FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-09-08 09:56 | カテゴリ:未分類
 9月補正知事査定を行う。
 戦国考証研究の小和田哲男氏が講演に来県され、再会懇談。
 敦賀気比高校長、監督、三人の選手らがベスト4の報告。大活躍をねぎらう。
 宇都参議院議員が来庁。
 高浜町からの要望を受く。
 この夏初めての、きれいな真赤な夕焼けが出た。



 京都の医、好学の士村上等詮むらかみとうせん、1705(宝永2)年のきょう、82歳を以て歿した。
 16歳でもう医名高く、一家を成した。等詮、病を治するに甚だ慎んだ。もし医薬が功を奏せずに死ぬ者があれば、彼は心を痛め、出でて遊ぶこと数日、懊悩の気分が全く去ってからでなければ病人の手を執らなかった。しかしまた病の癒えた時、彼は決して謝礼を貪らなかった。
 陸奥南部侯の世臣、相馬大作こと下斗米将真しもどまいまさざね、1822(文政5)年この日、主君復仇のため津軽侯を要撃し斬に処せらる、歳34。史記列伝風に言えば、烈士刺客伝中の人物となる。
スポンサーサイト
2014-09-08 09:58 | カテゴリ:未分類
 大野油坂道路起工式典に出席する(大野市の旧蕨生小の体育館)。
 県立図書館の蜂起150年の「水戸天狗党 敦賀に散る」を見学する。配陣図、筆叢拾遺、日記、水藩浮浪姓名簿など展示。
 丹南の田園が黄色く稔り、赤蜻蛉が多く飛びかう。大野の夏の夜は冷房はいらないそうだ。荒島岳の岩盤は固いというのはまことか。
 福井女性ネット参加女性が集まった各期合同交流会に出席する(生活学習館)。次の価値ある目標がいる。



 時代の新しい人ながら(と銑三)。名古屋の吉川弘道、1918(大正7)年のきょう、82歳の高齢を以て逝かれた。
 蔵書家、愛書家としての翁も諸家の談話に随処に現われている。翁の蔵書は一生を通じて一万数千巻の多きに達した。しかも翁の古書癖は、蒐集のための蒐集ではなかった。得るに随って熟読し、疑問があれば必ずその道の人々に質される。その尋ね方がまた徹底的で、たしかな証拠がなくては承知せぬ人であった。
 同じく文学博士、御歌所の寄人黒川真頼まより、1906(明治39)年、78歳を以て歿す。
2014-09-08 10:06 | カテゴリ:未分類
 朝、福井市内は晴れ。
 県原子力防災総合訓練を実施する(高浜原子力防災センター)。ヘリコプターで海上近くになると雲がふえ、高浜の内浦海上は低雲、かつヘリの窓に雨が当る。秋の海小さき遠きもの白し。25分ほどで着。
 きのこの森、若狭町上中庁舎で避難の状況視察を行う。参加者数の大幅拡大、学校がマニュアルを用いての初参加、病院・施設なども同様。京都府、舞鶴市、滋賀県も参加。上中庁舎では自衛隊によるバスの除染など県議諸氏と見学。建物中ではすでに避難の住民の方や松永小の子供たち到着しており、上級生の男女に今日の感想を言ってもらい皆で拍手。
 講評、記者会見。実働機関の関係者と意見交換会を行う。
 戻って3時半ころから予算調整を7時頃まで行う。
 各新聞に東電の故吉田所長の証言。しかし昨日の読売新聞のそれとは大いに調子がちがう報道。



 坂本乙女子、1879(明治12)年のきょう、46歳を以て逝いた。
 「坂本のお仁王様」と呼ばれ、龍馬とは一つ違いのすぐの姉だった。男勝りの女丈夫で、『八犬伝』から『三国志』などを読み、常に好んでピストルを放った。幕末の空気が然らしめたのであろうが、とにかく大変な人だった。六尺近い大男であった龍馬が、ある夏間違えて姉の着物を着て涼みに出かけた話がある。体格もずいぶんよかったのだ。
