二、三匹来て暫し去らず。緑色のまじった大きい揚羽蝶が畑の道具類と土の境目にたおれ動かなくなっている。昼のあと、三列の畝を完成させ草臥れる。ブロッコリーの苗を畑土に移した。
 夜になって本格的に雨音がする。畑にはよいが田圃にはこまる雨である。
 先週から冷房が要らなくなる気温になってきた。
 山東京伝、1816(文化13)年のきょう没。銀座で煙草屋を営み、その広告にも得意の妙文。戯作にとりかかると居間に三度の食事を持ち時なしに食い、居間で用まで足したと言う。九歳の時に父から与えられた粗末な手習い机を一生使用したという。
2013-09-11 10:13 | カテゴリ:未分類
 早朝、東京が2020年オリンピック開催地に決定のニュース。日本全土に、地方に光があたる大会であってほしい。
 一日曇りがちで雨も時々落ちる。稲刈りのことを思うと早く晴天をみたい気がする。
 チャカチャカといった響きのモズの初声らしきものを聴く。
 きょうから里山国際会議の関連行事が始まった(福井こども環境教育フォーラム)。
 家にいる。玉葱の小さい播種床をつくる。
 加賀の千代女、1775(安政4)年のきょう没。加賀国松任の生まれ。「近世奇跡考」に「容貌美にして言語少なく、常に閑寂を好む」とあるが、お世辞か。
2013-09-13 10:19 | カテゴリ:未分類
 久しぶりに青空がはっきりの秋晴れ、歓迎である。新聞の休刊日はオリンピックにとっては痛恨。
 ようやく朝の明るい庭を見る。きのう気づいたムラサキシキブが、今朝は再度色あざやかな姿で眼に入る。枝は三枝ほど傾いている。いうなればむらさきしきぶ衣のやう。
 部長会議。提案理由について。
 松尾文夫氏来訪、アメリカのこと等ご教示。昼の街中に、久方ぶりの女性の日傘をみる。
 新幹線保留地の取得について、新政策について。
 今日は九月九日、重陽の節句である。菊酒あり、自ずとあるいは乞うと。
 滝川一益、1586(天正14)年のきょう没。織田四天王の一人、関東を鎮定した猛将。前橋城を訪ねて来た諸将に対し、「今ひとつきりの着物を洗ひ赤裸なれば、暫く御待ち候へ」と待たせた逸話がのこる。竜頭蛇尾、秀吉に敗れ晩年は越前大野で隠居。
2013-09-13 10:20 | カテゴリ:未分類
 はれ。
 里山会議に来県の進士五十八先生(東京農業大学)と懇談。高齢者の活用を、一ヶ所でもよいからすぐれたプロジェクトを。
 観光統計について、県によって様々ちがう。
 議会との意見交換会(総合資源エネルギー調査会)。
 伊藤若冲、1800(寛政12)年のきょう没。もとは京都の八百屋亭主、性格は淡白、寡欲。絵に一升、二升と値段をつけその日の食を得られると店を閉じた。形より気を重んじ外面的な写生から脱出。
2013-09-15 17:02 | カテゴリ:未分類
 晴れ。昼に向けて上京。朝刊(日経・文化欄)に、有名な小説家とその書斎をミニチュアにする趣味の女性が出ている。
 野路会長(小松製作所)と面談。入口ホールに今回の女子柔道の活躍をパネルで出している。数年来の寄附に対しお礼。農業やバイオマスなどに深く関心、人材がすべてと述べられる。
 新宿の街路樹にみんみん蝉が鳴く。ナガセ社長とこれからの教育について意見交換(新宿ファーストウエストビル)。福井の高校生の平均学力は日本トップ、またトップグループ輩出率はベストテン以内、潜在力ありか。生徒がグループを組んで競うと新しい展開があるようだ。
 今日の福井の夜はなぜか室内がむし暑い。6時半すぎにはもう暗くなっている。会社のマークのような三日月が西空にあり。
 平田篤胤、1845(天保14)年のきょう没。復古神道の大成者。二十歳の時に秋田から江戸に出る。車力、火消、歌舞伎の男衆、家の飯焚きなど辛酸を嘗めた。宣長の没後の門人と自負、創見はなきも、学界の闘将であった。68歳で没したとき門人1400人、借金二万両。
2013-09-15 17:03 | カテゴリ:未分類
 曇りのち晴れ。
 記者会見、9月補正予算の説明。質問はオリンピックと地方との関係、原子力発電所の15日に定検予定と再稼働など。
 腰の手術をうけた方あり、しばらく良好だったとのこと。
 ブータンから若手国家公務員11名来訪。正式の民族衣装である。あいさつは掌を前にむけて行う。地方庁勤務も週末は帰宅できる国の広さらしい。
 西野会長(熊川葛振興会)より三年間の熊川くず精製の成果報告あり。くずは茎を切った断面に汁液があってピンクなのがよいとのこと。
