2017-10-22 16:21 | カテゴリ:未分類
 午前中、畑へ行って畝を作ったり作り直したりして、5列再整備。途中、10分ほど小雨あるも、あとはやや晴れと曇りの中、土がぬれて重く体にこたえる。蝶が白、黄、茶と仕事の立場から見るとうるさく何匹も飛び、植えたブロッコリーや大根に寄る。近くの幼い女の子とお母さんが白い虫網を持って過ぎる。
 台風が近づいている(昼3時、西四国の宿毛 975hp、35km/h)。あす大阪湾、北陸、夜のうちに通過か。
 帰ると12時前、防災の連絡あり、モズが鳴く。
 1日昼間は雨ふらず、国体プレ大会は幸いOKか。
 年縞シンポジウム参加者との昼食(国際交流会館・若狭)。山根さん、安田先生、中川先生、小泉先生(東京学芸大・地理学名誉教授)、オックスフォード大学(英)ヴィクトリア(女性)、ポール両氏。
 あいさつ、その後、安田先生、ヴィクトリア氏の講演。そして山根さんコーディネートのシンポジウム(里山研の北川女史が加わる)は活気あふれ面白い。小泉先生がジオパーク化を提案、北川研究員が年縞展示施設を紹介。安田先生は気持ちが高ぶる。ヴィクトリアさんは火山灰、オレゴン州やドイツなどの博物館も説明。
 9時すぎから、風雨が強くなる。10時過ぎに県庁にゆく。対策本部のTVでは敦賀付近を通過していると報じている。
トラックバックURL
→http://nishikawaissei.blog81.fc2.com/tb.php/3902-d04a8d4c