 明治37年のきょう、肥前の人、橘周太が遼陽にて戦死。花袋の従軍記悼歌「つねに君やさしかりしをおもひ出でゝいよいよおつるわが涙かな」
2014-09-08 10:11 | カテゴリ:未分類
 くもり、大野回りで勝山から戻るとき、霧のような雨が一瞬あり車の窓が点々とする。川に魚釣る人多し。
 勝山市制60周年記念式典(市民会館)。歴史は1300年前の泰澄大師の白山平泉寺開山に源を発している。さまざまな分野の俳優、歌手、スポーツ関係などふるさと大使が十人近くメッセージ映像。功労者表彰、合唱団による旧新4歌、最新の曲には恐竜が出ていて「恐竜つたえる 長いとき 命たくさん はぐくまれ・・・」。山崎議長、祝万歳。
 帰途、平泉寺の新しくできた資料館と売店、また整備中の移住拠点の倉をみる(多田部長、寶珍氏)。神主宅に寄る。八月が終った月曜日のためか来客見えず、参道の石段に極彩の大きな百足動く。
 部長会議。H25決算について。知事査定、議案結果調整。概念化と言語化の要。
 敦賀市長、選挙(6選)不出の会見。
 一層夕方は早く暗くなってくる。



 勤王画家として知られている下野の人、田崎草雲たざきそううん、1898(明治31)年のきょう、84歳の高齢を以て足利に逝いた。
 谷文晁の前で梅の絵を描き酷評を受けてから、血眼になって勉強した草雲は、その筆目に見えて上達して行った。後、この少年凡骨にあらずという文晁の手紙を見せられて始めて真意を知り、その厚情に感激した。草雲その手紙を貰い受けて家に掲げ、更に金井烏洲の紹介で文晁の門下になって技を磨いた。富豪の娘に生まれながら貧乏絵師に嫁いだ細君の菊女、年暮に夫が紙鳶の絵を描くと、側で糸目をつけて広小路の大道の蓆で3文5文で売ったという。明治に入り画名天下に鳴り皇居造営の砌その御杉戸に描く。
2014-09-08 10:14 | カテゴリ:未分類
 朝は秋晴れ。新聞には入閣予想など部分的に出る。
 県下水道管路維持協会の創立20周年記念式典(ユアーズホテル)。下水道は、休めない、見えない、バイパスできない、という特徴あり(酒井会長の挨拶)。桑野玲子教授(東大生産技術研)、酒井下水道管路管理業協会専務と懇談、講演があとであり。
 若狭町からの要望、地元県議、町議諸氏。
 国体の式典、県民運動などについて。
 英語研修のターナ先生ならびに受講職員との意見交換。楽しんで勉強するということらしい。



 県居門あがたいもん(賀茂真淵)の歌人の加藤千蔭、1808(文化5)年のきょう、74歳を以て歿した。父の跡を襲いで江戸の町役人となり、傍ら真淵に学んだ。そして村田春海と並んで門下の双璧とされた。
 千蔭は和歌を得意とし、また書道を以て一家をなした。殊にその仮名は近世右に出ずる者がないとされる。千蔭は人柄のいい人だった。彼はよい家庭に生れ、よい師に就き、社会のどの方面からも評判がよく、極めて多幸な一生を送った文人だった。
2014-09-08 10:54 | カテゴリ:未分類
 夜は朧の半月から更けて澄んだ半月へ。虫の声はげし。
 フクイ建設技術フェア2014の開会式に出席する(産業会館)。
 教育委員との意見交換会を行う。学力テストの結果、高校改革。
 児童科学館について。
 午後、第二次安倍改造内閣成立。福井ゆかりの女性三名の大臣、党三役。
 一瀬宗也社長(アイセックジャパン)との面談。若狭町に立地予定、話す言葉が数秒後には正確な文字になる技術を面前で実行。
 辻哲夫教授との面談。15年後の大都市の医療、今後の開業医厳しい。
 越前町からの要望をうける。
 右近家西洋館をみる。