 原子力防災計画の詳細について(避難先市町村の確定)。
 台湾商談会・逸品ファンド・水野邸について。地価調査について、富山と福井の住宅地最高価格の高低。
 芦原街道の沿道は数日来でほとんど稲刈りが終った感じだが、まだ残っているところあり。大豆畑は遠くから見ると青々としている。
 SATOYAMA国際イニシアチブのレセプション(グランディア芳泉)。里芋はあまりうれない。八田獅子舞。三国節踊、見まねで踊る人たちあり。
 塙保己一、1821(文政4)年のきょう没。幼少のころ盲目。三十四歳の時に「群書類従」の編纂に着手。事業の無事成就を祈念し千日間天満宮に祈誓した。着手の年より四十一年、正編1270部665冊を完成。どうして可能であったか。
2013-09-19 10:20 | カテゴリ:未分類
 晴れ。来年4月から8%に消費税引上げ見込(朝刊)。
 SATOYAMAイニシアチブ国際パートナーシップ総会(国際交流会館地下ホール)。先だって、田中和徳環境副大臣、武内和彦上級副学長(国連大学)らと懇談。総会は副大臣とともに挨拶。
 教育委員との意見交換。だいぶ回数も重なってきて互いの発言ふえる。
 池内局長(近畿地方整備局)が新任あいさつに来訪。
 ホノケ山トンネルの開通見通しについて、名称なども。
 SATOYAMAイニシアチブについての国内の推進ネットワーク設立総会。谷本知事も出席して、ともに共同代表となる。Satoyama Dialogue with Political Leaders(武内副学長、石川・福井両知事の取組み紹介)。石川県は基金、ポイント制などに関心。質問五つほどあり(新興国への普及、若い人の育成、産業との関係など)。終えてのち両県知事と国連大学、環境省局長と自由意見交換。
 九代目市川団十郎、1903(明治36)年66歳で逝く。明治期の名優。井上伯爵邸での天覧劇で勧進帳など。
2013-09-20 10:05 | カテゴリ:未分類
 晴れ。この一週間は好天であり、朝夕に虫も盛んになく季節になった。きょうの夜は冷房がいる、きのうにつづき割合に暑い。サルスベリの周りの樹がのびて気づかなかったが、ずいぶん前から白い花を咲かせているようだ。東別院のサルスベリの花も紅かかったよい色で咲いており、ころあいである。
 若狭町(海士坂)の鳥獣加工処理施設の竣工式に出る。山崎議長、高木議員出席。施設も見学、衛生面や冷蔵庫の対応、金属探知などが注意事項との説明。シカ肉はフライが比較的あう。
 嶺南市町長と意見交換、ハウス園芸、観光など。神社近くの陶芸工房を改造した地産レストランあり。奥さん方が経営する。
 SATOYAMA国際会議、副知事も参加しての県民シンポジウムの最後のところ聴く。パネリストとの歓談(ジョー・ムロンゴイ国連大学高等研究所客員教授、ジョン・ギャスライト中部大学教授、吉田丈人東京大学大学院准教授、司会の鷲谷いづみ東京大学大学院教授)。ポスターセッションの表彰をし、写真撮影を行う。クロージング・スピーチをやや時間をとって行う。その後の女子高生二人の発表よし。記者会見あり、予想外の成果だと副学長。次回は韓国の平昌ピョンチャン市。
 安全環境部から大飯4号機の定検の説明事項あり。帰るころには七時半すぎになる。
 賀川玄悦、1777(安永6)年、七十八歳を以て歿す。窮乏の中に志を変えずに独学で医術を修め、産科の大家と仰がれる。文章が書けなかったので、「産論」二巻を皆川淇園が書き改めて出版。蘭、独語にも訳され西洋にもその按摩術などが広がる。
2013-09-20 10:06 | カテゴリ:未分類
 台風がまた近づいており朝10時ごろまで雨、そのあとしばらく天気がよくなる。午後は夕方まで雨が降ったり、しばらく曇っていたり。夜はまた雨音がつづく。夕刻時の見通しでは、台風は本州上をやや南寄りに進む模様。
畑のナスやピーマンの支柱は無用だったか。二列の畝を急いで作って白菜を植え、体が雨にぬれる。
 今日はモズの声をきく、二度目か。福井産の有機の紅玉を食う、すっぱいものの昔の林檎よりうまいかな。
 大谷吉継、1600(慶長5)年のきょう歳四十二にて関ヶ原に歿す。はじめ秀吉に仕え聡明をもって愛せられ敦賀五万石の城主となる。画をよくし秀吉の肖像も写す。晩年は病重く両眼とも盲目に近し。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。