 現在の洋式活版をわが国に移し、始めて流し込み活字を鋳造した長崎の人、本木昌造もときしょうぞう、1875(明治8)年のきょう、52歳にして逝いた。
 当時は、鋼鉄原型の製法、純粋な鉛とアンチモニーの入手、機械・インキの確保が困難を極めた。昌造の不屈不撓の精神はついに米国の宣教師フルベッキを動かした。その紹介で、上海の活版所技師の帰国しようとするを雇い入れ、長崎に活版伝習所を開き、活版鋳造、電気版製造を始むるに到って漸く宿望を達し、活版術の今日の盛運の基いは開かれた。のみならず蒸気船、製鉄、洋学塾などに貢献した偉人。
 徳川初期の臨済禅の高僧、盤珪ばんけい禅師、1693(元禄6)年きょう播磨国の龍門寺に於て寂す、寿は72。「人のためになる者は、一日生きれば大勢が一日益を得る。俗人よりも命を大事にするのはこのためだ」。
2014-09-08 10:57 | カテゴリ:未分類
 くもり。朝ドラ、花子がスコット先生から「赤毛のアン」の英文原本を渡される。蓮子さんの方は、子供たちから夫の行動について非難をうけ、これを擁護して姑から感謝される。
 番組収録を行う(セブン、元気通信)。舞若道の開通と今後。
 コウノトリプロジェクトの新聞協会表彰の受章について来訪。
 JRの北陸DCキャンペーンで仲間由紀恵さんが来県、ごきげんよう。早朝、永平寺で撮影したとのこと。甘いのも辛いのも、そばも好きという。
 コシヒカリキャラバン、嶺南の園芸研究センターの方向について。
 県ピカピカキャラバン隊が来訪、昨年は6割が高齢者の死亡事故という。
 大学連携リーグ理事長・学長との懇談会を行う。これからの地方創生は地方大学の競争になる。農林、観光など地元人材の育成の具体化等を要請。
 大野・勝山広域行政組合からの要望をうける。
 鯖江の企業関係者に県政報告、懇談。



 江戸の豪商(津軽藩の用達)で考証学者として知られている狩谷棭斎かりやえきさい、1835(天保6)年のきょう歿す。歳六十一。
古書を集め、書籍の鑑賞力に於ては今もなお斯界の泰斗に推される。古書の外にも古銭も集め、漢時代の五物を蔵して六漢道人と号した。人が一物足らぬではないかとなじったら、今一つは漢学だと答えたという。棭は合歓の木の国字。
2014-09-10 10:15 | カテゴリ:未分類
 くもり。足羽川がにごっているので、昨夜からかなり雨降りか。
 朝、モズの聲初め。久しく聞かぬセミもとぎれとぎれに鳴く。秋蝉を鵙真似してる筈もなく。朝刊に昨日の全米テニス錦織4強、96年ぶり。先日訪れた旧右近家住宅西洋館が「死ぬまでに見たい洋館の最高傑作Ⅱ」という書籍に掲載(朝刊)。
 連日大労、朝小休止。
 11時すぎに篠尾勝山線要望をうける。勝山、福井両市長、松井県議、両市議ら。坂川前市長が平泉寺・朝倉ルートで熱心だったという。50年前からの運動らしい。
 江守さん偲ぶビデオメッセージ収録。
 国立美術館理事(兼事務局長)の小松弥生さんと面談、レンブラントなどについて前回は同館で。
 原口宰JR東日本常務等と面談。今日はJR東日本のキャンペーンで杏という女優さんが永平寺で撮影らしい(昨日は仲間さん)。
 永平寺の河合新町長からの要望をうける。鈴木県議同席。説明の各職員が元気である。
2014-09-10 10:16 | カテゴリ:未分類
 女子ダブルスは伊達組が決勝ならず(朝刊)。
 全くうすい雲のようなものかかるも、昼すぎまで晴天、残暑。きのうと同様に天気よし。昨日(日経)につづき朝刊に、関西電力が美浜1,2号機の廃炉検討という一面記事出る。
 10時すぎ、大丈夫と思って畑へゆくも暑くて閉口する。日の向きに帽子回して秋耕す。秋耕や肥料袋に腰おろす。日陰で休憩ばかりで捗らず、昼のサイレンがなってようやく二畝の拡幅終る。すでに植えたらしい白菜の一部は、葉が大きく元気そうだ。今年は雨が多いためか。
 滝瓦の製造記録保存に関わった方々と、座ぶとん集会を行う(細呂木)。新幹線が最初に近くを通る地域である。
 第14回あわら北潟湖畔観月の夕べの開会式典に出席する。あいにく雨が落ちる。茶席は二席のみあり、ほとんど閉めるところであったが、折角ということになり、赤い大傘の下で煎茶と抹茶をいただく。雁の描かれた典雅な丸いお菓子あり、「九日是重陽」の短冊が大傘の柄に。
2014-09-11 09:30 | カテゴリ:未分類
 好天、すがすがしい日。
 錦織決勝へ。
 二階さんから電話あり。
 「チームふくい」アスリート認定セレモニーに出席する(県立図書館)。前回(8/10)、大雨予報で流れた。
 砂子氏「旭日双光章」受章祝賀会に出席する。
 安全環境部打合せ。
 若狭小浜出身の陶芸家で現在個展中の竹中浩氏らとの懇談、茶会(越前陶芸村)。
 夜名月が出ている。
2014-09-16 09:07 | カテゴリ:未分類
 かなりの曇り、夕顔が十花あまり萎みつつある朝。ずいぶん以前から毎夕、白い大花をたくさんつけている。出勤時に見える周りの道は、早や刈田なり。
 部長会議。記者会見。発表事項は九月補正予算、第四次恐竜発掘(脚跡発見)、ふるさと納税の本来の使われ方等。質問は美浜1・2号廃炉の見込記事について等。
 「コシヒカリを生んだ福井県」全国キャラバン出発式を、田波会長と県庁広場で。園児らとテントでごはんと汁を試食。
 宮川天万音さん、お母さんが「ふくい夢チャレンジプラン」の採用となり、来訪。ロシア(ペテルブルク)のワガノワ・バレエ校に留学。長身だがまだ高い人が多いと。
 坂井市からの要望を受く。丸岡バイパス、ラッキョウの切取機開発、九頭竜パイプラインの水槽・公園化、三国港町の旧宅保存など。
 上京する。ルートがめずらしく北回りか(?)右手に海岸線が見えるのだ。名月は機窓の横に動かざる。隣席に古い帽子で78ヶ国の世界を旅行しておられる企業家に会う。
 焼ガレイなどを食う、土砂災害情報の予算と人材にアンバランスがあるようだ。
2014-09-16 09:09 | カテゴリ:未分類
 朝方、雨、8時ごろには晴れ。日がさす。
 新しく今回就任の稲田政調会長、二階総務会長に田村議長と要請。
 防衛省の左藤(新)副大臣、齊藤空幕長。新幹線の短縮完成を北川イッセイ国交副大臣、藤田鉄道局長。不在の大臣等にも。
 赤澤内閣府副大臣に要請し、しばらくして副大臣と訓辞前の石破大臣を一階で待ち法人税軽減の要請などする。この問題の窓口省庁になることを大臣言。山谷大臣は海外で不在。佐藤自治財政局長に税制、新幹線など。
 昨日新しいデスクに異動の満田内閣審議官(地方分権改革推進室)としばらく会談、そこでむかし部下の谷君にも会う。
 小渕新経産大臣、上田長官に原子力政策の要請。
 高市新総務大臣に対し、新幹線工期短縮、ふるさと税制の拡充など。後にぶら下り取材あり。
 滋賀県との新たな連携。小林先生(慶大)来室、子供の幸福度調査等について。
 福井への帰路の北陸高速道、今日がほんとうの満月をみる。うすい雲にかくれたり明るい名月になったり。
2014-09-16 09:12 | カテゴリ:未分類
 有馬会頭が来訪。9月議会はじまる。山崎福井テレビ会長が来訪。地方メディアの重要性について。
 スタートアップ補助金、企業立地について。
 村田製作所の社長が来訪。100億の投資をしていただく。何枚かのパネルで所長説明。
 北陸新幹線に係る県議会との意見交換をする。議論のための議論をさける。
 暗がりで畝を一本つくる。
 太った守宮がなぜかこのごろ素早く台所のガラス上を動く。
 柱に暗やみの額をうつ。夜カミナリが鳴る。
2014-09-16 09:15 | カテゴリ:未分類
 はれ。
 野路さん(元眼鏡工業組合理事長)の葬儀に出る。今後の会社運営に期待。
 昼から代表質問の打合せ。関係事項についてもついでに談じているうちに八時頃となる。
 朝日新聞社長の記者会見の様子がテレビにでる。
2014-09-17 09:07 | カテゴリ:未分類
 秋のよい日和である、浮雲のごとき白雲。この二ヶ月あまり、季節に合ったまともな雲をみていなかった。秋の朝よく子供らの声届く。
 代表質問。山岸、野田議員。人口問題が最初にくる。
 2時すぎに終って、五つ部局から打合せつぎつぎ、はて。
 iPS細胞による世界初の手術成功、川内再稼働について政府が文書手交。
 There is a hint of fall in the air. (D)
 But for now at least, he has chosen to avoid an outright confrontation with them. (N')
2014-09-17 09:09 | カテゴリ:未分類
 はれ、よい秋の日。昼ごろは本格的なモズの声。きのうの夜から、夏の掛け布団がなくなっている。
 今日の「花子とアン」はいよいよ空襲で「赤毛のアン」と辞書を抱えて避難するメインの場面である。
 越前ものづくりフェスタ2014の開場式に出席する。会場を三田村会長らと見学する。今年は和紙と印刷局の紙幣の展示(戦後すぐ印刷局の工場があった)、子供のものづくり体験(算盤、電気スタンド、恐竜紙クラフトなど)、長大な両手をひろげた長さほどのマグロ包丁あり。
 帰路、鯖江の東部あたりにいるときジェット機の音する。朝六川付近の路を選んで通り、赤く柘榴の実のなった家があるのを見る。
 講演に来県の石破氏(地方創生担当大臣)と面談(ゆりの里公園)。
 be・映画の旅人(朝日)に「血槍富士」(1955年)内田吐夢・監督、片岡千恵蔵が出ている。中味は全く憶えていないが映画は題名の印象があって子供の頃見たのだろう。
2014-09-17 09:14 | カテゴリ:未分類
 はれ、遅起きをする。昼ごろアメリカの三冠馬(1973年)セクレタリアトを育てた女性牧場主(ダイアン・レイン)のハリウッド映画の後半をみる。調教師ジョン・マルコヴィッチ(暗殺者の役などもあり)。
 昼の後半、畑仕事をする。茄子畑の二列を抜茎する。新しい秋の枝も出て実もなりそうだが、全体として固くなるばかり。白菜の苗の方が大きく育って移植の待機中だった。ようやく一列を作り白菜を二列に植える頃には、夕暮れが早くすぐ暗くなってしまう。虫の声が畑の周りでも、とくに家の庭では今年は音が大きく響く。
 夜は梅酒に鰯2本を食す。寝る前に早や、成敗した茄子の葉っぱ達から復讐にあい、手袋とシャツの間が赤くはれる。
2014-09-19 09:18 | カテゴリ:未分類
 きょうは晴れと曇り、ややむし暑い。きょうは風がない。
 県内で690人が百歳以上の長寿を迎えられたと朝刊。十数年前には数人しかおられなかった。
 1時半ごろ運動公園の方から、美しい校歌の声が二度ほど聞こえる。
 午後しばらく勉強する。
 昼からだんだん天気が下り坂になる。足羽川の橋の上から西空に飛行船が見える。いわしぐも鯛焼のごと飛行船。高速道からソバの白い花が見え初む(丸岡近く)。6時の飛行便で上京する。
 女優の山口淑子さん(94)死去の記事(朝刊)、7日に亡くなる。
2014-09-19 09:22 | カテゴリ:未分類
 うす晴れ。新聞の休刊日。
 総合資源エネルギー調査会の原子力委員会に出席する。核燃料のサイクルの輪に停滞する箇所あり、柔軟性がいるという発言あり。東京でも早やギンナンが落ちるのは天候の異変だと豊橋市長。今日は初めて委員会が時間内に終る。
 12時半ごろ急に建物がゆらゆらする。関東(茨城)で震度5弱の地震とTV、会館のビルがゆっくり揺れ、免震型だからか直ぐには止まず。
 谷垣幹事長に要望。新幹線、原子力、ふるさと戦略。
 財務省の岡本主計局次長、小野主計官に新幹線、好意的な発言。漆原先生に会う。望月環境大臣に原子力防災(広域避難、スクリーニング・除染計画、スピーディ利用)の要望。
 二川(医政局長)。
 会館の北側に、この通りに・・・・・車を停めないでください、という看板あり。二通りに読める。
 山谷新大臣(拉致問題担当大臣)に要望、間もなく北朝鮮からの返答ありか。終ってぶら下がり取材あり。8時過ぎ帰宅。
2014-09-24 09:06 | カテゴリ:未分類
 晴れ。
 部長会議。
 一般質問答弁打合せ、夜7時ごろでやめる。
 作詞家で作家の山口洋子さん(77)死去の朝刊記事(6日に亡くなる)。五木さんの唄の横浜たそがれ、ふるさと等。
2014-09-24 09:06 | カテゴリ:未分類
 天気、今日は冷えている。
 一般質問。9名の議員から。
 明日(2日目)の打合せ。きょうも途中でやめる。ピザを三片、晩飯をくいそこね。
 スコットランド独立の是非についての投票途中を夜のTVニュースで。
 トウガンが四、五個太っている。
2014-09-24 09:08 | カテゴリ:未分類
 くもり。基準地価が朝刊に、北陸三県でかなりの差。公務員になってかなり間、地価を下げよう下げようと皆で政策を進めていた。
 朝、勉強会。
 一般質問、七議員。議長席が空いてしまい40分ほど遅れ、全体が後倒しになる。
 計画改定を前に、老施協との意見交換。入所指針、介護人材の確保育成、内部留保と税制、養護ホーム定員など。
 夜タマネギの苗に水をやる。
2014-09-24 09:14 | カテゴリ:未分類
 薄日のさす、しのぎやすい晴れ。清水町の田は白い花の麦の季節。
 ふくい健康長寿祭2014の開会式に出席する(健康の森体育館)。室内では将棋、囲碁、健康麻雀は熱戦。女性による読みきかせは準備中。はり絵、俳句など。ペタンク、ゲートボール会場も、天気がほどほどの日当りなので、リラックスした雰囲気である。知った人達に幾人か会う。大野の監督がペタンクの各技をみせる。日陰で休む選手たちも。
 今月で終りの「花子とアン」、花子が戦後気持を直して、子供向けの放送を再開し、醍醐さんが兄やんと結婚し、父(吉平)が息を引きとるという15分間の急展。蓮子さんも現実世界で結婚の報(18日)。
 競輪場近くにナツメの小木に実が赤くなっている。
 福井青年会議所が、県庁線と城址でふくい秋の収穫祭(テント市など)、ぶらりと夕方見学に行く。主催者おられ雑談しながら焼鳥やサザエのおいしい煙の中を歩く。やや強いビル風あり。県都デザインの工大の先生にも会う。東側のゲートのところで写真。帰り書店に寄る。
 夕方、あす講演予定の加来耕三氏を囲む会に出席する(一燈)。コミック日本の歴史40「横井小楠」(ポプラ社 2014年)を奥村氏から呈さる。
2014-09-24 09:21 | カテゴリ:未分類
 好天。朝早く畑の大根などに水を運ぶ。緑道の壁にすれる。
 三尾野の斎場あたりに彼岸花が咲き出している。ときとところをたがず。
 田村議長の就任祝賀会に出席する(サンドーム福井)。
 座ぶとん集会を武生立葵会(齊藤会長)の大勢の皆さんと大正7年創業の旧料亭春駒で行う。活動26年、会員100人からなる。本多富正公を顕彰(九代にわたり維新まで武生に)、会報年2回(今回50号記念)。少しずつ目に見えるものを街中で。
 河和田くらし巡りをみる。市長、野村会頭らと。元気がよく人出多く、みんなにこにこ。寺の近くの学生たちが多数泊っている古い民家が改修中で、寝ている学生や台所で何かを作っていたり、窓がネットのままだったりと、昔の合宿所のようだ。また近くの立派な庭に奥さんが出てこられる。この民家にも1人下宿しているようだ。庭にハギ、赤い水引草、柿の実もなる。
 夕方畑へゆき、大根などに水をやる。畝に土寄せをして雨水が流れ落ちないようにする。小さい蛙がとび跳ねて去る、理由不明。すぐ暗くなってしまい、虫の声が強くする。
 まっ柿色の夕焼けである。
2014-09-26 09:07 | カテゴリ:未分類
 全くの快晴であり、空気がすんでいる。数日来か庭の金木犀に青いつぼみが付いている。アジア大会(仁川)が始まっている。週末(土)には、大名町あたりの街路樹はすずめが夕方に大騒ぎしていたが、けさは剪定されたプラタナスが緑々としている。日傘が横断歩道を渡る。
 部長会議。
 十年先の政策課題について。
 大阪合金工業所が工場新設の報告。水田泰次会長と子息の社長が来訪。テクノポートへ9億円の今回投資。会長は広島の人、京大の冶金工学(88才)。
 伊藤雄一支局長らが来訪、隔年開催の毎日書道展のため。
 国体の総合プロデュース、募金協賛、スポーツフェスタについて。
 元県議の佐々木哲男氏の叙勲受章祝賀会に出席する(教育センター)。
2014-09-26 09:09 | カテゴリ:未分類
 快晴。朝、畑へゆく。吾が飲むごとく大根に水をやる。
 昼から、今年から開始の「秋の田起し」運動にそなえ、実践大会がJA福井市南部隣接圃場(大土呂町)で始まったので参加する。深さは15cm以上(トラクターをゆっくり走らす)、温度の高い10月中までに稲ワラをすき込み有機化するのがポイントと研修。山形大の藤井弘志先生があとで講演予定。乾いた田圃でロータリー型、プラウ型のアタッチメントを付けた農機具の作動を実演。
 それから朝倉資料館の「戦国時代の金とガラス展」をみる。その前に遺跡に行くと、三々五々の観光客。遠くの山際で木を切っている人たちがいたので近づく。吉岡館長や作業の人たちが物見台のため傾斜地の杉の木を伐採中。館長自転車で戻る。ベネチアのワイングラスの復元物あり。
 そのあと県立博物館に行き、由利公正展(竜馬の書状など)をみる。ややむし暑い。公園内は秋の日ざし、新しいレストランでしばらく雑談。
 結局半日つぶれる。
2014-09-27 13:49 | カテゴリ:未分類
 台湾や朝鮮半島を経由の台風が近づく。かなり続いた秋の晴天だったが、今日はうってかわり曇天。午後からは雨の予報。「花子とアン」歩文庫がオープン。朝刊(神戸で子供遺体)。
 米価格の低落、農地集積交付金について。
 故江守幹男氏「お別れの会」(商工会議所)。井上氏(ダイキン)、小林氏、新木氏らに会う。関連して杉山秀二商工中金社長が来訪。
 全国食生活改善大会について。
 南越前町からの要望あり。道路、今庄宿、南条ICなど。
 夜になって小雨が降る。水やりがいらなくなる。
 Just a minute. let me think. I don't have any special plan.
2014-09-29 09:18 | カテゴリ:未分類
 朝は雨があがっている。まだ雲は重い。神戸の容疑者つかまる(朝刊)。
 産業労働部の新経済戦略本部会議について、高浜、大野、勝山の商店通個店群の支援。
 中学校長会の学力向上推進会議で講話(自治会館)。学校を三分したとして、自校がまん中と考えている校長が少ない。
 金泫謙パンスター会長、舎野社長が来訪。ソウルから地方に人が戻る動きありとのこと。
 県信用金庫協会の蓑輪理事長ら協定。国体支援、観光情報の全国発信と誘客拡大などの協力協定の締結式。
 観光新戦略について。網羅的はよくない。
 夕方また雨が降っている。
2014-09-30 09:22 | カテゴリ:未分類
 台風一過、快晴。朝七時すぎに勝手口を出ると金木犀が匂い初む。枝樹の間の花はまだ蕾に近い。
 「真宗の美」開会式典に出席する(県立美術館)。石上総長(本願寺派)ら各派の僧職出席。手塚特別館長も。国宝の「安城の御影」と「歌仙」(忠岑集)など。
 第36回森林・林業・木材産業活性化大会に出席(生活学習館)。島田全木連副会長、本郷林野庁森林整備部長と対談。大会参加者との意見交換もする。
 JALジャパンプロジェクト、大西会長共同記者会見を行う(恐竜博物館)。福井と富山出身のアテンダント。機内食の試食(開花亭)。この10月が福井が初めてのJALキャンペーンの期間。
 県高校校長会で講話(大学進学および就職支援対策会議)。
 東京大学の学生体験プログラムの学生5人が来訪。すべて中高一貫校かつ神奈川県の出身。
 大西JAL会長、伊東金沢支店長と意見交換。
 NHKTV「にっぽんの芸能」隅田川(梅若丸)を見る。歌舞伎、文学、能の尾上菊之助、豊竹咲大夫、大倉源次郎が共演。
2014-09-30 09:42 | カテゴリ:未分類
 好天、あたたか。キンモクセイ匂う。今朝は廊下まで木犀香。
 図書館への路上に色鮮やかな黄緑の何かあり。よく見るとカマキリである。大道の螳螂ひかれ給ふなよ。
 「花子とアン」の最終回。ごきげんよう、さようなら。
 1時半から勝山で第60回の福井県身体障碍者福祉大会(勝山市民会館)。帰り花月楼の前を通る。
 ロバート・ストーン監督「パンドラの約束」みる。終って加賀さんと立談。
 五時半すぎ夕日がゆっくり山に沈む。夏から比べれば平面で30°ほど南に寄っている。
 イワシャジン(岩沙参)という紫の山野草(かな)が、何年ぶりかで鉢に咲く。
 この秋はじめての焼芋屋の声あり、夜七時半すぎ。
 夜、実生から成長した冬瓜を食べる。最大のものカラスにつつかれた。
 昼まえに御嶽山噴火、何十人かが被災。火山観測は比較的可能なはずなのに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。